14 January 2003, 翻訳更新: 2010/04/30

20 フォント


目次



 

20.1 概要

SVG にとり、フォントの確実な配信は要求事項になる。デザイナーにとっては SVG 内容を任意のフォントで作成しつつ、末端利用者のコンピュータに必要なフォントがインストールされていなくとも同じグラフィック結果が現れるようにすることが必要である。このことは印刷の世界に類似する。デザイナーは印刷用の絵図の作成において与えられたフォントを利用し、印刷においてはデザイナーの文書作成システムに現れるものと正確に同じグラフィック内容が現れる。

Reliable delivery of fonts is a requirement for SVG. Designers need to create SVG content with arbitrary fonts and know that the same graphical result will appear when the content is viewed by all end users, even when end users do not have the necessary fonts installed on their computers. This parallels the print world, where the designer uses a given font when authoring a drawing for print, and the graphical content appears exactly the same in the printed version as it appeared on the designer's authoring system.

SVG は、末端利用者への信頼できるフォントデータの配信を実現するための鍵となる仕組みに "Cascading Style Sheets (CSS) level 2" 仕様 [CSS2] で定められた ウェブフォント の枠組みを利用する。一般的な筋書きとして、 SVG 文書片に現れる全てのテキスト要素のための、圧縮されサブセット化された ウェブフォント を SVG 文書作成アプリケーションが生成することが考えられる。典型的には、 ウェブフォント は参照元の文書から相対的な場所に保存される。

SVG utilizes the WebFonts facility defined in the "Cascading Style Sheets (CSS) level 2" specification [CSS2] as a key mechanism for reliable delivery of font data to end users. In a common scenario, SVG authoring applications generate compressed, subsetted WebFonts for all text elements used by a given SVG document fragment. Typically, the WebFonts are saved in a location relative to the referencing document.

現今の ウェブフォント の枠組みにおける欠点の一つは、 [CSS2] などの仕様が特定のフォント形式のサポートを要求していない所にある。その結果、異なる実装が異なるウェブフォント形式をサポートすることになり、ウェブサイト作成者にとっては全てのUAと互換性がとれるウェブフォントを利用する単一のウェブサイト構築が難しくなってしまったことである。

One disadvantage to the WebFont facility to date is that specifications such as [CSS2] do not require support of particular font formats. The result is that different implementations support different Web font formats, thereby making it difficult for Web site creators to post a single Web site using WebFonts that work across all user agents.

全ての 適合 SVG ビューア によるサポートが保証される共通のフォント形式を提供するために、 SVG は SVG の中でフォントを定義する機能を提供する。この機能は SVG フォント と呼ばれる。

To provide a common font format for SVG that is guaranteed to be supported by all conforming SVG viewers, SVG provides a facility to define fonts in SVG. This facility is called SVG fonts.

SVG フォントにより、テキストを表現するグラフィックの意味内容を向上させられるようになる。例えば多くの会社のロゴでは意匠を凝らした社名が描かれる。ロゴを SVG フォントの一連のグリフとして表し、このフォントを参照する 'text' 要素で描画させることにより、 アクセシビリティ の向上を図れる局面もある。

SVG fonts can improve the semantic richness of graphics that represent text. For example, many company logos consist of the company name drawn artistically. In some cases, accessibility may be enhanced by expressing the logo as a series of glyphs in an SVG font and then rendering the logo as a 'text' element which references this font.

20.2 SVG フォントの概観

SVG フォント は SVG の 'font' 要素を用いて定義されるフォントのことである。

An SVG font is a font defined using SVG's 'font' element.

SVG フォントの目的は表示のみの環境においてグリフの外形線の配信を可能にすることである。ウェブページに付随する SVG フォントは、閲覧および表示目的でのみサポートされねばならない。グラフィック編集アプリケーションあるいはファイル変換ツールは SVG フォントのシステムフォントへの変換を試みてはならない。その意図するところは、 SVG ファイルに付随する SVG フォントではなく、 SVG ファイルが2人のクリエータ間で交換できるところにある。そのかわり、クリエータたちは SVG ファイルの編集において事前にフォントの使用許諾を受ける必要がある。 font-face-name 要素は、編集に利用するために許諾を得たフォントの名前を指示する。

The purpose of SVG fonts is to allow for delivery of glyph outlines in display-only environments. SVG fonts that accompany Web pages must be supported only in browsing and viewing situations. Graphics editing applications or file translation tools must not attempt to convert SVG fonts into system fonts. The intent is that SVG files be interchangeable between two content creators, but not the SVG fonts that might accompany these SVG files. Instead, each content creator will need to license the given font before being able to successfully edit the SVG file. The font-face-name element indicates the name of licensed font to use for editing.

SVG フォントではフォント外形線にヒント情報が無い。このため、多くの実装でフォントサイズが小さいときのテキストの品質と読み取り易さが制限されることが予想される。クリエータにとっては小さいフォントサイズにおけるより良い品質と読み取り易さのために、オペレーティングシステムに同梱されるフォントや代替 ウェブフォント 形式によるフォントのような代替フォントの技術の利用が望ましいこともある。

SVG fonts contain unhinted font outlines. Because of this, on many implementations there will be limitations regarding the quality and legibility of text in small font sizes. For increased quality and legibility in small font sizes, content creators may want to use an alternate font technology, such as fonts that ship with operating systems or an alternate WebFont format.

SVG フォントは SVG の要素と属性を利用して記述されるので、場合によってはフォントデータがかさばらないように特に設計された ウェブフォント 形式のフォントよりも SVG フォントの方が容量が大きくなることがある。クリエータにとってはウェブページの高速な配信のために代替フォントの技術が望ましいこともある。

Because SVG fonts are expressed using SVG elements and attributes, in some cases the SVG font will take up more space than if the font were expressed in a different WebFont format which was especially designed for compact expression of font data. For the fastest delivery of Web pages, content creators may want to use an alternate font technology.

SVG フォントの真価は SVG-UAにおける利用可能性が保証されているところにある。状況によっては、 SVG フォントをテキスト描画における第一候補とすることが適切になる。別の状況では、 SVG フォントは第一候補のフォント(ヒント情報付きのシステムフォントかもしれない)が利用者環境で利用できない場合のための予備の代替フォントとなる。

A key value of SVG fonts is guaranteed availability in SVG user agents. In some situations, it might be appropriate for an SVG font to be the first choice for rendering some text. In other situations, the SVG font might be an alternate, back-up font in case the first choice font (perhaps a hinted system font) is not available to a given user.

SVG フォントの特徴と属性は、 "Cascading Style Sheets (CSS) level 2" 仕様 [CSS2] の "Fonts" の章で述べられているフォントの特徴とパラメタに緊密に対応する。このモデルにおいては、アドバンス値と基底線の位置やグリフの外形線などの種々のフォントに関する計量が、同じサイズで印字されるときの行の間の距離を高さとする抽象的な正方形に相対的な単位で表される。この正方形は エム平方 ( em square )と呼ばれるグリフの外形線を定義するためのデザイン格子である。 'font' 要素の units-per-em 属性の値はエム平方が単位に分割される数を指定する。他の種類のフォントにおける一般的な値としては、例えば 250 ( Intellifont ), 1000 ( Type 1 ), 2048 ( TrueType, TrueType GX, Open-Type )などがある。 SVG における標準のグラフィックの初期座標系ではY軸が下向き( 初期座標系 を見よ)であるが、それとは異なり、普及している多くのフォント形式が従う業界慣行と整合させるため、 SVG フォントのデザイン格子が従うグリフの初期座標系のY軸は上向きである。

The characteristics and attributes of SVG fonts correspond closely to the font characteristics and parameters described in the "Fonts" chapter of the "Cascading Style Sheets (CSS) level 2" specification [CSS2]. In this model, various font metrics, such as advance values and baseline locations, and the glyph outlines themselves, are expressed in units that are relative to an abstract square whose height is the intended distance between lines of type in the same type size. This square is called the em square and it is the design grid on which the glyph outlines are defined. The value of the units-per-em attribute on the 'font' element specifies how many units the em square is divided into. Common values for other font types are, for example, 250 (Intellifont), 1000 (Type 1) and 2048 (TrueType, TrueType GX and Open-Type). Unlike standard graphics in SVG, where the initial coordinate system has the y-axis pointing downward (see The initial coordinate system), the design grid for SVG fonts, along with the initial coordinate system for the glyphs, has the y-axis pointing upward for consistency with accepted industry practice for many popular font formats.

SVG フォントと関連付けられるグリフは包含ボックスについての情報を指定しない。グリフの外形線は SVG のグラフィックス要素として記述されるので、実装はグリフの描画に標準のグラフィック描画か専用のフォント描画技術のどちらを利用するかを選択できる。後者の場合、必要となる最大の包含ボックスとオーバーハング( overhang )の計算はグリフの外形線に含まれるグラフィックス要素を解析することで行われる。

SVG fonts and their associated glyphs do not specify bounding box information. Because the glyph outlines are expressed as SVG graphics elements, the implementation has the option to render the glyphs either using standard graphics calls or by using special-purpose font rendering technology, in which case any necessary maximum bounding box and overhang calculations can be performed from analysis of the graphics elements contained within the glyph outlines.

SVG フォントは、それを利用する文書に埋め込むことも、外部リソースの一部として保存しておくこともできる。

An SVG font can be either embedded within the same document that uses the font or saved as part of an external resource.

SVG 文書に SVG フォントを埋め込む例をここに示す。

Here is an example of how you might embed an SVG font inside of an SVG document.

<?xml version="1.0" standalone="yes"?>
<svg width="400px" height="300px" version="1.1"
  xmlns = 'http://www.w3.org/2000/svg'>
  <defs>
    <font id="Font1" horiz-adv-x="1000">
      <font-face font-family="Super Sans" font-weight="bold" font-style="normal"
          units-per-em="1000" cap-height="600" x-height="400"
          ascent="700" descent="300"
          alphabetic="0" mathematical="350" ideographic="400" hanging="500">
        <font-face-src>
          <font-face-name name="Super Sans Bold"/>
        </font-face-src>
      </font-face>
      <missing-glyph><path d="M0,0h200v200h-200z"/></missing-glyph>
      <glyph unicode="!" horiz-adv-x="300"><!-- 感嘆符のグリフの外形線 --></glyph>
      <glyph unicode="@"><!-- @ のグリフの外形線 --></glyph>
      <!-- 他のグリフたち -->
    </font>
  </defs>
  <text x="100" y="100" 
           style="font-family: 'Super Sans', Helvetica, sans-serif;
                  font-weight: bold; font-style: normal">Text 
    using embedded font</text>
</svg>

次の例は外部ファイルに保存された SVG フォントを参照するために CSS の @font-face の機能を利用する方法である。まず、参照される SVG フォントファイルは:

Here is an example of how you might use the CSS @font-face facility to reference an SVG font which is saved in an external file. First referenced SVG font file:

<?xml version="1.0" standalone="yes"?>
<svg width="100%" height="100%" version="1.1"
 xmlns = 'http://www.w3.org/2000/svg'>
  <defs>
    <font id="Font2" horiz-adv-x="1000">
      <font-face font-family="Super Sans" font-weight="normal" font-style="italic"
          units-per-em="1000" cap-height="600" x-height="400"
          ascent="700" descent="300"
          alphabetic="0" mathematical="350" ideographic="400" hanging="500">
        <font-face-src>
          <font-face-name name="Super Sans Italic"/>
        </font-face-src>
      </font-face>
      <missing-glyph><path d="M0,0h200v200h-200z"/></missing-glyph>
      <glyph unicode="!" horiz-adv-x="300"><!-- 感嘆符のグリフの外形線 --></glyph>
      <glyph unicode="@"><!-- @ のグリフの外形線 --></glyph>
      <!-- 他のグリフたち -->
    </font>
  </defs>
</svg>

上の SVG フォントを参照/利用する SVG ファイルは:

The SVG file which uses/references the above SVG font

<?xml version="1.0" standalone="yes"?>
<svg width="400px" height="300px" version="1.1"
 xmlns = 'http://www.w3.org/2000/svg'>  
  <defs>
    <style type="text/css">
      <![CDATA[
        @font-face {
          font-family: 'Super Sans'; 
          font-weight: normal;
          font-style: italic;
          src: url("myfont.svg#Font2") format(svg)
        }
      ]]>
   </style>
  </defs>
  <text x="100" y="100"
           style="font-family: 'Super Sans'; font-weight:normal;
                  font-style: italic">Text using referenced font</text>
</svg>

20.3 'font' 要素

'font' 要素は SVG フォントを定義する。

The 'font' element defines an SVG font.

<!ENTITY % SVG.font.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.font.element "INCLUDE" >
<![%SVG.font.element;[
<!ENTITY % SVG.font.content
    "(( %SVG.Description.class; )*, %SVG.font-face.qname;,
        %SVG.missing-glyph.qname;, ( %SVG.glyph.qname; | %SVG.hkern.qname;
      | %SVG.vkern.qname; %SVG.font.extra.content; )*)"
>
<!ELEMENT %SVG.font.qname; %SVG.font.content; >
<!-- end of SVG.font.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.font.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.font.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.font.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    %SVG.Style.attrib;
    %SVG.Presentation.attrib;
    %SVG.External.attrib;
    horiz-origin-x %Number.datatype; #IMPLIED
    horiz-origin-y %Number.datatype; #IMPLIED
    horiz-adv-x %Number.datatype; #REQUIRED
    vert-origin-x %Number.datatype; #IMPLIED
    vert-origin-y %Number.datatype; #IMPLIED
    vert-adv-y %Number.datatype; #IMPLIED
>

属性定義:

Attribute definitions:

horiz-origin-x = "<number>"
横書の際の、フォント座標系におけるグリフの原点のX座標。(原点はフォントのグリフ全てに適用されることに注意。)
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "0" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
The X-coordinate in the font coordinate system of the origin of a glyph to be used when drawing horizontally oriented text. (Note that the origin applies to all glyphs in the font.)
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "0" were specified.
Animatable: no.
horiz-origin-y = "<number>"
横書の際の、フォント座標系におけるグリフの原点のY座標。(原点はフォントのグリフ全てに適用されることに注意。)
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "0" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
The Y-coordinate in the font coordinate system of the origin of a glyph to be used when drawing horizontally oriented text. (Note that the origin applies to all glyphs in the font.)
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "0" were specified.
Animatable: no.
horiz-adv-x = "<number>"
横書の際の、既定のものとなるグリフの描画後の水平アドバンス。ヘブライ語やアラビア語スクリプトなどの通常は右から左へ描画されるようなグリフであっても、グリフ幅は非負であることが要求される。
アニメーション:不可
The default horizontal advance after rendering a glyph in horizontal orientation. Glyph widths are required to be non-negative, even if the glyph is typically rendered right-to-left, as in Hebrew and Arabic scripts.
Animatable: no.
vert-origin-x = "<number>"
縦書の際の、既定のものとなるフォント座標系におけるグリフの原点のX座標。
この属性が指定されていない場合の効果は、 horiz-adv-x 属性の実効値の半分が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
The default X-coordinate in the font coordinate system of the origin of a glyph to be used when drawing vertically oriented text.
If the attribute is not specified, the effect is as if the attribute were set to half of the effective value of attribute horiz-adv-x.
Animatable: no.
vert-origin-y = "<number>"
縦書テキストを描くときの既定のものとなるフォント座標系におけるグリフの原点のY座標。
この属性が指定されていない場合の効果は、フォントの ascent 属性で指定される位置による値が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
The default Y-coordinate in the font coordinate system of the origin of a glyph to be used when drawing vertically oriented text.
If the attribute is not specified, the effect is as if the attribute were set to the position specified by the font's ascent attribute.
Animatable: no.
vert-adv-y = "<number>"
縦書の際の、既定のものとなるグリフ描画後の垂直アドバンス。
この属性が指定されていない場合の効果は、 1em と等価な値が指定されたときと同じになる( units-per-em を見よ)。
アニメーション:不可
The default vertical advance after rendering a glyph in vertical orientation.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value equivalent of one em were specified (see units-per-em).
Animatable: no.

'font' 要素はフォントの種々の特徴を記述する 'font-face' 子要素を持たなければならない。

Each 'font' element must have a 'font-face' child element which describes various characteristics of the font.

20.4 'glyph' 要素

'glyph' 要素はグリフのグラフィックを定義する。グリフの座標系は 'font' 要素の種々の属性から定義される。

The 'glyph' element defines the graphics for a given glyph. The coordinate system for the glyph is defined by the various attributes in the 'font' element.

'glyph' を構成するグラフィックは d 属性による単一の パスデータ 指定または 'glyph' の内容として与えられる任意の SVG のいずれでもよい。この2つのそれぞれに対し異なる処理が行われる(下を見よ)。

The graphics that make up the 'glyph' can be either a single path data specification within the d attribute or arbitrary SVG as content within the 'glyph'. These two alternatives are processed differently (see below).

<!ENTITY % SVG.glyph.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.glyph.element "INCLUDE" >
<![%SVG.glyph.element;[
<!ENTITY % SVG.glyph.content
    "( %SVG.Description.class; | %SVG.Animation.class; %SVG.Structure.class;
       %SVG.Conditional.class; %SVG.Image.class; %SVG.Style.class;
       %SVG.Shape.class; %SVG.Text.class; %SVG.Marker.class;
       %SVG.ColorProfile.class; %SVG.Gradient.class; %SVG.Pattern.class;
       %SVG.Clip.class; %SVG.Mask.class; %SVG.Filter.class; %SVG.Cursor.class;
       %SVG.Hyperlink.class; %SVG.View.class; %SVG.Script.class;
       %SVG.Font.class; %SVG.Extensibility.class; %SVG.glyph.extra.content; )*"
>
<!ELEMENT %SVG.glyph.qname; %SVG.glyph.content; >
<!-- end of SVG.glyph.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.glyph.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.glyph.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.glyph.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    %SVG.Style.attrib;
    %SVG.Presentation.attrib;
    unicode CDATA #IMPLIED
    glyph-name CDATA #IMPLIED
    d %PathData.datatype; #IMPLIED
    orientation CDATA #IMPLIED
    arabic-form CDATA #IMPLIED
    lang %LanguageCodes.datatype; #IMPLIED
    horiz-adv-x %Number.datatype; #IMPLIED
    vert-origin-x %Number.datatype; #IMPLIED
    vert-origin-y %Number.datatype; #IMPLIED
    vert-adv-y %Number.datatype; #IMPLIED
>

属性定義:

Attribute definitions:

unicode = "<string>"
このグリフに対応するユニコード文字の連なりを1つ以上のユニコード文字で指示する。文字1つが与えられた場合、そのユニコード文字がこのグリフに対応する。複数文字が与えられた場合、そのユニコード文字の連なりがこのグリフに対応する。文字の連なりの利用の1つはリガチャである。例えば unicode="ffl" ならば、文字の連なり "f", "f", "l" の描画にこのグリフが用いられる。

文字の参照に 16 進記数法もしくは十進記数法で表される XML 文字参照を利用することはしばしば有用である。例えば unicode="ffl" は、 16 進数記法による XML 文字参照 unicode="&#x66;&#x66;&#x6c;" もしくは十進数記法による unicode="&#102;&#102;&#108;" として表すことができる。

unicode 属性はどの文字(たち)の表現にどのグリフを用いるかの決定過程に寄与する。 グリフ選択規則 を見よ。 'glyph' 要素に unicode 属性が与えられていない場合、そのグリフの使い道は 'altGlyph' からの参照による以外にない。
アニメーション:不可
One or more Unicode characters indicating the sequence of Unicode characters which corresponds to this glyph. If a character is provided, then this glyph corresponds to the given Unicode character. If multiple characters are provided, then this glyph corresponds to the given sequence of Unicode characters. One use of a sequence of characters is ligatures. For example, if unicode="ffl", then the given glyph will be used to render the sequence of characters "f", "f", and "l".

It is often useful to refer to characters using XML character references expressed in hexadecimal notation or decimal notation. For example, unicode="ffl" could be expressed as XML character references in hexadecimal notation as unicode="&#x66;&#x66;&#x6c;" or in decimal notation as unicode="&#102;&#102;&#108;".

The unicode attribute contributes to the process for deciding which glyph(s) are used to represent which character(s). See glyph selection rules. If the unicode attribute is not provided for a given 'glyph', then the only way to use this glyph is via an 'altGlyph' reference.
Animatable: no.
glyph-name = "<name> [, <name> ]*"
グリフの名前。同一フォント内ではグリフ名を一意的にすることが推奨される。グリフ名はユニコード文字1つに対し複数のグリフが存在する状況など、ユニコード文字コードが正しいグリフを特定する情報として不十分な場合に利用できる。グリフ名は カーニング の定義から参照できる。
アニメーション:不可
A name for the glyph. It is recommended that glyph names be unique within a font. The glyph names can be used in situations where Unicode character numbers do not provide sufficient information to access the correct glyph, such as when there are multiple glyphs per Unicode character. The glyph names can be referenced in kerning definitions.
Animatable: no.
d = "path data"
グリフの外形線を定義する。 'path' 要素の d 属性と同じ構文である。 パスデータ を見よ。
この属性については後で述べる。
アニメーション:不可
The definition of the outline of a glyph, using the same syntax as for the d attribute on a 'path' element. See Path data.
See below for a discussion of this attribute.
Animatable: no.
orientation = "h | v"
グリフの利用を特定の行進行方向(即ち縦書か横書か)に限定することを指示する。この属性が指定されていない場合、グリフはどちらにも(即ち縦書と横書両方の行進行方向で)用いられる。
アニメーション:不可
Indicates that the given glyph is only to be used for a particular inline-progression-direction (i.e., horizontal or vertical). If the attribute is not specified, then the glyph can be used in all cases (i.e., both horizontal and vertical inline-progression-direction).
Animatable: no.
arabic-form = "initial | medial | terminal | isolated"
アラビア語のグリフにおいて、グリフが4形式のどれを表現するかを指示する。
アニメーション:不可
For Arabic glyphs, indicates which of the four possible forms this glyph represents.
Animatable: no.
lang = "%LanguageCodes;"
[RFC3066] で定義される言語名のコンマ区切りのリスト。 xml:lang 属性がこのパラメタで与えられる言語の一つあるいはその接頭部に正確に一致するときにのみグリフが利用されることを指示する。ここで接頭部とは言語名の先頭からの部分でその直後の文字がタグ文字 "-" となっているをもの指す。
アニメーション:不可
The attribute value is a comma-separated list of language names as defined in [RFC3066]. The glyph can be used if the xml:lang attribute exactly matches one of the languages given in the value of this parameter, or if the xml:lang attribute exactly equals a prefix of one of the languages given in the value of this parameter such that the first tag character following the prefix is "-".
Animatable: no.
horiz-adv-x = "<number>"
横書の際の、グリフ描画後の水平アドバンス。この属性が指定されていない場合の効果は、フォントの horiz-adv-x 属性の値が設定されたときと同じになる。
ヘブライ語やアラビア語スクリプトなどの通常は右から左へ描画されるようなグリフであっても、グリフ幅は非負であることが要求される。
アニメーション:不可
The horizontal advance after rendering the glyph in horizontal orientation. If the attribute is not specified, the effect is as if the attribute were set to the value of the font's horiz-adv-x attribute.
Glyph widths are required to be non-negative, even if the glyph is typically rendered right-to-left, as in Hebrew and Arabic scripts.
Animatable: no.
vert-origin-x = "<number>"
縦書テキストを描くときに利用されるフォント座標系におけるグリフの原点のX座標。
この属性が指定されていない場合の効果は、フォントの vert-origin-x 属性の値が設定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
The X-coordinate in the font coordinate system of the origin of the glyph to be used when drawing vertically oriented text.
If the attribute is not specified, the effect is as if the attribute were set to the value of the font's vert-origin-x attribute.
Animatable: no.
vert-origin-y = "<number>"
縦書テキストを描くときに利用されるフォント座標系におけるグリフの原点のY座標。
この属性が指定されていない場合の効果は、フォントの vert-origin-y 属性の値が設定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
The Y-coordinate in the font coordinate system of the origin of a glyph to be used when drawing vertically oriented text.
If the attribute is not specified, the effect is as if the attribute were set to the value of the font's vert-origin-y attribute.
Animatable: no.
vert-adv-y = "<number>"
縦書におけるグリフ描画後の垂直アドバンス。
この属性が指定されていない場合の効果は、フォントの vert-adv-y 属性の値が設定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
The vertical advance after rendering a glyph in vertical orientation.
If the attribute is not specified, the effect is as if the attribute were set to the value of the font's vert-adv-y attribute.
Animatable: no.

'glyph' のグラフィックの指定には、 d 属性, あるいは 'glyph' の内容を与える任意の SVG 、のいずれも利用できる。

The graphics for the 'glyph' can be specified using either the d attribute or arbitrary SVG as content within the 'glyph'.

d 属性が指定された場合、この属性のパスデータは次のように処理される:

If the d attribute is specified, then the path data within this attribute is processed as follows:

'glyph' 要素が子要素を持つ場合、それら子要素は 'use' 要素から参照されたシンボルの描画と同様な仕方で描画される。その描画は参照された 'glyph' 要素の内容が別の非公開 DOM 木として末端まで複製されたかのようにして行われる。複製された DOM 木は非公開であり、インスタンスが SVG DOM に現れることはない。

If the 'glyph' has child elements, then those child elements are rendered in a manner similar to how the 'use' element renders a referenced symbol. The rendering effect is as if the contents of the referenced 'glyph' element were deeply cloned into a separate non-exposed DOM tree. Because the cloned DOM tree is non-exposed, the SVG DOM does not show the cloned instance.

CSS によるスタイル付け をサポートするUAにおいては、この概念的な末端まで複製された 'glyph' 要素の非公開 DOM 木においては、参照された 'glyph' とその内容の CSS カスケード [CSS2-CASCADE] によるプロパティ値も複製され、 'font' 要素のプロパティ値も適用される。 CSS2 セレクタについては、元々の(参照された)要素にはそれらが正式な文書構造の一部なので適用されるが、この(概念的な)複製 DOM 木にはその内容が正式な文書構造の一部ではないので適用されない。

For user agents that support Styling with CSS, the conceptual deep cloning of the referenced 'glyph' element into a non-exposed DOM tree also copies any property values resulting from the CSS cascade [CSS2-CASCADE] on the referenced 'glyph' and its contents, and also applies any property values on the 'font' element. CSS2 selectors can be applied to the original (i.e., referenced) elements because they are part of the formal document structure. CSS2 selectors cannot be applied to the (conceptually) cloned DOM tree because its contents are not part of the formal document structure.

しかしながらプロパティ継承については、参照された 'glyph' 要素が末端まで複製された子として、テキストそのままが文書木内に挿入されたかのようにふるまう。参照された 'glyph' は対応する文字たちを含む要素からプロパティを継承し、 'font' 要素の元々の親からのプロパティを継承しない。

Property inheritance, however, works as if the referenced 'glyph' had been textually included as a deeply cloned child within the document tree. The referenced 'glyph' inherits properties from the element that contains the characters that correspond to the 'glyph'. The 'glyph' does not inherit properties from the 'font' element's original parents.

この生成された内容においては、与えられた 'glyph' の各インスタンスに対し、その参照された 'glyph' 要素に対する 'font' 要素に対して CSS カスケード [CSS2-CASCADE] が適用された結果のプロパティ値を全てを運ぶ 'g' が作成される。 この 'g' 内に、 'glyph' 要素に対して CSS カスケード [CSS2-CASCADE] が適用された結果のプロパティ値全てを運ぶ別の 'g' が作成される。 'glyph' 要素の元々の内容はこの内側の 'g' 要素内に末端まで複製される。

In the generated content, for each instance of a given 'glyph', a 'g' is created which carries with it all property values resulting from the CSS cascade [CSS2-CASCADE] on the 'font' element for the referenced 'glyph'. Within this 'g' is another 'g' which carries with it all property values resulting from the CSS cascade [CSS2-CASCADE] on the 'glyph' element. The original contents of the 'glyph' element are deep-cloned within the inner 'g' element.

'glyph'd 属性と子要素の両方を持つ場合、 d 属性が先に描画された後に子要素が描画される。

If the 'glyph' has both a d attribute and child elements, the d attribute is rendered first, and then the child elements.

一般に、 d 属性はシステムフォントと同じ仕方で描画される。例えばダッシュパターンは、システムフォントに適用されるときと d 属性を用いてグリフを定義する SVG フォントに適用されるときとは同じ見え方になる。 多くの実装において、 d 属性で定義されるグリフを素早く描画したり、更なる性能向上のためにフォントキャッシュを利用することも可能になる。

In general, the d attribute renders in the same manner as system fonts. For example, a dashed pattern will usually look the same if applied to a system font or to an SVG font which defines its glyphs using the d attribute. Many implementations will be able to render glyphs defined with the d attribute quickly and will be able to use a font cache for further performance gains.

'glyph' 内に子要素を含めることでグリフを定義する方法は、高い柔軟性が得られる反面、複雑さも増す。グリフの異なる部分に異なるフィルやストロークを用いる技法も可能になる。例えば、文字 "i" の本体を赤色、ドットは青色にするなど。このやり方には単位に関する固有の複雑さがある。テキスト要素に指定される 'stroke-width' プロパティなどの長さを表現するプロパティの値がグリフの座標系で処理されるので、予想外の結果も生じ得る。

Defining a glyph by including child elements within the 'glyph' gives greater flexibility but more complexity. Different fill and stroke techniques can be used on different parts of the glyphs. For example, the base of an "i" could be red, and the dot could be blue. This approach has an inherent complexity with units. Any properties specified on a text elements which represents a length, such as the 'stroke-width' property, might produce surprising results since the length value will be processed in the coordinate system of the glyph.

20.5 'missing-glyph' 要素

'missing-glyph' 要素はグリフの描画を試みた際にそのグリフが定義されていなかった場合に利用するグラフィックを定義する。 'missing-glyph' 要素の属性は 'glyph' 要素の対応する属性と同じ意味を持つ。

The 'missing-glyph' element defines the graphics to use if there is an attempt to draw a glyph from a given font and the given glyph has not been defined. The attributes on the 'missing-glyph' element have the same meaning as the corresponding attributes on the 'glyph' element.

<!ENTITY % SVG.missing-glyph.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.missing-glyph.element "INCLUDE" >
<![%SVG.missing-glyph.element;[
<!ENTITY % SVG.missing-glyph.content
    "( %SVG.Description.class; | %SVG.Animation.class; %SVG.Structure.class;
       %SVG.Conditional.class; %SVG.Image.class; %SVG.Style.class;
       %SVG.Shape.class; %SVG.Text.class; %SVG.Marker.class;
       %SVG.ColorProfile.class; %SVG.Gradient.class; %SVG.Pattern.class;
       %SVG.Clip.class; %SVG.Mask.class; %SVG.Filter.class; %SVG.Cursor.class;
       %SVG.Hyperlink.class; %SVG.View.class; %SVG.Script.class;
       %SVG.Font.class; %SVG.Extensibility.class; %SVG.missing-glyph.extra.content; )*"
>
<!ELEMENT %SVG.missing-glyph.qname; %SVG.missing-glyph\
.content; >
<!-- end of SVG.missing-glyph.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.missing-glyph.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.missing-glyph.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.missing-glyph.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    %SVG.Style.attrib;
    %SVG.Presentation.attrib;
    d %PathData.datatype; #IMPLIED
    horiz-adv-x %Number.datatype; #IMPLIED
    vert-origin-x %Number.datatype; #IMPLIED
    vert-origin-y %Number.datatype; #IMPLIED
    vert-adv-y %Number.datatype; #IMPLIED
>
 

20.6 グリフ選択規則

文字の連なりを描くときのグリフの決定においては、 'font' 要素の中の 'glyph' 要素が検索される。検索は最初の 'glyph' から最後のものへと論理順序で、 'glyph' 要素の unicode 属性に指定されたユニコード文字の連なりが描画される当該ユニコード文字の連なりに一致するまで行われ、最初に一致したものが用いられる。したがって、フォントにおいてはリガチャ "ffl" はグリフ "f" の前に定義される必要がある。さもなければ "ffl" は決して選択されないことになる。

When determining the glyph(s) to draw a given character sequence, the 'font' element is searched from its first 'glyph' element to its last in logical order to see if the upcoming sequence of Unicode characters to be rendered matches the sequence of Unicode characters specified in the unicode attribute for the given 'glyph' element. The first successful match is used. Thus, the "ffl" ligature needs to be defined in the font before the "f" glyph; otherwise, the "ffl" will never be selected.

'altGlyph' は、常に SVG フォントにおける上記グリフ選択規則より優先されることに注意。

Note that any occurrences of 'altGlyph' take precedence over the above glyph selection rules within an SVG font.

20.7 'hkern''vkern' 要素

'hkern''vkern' 要素は、それぞれ横書と縦書においてカーニングされるグリフ対を定義する。

The 'hkern' and 'vkern' elements define kerning pairs for horizontally-oriented and vertically-oriented pairs of glyphs, respectively.

カーニング対は、同じフォントの2つのグリフが続けて描画されるときにその間隔が調整されるようなグリフの対を指定する。 SVG フォントのカーニングが生じるためには、グリフ対が同じフォントに属することが要求されるのに加え、2つのグリフに対応する文字たちのプロパティ: 'font-family', 'font-size', 'font-style', 'font-weight', 'font-variant', 'font-stretch', 'font-size-adjust', 'font' も全て同じ値になる必要がある。

Kern pairs identify pairs of glyphs within a single font whose inter-glyph spacing is adjusted when the pair of glyphs are rendered next to each other. In addition to the requirement that the pair of glyphs are from the same font, SVG font kerning happens only when the two glyphs correspond to characters which have the same values for properties 'font-family', 'font-size', 'font-style', 'font-weight', 'font-variant', 'font-stretch', 'font-size-adjust' and 'font'.

カーニング対の例は英字 "Va" である。この場合、英字 "V" と "a" を少し近付けて描画すれば、見栄えが良くなるであろう。

An example of a kerning pair are the letters "Va", where the typographic result might look better if the letters "V" and the "a" were rendered slightly closer together.

右から左の、および双方向のテキストは、 双方向性との関係 で述べられている様に2段階の処理を経て配置される。 SVG フォントが利用される場合、カーニングが適用される前に文字たちは視覚的描画順序において左から右へと(縦書の場合は上から下へ)再配列される。 SVG フォントによるカーニングは続けて描画されるグリフの対に適用される。カーニング対の第一グリフは視覚的描画順序において左(または上)側であり、第二グリフは右(または下)側である。

Right-to-left and bidirectional text in SVG is laid out in a two-step process, which is described in Relationship with bidirectionality. If SVG fonts are used, before kerning is applied, characters are re-ordered into left-to-right (or top-to-bottom, for vertical text) visual rendering order. Kerning from SVG fonts is then applied on pairs of glyphs which are rendered contiguously. The first glyph in the kerning pair is the left (or top) glyph in visual rendering order. The second glyph in the kerning pair is the right (or bottom) glyph in the pair.

フォントデザイナーへの便宜とファイルサイズの節約のため、 'hkern''vkern' はグリフの集合(例えばユニコード文字の範囲)と別の集合(例えば別の範囲のユニコード文字)との間に同一のカーニング調整値を一括して適用されるように定義できる。

For convenience to font designers and to minimize file sizes, a single 'hkern' and 'vkern' can define a single kerning adjustment value between one set of glyphs (e.g., a range of Unicode characters) and another set of glyphs (e.g., another range of Unicode characters).

'hkern' 要素は2つのグリフが連続して水平に(即ち横並びに)描画されるときのカーニング対と水平アドバンスの調整値を定義する。文字の間隔はカーニング調整により詰められる(負のカーニング調整値は文字の間隔を拡げる)。

The 'hkern' element defines kerning pairs and adjustment values in the horizontal advance value when drawing pairs of glyphs which the two glyphs are contiguous and are both rendered horizontally (i.e., side-by-side). The spacing between characters is reduced by the kerning adjustment. (Negative kerning adjustments increase the spacing between characters.)

<!ENTITY % SVG.hkern.element "INCLUDE" >
<![%SVG.hkern.element;[
<!ENTITY % SVG.hkern.content "EMPTY" >
<!ELEMENT %SVG.hkern.qname; %SVG.hkern.content; >
<!-- end of SVG.hkern.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.hkern.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.hkern.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.hkern.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    u1 CDATA #IMPLIED
    g1 CDATA #IMPLIED
    u2 CDATA #IMPLIED
    g2 CDATA #IMPLIED
    k %Number.datatype; #REQUIRED
>

属性定義:

Attribute definitions:

u1 = "[<character> | <urange> ] [, [<character> | <urange>] ]* "
カーニング対における第一グリフになり得るグリフの集合を定めるユニコード文字と/またはユニコード文字の範囲の(コンマ区切りの)連なり。(個々のユニコード文字の記述の仕方は 'glyph' 要素の unicode 属性を見よ。ユニコード文字の範囲指定の仕方は [CSS2] を参照のこと。) 1つのユニコード文字に対応する複数の 'glyph' 要素がある場合(即ち複数の 'glyph' 要素が同じ unicode 属性値であるが、異なる glyphName 属性値である)、そのようなグリフは全て集合に含まれる。区切り文字コンマのカーニングをする場合はユニコード文字の範囲として、あるいは g1 属性によるグリフ名として指定する。カーニング対の第一グリフとなれるもののの全集合は u1 および g1 属性で指定されるグリフの和集合になる。
アニメーション:不可
A sequence (comma-separated) of Unicode characters (refer to the description of the unicode attribute to the 'glyph' element for a description of how to express individual Unicode characters) and/or ranges of Unicode characters (see description of ranges of Unicode characters in [CSS2]) which identify a set of possible first glyphs in the kerning pair. If a given Unicode character within the set has multiple corresponding 'glyph' elements (i.e., there are multiple 'glyph' elements with the same unicode attribute value, but different glyphName values), then all such glyphs are included in the set. Comma is the separator character; thus, to kern a comma, specify the comma as part of a range of Unicode characters or as a glyph name using the g1 attribute. The total set of possible first glyphs in the kerning pair is the union of glyphs specified by the u1 and g1 attributes.
Animatable: no.
g1 = "<name> [, <name> ]*"
カーニング対の第一グリフになり得るグリフの集合を定める(コンマ区切りの)グリフ名の連なり(即ち 'glyph' 要素の glyphName 属性に一致する値のリスト)。与えられた名前を持つグリフ全ては集合に含まれる。カーニング対の第一グリフとなり得るものの全集合は u1 および g1 属性で指定されるグリフの和集合になる。
アニメーション:不可
A sequence (comma-separated) of glyph names (i.e., values that match glyphName attributes on 'glyph' elements) which identify a set of possible first glyphs in the kerning pair. All glyphs with the given glyph name are included in the set. The total set of possible first glyphs in the kerning pair is the union of glyphs specified by the u1 and g1 attributes.
Animatable: no.
u2 = "[<number> | <urange>] [, [<number> | <urange>] ]*"
u2 = "[<character> | <urange>] [, [<character> | <urange>] ]*"
カーニング対の第二グリフになり得るグリフを指定することを除いて u1 属性と同じ。
アニメーション:不可
Same as the u1 attribute, except that u2 specifies possible second glyphs in the kerning pair.
Animatable: no.
g2 = "<name> [, <name> ]*"
カーニング対の第二グリフになり得るグリフを指定することを除いて g1 属性と同じ。
アニメーション:不可
Same as the g1 attribute, except that g2 specifies possible second glyphs in the kerning pair.
Animatable: no.
k = "<number>"
カーニング対の2つのグリフの間隔調整における減少量をフォント座標系で指定する。この属性は与えられなければならない。
アニメーション:不可
The amount to decrease the spacing between the two glyphs in the kerning pair. The value is in the font coordinate system. This attribute is required.
Animatable: no.

少なくとも u1g1 のいずれかと、少なくとも u2g2 のいずれかは与えられなければならない。

At least one each of u1 or g1 and at least one of u2 or g2 must be provided.

'vkern' 要素は2つのグリフが連続して垂直に(即ち縦並びに)描画されるときのカーニング対と垂直アドバンスの調整値を定義する。文字の間隔はカーニング調整により詰められる(負のカーニング調整値は文字の間隔を拡げる)。

The 'vkern' element defines kerning pairs and adjustment values in the vertical advance value when drawing pairs of glyphs together when stacked vertically. The spacing between characters is reduced by the kerning adjustment.

<!ENTITY % SVG.vkern.element "INCLUDE" >
<![%SVG.vkern.element;[
<!ENTITY % SVG.vkern.content "EMPTY" >
<!ELEMENT %SVG.vkern.qname; %SVG.vkern.content; >
<!-- end of SVG.vkern.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.vkern.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.vkern.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.vkern.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    u1 CDATA #IMPLIED
    g1 CDATA #IMPLIED
    u2 CDATA #IMPLIED
    g2 CDATA #IMPLIED
    k %Number.datatype; #REQUIRED
>
 

20.8 フォント記述


20.8.1 フォント記述の概観

フォント記述( font description )は、文書作成者のフォント指定とフォントデータの橋渡しを提供する。フォントデータは、テキスト整形と文字に対応する抽象的グリフの描画に必要なデータ - 実際のスケーラブルな外形線あるいはビットマップ - である。フォントは 'font-family' プロパティなどのプロパティにより参照される。

A font description provides the bridge between an author's font specification and the font data, which is the data needed to format text and to render the abstract glyphs to which the characters map - the actual scalable outlines or bitmaps. Fonts are referenced by properties, such as the 'font-family' property.

指定された各フォント記述は、適切なフォントデータの選択を可能にするためにフォントデータベースに追加される。フォント記述はフォントデータのウェブにおける場所やフォントデータの特徴を表す記述子を持つ。フォント記述子はフォントプロパティを特定のフォントデータに結び付けるためにも必要になる。各フォント記述の詳細度は単なるフォント名からグリフ幅のリストまで様々である。

Each specified font description is added to the font database and so that it can be used to select the relevant font data. The font description contains descriptors such as the location of the font data on the Web, and characterizations of that font data. The font descriptors are also needed to match the font properties to particular font data. The level of detail of a font description can vary from just the name of the font up to a list of glyph widths.

フォント記述についての更なる詳細は CSS2 仕様のフォントの章 [CSS2 Fonts] を参照のこと。

For more about font descriptions, refer to the font chapter in the CSS2 specification [CSS2 Fonts].


20.8.2 フォント記述を与える2つの方法

フォント記述は次の2つの方法いずれでも指定できる:

Font descriptions can be specified in either of the following ways:


20.8.3 'font-face' 要素

'font-face' 要素は CSS2 の @font-face の機能に直接対応するものである。SVG フォントその他任意のフォントの特徴の記述に利用できる。

The 'font-face' element corresponds directly to the @font-face facility in CSS2. It can be used to describe the characteristics of any font, SVG font or otherwise.

同じ文書に含まれている SVG フォントの特徴の記述に利用する場合は、 'font' 要素が外部依存性の無い独立なものとなるように 'font-face' 要素を当該 'font' 要素の子として与えることが推奨される。この場合、 'font-face' 要素内の 'font-face-src' 要素は無視され、 'font-face' 要素はその親の 'font' 要素の特徴を記述するものとみなされる。

When used to describe the characteristics of an SVG font contained within the same document, it is recommended that the 'font-face' element be a child of the 'font' element it is describing so that the 'font' element can be self-contained and fully-described. In this case, any 'font-face-src' elements within the 'font-face' element are ignored as it is assumed that the 'font-face' element is describing the characteristics of its parent 'font' element.

<!ENTITY % SVG.font-face.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.font-face.element "INCLUDE" >
<![%SVG.font-face.element;[
<!ENTITY % SVG.font-face.content
    "(( %SVG.Description.class; )*, %SVG.font-face-src.qname;?,
        %SVG.definition-src.qname;? %SVG.font-face.extra.content; )"
>
<!ELEMENT %SVG.font-face.qname; %SVG.font-face.content; >
<!-- end of SVG.font-face.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.font-face.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.font-face.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.font-face.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    font-family %FontFamilyValue.datatype; #IMPLIED
    font-style ( normal | italic | oblique ) #IMPLIED
    font-variant ( normal | small-caps ) #IMPLIED
    font-weight ( normal | bold | 100 | 200 | 300 | 400 | 500 | 600 | 700 |
                  800 | 900 ) #IMPLIED
    font-stretch ( normal | ultra-condensed | extra-condensed | condensed |
                   semi-condensed | semi-expanded | expanded | extra-expanded |
                   ultra-expanded ) #IMPLIED
    font-size %FontSizeValue.datatype; #IMPLIED
    unicode-range CDATA #IMPLIED
    units-per-em %Number.datatype; #IMPLIED
    panose-1 CDATA #IMPLIED
    stemv %Number.datatype; #IMPLIED
    stemh %Number.datatype; #IMPLIED
    slope %Number.datatype; #IMPLIED
    cap-height %Number.datatype; #IMPLIED
    x-height %Number.datatype; #IMPLIED
    accent-height %Number.datatype; #IMPLIED
    ascent %Number.datatype; #IMPLIED
    descent %Number.datatype; #IMPLIED
    widths CDATA #IMPLIED
    bbox CDATA #IMPLIED
    ideographic %Number.datatype; #IMPLIED
    alphabetic %Number.datatype; #IMPLIED
    mathematical %Number.datatype; #IMPLIED
    hanging %Number.datatype; #IMPLIED
    v-ideographic %Number.datatype; #IMPLIED
    v-alphabetic %Number.datatype; #IMPLIED
    v-mathematical %Number.datatype; #IMPLIED
    v-hanging %Number.datatype; #IMPLIED
    underline-position %Number.datatype; #IMPLIED
    underline-thickness %Number.datatype; #IMPLIED
    strikethrough-position %Number.datatype; #IMPLIED
    strikethrough-thickness %Number.datatype; #IMPLIED
    overline-position %Number.datatype; #IMPLIED
    overline-thickness %Number.datatype; #IMPLIED
>

属性定義:

Attribute definitions:

font-family = "<string>"
@font-face 規則の 'font-family' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'font-family' descriptor within an @font-face rule.
Animatable: no.
font-style = "all | [ normal | italic | oblique] [, [normal | italic | oblique]]*"
@font-face 規則の 'font-style' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。フォントのスタイル。コンマ区切りのリストが許される点以外は、 'font-style' プロパティと同じ値をとれる。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "all" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'font-style' descriptor within an @font-face rule. The style of a font. Takes on the same values as the 'font-style' property, except that a comma-separated list is permitted.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "all" were specified.
Animatable: no.
font-variant = "[normal | small-caps] [,[normal | small-caps]]*"
@font-face 規則の 'font-variant' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。この書体( face )がフォントのスモールキャップ異体字( small-caps variant )であるかどうかを指示する。コンマ区切りのリストが許される点以外は、 'font-variant' プロパティと同じ値をとれる。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "normal" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'font-variant' descriptor within an @font-face rule. Indication of whether this face is the small-caps variant of a font. Takes on the same values as the 'font-variant' property, except that a comma-separated list is permitted.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "normal" were specified.
Animatable: no.
font-weight = "all | [normal | bold |100 | 200 | 300 | 400 | 500 | 600 | 700 | 800 | 900] [, [normal | bold |100 | 200 | 300 | 400 | 500 | 600 | 700 | 800 | 900]]*"
@font-face 規則の 'font-weight' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。
同じフォントファミリの他のものに相対的な書体のウェイト( weight )。次の3つの例外を除いて 'font-weight' プロパティと同じ値をとれる:
  • 相対的キーワード( bolder, lighter )は許されない
  • 複数のウェイトを含むフォントにはコンマ区切りの値のリストが許される
  • 追加のキーワード 'all' が許される。これは、フォントが複数のウェイトを含む、あるいは書体( face )に一つしかウェイトが含まれないかのいずれかの理由により、フォントがどのウェイトにも一致することを意味する。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "all" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'font-weight' descriptor within an @font-face rule.
The weight of a face relative to others in the same font family. Takes on the same values as the 'font-weight' property with three exceptions:
  • relative keywords (bolder, lighter) are not permitted
  • a comma-separated list of values is permitted, for fonts that contain multiple weights
  • an additional keyword, 'all', is permitted, which means that the font will match for all possible weights; either because it contains multiple weights, or because that face only has a single weight.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "all" were specified.
Animatable: no.
font-stretch = "all | [ normal | ultra-condensed | extra-condensed | condensed | semi-condensed | semi-expanded | expanded | extra-expanded | ultra-expanded] [, [ normal | ultra-condensed | extra-condensed | condensed | semi-condensed | semi-expanded | expanded | extra-expanded | ultra-expanded] ]*"
@font-face 規則の 'font-stretch' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。同じフォントファミリの他のものに相対的な書体の圧縮( condensed )または伸長( expanded )の性質を指示する。次を除き 'font-stretch' プロパティと同じ値をとれる:
  • 相対的キーワード( wider, narrower )は許されない
  • コンマ区切りのリストは許される
  • キーワード 'all' が許される
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "normal" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'font-stretch' descriptor within an @font-face rule. Indication of the condensed or expanded nature of the face relative to others in the same font family. Takes on the same values as the 'font-stretch' property except that:
  • relative keywords (wider, narrower) are not permitted
  • a comma-separated list is permitted
  • the keyword 'all' is permitted
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "normal" were specified.
Animatable: no.
font-size = "<string>"
@font-face 規則の 'font-size' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'font-size' descriptor within an @font-face rule.
Animatable: no.
unicode-range = "<urange> [, <urange>]*"
@font-face 規則の 'unicode-range' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。フォントのグリフが受け持つ ISO 10646 文字 [UNICODE] の範囲。この仕様で与えられる追加情報を除き、この属性の正式な定義は [CSS2] で与えられる。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "U+0-10FFFF" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'unicode-range' descriptor within an @font-face rule. The range of ISO 10646 characters [UNICODE] possibly covered by the glyphs in the font. Except for any additional information provided in this specification, the normative definition of the attribute is in [CSS2].
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "U+0-10FFFF" were specified.
Animatable: no.
units-per-em = "<number>"
@font-face 規則の 'units-per-em' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。グリフのデザイン格子の大きさとなる、エム平方の一辺の長さが何単位になるかを表した数。
他の属性のほとんどがデザイン格子の定義を要するので、この値の指定はほぼ必須になる。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "1000" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'units-per-em' descriptor within an @font-face rule. The number of coordinate units on the em square, the size of the design grid on which glyphs are laid out.
This value is almost always necessary as nearly every other attribute requires the definition of a design grid.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "1000" were specified.
Animatable: no.
panose-1 = "[<integer>]{10}"
@font-face 規則の 'panose-1' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。 空白で区切られた十個の十進整数で構成される Panose-1 数。 この仕様で与えられる追加情報を除き、この属性の正式な定義は [CSS2] で与えられる。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "0 0 0 0 0 0 0 0 0 0" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'panose-1' descriptor within an @font-face rule. The Panose-1 number, consisting of ten decimal integers, separated by whitespace. Except for any additional information provided in this specification, the normative definition of the attribute is in [CSS2].
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "0 0 0 0 0 0 0 0 0 0" were specified.
Animatable: no.
stemv = "<number>"
@font-face 規則の 'stemv' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'stemv' descriptor within an @font-face rule.
Animatable: no.
stemh = "<number>"
@font-face 規則の 'stemh' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'stemh' descriptor within an @font-face rule.
Animatable: no.
slope = "<number>"
@font-face 規則の 'slope' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。フォントの垂直ストローク角度( vertical stroke angle )。 この仕様で与えられる追加情報を除き、この属性の正式な定義は [CSS2] で与えられる。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "0" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'slope' descriptor within an @font-face rule. The vertical stroke angle of the font. Except for any additional information provided in this specification, the normative definition of the attribute is in [CSS2].
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "0" were specified.
Animatable: no.
cap-height = "<number>"
@font-face 規則の 'cap-height' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。フォントの大文字グリフのフォント座標系における高さ。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'cap-height' descriptor within an @font-face rule. The height of uppercase glyphs in the font within the font coordinate system.
Animatable: no.
x-height = "<number>"
@font-face 規則の 'x-height' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。フォントの小文字グリフのフォント座標系における高さ。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'x-height' descriptor within an @font-face rule. The height of lowercase glyphs in the font within the font coordinate system.
Animatable: no.
accent-height = "<number>"
フォント座標系における原点からアクセント付き文字の上端までの距離。
この属性が指定されていない場合の効果は、 ascent 属性の値が設定されたときと同じになる。この属性が用いられる場合は、 units-per-em 属性が指定されなければならない。
アニメーション:不可
The distance from the origin to the top of accent characters, measured by a distance within the font coordinate system.
If the attribute is not specified, the effect is as if the attribute were set to the value of the ascent attribute. If this attribute is used, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
ascent = "<number>"
@font-face 規則の 'ascent' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。 フォント座標系における原点からアクセントなしの文字の上端までの最大距離。
この属性が指定されていない場合の効果は、対応するフォントの units-per-em の値と vert-origin-y の値との差が値に設定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'ascent' descriptor within an @font-face rule. The maximum unaccented height of the font within the font coordinate system.
If the attribute is not specified, the effect is as if the attribute were set to the difference between the units-per-em value and the vert-origin-y value for the corresponding font.
Animatable: no.
descent = "<number>"
@font-face 規則の 'descent' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。 フォント座標系における原点からアクセントなしの文字の下端まで( unaccented depth )の最大距離。
この属性が指定されていない場合の効果は、対応するフォントの vert-origin-y の値が設定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'descent' descriptor within an @font-face rule. The maximum unaccented depth of the font within the font coordinate system.
If the attribute is not specified, the effect is as if the attribute were set to the vert-origin-y value for the corresponding font.
Animatable: no.
widths = "<string>"
@font-face 規則の 'widths' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'widths' descriptor within an @font-face rule.
Animatable: no.
bbox = "<string>"
@font-face 規則の 'bbox' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'bbox' descriptor within an @font-face rule.
Animatable: no.
ideographic = "<number>"
横書グリフ配置における、表意文字基底線による整列を得るためのグリフの整列座標を指示する。値はフォント座標系におけるオフセット。この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
For horizontally oriented glyph layouts, indicates the alignment coordinate for glyphs to achieve ideographic baseline alignment. The value is an offset in the font coordinate system. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
alphabetic = "<number>"
@font-face 規則の 'baseline' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。 横書グリフ配置における、アルファベット基底線による整列を得るためのグリフの整列座標を指示する。値はフォント座標系におけるオフセット。この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'baseline' descriptor within an @font-face rule. For horizontally oriented glyph layouts, indicates the alignment coordinate for glyphs to achieve alphabetic baseline alignment. The value is an offset in the font coordinate system. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
mathematical = "<number>"
@font-face 規則の 'mathline' 記述子と同じ構文と意味内容を持つ。 横書グリフ配置における、数式基底線による整列を得るためのグリフの整列座標を指示する。 値はフォント座標系におけるオフセット。この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
Same syntax and semantics as the 'mathline' descriptor within an @font-face rule. For horizontally oriented glyph layouts, indicates the alignment coordinate for glyphs to achieve mathematical baseline alignment. The value is an offset in the font coordinate system. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
hanging = "<number>"
横書グリフ配置における、吊り下げ基底線による整列を得るためのグリフの整列座標を指示する。 値はフォント座標系におけるオフセット。この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
For horizontally oriented glyph layouts, indicates the alignment coordinate for glyphs to achieve hanging baseline alignment. The value is an offset in the font coordinate system. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
v-ideographic = "<number>"
縦書グリフ配置における、表意文字基底線による整列を得るためのグリフの整列座標を指示する。 値はグリフ特有の vert-origin-x 属性に相対的なオフセットをフォント座標系で表したもの。 この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
For vertically oriented glyph layouts, indicates the alignment coordinate for glyphs to achieve ideographic baseline alignment. The value is an offset in the font coordinate system relative to the glyph-specific vert-origin-x attribute. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
v-alphabetic = "<number>"
縦書グリフ配置における、アルファベット基底線による整列を得るためのグリフの整列座標を指示する。 値はグリフ特有の vert-origin-x 属性に相対的なオフセットをフォント座標系で表したもの。 この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
For vertically oriented glyph layouts, indicates the alignment coordinate for glyphs to achieve alphabetic baseline alignment. The value is an offset in the font coordinate system relative to the glyph-specific vert-origin-x attribute. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
v-mathematical = "<number>"
縦書グリフ配置における、数式基底線による整列を得るためのグリフの整列座標を指示する。 値はグリフ特有の vert-origin-x 属性に相対的なオフセットをフォント座標系で表したもの。 この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
For vertically oriented glyph layouts, indicates the alignment coordinate for glyphs to achieve mathematical baseline alignment. The value is an offset in the font coordinate system relative to the glyph-specific vert-origin-x attribute. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
v-hanging = "<number>"
縦書グリフ配置における、吊り下げ基底線による整列を得るためのグリフの整列座標を指示する。 値はグリフ特有の vert-origin-x 属性に相対的なオフセットをフォント座標系で表したもの。 この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
For vertically oriented glyph layouts, indicates the alignment coordinate for glyphs to achieve hanging baseline alignment. The value is an offset in the font coordinate system relative to the glyph-specific vert-origin-x attribute. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
underline-position = "<number>"
フォント座標系における下線の規範となる位置。この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
The ideal position of an underline within the font coordinate system. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
underline-thickness = "<number>"
フォント座標系における長さで表される下線の規範となる太さ。この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
The ideal thickness of an underline, expressed as a length within the font coordinate system. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
strikethrough-position = "<number>"
フォント座標系における削除線( strike-through )の規範となる位置。 この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
The ideal position of a strike-through within the font coordinate system. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
strikethrough-thickness = "<number>"
フォント座標系における長さで表される削除線の規範となる太さ。 この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
The ideal thickness of a strike-through, expressed as a length within the font coordinate system. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
overline-position = "<number>"
フォント座標系における上線( overline )の規範となる位置。 この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
The ideal position of an overline within the font coordinate system. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.
overline-thickness = "<number>"
フォント座標系における長さで表される上線の規範となる太さ。 この属性が与えられる場合は units-per-em 属性も指定されなければならない。
アニメーション:不可
The ideal thickness of an overline, expressed as a length within the font coordinate system. If this attribute is provided, the units-per-em attribute must also be specified.
Animatable: no.

次の要素と属性は @font-face 規則の 'src' 記述子に対応する。 ( CSS2 仕様の [@font-face 規則] と ['src' 記述子] を参照のこと。)

The following elements and attributes correspond to the 'src' descriptor within an @font-face rule. (Refer to the descriptions of the [ @font-face rule] and ['src' descriptor] in the CSS2 specification.)

'font-face-uri'SVG フォント を参照している場合、参照先は SVG 'font' 要素でなければならず、したがって片識別子が必要になる( [URI] を見よ)。参照先の 'font' 要素はローカル(即ち 'font-face-uri' 要素と同じ文書内)またはリモート(即ち異なる文書) のいずれにあってもよい。

When a 'font-face-uri' is referencing an SVG font, then that reference must be to an SVG 'font' element, therefore requiring the use of a fragment identifier (see [URI]). The referenced 'font' element can be local (i.e., within the same document as the 'font-face-uri' element) or remote (i.e., within a different document).

<!ENTITY % SVG.font-face-src.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.font-face-src.element "INCLUDE" >
<![%SVG.font-face-src.element;[
<!ENTITY % SVG.font-face-src.content
    "( %SVG.font-face-uri.qname; | %SVG.font-face-name.qname;
       %SVG.font-face-src.extra.content; )+"
>
<!ELEMENT %SVG.font-face-src.qname; %SVG.font-face-src.\
content; >
<!-- end of SVG.font-face-src.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.font-face-src.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.font-face-src.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.font-face-src.qname;
    %SVG.Core.attrib;
>
<!-- end of SVG.font-face-src.attlist -->]]>
<!-- font-face-uri: Font Face URI Element .............. -->
<!ENTITY % SVG.font-face-uri.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.font-face-uri.element "INCLUDE" >
<![%SVG.font-face-uri.element;[
<!ENTITY % SVG.font-face-uri.content
    "( %SVG.font-face-format.qname; %SVG.font-fac\
e-uri.extra.content; )*"
>
<!ELEMENT %SVG.font-face-uri.qname; %SVG.font-face-uri.\
content; >
<!-- end of SVG.font-face-uri.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.font-face-uri.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.font-face-uri.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.font-face-uri.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    %SVG.XLinkRequired.attrib;
>
<!-- end of SVG.font-face-uri.attlist -->]]>
<!-- font-face-format: Font Face Format Element ........ -->
<!ENTITY % SVG.font-face-format.element "INCLUDE" >
<![%SVG.font-face-format.element;[
<!ENTITY % SVG.font-face-format.content "EMPTY" >
<!ELEMENT %SVG.font-face-format.qname; %SVG.font-fac\
e-format.content; >
<!-- end of SVG.font-face-format.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.font-face-format.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.font-face-format.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.font-face-format.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    string CDATA #IMPLIED
>
<!-- end of SVG.font-face-format.attlist -->]]>
<!-- font-face-name: Font Face Name Element ............ -->
<!ENTITY % SVG.font-face-name.element "INCLUDE" >
<![%SVG.font-face-name.element;[
<!ENTITY % SVG.font-face-name.content "EMPTY" >
<!ELEMENT %SVG.font-face-name.qname; %SVG.font-face-na\
me.content; >
<!-- end of SVG.font-face-name.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.font-face-name.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.font-face-name.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.font-face-name.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    name CDATA #IMPLIED
>
<!-- end of SVG.font-face-name.attlist -->]]>
gt;

'definition-src' 要素は CSS2 の 'definition-src' 記述子に対応する。( CSS2 仕様の [ 'definition-src' 記述子] を参照のこと。)

The 'definition-src' element corresponds to the 'definition-src' descriptor in CSS2. (Refer to description of the [ 'definition-src' descriptor] in CSS2 specification.)

<!ENTITY % SVG.definition-src.element "INCLUDE" >
<![%SVG.definition-src.element;[
<!ENTITY % SVG.definition-src.content "EMPTY" >
<!ELEMENT %SVG.definition-src.qname; %SVG.definition-\
src.content; >
<!-- end of SVG.definition-src.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.definition-src.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.definition-src.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.definition-src.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    %SVG.XLinkRequired.attrib;
>

20.9 Font モジュール

要素 属性 内容モデル
font Core.attrib, External.attrib, Style.attrib, Presentation.attrib, horiz-origin-x, horiz-origin-y, horiz-adv-x, vert-adv-y, vert-origin-x, vert-origin-y (Description.class, font-face, missing-glyph, (glyph | hkern | vkern)*)
font-face Core.attrib, font-family, font-style, font-variant, font-weight, font-stretch, font-size, unicode-range, units-per-em, panose-1, stemv, stemh, slope, cap-height, x-height, accent-height, ascent, descent, widths, bbox, ideographic, alphabetic, mathematical, hanging, v-ideographic, v-alphabetic, v-mathematical, v-hanging, underline-position, underline-thickness, strikethrough-position, strikethrough-thickness, overline-position, overline-thickness (Description.class, font-face-src?, definition-src?)
glyph Core.attrib, Style.attrib, Presentation.attrib, unicode, glyph-name, d, orientation, arabic-form, lang, horiz-adv-x, vert-adv-y, vert-origin-x, vert-origin-y (Description.class | Structure.class | Shape.class | Text.class | Image.class | View.class | Conditional.class | Hyperlink.class | Style.class | Marker.class | Clip.class | Mask.class | Gradient.class | Pattern.class | ColorProfile.class | Filter.class | Cursor.class | Font.class | Animation.class)*
missing-glyph Core.attrib, Style.attrib, Presentation.attrib, d, orientation, arabic-form, lang, horiz-adv-x, vert-adv-y, vert-origin-x, vert-origin-y (Description.class | Structure.class | Shape.class | Text.class | Image.class | View.class | Conditional.class | Hyperlink.class | Style.class | Marker.class | Clip.class | Mask.class | Gradient.class | Pattern.class | ColorProfile.class | Filter.class | Cursor.class | Font.class | Animation.class)*
hkern Core.attrib, g1, g2, u1, u2, k EMPTY
vkern Core.attrib, g1, g2, u1, u2, k EMPTY
font-face-src Core.attrib (font-face-uri|font-face-name)+
font-face-uri Core.attrib, XLinkRequired.attrib font-face-format*
font-face-format Core.attrib, string EMPTY
font-face-name Core.attrib, name EMPTY
defintion-src Core.attrib, XLinkRequired.attrib EMPTY

20.9.1 Font 内容セット

Font モジュールは Font.class 内容セットを定義する。

内容セット名 内容セットに含まれる要素
Font.class font, font-face

20.10 基本 Font モジュール

要素 属性 内容モデル
font Core.attrib, External.attrib, Style.attrib, Presentation.attrib, horiz-origin-x, horiz-adv-x (Description.class, font-face, missing-glyph, (glyph | hkern)*)
font-face Core.attrib, font-family, font-style, font-variant, font-weight, font-stretch, font-size, unicode-range, units-per-em, panose-1, stemv, stemh, slope, cap-height, x-height, accent-height, ascent, descent, widths, bbox, ideographic, alphabetic, mathematical, hanging, underline-position, underline-thickness, strikethrough-position, strikethrough-thickness, overline-position, overline-thickness (Description.class, font-face-src?)
glyph Core.attrib, Style.attrib, unicode, glyph-name, d, arabic-form, lang, horiz-adv-x (Description.class)
missing-glyph Core.attrib, Style.attrib, d, arabic-form, lang, horiz-adv-x (Description.class)
hkern Core.attrib, g1, g2, u1, u2, k EMPTY
font-face-src Core.attrib (font-face-name)+
font-face-name Core.attrib, name EMPTY

20.10.1 基本 Font 内容セット

基本 Font モジュールは Font.class 内容セットを定義する。

内容セット名 内容セットに含まれる要素
Font.class font, font-face
 


20.11 DOM インターフェース

次に挙げるインターフェースが以下で定義される: SVGFontElement, SVGGlyphElement, SVGMissingGlyphElement, SVGHKernElement, SVGVKernElement, SVGFontFaceElement, SVGFontFaceSrcElement, SVGFontFaceUriElement, SVGFontFaceFormatElement, SVGFontFaceNameElement, SVGDefinitionSrcElement


インターフェース SVGFontElement

SVGFontElement インターフェースは 'font' 要素に対応する。

SVG DOM を通した 'font' 要素の属性へのオブジェクト指向型アクセスは提供されていない。


IDL 定義
interface SVGFontElement : 
                SVGElement,
                SVGExternalResourcesRequired,
                SVGStylable {};


インターフェース SVGGlyphElement

SVGGlyphElement インターフェースは 'glyph' 要素に対応する。

SVG DOM を通した 'glyph' 要素の属性へのオブジェクト指向型アクセスは提供されていない。


IDL 定義
interface SVGGlyphElement : 
                SVGElement,
                SVGStylable {};


インターフェース SVGMissingGlyphElement

SVGMissingGlyphElement インターフェースは 'missing-glyph' 要素に対応する。

SVG DOM を通した 'missing-glyph' 要素の属性へのオブジェクト指向型アクセスは提供されていない。


IDL 定義
interface SVGMissingGlyphElement : 
                SVGElement,
                SVGStylable {};


インターフェース SVGHKernElement

SVGHKernElement インターフェースは 'hkern' 要素に対応する。

SVG DOM を通した 'hkern' 要素の属性へのオブジェクト指向型アクセスは提供されていない。


IDL 定義
interface SVGHKernElement : SVGElement {};


インターフェース SVGVKernElement

SVGVKernElement インターフェースは 'vkern' 要素に対応する。

SVG DOM を通した 'vkern' 要素の属性へのオブジェクト指向型アクセスは提供されていない。


IDL 定義
interface SVGVKernElement : SVGElement {};


インターフェース SVGFontFaceElement

SVGFontFaceElement インターフェースは 'font-face' 要素に対応する。

SVG DOM を通した 'font-face' 要素の属性へのオブジェクト指向型アクセスは提供されていない。


IDL 定義
interface SVGFontFaceElement : SVGElement {};


インターフェース SVGFontFaceSrcElement

SVGFontFaceSrcElement インターフェースは 'font-face-src' 要素に対応する。


IDL 定義
interface SVGFontFaceSrcElement : SVGElement {};


インターフェース SVGFontFaceUriElement

SVGFontFaceUriElement インターフェースは 'font-face-uri' 要素に対応する。

SVG DOM を通した 'font-face-uri' 要素の属性へのオブジェクト指向型アクセスは提供されていない。


IDL 定義
interface SVGFontFaceUriElement : SVGElement {};


インターフェース SVGFontFaceFormatElement

SVGFontFaceFormatElement インターフェースは 'font-face-format' 要素に対応する。

SVG DOM を通した 'font-face-format' 要素の属性へのオブジェクト指向型アクセスは提供されていない。


IDL 定義
interface SVGFontFaceFormatElement : SVGElement {};


インターフェース SVGFontFaceNameElement

SVGFontFaceNameElement インターフェースは 'font-face-name' 要素に対応する。

SVG DOM を通した 'font-face-name' 要素の属性へのオブジェクト指向型アクセスは提供されていない。


IDL 定義
interface SVGFontFaceNameElement : SVGElement {};


インターフェース SVGDefinitionSrcElement

SVGDefinitionSrcElement インターフェースは 'definition-src' 要素に対応する。

SVG DOM を通した 'definition-src' 要素の属性へのオブジェクト指向型アクセスは提供されていない。


IDL 定義
interface SVGDefinitionSrcElement : SVGElement {};