14 January 2003, 翻訳更新: 2010/04/29

5 文書構造


目次



5.1 SVG 文書片を定義する:'svg' 要素

5.1.1 概観

SVG 文書片'svg' 要素内に含まれる任意個数の SVG 要素により構成される。

An SVG document fragment consists of any number of SVG elements contained within an 'svg' element.

SVG 文書片は空のもの(即ち 'svg' 内に何も含んでいないもの)や、 'rect' などの グラフィックス要素 をただ一つ含むごく単純なものから、 コンテナ要素グラフィックス要素 から構築される複雑で深い入れ子構造を持つものまでになり得る。

An SVG document fragment can range from an empty fragment (i.e., no content inside of the 'svg' element), to a very simple SVG document fragment containing a single SVG graphics element such as a 'rect', to a complex, deeply nested collection of container elements and graphics elements.

SVG 文書片はそれ自身が独立したファイルまたはリソースとなれる。その場合は SVG 文書 になる。あるいは、親となる XML 文書に文書片としてインラインに埋め込むこともできる。

An SVG document fragment can stand by itself as a self-contained file or resource, in which case the SVG document fragment is an SVG document, or it can be embedded inline as a fragment within a parent XML document.

親の XML 文書に文書片として埋め込まれた単純な SVG 内容の例を下に示す。 XML 名前空間の利用により 'svg' 要素と 'ellipse' 要素が SVG 名前空間に属することを指示していることに注意:

The following example shows simple SVG content embedded inline as a fragment within a parent XML document. Note the use of XML namespaces to indicate that the 'svg' and 'ellipse' elements belong to the SVG namespace:

<?xml version="1.0" standalone="yes"?>
<parent xmlns="http://example.org"
       xmlns:svg="http://www.w3.org/2000/svg">
   <!-- 親の内容はここに -->
   <svg:svg width="4cm" height="8cm" version="1.1">
      <svg:ellipse cx="2cm" cy="4cm" rx="2cm" ry="1cm" />
   </svg:svg>
   <!-- ... -->
</parent>

少し複雑な例で(いくつかの矩形が含まれている)独立した外部依存のない SVG 文書になっている:

This example shows a slightly more complex (i.e., it contains multiple rectangles) stand-alone, self-contained SVG document:

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="5cm" height="4cm" version="1.1"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <desc>4個の別々の矩形
  </desc>
    <rect x="0.5cm" y="0.5cm" width="2cm" height="1cm"/>
    <rect x="0.5cm" y="2cm" width="1cm" height="1.5cm"/>
    <rect x="3cm" y="0.5cm" width="1.5cm" height="2cm"/>
    <rect x="3.5cm" y="3cm" width="1cm" height="0.5cm"/>
  <!-- 'rect' 要素でキャンバスの境界を表示 -->
  <rect x=".01cm" y=".01cm" width="4.98cm" height="3.98cm"
        fill="none" stroke="blue" stroke-width=".02cm" />
</svg>

この例を SVG で見る( SVG 対応ブラウザのみ)
 

'svg' 要素は SVG 内容の中に現れてもよい。これが SVG 文書片内への他の SVG 文書片の埋め込みを可能にする仕組になる。

'svg' elements can appear in the middle of SVG content. This is the mechanism by which SVG document fragments can be embedded within other SVG document fragments.

SVG 内容中の 'svg' 要素のもう一つの用途は新しいビューポートを確立させることである( 新しいビューポートの確立 を見よ)。

Another use for 'svg' elements within the middle of SVG content is to establish a new viewport. (See Establishing a new viewport.)

いかなる場合でも、全ての SVG 要素が SVG 名前空間に属するものと識別されるようにするため、「 XML 名前空間」勧告("Namespaces in XML" Recommendation ) [XML-NS] に従って SVG 名前空間宣言が与えられなければならない。以下は SVG 名前空間宣言として可能な記法になる。名前空間接頭辞の無い xmlns 属性を 'svg' 要素に指定した場合、そのスコープにある全ての要素に対する既定の名前空間は SVG になる:

In all cases, for compliance with the "Namespaces in XML" Recommendation [ XML-NS], an SVG namespace declaration must be provided so that all SVG elements are identified as belonging to the SVG namespace. The following are possible ways to provide a namespace declaration. An xmlns attribute without a namespace prefix could be specified on an 'svg' element, which means that SVG is the default namespace for all elements within the scope of the element with the xmlns attribute:

<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg"...>
  <rect .../>
</svg>

xmlns 属性で名前空間接頭辞を付けた場合(例えば xmlns:svg="http://www.w3.org/2000/svg" )、対応する名前空間は既定の名前空間にはならないので、全要素に対し名前空間接頭辞を与えなければならない:

If a namespace prefix is specified on the xmlns attribute (e.g., xmlns:svg="http://www.w3.org/2000/svg"), then the corresponding namespace is not the default namespace, so an explicit namespace prefix must be assigned to the elements:

<svg:svg xmlns:svg="http://www.w3.org/2000/svg"...>
  <svg:rect .../>
</svg:svg>

名前空間接頭辞は祖先要素に指定することも可能である( 上の例 に示されている)。詳細は「 XML 名前空間」勧告 [XML-NS] を参照のこと。

Namespace prefixes can be specified on ancestor elements (illustrated in the above example). For more information, refer to the "Namespaces in XML" Recommendation [ XML-NS].

5.1.2 'svg' 要素

<!-- svg: SVG Document Element ......................... -->
<!ENTITY % SVG.svg.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.svg.element "INCLUDE" >
<![%SVG.svg.element;[
<!ENTITY % SVG.svg.content
    "( %SVG.Description.class; | %SVG.Animation.class; %SVG.Structure.class;
       %SVG.Conditional.class; %SVG.Image.class; %SVG.Style.class;
       %SVG.Shape.class; %SVG.Text.class; %SVG.Marker.class;
       %SVG.ColorProfile.class; %SVG.Gradient.class; %SVG.Pattern.class;
       %SVG.Clip.class; %SVG.Mask.class; %SVG.Filter.class; %SVG.Cursor.class;
       %SVG.Hyperlink.class; %SVG.View.class; %SVG.Script.class;
       %SVG.Font.class; %SVG.Extensibility.class; %SVG.svg.extra.content; )*"
>
<!ELEMENT %SVG.svg.qname; %SVG.svg.content; >
<!-- end of SVG.svg.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.svg.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.svg.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.svg.qname;
    %SVG.xmlns.attrib;
    %SVG.Core.attrib;
    %SVG.Conditional.attrib;
    %SVG.Style.attrib;
    %SVG.Presentation.attrib;
    %SVG.DocumentEvents.attrib;
    %SVG.GraphicalEvents.attrib;
    %SVG.External.attrib;
    x %Coordinate.datatype; #IMPLIED
    y %Coordinate.datatype; #IMPLIED
    width %Length.datatype; #IMPLIED
    height %Length.datatype; #IMPLIED
    viewBox %ViewBoxSpec.datatype; #IMPLIED
    preserveAspectRatio %PreserveAspectRatioSpec.datatype; 'xMidYMid meet'
    zoomAndPan ( disable | magnify ) 'magnify'
    version %Number.datatype; #FIXED '1.1'
    baseProfile %Text.datatype; #IMPLIED
    contentScriptType %ContentType.datatype; 'text/ecmascript'
    contentStyleType %ContentType.datatype; 'text/css'
>
<!-- end of SVG.svg.attlist -->]]>

属性定義:

Attribute definitions:

xmlns [:prefix] = "resource-name"
XML 名前空間を識別するための標準 XML 属性。「 XML 名前空間」勧告 [XML-NS] を参照のこと。
アニメーション:不可
Standard XML attribute for identifying an XML namespace. Refer to the "Namespaces in XML" Recommendation [ XML-NS].
Animatable: no.
version = "<number>"
文書が準拠する SVG 言語のバージョンを指定する。 SVG 1.0 ではこの属性は "1.0" に固定されている。 SVG 1.1 では "1.1" とすべきである。
アニメーション:不可
Indicates the SVG language version to which this document fragment conforms.
In SVG 1.0, this attribute was fixed to the value "1.0". For SVG 1.1, the attribute should have the value "1.1".
Animatable: no.
baseProfile = profile-name
文書作成者が内容の正確な描画に最小限必要と考える SVG 言語プロファイルをここで指定する。この属性は処理における制約を規定するわけではなく、メタデータと見なしてよい。例えば、利用者がここで指定したプロファイルによる制約を越えて文書を編集しようとした際に、文書作成ツールから警告を発するための利用がある。それぞれの SVG 言語プロファイルはこの属性に与える適切なテキストを定義すべきである。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "none" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:不可
Describes the minimum SVG language profile that the author believes is necessary to correctly render the content. The attribute does not specify any processing restrictions; It can be considered metadata. For example, the value of the attribute could be used by an authoring tool to warn the user when they are modifying the document beyond the scope of the specified baseProfile. Each SVG profile should define the text that is appropriate for this attribute.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "none" were specified.
Animatable: no.
x = "<coordinate>"
最も外側の svg 要素 に対してはどんな意味も効果も生じない。)
埋め込まれた 'svg' 要素が配置される領域矩形の第一頂点のX座標。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "0" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:可
(Has no meaning or effect on outermost 'svg' elements.)
The x-axis coordinate of one corner of the rectangular region into which an embedded 'svg' element is placed.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "0" were specified.
Animatable: yes.
y = " <coordinate>"
最も外側の svg 要素 に対してはどんな意味も効果も生じない。)
埋め込まれた 'svg' 要素が配置される領域矩形の第一頂点のY座標。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "0" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:可
(Has no meaning or effect on outermost 'svg' elements.)
The y-axis coordinate of one corner of the rectangular region into which an embedded 'svg' element is placed.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "0" were specified.
Animatable: yes.
width = " <length>"
最も外側の svg 要素 に対しては SVG 文書片の固有の横幅を意味する。埋め込まれた 'svg' 要素に対しては配置されるときの矩形の横幅を意味する。
負値はエラー( エラー処理 を見よ)。値を0にすると要素は描画されなくなる。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "100%" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:可
For outermost 'svg' elements, the intrinsic width of the SVG document fragment. For embedded 'svg' elements, the width of the rectangular region into which the 'svg' element is placed.
A negative value is an error (see Error processing). A value of zero disables rendering of the element.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "100%" were specified.
Animatable: yes.
height = " <length>"
最も外側の svg 要素 に対しては SVG 文書片の固有の高さを意味する。埋め込まれた 'svg' 要素に対しては配置されるときの矩形の横幅を意味する。
負値はエラー( エラー処理 を見よ)。値を0にすると要素は描画されなくなる。
この属性が指定されていない場合の効果は、値 "100%" が指定されたときと同じになる。
アニメーション:可
For outermost 'svg' elements, the intrinsic height of the SVG document fragment. For embedded 'svg' elements, the height of the rectangular region into which the 'svg' element is placed.
A negative value is an error (see Error processing). A value of zero disables rendering of the element.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "100%" were specified.
Animatable: yes.

SVG 文書が他の文書の部品として参照されることが予期される場合、 viewBox 属性を 最も外側の svg 要素 に指定するとよい。この属性は SVG 文書を任意のビューポートに適宜倍率を変えてはめ込む簡便な方法を提供する。

If an SVG document is likely to be referenced as a component of another document, the author will often want to include a viewBox attribute on the outermost 'svg' element of the referenced document. This attribute provides a convenient way to design SVG documents to scale-to-fit into an arbitrary viewport.

5.2 グループ化:'g' 要素

5.2.1 概観

'g' 要素は互いに関連する グラフィックス要素 をグループ化するための コンテナ要素 である。

The 'g' element is a container element for grouping together related graphics elements.

'desc' 要素と 'title' 要素とグループ化との併用により、文書構造と意味内容の情報が与えられるようになる。 構造に富んだ文書はスピーチとして, 点字として, あるいはグラフィックとしての出力が可能になり、 アクセシビリティ も向上する。

Grouping constructs, when used in conjunction with the 'desc' and 'title' elements, provide information about document structure and semantics. Documents that are rich in structure may be rendered graphically, as speech, or as braille, and thus promote accessibility.

グループ化された要素に対しても、個々のオブジェクトと同様に id 属性を用いて名前を付けられる。名前付きのグループはアニメーションや再利用など様々な局面で必要になる。

A group of elements, as well as individual objects, can be given a name using the id attribute. Named groups are needed for several purposes such as animation and re-usable objects.

例:

An example:

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="5cm" height="5cm" version="1.1"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <desc>それぞれが2つの矩形からなる2つのグループ
  </desc>
  <g id="group1" fill="red" >
    <rect x="1cm" y="1cm" width="1cm" height="1cm" />
    <rect x="3cm" y="1cm" width="1cm" height="1cm" />
  </g>
  <g id="group2" fill="blue" >
    <rect x="1cm" y="3cm" width="1cm" height="1cm" />
    <rect x="3cm" y="3cm" width="1cm" height="1cm" />
  </g>
  <!-- 'rect' 要素でキャンバスの境界を表示 -->
  <rect x=".01cm" y=".01cm" width="4.98cm" height="4.98cm"
        fill="none" stroke="blue" stroke-width=".02cm" />
</svg>

この例を SVG で見る( SVG 対応ブラウザのみ)
 

'g' 要素は、他の 'g' 要素を任意の階層にわたって入れ子にできる。下の例のように:

A 'g' element can contain other 'g' elements nested within it, to an arbitrary depth. Thus, the following is possible:

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="4in" height="3in" version="1.1"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <desc>グループは入れ子にできる
  </desc>
  <g>
     <g>
       <g>
       </g>
     </g>
   </g>
</svg>

'g' 内に含まれないどんな要素も、(少なくとも概念的には)あたかも単独でグループをなすものとして扱われる。

Any element that is not contained within a 'g' is treated (at least conceptually) as if it were in its own group.

5.2.2 'g' 要素

<!ENTITY % SVG.g.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.g.element "INCLUDE" >
<![%SVG.g.element;[
<!ENTITY % SVG.g.content
    "( %SVG.Description.class; | %SVG.Animation.class; %SVG.Structure.class;
       %SVG.Conditional.class; %SVG.Image.class; %SVG.Style.class;
       %SVG.Shape.class; %SVG.Text.class; %SVG.Marker.class;
       %SVG.ColorProfile.class; %SVG.Gradient.class; %SVG.Pattern.class;
       %SVG.Clip.class; %SVG.Mask.class; %SVG.Filter.class; %SVG.Cursor.class;
       %SVG.Hyperlink.class; %SVG.View.class; %SVG.Script.class;
       %SVG.Font.class; %SVG.Extensibility.class; %SVG.g.extra.content; )*"
>
<!ELEMENT %SVG.g.qname; %SVG.g.content; >
<!-- end of SVG.g.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.g.attlist "INCLUDE" >


5.3 参照と 'defs' 要素

5.3.1 概観

SVG においては、広範囲に渡り、他のオブジェクトへの URI 参照 [URI] が利用できる。例えば矩形を線型グラデーションで塗りつぶす場合、次の様に最初に 'linearGradient' 要素を定義して ID を与える:

SVG makes extensive use of URI references [ URI] to other objects. For example, to fill a rectangle with a linear gradient, you first define a 'linearGradient' element and give it an ID, as in:

<linearGradient id="MyGradient">...</linearGradient>

次に、矩形の 'fill' プロパティに先程の線型グラデーションへの参照を与える:

You then reference the linear gradient as the value of the 'fill' property for the rectangle, as in:

<rect style="fill:url(#MyGradient)"/>

URI 参照は次の書式で与えられる:

URI references are defined in either of the following forms:

エラータ : XPointer 関連はこの仕様から取り除かれたので、この節の XPointer 関連の記述(削除部としてマークアップされている箇所)も削除。)
<URI-reference> = [ <absoluteURI> | <relativeURI> ] [ "#" <elementID> ]    -または-
<URI-reference> = [ <absoluteURI> | <relativeURI> ] [ "#xpointer(id(" <elementID> "))" ]

ここで <elementID> は参照先の要素の ID である。

where <elementID> is the ID of the referenced element.

(上の2つの書式(即ち #<elementID>#xpointer(id(<elementID>)) )は「 XML ポインタ言語( XPointer )」 [XPTR] の書式に従っていることに注意。 SVG 1.0 のUAは XPointer の書式のうちこれら2書式のみサポートしていれば十分である。)

(Note that the two forms above (i.e., #<elementID> and #xpointer(id(<elementID>))) are formulated in syntaxes compatible with "XML Pointer Language (XPointer)" [ XPTR]. These two formulations of URI references are the only XPointer formulations that are required in SVG 1.0 user agents.)

SVG は2種類の URI 参照をサポートする:

SVG supports two types of URI references:

次の規則が URI 参照に適用される:

The following rules apply to the processing of URI references:

参照元と有効な参照先の種類として許容される要素とプロパティを以下に列挙する:

The following list describes the elements and properties that allow URI references and the valid target types for those references:

次の規則が無効な URI 参照に適用される:

The following rules apply to the processing of invalid URI references:

参照先の要素は可能な限り 'defs' 要素内に定義することが推奨される。常に参照として利用される要素は、 'altGlyphDef', 'clipPath', 'cursor', 'filter', 'linearGradient', 'marker', 'mask', 'pattern', 'radialGradient', 'symbol' である。これらの要素は 'defs' 要素内で定義した方が文書の中身が理解し易くなり、アクセシビリティも向上する。

It is recommended that, wherever possible, referenced elements be defined inside of a 'defs' element. Among the elements that are always referenced: 'altGlyphDef', 'clipPath', 'cursor', 'filter', 'linearGradient', 'marker', 'mask', 'pattern', 'radialGradient' and 'symbol'. Defining these elements inside of a 'defs' element promotes understandability of the SVG content and thus promotes accessibility.

5.3.2 URI 参照属性

URI 参照は XLink [XLINK] 名前空間の href 属性で指定される。既定の接頭辞 'xlink:' が XLink 名前空間の属性に利用される場合、その属性名は xlink:href となる。この属性には利用したいリソース(またはリソース片)への URI 参照を指定する。

A URI reference is specified within an href attribute in the XLink [ XLINK] namespace. If the default prefix of 'xlink:' is used for attributes in the XLink namespace, then the attribute will be specified as xlink:href. The value of this attribute is a URI reference for the desired resource (or resource fragment).

href 属性の値は [RFC2396] で定義される URI 参照か、後で述べるエスケープ処理が施した上で URI 参照にならなければならない。この処理は URI 参照が URI リゾルバに渡される時点で適用される。

The value of the href attribute must be a URI reference as defined in [ RFC2396], or must result in a URI reference after the escaping procedure described below is applied. The procedure is applied when passing the URI reference to a URI resolver.

一部の文字はたとえ XML で許されているとしても URI 参照に含まれてはならない。含まれてならない文字は ASCII 以外の全ての文字と [RFC2396] の 2.4 節に書かれた例外文字の全てである。但し [RFC2732] で合法化された、番号記号(#), パーセント(%), 角括弧([, ])を除く。合法でない文字は次の様にしてエスケープされねばならない:

Some characters are disallowed in URI references, even if they are allowed in XML; the disallowed characters include all non-ASCII characters, plus the excluded characters listed in Section 2.4 of [ RFC2396], except for the number sign (#) and percent sign (%) and the square bracket characters re-allowed in [ RFC2732]. Disallowed characters must be escaped as follows:

  1. 全ての合法でない文字は1バイト以上の UTF-8 [RFC2279] に変換される。

    Each disallowed character is converted to UTF-8 [ RFC2279] as one or more bytes.

  2. 合法でない文字に対応する全てのバイトは URI エスケープ文字にされる(即ち HH をバイトの 16 進表記とするとき、%HH)。

    Any bytes corresponding to a disallowed character are escaped with the URI escaping mechanism (that is, converted to %HH, where HH is the hexadecimal notation of the byte value).

  3. 元の文字は変換結果に置換される。

    The original character is replaced by the resulting character sequence.

アプリケーションにとっては値が URI 参照であるかどうかをいちいちチェックするのは非現実的なことなので、この仕様は [RFC2396] に従っているだけであり、 SVG アプリケーションがこのような適合性のテストを受ける必要があることを強いるわけではない。 【 URI 参照であるかどうか - 構文的な正しさではなく、実在する URI かどうかのチェックを指すものと思われる。】

Because it is impractical for any application to check that a value is a URI reference, this specification follows the lead of [ RFC2396] in this matter and imposes no such conformance testing requirement on SVG applications.

URI 参照が相対参照の場合、使用前に [XML-Base] に則った方法で絶対参照が導出されなければならない。

If the URI reference is relative, its absolute version must be computed by the method of [ XML-Base] before use.

エラータ :次は削除)

XML リソースへの参照の場合、 URI 参照に使われている文書片識別子(もしあれば)の書式は XPointer [XPTR] の仕様に従う。

For locators into XML resources, the format of the fragment identifier (if any) used within the URI reference is specified by the XPointer specification [ XPTR].

参照先のリソースについての補足情報を追加の XLink 属性で指定できる。これらの追加属性は次の実体として DTD に含まれている。3つの実体定義は xlink:show の値が異なるだけであり、最初の2つは値 other 、あとの1つは値 embed をとる。最初の2つの実体定義はリソースを参照するほとんどの要素で用いられるものである。3番目の実体定義は要素 'use', 'image', 'feImage' で用いられる。

Additional XLink attributes can be specified that provide supplemental information regarding the referenced resource. These additional attributes are included in the DTD in the following entities. The three entity definitions differ only in the value of xlink:show, which has the value other in the first two entities and the value embed in the third. The first two entity definitions are used in most element definitions which reference resources. The third entity definition is used by elements 'use', 'image' and 'feImage'.

<!ENTITY % SVG.XLink.extra.attrib "" >
<!ENTITY % SVG.XLink.attrib
    "%XLINK.xmlns.attrib;
     %XLINK.pfx;type ( simple ) #FIXED 'simple'
     %XLINK.pfx;href %URI.datatype; #IMPLIED
     %XLINK.pfx;role %URI.datatype; #IMPLIED
     %XLINK.pfx;arcrole %URI.datatype; #IMPLIED
     %XLINK.pfx;title CDATA #IMPLIED
     %XLINK.pfx;show ( other ) 'other'
     %XLINK.pfx;actuate ( onLoad ) #FIXED 'onLoad'
     %SVG.XLink.extra.attrib;"
>
<!ENTITY % SVG.XLinkRequired.extra.attrib "" >
<!ENTITY % SVG.XLinkRequired.attrib
    "%XLINK.xmlns.attrib;
     %XLINK.pfx;type ( simple ) #FIXED 'simple'
     %XLINK.pfx;href %URI.datatype; #REQUIRED
     %XLINK.pfx;role %URI.datatype; #IMPLIED
     %XLINK.pfx;arcrole %URI.datatype; #IMPLIED
     %XLINK.pfx;title CDATA #IMPLIED
     %XLINK.pfx;show ( other ) 'other'
     %XLINK.pfx;actuate ( onLoad ) #FIXED 'onLoad'
     %SVG.XLinkRequired.extra.attrib;"
>
<!ENTITY % SVG.XLinkEmbed.extra.attrib "" >
<!ENTITY % SVG.XLinkEmbed.attrib
    "%XLINK.xmlns.attrib;
     %XLINK.pfx;type ( simple ) #FIXED 'simple'
     %XLINK.pfx;href %URI.datatype; #REQUIRED
     %XLINK.pfx;role %URI.datatype; #IMPLIED
     %XLINK.pfx;arcrole %URI.datatype; #IMPLIED
     %XLINK.pfx;title CDATA #IMPLIED
     %XLINK.pfx;show ( embed ) 'embed'
     %XLINK.pfx;actuate ( onLoad ) #FIXED 'onLoad'
     %SVG.XLinkEmbed.extra.attrib;"
>
<!ENTITY % SVG.XLinkReplace.extra.attrib "" >
<!ENTITY % SVG.XLinkReplace.attrib
    "%XLINK.xmlns.attrib;
     %XLINK.pfx;type ( simple ) #FIXED 'simple'
     %XLINK.pfx;href %URI.datatype; #REQUIRED
     %XLINK.pfx;role %URI.datatype; #IMPLIED
     %XLINK.pfx;arcrole %URI.datatype; #IMPLIED
     %XLINK.pfx;title CDATA #IMPLIED
     %XLINK.pfx;show ( new | replace ) 'replace'
     %XLINK.pfx;actuate ( onRequest ) #FIXED 'onRequest'
     %SVG.XLinkReplace.extra.attrib;"
>
xmlns [:prefix] = "resource-name"
XML 名前空間を識別するための標準 XML 属性。この属性は要素に対し XLink [XLink] 名前空間を利用可能にする。「 XML 名前空間」勧告 [XML-NS] 参照のこと。
アニメーション:不可
Standard XML attribute for identifying an XML namespace. This attribute makes the XLink [ XLink] namespace available to the current element. Refer to the "Namespaces in XML" Recommendation [ XML-NS].
Animatable: no.
xlink:type = 'simple'
どの型の XLink が用いられているかを識別する。 SVG では単純リンク( simple link )のみを利用できる。 XML リンク付け言語( XLink - XML Linking Language [XLink] )を参照のこと。
アニメーション:不可
Identifies the type of XLink being used. In SVG, only simple links are available. Refer to the "XML Linking Language (XLink)" [ XLink].
Animatable: no.
xlink:role = '<uri>'
リンクに意図されている特性について述べる何らかのリソースを特定するための URI 参照 。 [RFC2396] に定められた形で URI 参照を指定しなければならないが、 URI スキームが絶対と相対の両方の書式に対応している場合であっても URI 部分は絶対形式のみが許される。値が指定されていない場合、いかなるロール( role )も既定されない。これらの属性にあてがわれる合法でない URI 参照文字はこの節で先に述べたようにエンコードしておく必要がある。 XML リンク付け言語( XLink ) [XLink] 参照のこと。
アニメーション:不可
A URI reference that identifies some resource that describes the intended property. The value must be a URI reference as defined in [ RFC2396], except that if the URI scheme used is allowed to have absolute and relative forms, the URI portion must be absolute. When no value is supplied, no particular role value is to be inferred. Disallowed URI reference characters in these attribute values must be specially encoded as described earlier in this section. Refer to the "XML Linking Language (XLink)" [ XLink].
Animatable: no.
xlink:arcrole = '<uri>'
リンクに意図されている特性について述べる何らかのリソースを特定するための URI 参照 。 [RFC2396] に定められた形で URI 参照を指定しなければならないが、 URI スキームが絶対・相対両方の書式に対応している場合であっても URI 部分は絶対形式のみ許される。値が指定されていない場合、いかなるロール( role )も既定されない。これらの属性にあてがわれる非合法な URI 参照文字はこの節で前に述べたようにエンコードしておく必要がある。 XML リンク付け言語( XLink ) [XLink] 参照のこと。 arcrole 属性は [RDF] におけるプロパティの概念に相当する。ここで、そのロールを「始点リソースはアークロール( arc-role )終点リソースを持つ」ものと解釈できる。この文脈上のロールはこの特定のアーク( arc )の文脈から離れた場合においては、アークロール終点リソースの趣意と異なっていてもよい。例えば、リソースが一般的に「個人」を表現しているとして、特定のアークの文脈では「母親」であっても、別の文脈では「娘」かもしれない。 XML リンク付け言語( XLink ) [XLink] 参照のこと。
アニメーション:不可
A URI reference that identifies some resource that describes the intended property. The value must be a URI reference as defined in [ RFC2396], except that if the URI scheme used is allowed to have absolute and relative forms, the URI portion must be absolute. When no value is supplied, no particular role value is to be inferred. Disallowed URI reference characters in these attribute values must be specially encoded as described earlier in this section. The arcrole attribute corresponds to the [ RDF] notion of a property, where the role can be interpreted as stating that "starting-resource HAS arc-role ending-resource." This contextual role can differ from the meaning of an ending resource when taken outside the context of this particular arc. For example, a resource might generically represent a "person," but in the context of a particular arc it might have the role of "mother" and in the context of a different arc it might have the role of "daughter." Refer to the "XML Linking Language (XLink)" [ XLink].
Animatable: no.
xlink:title = '<string>'
title 属性は role や arcrole 属性と符合する形でリンク先の趣旨を人間が読めるように記述するために用いられる。この属性は省略可能であり、指定する場合はリソースについての記述を含むべきである。この情報の利用はどのような類いの処理を行うかに大きく依存する。例えば、視覚障碍者から利用されるアプリケーションにタイトルを知らしめたり, リンク一覧の作成, 利用者がマウスポインタを始点リソースの上に重ねた際にヘルプを表示させる、などが挙げられる。 詳細は XML リンク付け言語( XLink ) [XLink] を参照のこと。
アニメーション:不可
The title attribute is used to describe the meaning of a link or resource in a human-readable fashion, along the same lines as the role or arcrole attribute. A value is optional; if a value is supplied, it should contain a string that describes the resource. The use of this information is highly dependent on the type of processing being done. It may be used, for example, to make titles available to applications used by visually impaired users, or to create a table of links, or to present help text that appears when a user lets a mouse pointer hover over a starting resource. Refer to the "XML Linking Language (XLink)" [ XLink].
Animatable: no.
xlink:show = 'embed'
終点リソースまで追跡するアプリケーションは始点リソースのプレゼンテーションだけでなく終点リソースのプレゼンテーションも読込むべきである。詳細は XML リンク付け言語( XLink ) [XLink] を参照のこと。
アニメーション:不可
An application traversing to the ending resource should load its presentation in place of the presentation of the starting resource. Refer to the "XML Linking Language (XLink)" [ XLink].
Animatable: no.
xlink:actuate = 'onLoad'
アプリケーションがただちに終点リソースまで追跡を始めるべきであることを指示する。詳細は XML リンク付け言語( XLink ) [XLink] を参照のこと。
アニメーション:不可
Indicates that the application should traverse to the ending resource immediately on loading the starting resource. Refer to the "XML Linking Language (XLink)" [ XLink].
Animatable: no.

いかなる場合でも、上記 XLink 属性のいずれかを SVG 内容において利用する際には、 XML 名前空間勧告 [XML-NS] に適合するよう、 XLink 名前空間宣言が明示的に与えられなければならない。このような XLink 名前空間宣言を与える簡単な方法の一つは、 XLink 属性を利用する内容における 最も外側の svg 要素 に XLink 名前空間のための xmlns 属性を含めることである。例えば:

In all cases, for compliance with the "Namespaces in XML" Recommendation [ XML-NS], an explicit XLink namespace declaration must be provided whenever one of the above XLink attributes is used within SVG content. One simple way to provide such an XLink namespace declaration is to include an xmlns attribute for the XLink namespace on the outermost 'svg' element for content that uses XLink attributes. For example:

<svg xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink"...>
  <image xlink:href="foo.png" .../>
</svg>

5.3.3 'defs' 要素

'defs' 要素は被参照要素のためのコンテナ要素である。可読性と アクセシビリティ の要求から、参照される可能性のある要素は可能ならこの要素内に定義することが推奨される。

The 'defs' element is a container element for referenced elements. For understandability and accessibility reasons, it is recommended that, whenever possible, referenced elements be defined inside of a 'defs'.

'defs' 要素の内容モデルは 'g' 要素と全く同じである。したがって 'g' 要素の子になれる全ての要素は 'defs' 要素の子になれ、逆もまた真である。

The content model for 'defs' is the same as for the 'g' element; thus, any element that can be a child of a 'g' can also be a child of a 'defs', and vice versa.

'defs' 要素の子孫の要素は直接描画されることはない。これらはあたかも 'defs' 要素が 'g' 要素だったとしたときに 'display' プロパティが none に指定されているかのごとく、描画木の一部分とみなされない。しかしながら、 'defs' 要素の子孫は元々の木にいつでも存在しており、他の要素からの参照は常に可能である。したがって、 'display' プロパティが 'defs' 要素またはその子孫のどこかにあったとしても、他の要素からの参照を妨げることはない。

Elements that are descendants of a 'defs' are not rendered directly; they are prevented from becoming part of the rendering tree just as if the 'defs' element were a 'g' element and the 'display' property were set to none. Note, however, that the descendants of a 'defs' are always present in the source tree and thus can always be referenced by other elements; thus, the value of the 'display' property on the 'defs' element or any of its descendants does not prevent those elements from being referenced by other elements.

<!ENTITY % SVG.defs.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.defs.element "INCLUDE" >
<![%SVG.defs.element;[
<!ENTITY % SVG.defs.content
    "( %SVG.Description.class; | %SVG.Animation.class; %SVG.Structure.class;
       %SVG.Conditional.class; %SVG.Image.class; %SVG.Style.class;
       %SVG.Shape.class; %SVG.Text.class; %SVG.Marker.class;
       %SVG.ColorProfile.class; %SVG.Gradient.class; %SVG.Pattern.class;
       %SVG.Clip.class; %SVG.Mask.class; %SVG.Filter.class; %SVG.Cursor.class;
       %SVG.Hyperlink.class; %SVG.View.class; %SVG.Script.class;
       %SVG.Font.class; %SVG.Extensibility.class; %SVG.defs.extra.content; )*"
>
<!ELEMENT %SVG.defs.qname; %SVG.defs.content; >
<!-- end of SVG.defs.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.defs.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.defs.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.defs.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    %SVG.Conditional.attrib;
    %SVG.Style.attrib;
    %SVG.Presentation.attrib;
    %SVG.GraphicalEvents.attrib;
    %SVG.External.attrib;
    transform %TransformList.datatype; #IMPLIED
>

ストリーミング環境においてUAの効率的な実行を促すためには、 SVG 内容作成者は参照元の要素の祖先要素の直接の子として 'defs' 要素を置き、その中に局所 URI 参照により参照される子要素すべてを置くことが奨励される。例えば:

To provide some SVG user agents with an opportunity to implement efficient implementations in streaming environments, creators of SVG content are encouraged to place all elements which are targets of local URI references within a 'defs' element which is a direct child of one of the ancestors of the referencing element. For example:

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN" "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="8cm" height="3cm"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <desc>祖先要素の 'defs' 子要素内における局所 URI 参照。</desc>
  <defs>
    <linearGradient id="Gradient01">
      <stop offset="20%" stop-color="#39F" />
      <stop offset="90%" stop-color="#F3F" />
    </linearGradient>
  </defs>
  <rect x="1cm" y="1cm" width="6cm" height="1cm"
        fill="url(#Gradient01)"  />
  <!-- 'rect' 要素でキャンバスの境界を表示 -->
  <rect x=".01cm" y=".01cm" width="7.98cm" height="2.98cm"
        fill="none" stroke="blue" stroke-width=".02cm" />
</svg>

この例を SVG で見る( SVG 対応ブラウザのみ)
 

上の文書では 'svg' 要素が線型グラデーションを含む 'defs' 要素を直接の子として持ち、かつ線型グラデーションを参照する 'rect' 要素の祖先に位置している。このように、上の文書は上述の指針に沿っている。

In the document above, the linear gradient is defined within a 'defs' element which is the direct child of the 'svg' element, which in turn is an ancestor of the 'rect' element which references the linear gradient. Thus, the above document conforms to the guideline.

5.4 'desc' 要素と 'title' 要素

コンテナ要素グラフィックス要素 には個別に 'desc' 要素、またはテキストのみの説明を与える 'title' 要素、あるいはそれらの両方を指定することができる。 SVG 文書片が視覚メディアに SVG として描画される場合、 'desc''title' 要素はグラフィックの一部としては出力されない。しかしながら、例えばポインティング装置で触れると現れるツールチップとして 'title' 要素を表示させることもUAには可能である。視覚、聴覚両方について代替表現は可能であり、 'path' などのグラフィックス要素を表示するかわりに 'desc' および 'title' 要素を表現することは十分考えられる。このようなことは(場合によっては利用者の)スタイルシートを変更することで容易に実現できる。深い階層構造を持つような場合や、 'use' 要素の参照を辿るような場合、どこまで深く説明文を掘り下げるかの制御を利用者にゆだねた方が望ましい場面は多々ある。

Each container element or graphics element in an SVG drawing can supply a 'desc' and/or a 'title' description string where the description is text-only. When the current SVG document fragment is rendered as SVG on visual media, 'desc' and 'title' elements are not rendered as part of the graphics. User agents may, however, for example, display the 'title' element as a tooltip, as the pointing device moves over particular elements. Alternate presentations are possible, both visual and aural, which display the 'desc' and 'title' elements but do not display 'path' elements or other graphics elements. This is readily achieved by using a different (perhaps user) style sheet. For deep hierarchies, and for following 'use' element references, it is sometimes desirable to allow the user to control how deep they drill down into descriptive text.

<!ENTITY % SVG.desc.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.desc.element "INCLUDE" >
<![%SVG.desc.element;[
<!ENTITY % SVG.desc.content
    "( #PCDATA %SVG.desc.extra.content; )*"
>
<!ELEMENT %SVG.desc.qname; %SVG.desc.content; >
<!-- end of SVG.desc.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.desc.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.desc.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.desc.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    %SVG.Style.attrib;
>
 
<!ENTITY % SVG.title.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.title.element "INCLUDE" >
<![%SVG.title.element;[
<!ENTITY % SVG.title.content
    "( #PCDATA %SVG.title.extra.content; )*"
>
<!ELEMENT %SVG.title.qname; %SVG.title.content; >
 

以下に例を挙げる。通常の処理ではUAは 'g' 要素内の 'desc''title' 要素を除いた残りの部分のみを表示する。

The following is an example. In typical operation, the SVG user agent would not render the 'desc' and 'title' elements but would render the remaining contents of the 'g' element.

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg SYSTEM "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="4in" height="3in" version="1.1"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
<g>
  <title>
    地域別売上高
  </title>
  <desc>
    これは地域別売上高を表す棒グラフである。
  </desc>
  <!-- ベクターデータで定義される棒グラフ -->
</g>
</svg>

説明文とタイトル要素は他の名前空間でマークアップされたテキストを含めることができる:

Description and title elements can contain marked-up text from other namespaces. Here is an example:

<?xml version="1.0" standalone="yes"?>
<svg width="4in" height="3in" version="1.1"
 xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
   <desc xmlns:mydoc="http://example.org/mydoc">
      <mydoc:title>これは例示用 SVG ファイル</mydoc:title>
      <mydoc:para>全体的な説明で
        <mydoc:emph>mydoc</mydoc:emph> 名前空間
        によるマークアップを利用。</mydoc:para>
   </desc>
   <g>
   <!-- 絵図はここに -->
   </g>
</svg>

文書作成者は独立した SVG 文書の 最も外側の svg 要素 に対し常に 'title' 要素を子要素として与えるべきである。 'svg' 要素の子要素としての 'title' 要素は SVG 文書片の内容の確認に役立つ。利用者はしばしば文脈の外から文書を参照するので、文書作成者は文脈に則したタイトルを提供するべきである。「序文」の様な文脈情報に乏しいタイトルより、「中世の養蜂業・序文」の様にタイトルをつけるべきである。 UAは 最も外側の svg 要素 に 'title' 子要素があれば、アクセシビリティに配慮して必ず利用者に示されるようにすべきである。このような仕組の実装はUA側に託されている(例えば、音声によるキャプション)。

Authors should always provide a 'title' child element to the outermost 'svg' element within a stand-alone SVG document. The 'title' child element to an 'svg' element serves the purposes of identifying the content of the given SVG document fragment. Since users often consult documents out of context, authors should provide context-rich titles. Thus, instead of a title such as "Introduction", which doesn’t provide much contextual background, authors should supply a title such as "Introduction to Medieval Bee-Keeping" instead. For reasons of accessibility, user agents should always make the content of the 'title' child element to the outermost 'svg' element available to users. The mechanism for doing so depends on the user agent (e.g., as a caption, spoken).

多くの SVG の要素(特にコンテナ要素とテキスト要素)の DTD 定義では 'desc''title' 子要素の配置や数に制限を設けていない。この融通性はコンテナ要素に対する一貫性のある内容モデルが開発されるまでの一時的な措置である。一部のコンテナ要素は混成内容を許容し、望まれる制約を XML の混成内容の規則 [XML-MIXED] が受け入れてくれないからである。将来版の SVG 言語の表現は DTD よりも表出的になり、より制約された混成内容規則を持てるようになるであろう。全ての要素に対し、高々1つの 'desc' と高々1つの 'title' を子要素として与え、それらを( 'metadata' 要素と文字データを除く)他の全ての子要素より先に位置させることが強く推奨される。UAは処理の際に複数の 'desc''title' からの選択を迫られた場合、最初のものを選ぶべきである(例えばツールチップにどのテキストを用いるかなど)。

The DTD definitions of many of SVG's elements (particularly, container and text elements) place no restriction on the placement or number of the 'desc' and 'title' sub-elements. This flexibility is only present so that there will be a consistent content model for container elements, because some container elements in SVG allow for mixed content, and because the mixed content rules for XML [ XML-MIXED] do not permit the desired restrictions. Representations of future versions of the SVG language might use more expressive representations than DTDs which allow for more restrictive mixed content rules. It is strongly recommended that at most one 'desc' and at most one 'title' element appear as a child of any particular element, and that these elements appear before any other child elements (except possibly 'metadata' elements) or character data content. If user agents need to choose among multiple 'desc' or 'title' elements for processing (e.g., to decide which string to use for a tooltip), the user agent shall choose the first one.


5.5 'symbol' 要素

'symbol' 要素はグラフィックのひな型オブジェクトを定義し、 'use' 要素によりインスタンス化される。

The 'symbol' element is used to define graphical template objects which can be instantiated by a 'use' element.

グラフィックに繰り返し用いる 'symbol' 要素の利用により、文書に構造と意味内容が加えられる。構造に富んだ文書はグラフィック, 読み上げ, あるいは点字による出力が可能になり、 アクセシビリティ も向上する。

The use of 'symbol' elements for graphics that are used multiple times in the same document adds structure and semantics. Documents that are rich in structure may be rendered graphically, as speech, or as braille, and thus promote accessibility.

'symbol''g' の根本的な相違は:

The key distinctions between a 'symbol' and a 'g' are:

'marker' 要素と 'pattern' 要素は 'symbol' 要素と密接に関連する。

Closely related to the 'symbol' element are the 'marker' and 'pattern' elements.
 

<!ENTITY % SVG.symbol.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.symbol.element "INCLUDE" >
<![%SVG.symbol.element;[
<!ENTITY % SVG.symbol.content
    "( %SVG.Description.class; | %SVG.Animation.class; %SVG.Structure.class;
       %SVG.Conditional.class; %SVG.Image.class; %SVG.Style.class;
       %SVG.Shape.class; %SVG.Text.class; %SVG.Marker.class;
       %SVG.ColorProfile.class; %SVG.Gradient.class; %SVG.Pattern.class;
       %SVG.Clip.class; %SVG.Mask.class; %SVG.Filter.class; %SVG.Cursor.class;
       %SVG.Hyperlink.class; %SVG.View.class; %SVG.Script.class;
       %SVG.Font.class; %SVG.Extensibility.class; %SVG.symbol.extra.content; )*"
>
<!ELEMENT %SVG.symbol.qname; %SVG.symbol.content; >


'symbol' 要素は決して直接描画されることはなく、 'use' 要素からの参照以外に使い道はない。 'display' プロパティは 'symbol' 要素には適用されない。すなわち、 'symbol' 要素は 'display' プロパティの値が none 以外であっても直接描画されることはなく、 'symbol' 要素自身あるいは祖先において 'display' プロパティの値が none であっても参照利用は可能である。

'symbol' elements are never rendered directly; their only usage is as something that can be referenced using the 'use' element. The 'display' property does not apply to the 'symbol' element; thus, 'symbol' elements are not directly rendered even if the 'display' property is set to a value other than none, and 'symbol' elements are available for referencing even when the 'display' property on the 'symbol' element or any of its ancestors is set to none.

5.6 'use' 要素

どの 'svg', 'symbol', 'g', 'use' 要素あるいは グラフィックス要素 も、 'use' 要素によるひな型としての再利用(即ちインスタンス化)の対象になる。 'use' 要素は文書の与えられた場所において他の要素を参照し、そのグラフィック内容の取り込みと描画を指示する。

Any 'svg', 'symbol', 'g', graphics element or other 'use' is potentially a template object that can be re-used (i.e., "instanced") in the SVG document via a 'use' element. The 'use' element references another element and indicates that the graphical contents of that element is included/drawn at that given point in the document.

'image' 要素とは異なり、 'use' 要素は文書全体を参照することはできない。

Unlike 'image', the 'use' element cannot reference entire files.

'use' 要素は省略可能な次の属性: x, y, width, height を持つ。これらは参照先の要素のグラフィック内容を現在の座標系の矩形領域に写像するために利用される。

The 'use' element has optional attributes x, y, width and height which are used to map the graphical contents of the referenced element onto a rectangular region within the current coordinate system.

'use' 要素による効果は、あたかも参照先の要素の内容が DOM 木において - その 'use' 要素を親とする別個の非公開木として、かつ 'use' 要素の全ての祖先がその木の祖先になるように - 末端まで複製されたかのようにふるまう。複製された DOM 木は非公開なので、 SVG 文書オブジェクトモデル( DOM )においては 'use' 要素とその属性が存在するだけであり、参照先の要素の内容が 'use' 要素の子としては現れることはない。

The effect of a 'use' element is as if the contents of the referenced element were deeply cloned into a separate non-exposed DOM tree which had the 'use' element as its parent and all of the 'use' element's ancestors as its higher-level ancestors. Because the cloned DOM tree is non-exposed, the SVG Document Object Model (DOM) only contains the 'use' element and its attributes. The SVG DOM does not show the referenced element's contents as children of 'use' element.

CSS によるスタイル付け をサポートするUAにおいては、この概念的な非公開 DOM 木の中への参照先の要素とその子孫の末端までの複製は、 CSS カスケード [CSS2-CASCADE] によりもたらされる参照先の要素とその内容の全てのプロパティの値の複製も意味する。 CSS2 セレクタの適用については、元の(即ち参照先の)要素については正式な文書構造の一部なので適用される一方、(概念的な)複製木については正式な文書構造の一部ではないので適用されない。

For user agents that support Styling with CSS, the conceptual deep cloning of the referenced element into a non-exposed DOM tree also copies any property values resulting from the CSS cascade [ CSS2-CASCADE] on the referenced element and its contents. CSS2 selectors can be applied to the original (i.e., referenced) elements because they are part of the formal document structure. CSS2 selectors cannot be applied to the (conceptually) cloned DOM tree because its contents are not part of the formal document structure.

しかしながら、プロパティ継承においては、参照先の要素がテキストそのままとして 'use' 要素下に末端の子孫まで複製されているものとみなされ、 'use' 要素とその祖先要素のプロパティを継承し、複製木内のインスタンス化された要素は参照先の要素の元々の親のプロパティを継承しない。

Property inheritance, however, works as if the referenced element had been textually included as a deeply cloned child of the 'use' element. The referenced element inherits properties from the 'use' element and the 'use' element's ancestors. An instance of a referenced element does not inherit properties from the referenced element's original parents.

もしイベント属性が参照先の要素にあてがわれている場合、そのイベントの実際の標的は「インスタンス化された木」内の対応する SVGElementInstance オブジェクトになる。

If event attributes are assigned to referenced elements, then the actual target for the event will be the SVGElementInstance object within the "instance tree" corresponding to the given referenced element.

非公開木におけるイベント処理は、 SVGElementInstance オブジェクトへ配送されることを除けば、あたかも参照先の要素がテキストのまま 'use' 要素下に末端の子孫まで複製されたかのように処理される。イベントの標的と currentTarget 属性は、参照先の部分木の中のイベントの標的に対応する SVGElementInstance と現在の標的要素に設定される。イベントは通常の木のごとく、木の非公開部分も公開部分も通って伝播する:最初はルート要素から 'use' 要素へ、そして非公開部分をイベントの標的まで辿り(捕獲過程 - capture phase )、標的でバブル化し、再び非公開部分を通って 'use' 要素へ、そして通常の木をルート要素まで浮上する(浮上過程 - bubbling phase )。

The event handling for the non-exposed tree works as if the referenced element had been textually included as a deeply cloned child of the 'use' element, except that events are dispatched to the SVGElementInstance objects. The event's target and currentTarget attributes are set to the SVGElementInstance that corresponds to the target and current target elements in the referenced subtree. An event propagates through the exposed and non-exposed portions of the tree in the same manner as it would in the regular document tree: first going from the root element to the 'use' element and then through non-exposed tree elements in the capture phase, followed by the target phase at the target of the event, then bubbling back through non-exposed tree to the use element and then back through regular tree to the root element in bubbling phase.

一つの要素に対応する全ての SVGElementInstance オブジェクトはイベントリスナのリストを共有する。どのオブジェクトがイベントリスナを呼び出したかはイベントの currentTarget 属性で知ることができる。

An element and all its corresponding SVGElementInstance objects share an event listener list. The currentTarget attribute of the event can be used to determine through which object an event listener was invoked.

'visibility' プロパティの振るまいはここでのプロパティ継承モデルに従う。したがって 'use' 要素で 'visibility:hidden' と指定されていたとしても参照先の内容が描画されなくなるわけではない。 'use' 要素で 'visibility:hidden' と指定されていて、参照先の要素では 'visibility:hidden' または 'visibility:inherit' と指定されているならばその要素は見えなくなる。しかしながら、参照先の要素では 'visibility:visible' と指定されていた場合、たとえ 'use' 要素で 'visibility:hidden' と指定されていたとしてもその要素は見えることになる。

The behavior of the 'visibility' property conforms to this model of property inheritance. Thus, specifying 'visibility:hidden' on a 'use' element does not guarantee that the referenced content will not be rendered. If the 'use' element specifies 'visibility:hidden' and the element it references specifies 'visibility:hidden' or 'visibility:inherit', then that one element will be hidden. However, if the referenced element instead specifies 'visibility:visible', then that element will be visible even if the 'use' element specifies 'visibility:hidden'.

参照先の要素におけるアニメーションはそのインスタンスでも有効である。

Animations on a referenced element will cause the instances to also be animated.

'use' 要素における視覚上の効果はあたかも 'use' 要素が以下のようにして生成される内容に置き換えられたかのようにふるまう (訳注:原文があまりにも冗長なので下の訳では再構成した)

A 'use' element has the same visual effect as if the 'use' element were replaced by the following generated content:

  1. 生成される内容においては、 'use''g' によって置き換えられ、置き換えた 'g''use' 要素の x, y, width, height, xlink:href 属性を除いた全ての属性が移植される。 x, y'use' 要素の x, y 属性の値とするとき、変換 translate(x, y)'g' 要素の transform 属性の終端(つまり、右側)に付加される。

  2. 次に:

CSS によるスタイル付け をサポートするUAにおいては、生成された 'g' 要素は CSS カスケード [CSS2-CASCADE] により「カスケードされた」 'use' 要素のプロパティ値を一緒に運ぶ。加えて、参照先のリソースのコピー(末端までの複製)はオリジナルの(つまり、参照先の)要素の「カスケードされた」プロパティ値も一緒に運ぶ。したがって class 属性および style 属性と組み合わせて用いられる様々な CSS セレクタによる効果は、実際上、生成された内容において「カスケードされた」プロパティ値を伝達する機能上同値な style 属性に置き換えらる。

For user agents that support Styling with CSS, the generated 'g' element carries along with it the "cascaded" property values on the 'use' element which result from the CSS cascade [ CSS2-CASCADE]. Additionally, the copy (deep clone) of the referenced resource carries along with it the "cascaded" property values resulting from the CSS cascade on the original (i.e., referenced) elements. Thus, the result of various CSS selectors in combination with the class and style attributes are, in effect, replaced by the functional equivalent of a style attribute in the generated content which conveys the "cascaded" property values.

Example Use01'rect' を利用する単純な 'use' 要素を示す:

Example Use01 below has a simple 'use' on a 'rect'.

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="10cm" height="3cm" viewBox="0 0 100 30" version="1.1"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink">
  <desc>Example Use01 - 'rect' を利用する単純な 'use'</desc>
  <defs>
    <rect id="MyRect" width="60" height="10"/>
  </defs>
  <rect x=".1" y=".1" width="99.8" height="29.8"
        fill="none" stroke="blue" stroke-width=".2" />
  <use x="20" y="10" xlink:href="#MyRect" />
</svg>
Example Use01
Example Use01 - Simple case of 'use' on a 'rect'

この例を SVG で見る( SVG 対応ブラウザのみ)
 

視覚効果においては次と同じになる:

The visual effect would be equivalent to the following document:

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="10cm" height="3cm" viewBox="0 0 100 30"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" version="1.1">
  <desc>Example Use01-GeneratedContent - 'rect' を利用する単純な 'use'</desc>
  <!-- 'defs' 部は省略 -->
  <rect x=".1" y=".1" width="99.8" height="29.8"
        fill="none" stroke="blue" stroke-width=".2" />
  <!-- 'use' を置き換える生成内容はここから -->
  <g transform="translate(20,10)">
    <rect width="60" height="10"/>
  </g>
  <!-- 生成内容はここまで -->
</svg>

この例を SVG で見る( SVG 対応ブラウザのみ)
 

Example Use02'symbol' を利用する 'use' 要素を示す:

Example Use02 below has a 'use' on a 'symbol'.

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="10cm" height="3cm" viewBox="0 0 100 30" version="1.1"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink">
  <desc>Example Use02 - 'symbol' を利用する 'use'</desc>
  <defs>
    <symbol id="MySymbol" viewBox="0 0 20 20">
      <desc>MySymbol - 格子状に並ぶ4矩形</desc>
      <rect x="1" y="1" width="8" height="8"/>
      <rect x="11" y="1" width="8" height="8"/>
      <rect x="1" y="11" width="8" height="8"/>
      <rect x="11" y="11" width="8" height="8"/>
    </symbol>
  </defs>
  <rect x=".1" y=".1" width="99.8" height="29.8"
        fill="none" stroke="blue" stroke-width=".2" />
  <use x="45" y="10" width="10" height="10"
       xlink:href="#MySymbol" />
</svg>
Example Use02
Example Use02 - 'use' on a 'symbol'

この例を SVG で見る( SVG 対応ブラウザのみ)
 

視覚効果においては次と同じになる:

The visual effect would be equivalent to the following document:

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="10cm" height="3cm" viewBox="0 0 100 30"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" version="1.1">
  <desc>Example Use02-GeneratedContent - 'symbol' を利用する 'use'</desc>
  <!-- 'defs' 部は省略 -->
  <rect x=".1" y=".1" width="99.8" height="29.8"
        fill="none" stroke="blue" stroke-width=".2" />
  <!-- 'use' を置き換える生成内容はここから -->
  <g transform="translate(45, 10)" >
    <!-- ここからは参照先の 'symbol'。
         'symbol' は x,y,width,height=0,0,100%,100%
         に設定された 'svg' に置き換わる-->
    <svg width="10" height="10"
         viewBox="0 0 20 20">
      <rect x="1" y="1" width="8" height="8"/>
      <rect x="11" y="1" width="8" height="8"/>
      <rect x="1" y="11" width="8" height="8"/>
      <rect x="11" y="11" width="8" height="8"/>
    </svg>
    <!-- ここまでが参照先の 'symbol' -->
  </g>
  <!-- ここまでが生成内容 -->
</svg>

この例を SVG で見る( SVG 対応ブラウザのみ)
 

Example Use03'use' 要素が transform 属性を持つときどのような効果が生ずるかを示す:

Example Use03 illustrates what happens when a 'use' has a transform attribute.

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="10cm" height="3cm" viewBox="0 0 100 30" version="1.1"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink">
  <desc>Example Use03 - 'transform' 属性を持つ 'use' </desc>
  <defs>
    <rect id="MyRect" x="0" y="0" width="60" height="10"/>
  </defs>
  <rect x=".1" y=".1" width="99.8" height="29.8"
        fill="none" stroke="blue" stroke-width=".2" />
  <use xlink:href="#MyRect"
       transform="translate(20,2.5) rotate(10)" />
</svg>
Example Use03
Example Use03 - 'use' with a 'transform' attribute

この例を SVG で見る( SVG 対応ブラウザのみ)
 

視覚効果においては次と同じになる:

The visual effect would be equivalent to the following document:

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="10cm" height="3cm" viewBox="0 0 100 30"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" version="1.1">
  <desc>Example Use03-GeneratedContent - 'transform' 属性を持つ 'use' </desc>
  <!-- 'defs' 部は省略 -->
  <rect x=".1" y=".1" width="99.8" height="29.8"
        fill="none" stroke="blue" stroke-width=".2" />
  <!-- 'use' を置き換える生成内容はここから -->
  <g transform="translate(20,2.5) rotate(10)">
    <rect x="0" y="0" width="60" height="10"/>
  </g>
  <!-- 生成内容はここまで -->
</svg>

この例を SVG で見る( SVG 対応ブラウザのみ)
 

Example Use04'use' 要素に対する種々の CSS によるスタイル付けの適用を示す:

Example Use04 illustrates a 'use' element with various methods of applying CSS styling.

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="12cm" height="3cm" viewBox="0 0 1200 300" version="1.1"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink">
  <desc>Example Use04 - 'use' に対する CSS によるスタイル付け</desc>
  <defs style=" /* 規則 9 */ stroke-miterlimit: 10" >
    <path id="MyPath" d="M300 50 L900 50 L900 250 L300 250"
                     class="MyPathClass"
                     style=" /* 規則 10 */ stroke-dasharray:300,100" />
  </defs>
  <style type="text/css">
    <![CDATA[
      /* 規則 1 */ #MyUse { fill: blue }
      /* 規則 2 */ #MyPath { stroke: red }
      /* 規則 3 */ use { fill-opacity: .5 }
      /* 規則 4 */ path { stroke-opacity: .5 }
      /* 規則 5 */ .MyUseClass { stroke-linecap: round }
      /* 規則 6 */ .MyPathClass { stroke-linejoin: bevel }
      /* 規則 7 */ use > path { shape-rendering: optimizeQuality }
      /* 規則 8 */ g > path { visibility: hidden }
    ]]>
  </style>
  <rect x="0" y="0" width="1200" height="300"
         style="fill:none; stroke:blue; stroke-width:3"/>
  <g style=" /* 規則 11 */ stroke-width:40">
    <use id="MyUse" xlink:href="#MyPath"
         class="MyUseClass"
         style="/* 規則 12 */ stroke-dashoffset:50" />
  </g>
</svg>
Example Use04
Example Use04 - 'use' with CSS styling

この例を SVG で見る( SVG 対応ブラウザのみ)
 

視覚効果においては下に示すものと同じになる。スタイル規則のうち一部(規則 1-6, 規則 10-12 )は生成内容に反映され、それ以外(規則 7-9 )は反映されないことを確認されたい。生成内容に反映されない規則とは:

The visual effect would be equivalent to the following document. Observe that some of the style rules above apply to the generated content (i.e., rules 1-6, 10-12), whereas others do not (i.e., rules 7-9). The rules which do not affect the generated content are:

例証のための便宜上、下の生成内容では有効なセレクタを 'style' 属性としてインライン化している。

In the generated content below, the selectors that yield a match have been transferred into inline 'style' attributes for illustrative purposes.

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="12cm" height="3cm" viewBox="0 0 1200 300"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" version="1.1">
  <desc>Example Use04-GeneratedContent - 'use' に対する CSS によるスタイル付け</desc>
  <!-- 'style' 部と 'defs' 部は省略 -->
  <rect x="0" y="0" width="1200" height="300"
         style="fill:none; stroke:blue; stroke-width:3"/>
  <g style="/* 規則 11 */ stroke-width:40">
    <!-- 'use' を置き換える生成内容はここから -->
    <g style="/* 規則 1 */ fill:blue;
                 /* 規則 3 */ fill-opacity:.5;
                 /* 規則 5 */ stroke-linecap:round;
                 /* 規則 12 */ stroke-dashoffset:50" >
      <path d="M300 50 L900 50 L900 250 L300 250"
            style="/* 規則 2 */ stroke:red;
                   /* 規則 4 */ stroke-opacity:.5;
                   /* 規則 6 */ stroke-linejoin: bevel;
                   /* 規則 10 */ stroke-dasharray:300,100" />
    </g>
    <!-- 生成内容はここまで -->
  </g>
</svg>

この例を SVG で見る( SVG 対応ブラウザのみ)
 

'use' 要素が他の 'use' 要素もしくは 'use' 要素を内容に持つ他の要素を参照する場合、上で述べた末端までの複製処理は再帰的に行われる。しかしながら、参照による連鎖が直接的か間接的かを問わず循環した場合は、 参照と 'defs' 要素 で述べたようにエラーとみなされる。

When a 'use' references another element which is another 'use' or whose content contains a 'use' element, then the deep cloning approach described above is recursive. However, a set of references that directly or indirectly reference a element to create a circular dependency is an error, as described in References and the 'defs' element.


 

<!ENTITY % SVG.use.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.use.element "INCLUDE" >
<![%SVG.use.element;[
<!ENTITY % SVG.use.content
    "(( %SVG.Description.class; )*, ( %SVG.Animation.class;
        %SVG.use.extra.content; )*)"
>
<!ELEMENT %SVG.use.qname; %SVG.use.content; >
<!-- end of SVG.use.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.use.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.use.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.use.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    %SVG.Conditional.attrib;
    %SVG.Style.attrib;
    %SVG.Presentation.attrib;
    %SVG.GraphicalEvents.attrib;
    %SVG.XLinkEmbed.attrib;
    %SVG.External.attrib;
    x %Coordinate.datatype; #IMPLIED
    y %Coordinate.datatype; #IMPLIED
    width %Length.datatype; #IMPLIED
    height %Length.datatype; #IMPLIED
    transform %TransformList.datatype; #IMPLIED
>

属性定義:

x = " <coordinate>"
参照先の要素が配置される矩形の第一頂点のX座標。
この属性が指定されてない場合、値 "0" が指定されたものとみなされる。
アニメーション:可
The x-axis coordinate of one corner of the rectangular region into which the referenced element is placed.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "0" were specified.
Animatable: yes.
y = " <coordinate>"
参照先の要素が配置される矩形の第一頂点のY座標。
この属性が指定されてない場合、値 "0" が指定されたものとみなされる。
アニメーション:可
The y-axis coordinate of one corner of the rectangular region into which the referenced element is placed.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "0" were specified.
Animatable: yes.
width = "<length>"
参照先の要素が配置される矩形の幅。負値はエラー( エラー処理 を見よ)。値を0にするとこの要素の描画は行われなくなる。
アニメーション:可
The width of the rectangular region into which the referenced element is placed. A negative value is an error (see Error processing). A value of zero disables rendering of this element.
Animatable: yes.
height = "<length>"
参照先の要素が配置される矩形の高さ。負値はエラー( エラー処理 を見よ)。値を0にするとこの要素の描画は行われなくなる。
アニメーション:可
The height of the rectangular region into which the referenced element is placed. A negative value is an error (see Error processing). A value of zero disables rendering of this element.
Animatable: yes.
xlink:href = "<uri>"
SVG 文書片または SVG 文書内の要素への URI 参照
アニメーション:可
A URI reference to an element/fragment within an SVG document.
Animatable: yes.

5.7 'image' 要素

'image' 要素はファイルの完全な中身を現在の利用座標系の与えられた矩形領域に描画させることを指示する。 'image' 要素は PNG や JPEG などのラスター画像のファイルあるいは、 MIME タイプが "image/svg+xml" のファイルを参照することができる。 適合 SVG ビューア は少なくとも PNG, JPEG, SVG 形式のファイルをサポートする必要がある。

The 'image' element indicates that the contents of a complete file are to be rendered into a given rectangle within the current user coordinate system. The 'image' element can refer to raster image files such as PNG or JPEG or to files with MIME type of "image/svg+xml". Conforming SVG viewers need to support at least PNG, JPEG and SVG format files.

'image' 要素の処理結果は必ず4チャンネル RGBA である。 'image' 要素が3チャンネル( RGB )のみを持つラスター画像のファイルを参照した場合、アルファ値が一様に1にされた4チャンネル RGBA に変換される。1チャンネルのみのラスター画像の場合、3つの色チャンネル( RGB )の値が元の1チャンネルの値から計算され、アルファチャンネルが一様に1にされた4チャンネル RGBA に変換される。

The result of processing an 'image' is always a four-channel RGBA result. When an 'image' element references a raster image file such as PNG or JPEG files which only has three channels (RGB), then the effect is as if the object were converted into a 4-channel RGBA image with the alpha channel uniformly set to 1. For a single-channel raster image, the effect is as if the object were converted into a 4-channel RGBA image, where the single channel from the referenced object is used to compute the three color channels and the alpha channel is uniformly set to 1.

'image' 要素は新規のビューポートを 新しいビューポートの確立 で述べられるようにして確立する。ビューポートの境界は属性 x, y, width, height で指定される。参照先の画像の配置や伸縮率は 'image' 要素の preserveAspectRatio 属性で制御される。

An 'image' element establishes a new viewport for the referenced file as described in Establishing a new viewport.  The bounds for the new viewport are defined by attributes x, y, width and height. The placement and scaling of the referenced image are controlled by the preserveAspectRatio attribute on the 'image' element.

'image' 要素が SVG 画像を参照する場合、 SVG 画像のルート要素の preserveAspectRatio 属性, clip, overflow プロパティは無視される( x, y, width, height 属性が無視されるのと同じように)。そのかわり、参照する 'image' 要素の preserveAspectRatio 属性, clip, overflow プロパティが、 SVG 画像をどのようにビューポートにはめ込み、どのようにクリッピングするかしないかを決定する。

When an 'image' element references an SVG image the preserveAspectRatio attribute as well as the clip and overflow properties on the root element in the referenced SVG image are ignored (in the same manner as the x, y, width and height attributes are ignored). Instead, the preserveAspectRatio attribute on the referencing 'image' element defines how the SVG image content is fitted into the viewport and the clip and overflow properties on the 'image' element define how the SVG image content is clipped (or not) relative to the viewport.

preserveAspectRatio 属性を評価するときに利用される viewBox 属性の値は参照先の内容で定義される。明白な viewBox を持つ内容(例えば viewBox 属性が 最も外側の svg 要素 に指定されている SVG ファイル)ならば、その値が利用されるべきである。ほとんどのラスター画像( PNG, JPEG )では画像の大きさが利用されるべきである(即ち 'image' 要素は暗黙の viewBox の値: "0, 0, ラスター画像の幅, ラスター画像の高さ" を持つ)。値が指定されていない場合(例えば viewBox 属性が 最も外側の svg 要素 に指定されていない SVG ファイル) preserveAspectRatio 属性は無視され、ビューポートの x, y 属性による変換のみが内容の表示に用いられる。

The value of the ' viewBox' attribute to use when evaluating the preserveAspectRatio attribute is defined by the referenced content. For content that clearly identifies a viewBox (e.g. an SVG file with the ' viewBox' attribute on the outermost svg element) that value should be used. For most raster content (PNG, JPEG) the bounds of the image should be used (i.e. the 'image' element has an implicit 'viewBox' of "0 0 raster-image-width raster-image-height"). Where no value is readily available (e.g. an SVG file with no ' viewBox' attribute on the outermost 'svg' element) the preserveAspectRatio attribute is ignored, and only the translate due to the ' x' & ' y' attributes of the viewport is used to display the content.

例えば image 要素が PNG や JPEG を参照し、 preserveAspectRatio="xMinYMin meet" と指定されているならば、ラスターにおける縦横比は保たれる(画像の座標系から現在の利用座標系へのX軸方向とY軸方向の伸縮率は等しくなる)。ラスターは 'image' 要素の属性 x, y, width, height で定まるビューポートに収まる範囲内まで可能な限り大きくされ、ラスターの左上端はビューポートの左上端に合わせられる。もし preserveAspectRatio の値が 'none'であれば画像の縦横比は維持されない。画像はラスターの左上端が座標 (x, y) に、ラスターの右下端が座標 (x + width, y + height) に正確に揃うようにはめ込まれる。
'image' 要素に参照されるリソースは別個の走査解読木と(リソースが XML ならば)文書オブジェクトモデルを持つ別個の文書を表現する。したがってその画像へのプロパティ継承は無い。

For example, if the image element referenced a PNG or JPEG and preserveAspectRatio="xMinYMin meet", then the aspect ratio of the raster would be preserved (which means that the scale factor from image's coordinates to current user space coordinates would be the same for both X and Y), the raster would be sized as large as possible while ensuring that the entire raster fits within the viewport, and the top/left of the raster would be aligned with the top/left of the viewport as defined by the attributes ' x', ' y', ' width' and ' height' on the 'image' element.  If the value of preserveAspectRatio was 'none' then aspect ratio of the image would not be preserved. The image would be fitted such that the top/left corner of the raster exactly aligns with coordinate ( x, y) and the bottom/right corner of the raster exactly aligns with coordinate ( x+ width, y+ height).

The resource referenced by the 'image' element represents a separate document which generates its own parse tree and document object model (if the resource is XML). Thus, there is no inheritance of properties into the image.

'use' 要素とは異なり、 'image' 要素は SVG ファイル内の要素を参照することはできない。

Unlike 'use', the 'image' element cannot reference elements within an SVG file.


 
<!ENTITY % SVG.Image.extra.class "" >
<!ENTITY % SVG.Image.class
    "| %SVG.image.qname; %SVG.Image.extra.class;"
>
<!-- image: Image Element .............................. -->
<!ENTITY % SVG.image.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.image.element "INCLUDE" >
<![%SVG.image.element;[
<!ENTITY % SVG.image.content
    "(( %SVG.Description.class; )*, ( %SVG.Animation.class;
        %SVG.image.extra.content; )*)"
>
<!ELEMENT %SVG.image.qname; %SVG.image.content; >
<!-- end of SVG.image.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.image.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.image.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.image.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    %SVG.Conditional.attrib;
    %SVG.Style.attrib;
    %SVG.Viewport.attrib;
    %SVG.Color.attrib;
    %SVG.Opacity.attrib;
    %SVG.Graphics.attrib;
    %SVG.ColorProfile.attrib;
    %SVG.Clip.attrib;
    %SVG.Mask.attrib;
    %SVG.Filter.attrib;
    %SVG.GraphicalEvents.attrib;
    %SVG.Cursor.attrib;
    %SVG.XLinkEmbed.attrib;
    %SVG.External.attrib;
    x %Coordinate.datatype; #IMPLIED
    y %Coordinate.datatype; #IMPLIED
    width %Length.datatype; #REQUIRED
    height %Length.datatype; #REQUIRED
    preserveAspectRatio %PreserveAspectRatioSpec.datatype; 'xMidYMid meet'
    transform %TransformList.datatype; #IMPLIED
>

属性定義:

x = "<coordinate>"
参照先の文書が配置される矩形の第一頂点のX座標。
この属性が指定されてない場合、値 "0" が指定されたものとみなされる。
アニメーション:可
The x-axis coordinate of one corner of the rectangular region into which the referenced document is placed.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "0" were specified.
Animatable: yes.
y = " <coordinate>"
参照先の文書が配置される矩形の第一頂点のY座標。
この属性が指定されてない場合、値 "0" が指定されたものとみなされる。
アニメーション:可
The y-axis coordinate of one corner of the rectangular region into which the referenced document is placed.
If the attribute is not specified, the effect is as if a value of "0" were specified.
Animatable: yes.
width = "<length>"
参照先の文書が配置される矩形の幅。負値はエラー( エラー処理 を見よ)。値を0にするとこの要素の描画は行われなくなる。
アニメーション:可
The width of the rectangular region into which the referenced document is placed.
A negative value is an error (see Error processing). A value of zero disables rendering of the element.
Animatable: yes.
height = " <length>"
参照先の文書が配置される矩形の高さ。負値はエラー( エラー処理 を見よ)。値を0にするとこの要素の描画は行われなくなる。
アニメーション:可
The height of the rectangular region into which the referenced document is placed.
A negative value is an error (see Error processing). A value of zero disables rendering of the element.
Animatable: yes.
xlink:href = " <uri>"
URI 参照
アニメーション:可
A URI reference.
Animatable: yes.

例:

An example:

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="4in" height="3in" version="1.1"
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink">
  <desc>このグラフィックは外部の画像へリンクする
  </desc>
  <image x="200" y="200" width="100px" height="100px"
         xlink:href="myimage.png">
    <title>My image</title>
  </image>
</svg>

5.8 条件付き処理


5.8.1 条件付き処理の概観

SVG の 'switch' 要素は requiredFeatures, requiredExtensions, systemLanguage 属性を用いてUAの能力や利用者の言語環境に応じた代替表示を指定するための機能を提供する。

SVG contains a 'switch' element along with attributes requiredFeatures, requiredExtensions and systemLanguage to provide an ability to specify alternate viewing depending on the capabilities of a given user agent or the user's language.

<!ENTITY % SVG.Conditional.extra.attrib "" >
<!ENTITY % SVG.Conditional.attrib
    "requiredFeatures %FeatureList.datatype; #IMPLIED
     requiredExtensions %ExtensionList.datatype; #IMPLIED
     systemLanguage %LanguageCodes.datatype; #IMPLIED
     %SVG.Conditional.extra.attrib;"
>

requiredFeatures, requiredExtensions, systemLanguage 属性は一種のテストのように働くものであり、真または偽の値を返す。 'switch' 要素はその子要素のうちこれらの属性が全て真と評価される最初の子要素のみを描画する。これらの属性のうち与えられていないものがあれば、それらの属性についての評価は真であるものとみなされる。

Attributes requiredFeatures, requiredExtensions and systemLanguage act as tests and return either true or false results. The 'switch' renders the first of its children for which all of these attributes test true. If the given attribute is not specified, then a true value is assumed.

'display'プロパティと同様、これらの条件付き処理属性は要素の直接的描画にのみ影響し、( 'use' 要素などによる)要素から要素への参照には関与しない。

Similar to the 'display' property, conditional processing attributes only affect the direct rendering of elements and do not prevent elements from being successfully referenced by other elements (such as via a 'use').

ゆえに:

In consequence:


5.8.2 'switch' 要素

'switch' 要素はその直接の子要素に対し順に requiredFeatures, requiredExtensions, systemLanguage 属性を評価し、これらの属性がすべて真となる最初の子要素に対してのみその処理と描画を行う。他の要素は無視され、描画されない。子要素が 'g' であったとしても部分木全体が処理されるか無視され、従って描画されるかされないかのどちらかになる。

The 'switch' element evaluates the requiredFeatures, requiredExtensions and systemLanguage attributes on its direct child elements in order, and then processes and renders the first child for which these attributes evaluate to true. All others will be bypassed and therefore not rendered. If the child element is a container element such as a 'g', then the entire subtree is either processed/rendered or bypassed/not rendered.

注意: 'display', 'visibility' プロパティの値は 'switch' 要素の処理には影響しない。特に、 'switch' 要素の子の 'display'none に設定しても 'switch' 要素による真偽テストには無関係である。

Note that the values of properties 'display' and 'visibility' have no effect on 'switch' element processing. In particular, setting 'display' to none on a child of a 'switch' element has no effect on true/false testing associated with 'switch' element processing.


 
<!ENTITY % SVG.switch.extra.content "" >
<!ENTITY % SVG.switch.element "INCLUDE" >
<![%SVG.switch.element;[
<!ENTITY % SVG.switch.content
    "(( %SVG.Description.class; )*, ( %SVG.svg.qname; | %SVG.g.qname;
      | %SVG.use.qname; | %SVG.text.qname; | %SVG.Animation.class;
        %SVG.Conditional.class; %SVG.Image.class; %SVG.Shape.class;
        %SVG.Hyperlink.class; %SVG.Extensibility.class;
        %SVG.switch.extra.content; )*)"
>
<!ELEMENT %SVG.switch.qname; %SVG.switch.content; >
<!-- end of SVG.switch.element -->]]>
<!ENTITY % SVG.switch.attlist "INCLUDE" >
<![%SVG.switch.attlist;[
<!ATTLIST %SVG.switch.qname;
    %SVG.Core.attrib;
    %SVG.Conditional.attrib;
    %SVG.Style.attrib;
    %SVG.Presentation.attrib;
    %SVG.GraphicalEvents.attrib;
    %SVG.External.attrib;
    transform %TransformList.datatype; #IMPLIED
>

この例についての詳細は 外部の型のオブジェクトの埋め込み を見よ。

For more information and an example, see Embedding foreign object types.

5.8.3 requiredFeatures 属性

requiredFeatures の定義:

Definition of requiredFeatures:

requiredFeatures = list-of-features
値は空白で区切られた特色機能文字列のリスト。指定された全ての特色機能がUAでサポートされているかどうかが調べられる。特色機能文字列には付録の 特色機能文字列 で定義されたもののみを指定できる。全ての特色機能がサポートされていればこの属性は真と評価され、それ以外の場合、要素はその子要素も含め無視され描画されない。
アニメーション:不可
The value is a list of feature strings, with the individual values separated by white space. Determines whether all of the named features are supported by the user agent. Only feature strings defined in the Feature String appendix are allowed. If all of the given features are supported, then the attribute evaluates to true; otherwise, the current element and its children are skipped and thus will not be rendered.
Animatable: no.

この属性が与えられていないときは暗黙に真と評価される。この属性に null 文字列または空文字列が指定された場合、偽と評価される。

If the attribute is not present, then its implicit return value is "true". If a null string or empty string value is given to attribute requiredFeatures, the attribute returns "false".

requiredFeatures は通常 'switch' 要素と伴に用いられる。 requiredFeatures が他の局面で用いられた場合、その要素を描画するか/しないかの単純なスイッチになる。

requiredFeatures is often used in conjunction with the 'switch' element. If the requiredFeatures is used in other situations, then it represents a simple switch on the given element whether to render the element or not.

5.8.4 requiredExtensions 属性

requiredExtensions 属性は必要な言語拡張のリストを指定する。言語拡張はこの仕様で定められている特色機能の範囲外であり、UAの機能の範疇である。個々の言語拡張は URI 参照 で指定される。

The requiredExtensions attribute defines a list of required language extensions. Language extensions are capabilities within a user agent that go beyond the feature set defined in this specification. Each extension is identified by a URI reference.

requiredExtensions の定義:

Definition of requiredExtensions:

requiredExtensions = list-of-extensions
値は要求される拡張を指定する URI 参照 の空白区切りのリスト。指定された全ての拡張がUAでサポートされているかどうかが調べられる。全ての拡張がサポートされていればこの属性は真と評価され、それ以外の場合は要素は子要素も含めて無視され、描画されない。
アニメーション:不可
The value is a list of URI references which identify the required extensions, with the individual values separated by white space. Determines whether all of the named extensions are supported by the user agent. If all of the given extensions are supported, then the attribute evaluates to true; otherwise, the current element and its children are skipped and thus will not be rendered.
Animatable: no.

与えられた URI 参照 が空白を含む場合、エスケープされなければならない。

If a given URI reference contains white space within itself, that white space must be escaped.

この属性が与えられていないときは暗黙に真と評価される。この属性に null 文字列または空文字列が指定された場合、偽と評価される。

If the attribute is not present, then its implicit return value is "true". If a null string or empty string value is given to attribute requiredExtensions, the attribute returns "false".

requiredExtensions は通常 'switch' 要素と伴に用いられる。 requiredExtensions が他の局面で用いられた場合、その要素を描画するか/しないかの単純なスイッチになる。

requiredExtensions is often used in conjunction with the 'switch' element. If the requiredExtensions is used in other situations, then it represents a simple switch on the given element whether to render the element or not.

拡張の URI 名はスクリプトの書き手が異なるバージョンを区別できるよう
"http://example.org/SVGExtensionXYZ/1.0"
などのようにバージョン情報を含めるべきである。

The URI names for the extension should include versioning information, such as "http://example.org/SVGExtensionXYZ/1.0", so that script writers can distinguish between different versions of a given extension.


5.8.5 systemLanguage 属性

この属性の値は [RFC3066] で定義された言語名のコンマ区切りのリストである。

The attribute value is a comma-separated list of language names as defined in [ RFC3066].

利用者の環境で設定されている言語の一つが、この属性で指定された言語(の文字列)、あるいはその接頭辞(接頭辞に続く最初のタグ区切り文字が "-")に完全に一致すれば真と評価される。

Evaluates to "true" if one of the languages indicated by user preferences exactly equals one of the languages given in the value of this parameter, or if one of the languages indicated by user preferences exactly equals a prefix of one of the languages given in the value of this parameter such that the first tag character following the prefix is "-".

他の場合は偽と評価される。

Evaluates to "false" otherwise.

注意:この一致規則の利用があるからと言って、言語に対する言語タグの割り当てが、利用者がなんらかのタグの言語を理解するならば、そのタグを接頭子とするすべてのタグの言語についても理解できることを必ず満たすように行われていることを導くわけではない。

Note: This use of a prefix matching rule does not imply that language tags are assigned to languages in such a way that it is always true that if a user understands a language with a certain tag, then this user will also understand all languages with tags for which this tag is a prefix.

この接頭子一致規則は単純にこのような使われ方を許容するものである。

The prefix rule simply allows the use of prefix tags if this is the case.

実装における注意:言語について利用者の嗜好による設定を可能にする場合、実装者は「利用者が上記の言語一致規則の詳細について知らない」ということを念頭に置いて、適切なガイドを提供すべきである。例えば、利用者は「 "en-gb" を選択しておけば全ての英語文書は英国英語でなくとも利用できる」と考えるかもしれない。言語設定のユーザーインターフェースでは「最良の言語一致のためには("en-gb" に加えて)"en" も追加すべきである」ということを示唆すべきである。

Implementation note: When making the choice of linguistic preference available to the user, implementers should take into account the fact that users are not familiar with the details of language matching as described above, and should provide appropriate guidance. As an example, users may assume that on selecting "en-gb", they will be served any kind of English document if British English is not available. The user interface for setting user preferences should guide the user to add "en" to get the best matching behavior.

複数人による同時視聴を意図した内容のために複数の言語を含めてもよい。例えば、オリジナルのマオリ語に加えて同時に英語も表現できる内容は次のように書かれるであろう:

Multiple languages MAY be listed for content that is intended for multiple audiences. For example, content that is presented simultaneously in the original Maori and English versions, would call for:

<text systemLanguage="mi, en"><!-- content goes here --></text>

しかしながら、 systemLanguage テスト属性の付いたオブジェクトに複数の言語が用意されているからといって、複数の言語の視聴者に向けたものになるとは限らない。例えば「英語第一講」の様な日本語読者向けであることが明白な初心者向けの言語入門など。このような場合、systemLanguage テスト属性は "ja" のみを含むべきである。

However, just because multiple languages are present within the object on which the systemLanguage test attribute is placed, this does not mean that it is intended for multiple linguistic audiences. An example would be a beginner's language primer, such as "A First Lesson in Latin," which is clearly intended to be used by an English-literate audience. In this case, the systemLanguage test attribute should only include "en".

文書作成者への注意:文書作成者は 'switch' 要素に含まれている複数の代替言語のオブジェクトがどれも表示されない可能性を考慮に入れておくべきである。したがって 'switch' 要素の最後に、いかなる場合でも受け入れられる「万能選手」を含めることが推奨される。

Authoring note: Authors should realize that if several alternative language objects are enclosed in a 'switch', and none of them matches, this may lead to situations where no content is displayed. It is thus recommended to include a "catch-all" choice at the end of such a 'switch' which is acceptable in all cases.

systemLanguage 属性では、 アニメーション:不可

For the systemLanguage attribute: Animatable: no.

この属性が与えられていないときは暗黙に真と評価される。この属性に null 文字列または空文字列が指定された場合、偽と評価される。

If the attribute is not present, then its implicit return value is "true". If a null string or empty string value is given to attribute systemLanguage, the attribute returns "false".

systemLanguage は通常 'switch' 要素と伴に用いられる。 systemLanguage が他の局面で用いられた場合、その要素を描画するか/しないかの単純なスイッチになる。

systemLanguage is often used in conjunction with the 'switch' element. If the systemLanguage is used in other situations, then it represents a simple switch on the given element whether to render the element or not.


5.8.6 テスト属性の適用性

直接的に描画されない要素に対するテスト属性の適用性を以下に列挙する。

The following list describes the applicability of the test attributes to the elements that do not directly produce rendering.


5.9 文書の正当性に欠かせない外部リソースの指定

文書はしばしば他のファイル(他のウェブリソース)を参照して描画の一部として利用する。文書作成者にとっては、他のリソースの存在が文書の正当性に欠かせないかどうかを指定できることが望ましい場合がある。

Documents often reference and use the contents of other files (and other Web resources) as part of their rendering. In some cases, authors want to specify that particular resources are required for a document to be considered correct.

externalResourcesRequired 属性は全てのコンテナ要素と、外部リソースを参照し得る全ての要素に利用できる。参照先の外部リソースが、与えられたコンテナ要素/グラフィックス要素の正当な描画に欠かせないかどうかをこの属性で指定できる。

Attribute externalResourcesRequired is available on all container elements and to all elements which potentially can reference external resources. It specifies whether referenced resources that are not part of the current document are required for proper rendering of the given container element or graphics element.

属性定義:

Attribute definition:

externalResourcesRequired = "false | true"
false
(既定値)外部リソースが省略可能であることを指示する。描画処理は外部リソースが現在の要素もしくはその子孫で入手できなくても続けられる。
true
外部リソースが欠かせないことを指示する。外部リソースが入手できない場合、進行中の描画処理は中断され、文書の SVGLoad イベントは発火されず、アニメーションはそのリソースと全ての必要なリソースが入手され、解釈され、描画準備が完了するまで開始されない。もし必要なリソースで時間切れイベントが生じた場合、文書はエラー状態になる( エラー処理 参照)。エラー状態は必要なリソースが利用可能になるまで解除されない。
false
(The default value.) Indicates that resources external to the current document are optional. Document rendering can proceed even if external resources are unavailable to the current element and its descendants.
true
Indicates that resources external to the current document are required. If an external resource is not available, progressive rendering is suspended, the document's SVGLoad event is not fired and the animation timeline does not begin until that resource and all other required resources become available, have been parsed and are ready to be rendered. If a timeout event occurs on a required resource, then the document goes into an error state (see Error processing). The document remains in an error state until all required resources become available.

この属性は、スタイルシート, カラープロファイル( カラープロファイル記述 を見よ), 'font-face' 要素による URI 参照 で指定されるフォント, CSS @font-face で指定されるフォントを含む、全ての種類のリソース参照に適用できる。特に externalResourcesRequired="true" と設定された要素が存在する場合、全てのスタイルシートが利用可能でなければならない。なぜなら、どのスタイルシートも要素の描画に影響し得るからである。

This attribute applies to all types of resource references, including style sheets, color profiles (see Color profile descriptions) and fonts specified by a URI reference using a 'font-face' element or a CSS @font-face specification. In particular, if an element sets externalResourcesRequired="true", then all style sheets must be available since any style sheet might affect the rendering of that element.

externalResourcesRequired 属性は(属性値の継承の意味で)継承できないが、コンテナ要素に使用された場合は含まれる全ての要素に適用される。

Attribute externalResourcesRequired is not inheritable (from a sense of attribute value inheritance), but if set on a container element, its value will apply to all elements within the container.

コンテナ要素で externalResourcesRequired="true" を指定すると、コンテナの内容の漸進的な表示が無効になる。 エラータ :コンテナが外部リソースを参照する要素を含む限りにおいて。) SVG 内容を生成するツール類は、通常の一般動作として単に 最も外側の svg 要素externalResourcesRequired="true" を指定するようなことは避けるべきであり、外部リソースの存在が描画の正しさに特に欠かせないような特定のグラフィックス要素やコンテナ要素に対してのみ、 externalResourcesRequired="true" を指定する方が好ましい。

Because setting externalResourcesRequired="true" on a container element can have the effect of disabling progressive display of the contents of that container, tools that generate SVG content are cautioned against using simply setting externalResourcesRequired="true" on the outermost 'svg' element on a universal basis. Instead, it is better to specify externalResourcesRequired="true" on those particular graphics elements or container elements which specify need the availability of external resources in order to render properly.

externalResourcesRequired では、 アニメーション:不可

For externalResourcesRequired: Animatable: no.


5.10 共通属性


全ての要素に共通の属性:idxml:base

idxml:base 属性は全ての SVG 要素で利用できる:

The id and xml:base attributes are available on all SVG elements:

属性定義:

id = "name"
要素に一意的な名前を与えるための XML 標準属性。 XML 1.0 勧告 [XML10] ("Extensible Markup Language (XML) 1.0")参照のこと。
アニメーション:不可
Standard XML attribute for assigning a unique name to an element. Refer to the "Extensible Markup Language (XML) 1.0" Recommendation [ XML10].
Animatable: no.
xml:base = " <uri>"
文書または外部実体の基底 URI 以外の基底 URI を指定する。 "XML Base" 仕様 [XML-BASE] 参照のこと
アニメーション:不可
Specifies a base URI other than the base URI of the document or external entity. Refer to the "XML Base" specification [ XML-BASE].
Animatable: no.

5.10.2 xml:lang 属性と xml:space 属性

文字データ内容を含み得る要素は xml:lang 属性と xml:space 属性を持つことができる:

Elements that might contain character data content have attributes xml:lang and xml:space:



<!ENTITY % SVG.id.attrib
    "id ID #IMPLIED"
>
<!ENTITY % SVG.base.attrib
    "xml:base %URI.datatype; #IMPLIED"
>
<!ENTITY % SVG.lang.attrib
    "xml:lang %LanguageCode.datatype; #IMPLIED"
>
<!ENTITY % SVG.space.attrib
    "xml:space ( default | preserve ) #IMPLIED"
>
<!ENTITY % SVG.Core.extra.attrib "" >
<!ENTITY % SVG.Core.attrib
    "%SVG.id.attrib;
     %SVG.base.attrib;
     %SVG.lang.attrib;
     %SVG.space.attrib;
     %SVG.Core.extra.attrib;"
>

属性定義:

xml:lang = "languageID"
内容や属性に利用される言語(例えば英語)を指定する XML 標準属性。 XML 1.0 勧告 [XML10] 参照のこと。
アニメーション:不可
Standard XML attribute to specify the language (e.g., English) used in the contents and attribute values of particular elements. Refer to the "Extensible Markup Language (XML) 1.0" Recommendation [ XML10].
Animatable: no.
xml:space = "{default | preserve}"
文字データの空白を保持するかどうかを指定する XML 標準属性。 defaultpreserve のみが値として許される。 XML 1.0 勧告 [XML10] 参照のこと。加えて、 SVG の 空白の扱い も見よ。
アニメーション:不可
Standard XML attribute to specify whether white space is preserved in character data. The only possible values are default and preserve. Refer to the "Extensible Markup Language (XML) 1.0" Recommendation [ XML10] and to the discussion white space handling in SVG.
Animatable: no.

5.11 Core 属性モジュール

Core 属性モジュールは全ての要素に付加できる中核的な属性の集合 Core.attrib を定義する。

コレクション名 コレクションに含まれる属性
Core.attrib id, xml:base, xml:lang, xml:space

5.12 Structure モジュール

要素 属性 内容モデル
svg Core.attrib, Conditional.attrib, Style.attrib, x, y, width, height, viewBox, preserveAspectRatio, zoomAndPan, version, baseProfile, contentScriptType, contentStyleType, External.attrib, Presentation.attrib, GraphicalEvents.attrib, DocumentEvents.attrib (Description.class | Structure.class | Shape.class | Image.class | View.class | Conditional.class | Hyperlink.class | Text.class | Script.class | Style.class | Marker.class | Clip.class | Mask.class | Gradient.class | Pattern.class | Filter.class | Cursor.class | Font.class | Animation.class | ColorProfile.class)*
g Core.attrib, Conditional.attrib, Style.attrib, External.attrib, Presentation.attrib, GraphicalEvents.attrib, transform (Description.class | Structure.class | Shape.class | Image.class | View.class | Conditional.class | Hyperlink.class | Text.class | Script.class | Style.class | Marker.class | Clip.class | Mask.class | Gradient.class | Pattern.class | Filter.class | Cursor.class | Font.class | Animation.class | ColorProfile.class)*
defs Core.attrib, Conditional.attrib, Style.attrib, External.attrib, Presentation.attrib, GraphicalEvents.attrib, transform (Description.class | Structure.class | Shape.class | Image.class | View.class | Conditional.class | Hyperlink.class | Text.class | Script.class | Style.class | Marker.class | Clip.class | Mask.class | Gradient.class | Pattern.class | Filter.class | Cursor.class | Font.class | Animation.class | ColorProfile.class)*
desc Core.attrib, Style.attrib (PCDATA)*
title Core.attrib, Style.attrib (PCDATA)*
metadata Core.attrib (PCDATA)*
symbol Core.attrib, Style.attrib, External.attrib, viewBox, preserveAspectRatio, Presentation.attrib, GraphicsElementEventAttrs (Description.class | Structure.class | Shape.class | Image.class | View.class | Conditional.class | Hyperlink.class | Text.class | Script.class | Style.class | Marker.class | Clip.class | Mask.class | Gradient.class | Pattern.class | Filter.class | Cursor.class | Font.class | Animation.class | ColorProfile.class)*
use Core.attrib, Style.attrib, Conditional.attrib, transform, x, y, width, height, XLinkEmbed.attrib, Presentation.attrib, GraphicsElementEventAttrs (Description.class | Animation.class)*

5.12.1 Structure 内容セット

Structure モジュールは Description.class, Structure.class, Use.class 内容セットを定義する。

内容セット名 内容セットに含まれる要素
Description.class desc, title, metadata
Use.class use
Structure.class svg, g, defs, symbol, Use.class

5.13 基本 Structure モジュール

要素 属性 内容モデル
svg Core.attrib, Conditional.attrib, Style.attrib, x, y, width, height, viewBox, preserveAspectRatio, zoomAndPan, version, baseProfile, External.attrib, Presentation.attrib, GraphicalEvents.attrib, DocumentEvents.attrib (Description.class | Structure.class | Shape.class | Image.class | View.class | Conditional.class | Hyperlink.class | Text.class | Script.class | Style.class | Marker.class | Clip.class | Mask.class | Gradient.class | Pattern.class | Filter.class | Cursor.class | Font.class | Animation.class | ColorProfile.class)*
g Core.attrib, Conditional.attrib, Style.attrib, External.attrib, Presentation.attrib, GraphicalEvents.attrib, transform (Description.class | Structure.class | Shape.class | Image.class | View.class | Conditional.class | Hyperlink.class | Text.class | Script.class | Style.class | Marker.class | Clip.class | Mask.class | Gradient.class | Pattern.class | Filter.class | Cursor.class | Font.class | Animation.class | ColorProfile.class)*
defs Core.attrib, Conditional.attrib, Style.attrib, External.attrib, Presentation.attrib, GraphicalEvents.attrib, transform (Description.class | Structure.class | Shape.class | Image.class | View.class | Conditional.class | Hyperlink.class | Text.class | Script.class | Style.class | Marker.class | Clip.class | Mask.class | Gradient.class | Pattern.class | Filter.class | Cursor.class | Font.class | Animation.class | ColorProfile.class)*
desc Core.attrib, Style.attrib (PCDATA)*
title Core.attrib, Style.attrib (PCDATA)*
metadata Core.attrib (PCDATA)*
use Core.attrib, Style.attrib, Conditional.attrib, transform, x, y, width, height, XLinkEmbed.attrib, Presentation.attrib, GraphicsElementEventAttrs (Description.class | Animation.class)*

5.13.1 基本 Structure 内容セット

基本 Structure モジュールは Description.class, Structure.class, Use.class 内容セットを定義する。

内容セット名 内容セットに含まれる要素
Description.class desc, title, metadata
Use.class use
Structure.class svg, g, defs, Use.class

5.14 Container 属性モジュール

Container 属性モジュールは Container.attrib 属性セットを定義する。

コレクション名 コレクションに含まれる属性
Container.attrib enable-background

5.15 Conditional Processing モジュール

要素 属性 内容モデル
switch Core.attrib, Conditional.attrib, External.attrib, Style.attrib, transform, Presentation.attrib, GraphicalEvents.attrib (Description.class | Shape.class | Text.class | Structure.class | Image.class | Hyperlink.class | Extensibility.class | Animation.class)*

5.15.1 Conditional Processing Content Set

Conditional Processing モジュールは Conditional.class 内容セットを定義する。

内容セット名 内容セットに含まれる要素
Conditional.class switch

5.15.2 条件処理属性セット

Conditional Processing モジュールは Conditional.attrib 属性セットを定義する。

コレクション名 コレクションに含まれる属性
Conditional.attrib requiredFeatures, requiredExtensions, systemLanguage

5.16 Image モジュール

要素 属性 内容モデル
image Core.attrib, XLinkEmbed.attrib, Conditional.attrib, Style.attrib, External.attrib, GraphicalEvents.attrib, preserveAspectRatio, Paint.attrib, Opacity.attrib, Graphics.attrib, Cursor.attrib, Filter.attrib, Mask.attrib, GraphicalEvents.attrib, Clip.attrib, Profile.attrib, Viewport.attrib, transform, x, y, width, height (Description.class | Animation.class)*

5.16.1 Image 内容セット

Image モジュールは Image.class 内容セットを定義する。

内容セット名 内容セットに含まれる要素
Image.class image

5.17 DOM インターフェイス

次に挙げるインターフェースが以下で定義される: SVGDocument, SVGSVGElement, SVGGElement, SVGDefsElement, SVGDescElement, SVGTitleElement, SVGSymbolElement, SVGUseElement, SVGElementInstance, SVGElementInstanceList, SVGImageElement, SVGSwitchElement, GetSVGDocument


インターフェース SVGDocument

'svg' 要素が XHTML 文書 [XHTML] などの他の名前空間の文書の部品としてインラインに埋め込まれている場合、 SVGDocument オブジェクトは存在せず、そのかわりに文書オブジェクト階層におけるルートオブジェクトは HTMLDocument オブジェクトなどの異なる型の文書オブジェクトになる。

一方で、独立 SVG ファイル(即ち MIME タイプ "image/svg+xml" のファイル)を表示しているときの様に、 XML 文書階層におけるルート要素が 'svg' 要素である場合は SVGDocument オブジェクトが実際に存在する。この場合、 SVGDocument オブジェクトは文書オブジェクトモデル階層のルートオブジェクトになる。

XHTML 文書が 'object' 要素を持ち、その href 属性が SVG 文書(即ち MIME タイプ "image/svg+xml" のファイルであり、したがってそのルート要素が 'svg' 要素)を参照しているときの様に、 SVG 文書が参照により埋め込まれている場合は2つの別々の DOM 階層が存在することになる。一つは参照している文書のもの(例えば XHTML 文書)であり、もう一つは参照先の SVG 文書のものになる。後者におけるルートオブジェクトは SVGDocument オブジェクトである。

SVGDocument インターフェースは、 [DOM1] 仕様の 文書オブジェクトモデル( HTML )レベル1 で述べられている HTMLDocument インターフェースと類似した属性とメソッドのリストを含んでいる。


IDL 定義
interface SVGDocument :
                Document,
                events::DocumentEvent {
  readonly attribute DOMString    title;
  readonly attribute DOMString     referrer;
  readonly attribute DOMString      domain;
  readonly attribute DOMString      URL;
  readonly attribute SVGSVGElement rootElement;
};

属性
readonly DOMString title
'svg' ルート要素の title 子要素で指定される文書のタイトル(即ち <svg><title>Here is the title</title>...</svg>
readonly DOMString referrer
このページにリンクするページの URI 。利用者が直接的にページを開いた場合(リンクを通してではなく、例えばブックマークなどにより)の値は空文字列になる。
readonly DOMString domain
文書を供するサーバのドメイン名、あるいはドメイン名からサーバが特定できない場合は null 文字列。
readonly DOMString URL
文書の完全な URI 。
readonly SVGSVGElement rootElement
文書階層におけるルートの 'svg' 要素。

インターフェース SVGSVGElement

SVGSVGElement インターフェースは 'svg' 要素に対応する基本的なインターフェースである。このインターフェースは、行列演算や視覚描画装置における再描画の時間的制御能力など、有用であり多方面で共通して利用される様々なメソッドを含む。

SVGSVGElementViewCSSDocumentCSS を拡張し、プロパティの計算値へのアクセスと DOM2 で述べられているスタイルシートの上書きを提供する。


IDL 定義
interface SVGSVGElement :
                SVGElement,
                SVGTests,
                SVGLangSpace,
                SVGExternalResourcesRequired,
                SVGStylable,
                SVGLocatable,
                SVGFitToViewBox,
                SVGZoomAndPan,
                events::EventTarget,
                events::DocumentEvent,
                css::ViewCSS,
                css::DocumentCSS {
  readonly attribute SVGAnimatedLength x;
  readonly attribute SVGAnimatedLength y;
  readonly attribute SVGAnimatedLength width;
  readonly attribute SVGAnimatedLength height;
           attribute DOMString         contentScriptType;
                       // raises DOMException on setting
           attribute DOMString         contentStyleType;
                       // raises DOMException on setting
  readonly attribute SVGRect           viewport;
  readonly attribute float pixelUnitToMillimeterX;
  readonly attribute float pixelUnitToMillimeterY;
  readonly attribute float screenPixelToMillimeterX;
  readonly attribute float screenPixelToMillimeterY;
  readonly attribute boolean useCurrentView;
                       // raises DOMException on setting
  readonly attribute SVGViewSpec currentView;
           attribute float currentScale;
                       // raises DOMException on setting
  readonly attribute SVGPoint currentTranslate;
  unsigned long suspendRedraw ( in unsigned long max_wait_milliseconds );
  void          unsuspendRedraw ( in unsigned long suspend_handle_id )
                  raises( DOMException );
  void          unsuspendRedrawAll (  );
  void          forceRedraw (  );
  void          pauseAnimations (  );
  void          unpauseAnimations (  );
  boolean       animationsPaused (  );
  float         getCurrentTime (  );
  void          setCurrentTime ( in float seconds );
  NodeList      getIntersectionList ( in SVGRect rect, in SVGElement referenceElement );
  NodeList      getEnclosureList ( in SVGRect rect, in SVGElement referenceElement );
  StaticNodeList      getIntersectionList ( in SVGRect rect, in SVGElement referenceElement );
  StaticNodeList      getEnclosureList ( in SVGRect rect, in SVGElement referenceElement );
  boolean       checkIntersection ( in SVGElement element, in SVGRect rect );
  boolean       checkEnclosure ( in SVGElement element, in SVGRect rect );
  void          deselectAll (  );
  SVGNumber              createSVGNumber (  );
  SVGLength              createSVGLength (  );
  SVGAngle               createSVGAngle (  );
  SVGPoint               createSVGPoint (  );
  SVGMatrix              createSVGMatrix (  );
  SVGRect                createSVGRect (  );
  SVGTransform           createSVGTransform (  );
  SVGTransform     createSVGTransformFromMatrix ( in SVGMatrix matrix );
  Element         getElementById ( in DOMString elementId );
};
エラータ : getIntersectionList と getEnclosureList の戻り型は NodeList 型から静的な StaticNodeList 型に「緩和」された)

typedef StaticNodeList NodeList;

StaticNodeList は、その名が示すとおり、静的であり、活性状態ではないことを除いて [DOM2] で定義される NodeList と全く同じである様に実装しなければならない。


属性
readonly SVGAnimatedLength x
'svg' 要素の x 属性に対応する。
readonly SVGAnimatedLength y
'svg' 要素の y 属性に対応する。
readonly SVGAnimatedLength width
'svg' 要素の width 属性に対応する。
readonly SVGAnimatedLength height
'svg' 要素の height 属性に対応する。
DOMString contentScriptType
'svg' 要素の contentScriptType 属性に対応する。
設定時の例外
DOMException
NO_MODIFICATION_ALLOWED_ERR :読み出し専用の属性値の変更を試みたときにレイズされる。
DOMString contentStyleType
'svg' 要素の contentStyleType 属性に対応する。
設定時の例外
DOMException
NO_MODIFICATION_ALLOWED_ERR :読み出し専用の属性値の変更を試みたときにレイズされる。
readonly SVGRect viewport

この 'svg' 要素に対応する(暗黙または明示的な)ビューポートの位置と大きさ。UAが実際に内容を描画しているときの位置と大きさを表現する。位置と大きさは親要素の座標系における単位無しの値を表す。親要素が存在しない(即ち 'svg' 要素が文書木のルート)場合、この SVG 文書が他の文書の一部として埋め込まれているならば(例えば HTML の 'object' 要素により)、親の文書の座標系における単位無しの値を表す(もし親が CSS または XSL によるレイアウトを利用している場合は、単位無しの値は CSS2 仕様で述べられるように現在の CSS または XSL ビューポートの画素単位による値を表現する)。親要素が座標系を持たない場合、UAはこの属性に対し適切な既定値を与えるべきである。

オブジェクト自身とその内容は共に読み出し専用である。

readonly float pixelUnitToMillimeterX
ビューポートのX軸方向の( CSS2 で定義されているものと同様な)画素単位の大きさ。 70dpi から 120dpi までの範囲のどこかを表現し、システムがサポートしていれば対象メディアの特性に合致させられ得る。システムが画素の大きさを知り得ない場合は、適切な画素の大きさが既定値として与えられる。
readonly float pixelUnitToMillimeterY
前記に相応するビューポートのY軸方向の画素単位の大きさ。
readonly float screenPixelToMillimeterX
ビューポートのスクリーン単位のX軸方向の大きさ。 DOM レベル2のUIイベントは与えられたUIイベントが生じたときのスクリーンにおける位置を指示する。UAが実際に物理的な大きさ「スクリーン単位」を知ることができれば、この属性はその情報を表す。そうでないときはUAは 0.28mm などの適当な既定値を与える。
readonly float screenPixelToMillimeterY
前記に相応するビューポートのスクリーン単位のY軸方向の大きさ。
readonly boolean useCurrentView
現在の最も内側の SVG 文書片の初期表示(即ちズームとパンがなされる前の表示)は、「標準」表示(即ち viewBox などの 'svg' 要素の属性に基づく)または「カスタム」表示(即ち特定の 'view' または他の要素へのハイパーリンクによる - SVG 内容の中へのリンク: URI 片と SVG ビュー を見よ)のいずれも有り得る。初期表示が「標準」表示のとき、この属性は false になる。初期表示が「カスタム」表示のとき、この属性は true になる。 エラータ :上記 viewBox が原文では fitBoxToViewport になっているがこれは原文の誤記。)
設定時の例外
エラータ :この項目は削除)
DOMException
NO_MODIFICATION_ALLOWED_ERR :読み出し専用の属性値の変更を試みたときにレイズされる。
readonly SVGViewSpec currentView
現在の最も内側の SVG 文書片の初期表示(即ち拡大とパンがなされる前の)の定義。その意味は状況に依存する:
  • 初期表示が「標準」表示であった場合:
    • currentView 内の viewBox, preserveAspectRatio, zoomAndPan の値は SVGSVGElement の対応する DOM 属性の値と直接的に一致する。
    • currentView 内の transformviewTarget の値は null にされる。
  • 初期表示が 'view' 要素へのリンクによるものであった場合:
    • currentView 内の viewBox, preserveAspectRatio, zoomAndPan の値はその 'view' 要素の対応する属性に対応する。
    • currentView 内の transformviewTarget の値は null にされる。
  • 初期表示が他の(即ち 'view' 以外の)要素へのリンクによるものであった場合:
    • currentView 内の viewBox, preserveAspectRatio, zoomAndPan の値は最も近い祖先の 'svg' 要素に対応する SVGSVGElement の対応する DOM 属性の値と直接的に一致する。
    • currentView 内の transform の値は null にされる。
    • currentView 内の viewTarget の値はリンク先を表す。
  • 初期表示が SVG ビュー指定片識別子(即ち #svgView(...))を用いた SVG 文書片へのリンクによるものであった場合:
    • currentView 内の viewBox, preserveAspectRatio, zoomAndPan, transform, viewTarget は SVG ビュー指定片識別子による値に対応する。

オブジェクト自身とその内容は共に読み出し専用である。

float currentScale
この属性は ズームとパン で述べられている利用者によるズームおよびパン操作を計算に入れた初期表示からの現在の倍率を表す。 DOM 属性 currentScalecurrentTranslate は 2x3 行列 [a b c d e f] = [currentScale 0 0 currentScale currentTranslate.x currentTranslate.y] と同値である。つまり、ズームおよびパンの利用が可能にされている場合(即ち zoomAndPan="magnify")、追加の変換が SVG 文書片の最も外側のレベル(即ち 最も外側の svg 要素 の外側)に置かれたように働く。
設定時の例外
エラータ :この項目は削除)
DOMException
NO_MODIFICATION_ALLOWED_ERR :読み出し専用の属性値の変更を試みたときにレイズされる。
readonly SVGPoint currentTranslate
前記に相応する利用者によるズームおよびパン操作を計算に入れた並進量。
メソッド
suspendRedraw
休止時間をパラメタにとり、次のいずれかの時点まで再描画を休止させることを指示する:
  • 対応する unsuspendRedraw(suspend_handle_id) 呼び出しが行われた時。
  • unsuspendRedrawAll() 呼び出しが行われた時。
  • 休止時間が経過した時。
対話性がサポートされない環境(例えば印刷メディア)においては再描画は休止されないことになる。プログラムにおいては各々の
suspend_handle_id = suspendRedraw(max_wait_milliseconds)

unsuspendRedraw(suspend_handle_id)
に対応させなければならない。 一連の SVG DOM における変化がもたらす再描画を休止させたい場合は、 SVG DOM への変更前に
     suspend_handle_id = suspendRedraw(max_wait_milliseconds)
の様にメソッドを呼び出し、変更後に
     unsuspendRedraw(suspend_handle_id)
の様にメソッドを呼び出すとよい。 suspendRedraw を複数回同時に呼び出した場合の各メソッド呼び出しはそれぞれ別個のものとして扱われることに注意。
パラメタ
in unsigned long max_wait_milliseconds 装置への再描画を止める時間の長さをミリ秒で指定する。 60 秒以上の値は 60 秒に抑えられる。
戻り値
unsigned long suspendRedraw() 呼び出しに対する一意的な ID として働く数。この値は対応する unsuspendRedraw() 呼び出しに渡されなければならない。
例外無し
unsuspendRedraw
パラメタ suspend_handle_id に対応する suspendRedraw() を取り消す。
パラメタ
in unsigned long suspend_handle_id 取り消したい suspendRedraw() 呼び出しに対応する一意的な ID 。この値は前の suspendRedraw() 呼び出しで返された数でなければならない。 エラータ :次を追加) 無効な suspend_handle_id が渡された場合(即ち、そのような活動状態の suspend_handle_id がない)、 unsuspendRedraw への要求は黙って無視される。
戻り値無し
例外無し
例外
DOMException
NOT_FOUND_ERR :無効な suspend_handle_id (即ち対応する休止状態を維持している suspendRedraw() が無い)が与えられた場合にレイズされる。
unsuspendRedrawAll
現在休止状態を維持している全ての suspendRedraw() メソッド呼び出しを取り消す。このメソッドは一連の SVG DOM 呼び出しの最終段階で全ての suspendRedraw() メソッド呼び出しをきれいに清算したいときに最も有用である。
パラメタ無し
戻り値無し
例外無し
forceRedraw
対話性をサポートする描画環境において、ビューポートにおける更新が必要な全ての領域の再描画を直ちに行うことをUAに強制する。
パラメタ無し
戻り値無し
例外無し
pauseAnimations
この 'svg' 要素に対応する SVG 文書片内で定義されている全ての活動中のアニメーションを休止させる。この文書片におけるアニメーションの計時は休止状態が解除されるまで停止する。
パラメタ無し
戻り値無し
例外無し
unpauseAnimations
この 'svg' 要素に対応する SVG 文書片内で定義されている全ての休止中のアニメーションを再開させる。この文書片におけるアニメーションの計時も停止状態から解放され、続行される。
パラメタ無し
戻り値無し
例外無し
animationsPaused
この SVG 文書片が休止状態の間 true を返す。
パラメタ無し
戻り値
boolean この SVG 文書片が休止状態かどうかを表す真偽値。
例外無し
getCurrentTime
現在の SVG 文書片の開始時間から経過した現在の時刻を秒で返す。 エラータ :次を追加) 文書時間軸が開始される前に getCurrentTime が呼び出された場合(例えば文書の SVGLoad イベントが配送される前の 'script' 要素内のスクリプトからの呼び出し)、 0 が返される。
パラメタ無し
戻り値
float 現在の時刻(秒)。
例外無し
setCurrentTime
この SVG 文書片の計時を調整して、新しく現在の時刻を設定する。 エラータ :次を追加) 文書時間軸が開始される前に getCurrentTime が呼び出された場合(例えば文書の SVGLoad イベントが配送される前の 'script' 要素内のスクリプトからの呼び出し)、文書時間軸が開始される時点でメソッドの最後の呼び出しで与えた値の時刻へ飛ぶことになる。
パラメタ
in float seconds 新しく設定する現在の時刻を現在の SVG 文書片の開始時間からの秒数で与える。
戻り値無し
例外無し
getIntersectionList
'pointer-events' プロパティの値を考慮に入れつつ、描画された内容が与えられた矩形と交わるグラフィックス要素のリストを返す。
(訳注:原文 "Returns the list of graphics elements whose rendered content intersects the supplied rectangle, honoring the 'pointer-events' property value on each candidate graphics element." において、後半の "honoring ..." 以下の部分を「'pointer-events' プロパティの値を考慮に入れつつ」と訳しているが、考慮の中身が何を指すのかがはっきりしない。おそらく 'pointer-events' プロパティ の値によりポインタイベントの標的になれないように設定された要素はリストに入れないことを指しているものかと推測されるが。以下に続く3つのメソッドでも同様である。)
パラメタ
in SVGRect rect テストする矩形。値は現在の 'svg' 要素の初期座標系におけるもの。
in SVGElement referenceElement null でないならば、描画順序において与えられた要素より下位にある要素のみが返される。
戻り値
NodeList StaticNodeList 描画内容が与えられた矩形と交わる要素のリスト。 エラータ :戻り値の型を変更)
例外無し
getEnclosureList
'pointer-events' プロパティの値を考慮に入れつつ、描画された内容が与えられた矩形に完全に囲まれるグラフィックス要素のリストを返す。
パラメタ
in SVGRect rect テストする矩形。値は現在の 'svg' 要素の初期座標系におけるもの。
in SVGElement referenceElement null でないならば、描画順序において与えられた要素より下位にある要素のみが返される。
戻り値
NodeList StaticNodeList 描画内容が与えられた矩形に完全に囲まれる要素のリスト。 エラータ :戻り値の型を変更)
例外無し
checkIntersection
'pointer-events' プロパティの値を考慮に入れつつ、与えられた要素の描画された内容が与えられた矩形に交わるとき、 true を返す。
パラメタ
in SVGElement element テストされる要素。
in SVGRect rect テストする矩形。値は現在の 'svg' 要素の初期座標系におけるもの。
戻り値
boolean 与えられた要素が与えられた矩形と交わるかどうかを表す真偽値。
例外無し
checkEnclosure
'pointer-events' プロパティの値を考慮に入れつつ、与えられた要素の描画された内容が与えられた矩形に完全に囲まれるとき、 true を返す。
パラメタ
in SVGElement element テストされる要素。
in SVGRect rect テストする矩形。値は現在の 'svg' 要素の初期座標系におけるもの。
戻り値
boolean 与えられた要素が与えられた矩形に完全に囲まれるかどうかを表す真偽値。
例外無し
deselectAll
テキスト文字列や文字入力域の選択も含めた、選択されているオブジェクトの選択を解除する。
パラメタ無し
戻り値無し
例外無し
createSVGNumber
文書木の外に値0に初期化された SVGNumber オブジェクトを作る。
パラメタ無し
戻り値
SVGNumber SVGNumber オブジェクト。
例外無し
createSVGLength
文書木の外に利用単位の値0に初期化された SVGLength オブジェクトを作る。
パラメタ無し
戻り値
SVGLength SVGLength オブジェクト。
例外無し
createSVGAngle
文書木の外に値0度(単位無し)に初期化された SVGAngle オブジェクトを作る。
パラメタ無し
戻り値
SVGAngle SVGAngle オブジェクト。
例外無し
createSVGPoint
文書木の外に利用座標系における点 (0,0) に初期化された SVGPoint オブジェクトを作る。
パラメタ無し
戻り値
SVGPoint SVGPoint オブジェクト。
例外無し
createSVGMatrix
文書木の外に単位行列に初期化された SVGMatrix オブジェクトを作る。
パラメタ無し
戻り値
SVGMatrix SVGMatrix オブジェクト。
例外無し
createSVGRect
文書木の外に全ての値が利用単位による値0に初期化された SVGRect オブジェクトを作る。
パラメタ無し
戻り値
SVGRect SVGRect オブジェクト。
例外無し
createSVGTransform
文書木の外に単位行列による変換( SVG_TRANSFORM_MATRIX )に初期化された SVGTransform オブジェクトを作る。
パラメタ無し
戻り値
SVGTransform SVGTransform オブジェクト。
例外無し
createSVGTransformFromMatrix
文書木の外に与えられた行列による変換(即ち SVG_TRANSFORM_MATRIX )に初期化された SVGTransform オブジェクトを作る。 エラータ :次を追加) パラメタ matrix からの値は複製される。 matrix がそのまま SVGTransform.matrix になることは無い。
パラメタ
in SVGMatrix matrix 変換行列。
戻り値
SVGTransform SVGTransform オブジェクト。
例外無し
getElementById
与えられた elementId を id とする Element オブジェクトをこの SVG 文書片から検索する(即ち検索範囲は文書木の一部分に限定される)。 Element オブジェクトが見つかった場合はそれが返される。見つからなかった場合は null が返される。複数の要素がこの id を持つ場合のふるまいは未定義である。
パラメタ
in DOMString elementId 要素に対し一意的な id の値。
戻り値
Element 合致した要素。
例外無し

インターフェース SVGGElement

SVGGElement インターフェースは 'g' 要素に対応する。


IDL 定義
interface SVGGElement :
                SVGElement,
                SVGTests,
                SVGLangSpace,
                SVGExternalResourcesRequired,
                SVGStylable,
                SVGTransformable,
                events::EventTarget {};


インターフェース SVGDefsElement

SVGDefsElement インターフェースは 'defs' 要素に対応する。


IDL 定義
interface SVGDefsElement :
                SVGElement,
                SVGTests,
                SVGLangSpace,
                SVGExternalResourcesRequired,
                SVGStylable,
                SVGTransformable,
                events::EventTarget {};


インターフェース SVGDescElement

SVGDescElement インターフェースは 'desc' 要素に対応する。


IDL 定義
interface SVGDescElement :
                SVGElement,
                SVGLangSpace,
                SVGStylable {};


インターフェース SVGTitleElement

SVGTitleElement インターフェースは 'title' 要素に対応する。


IDL 定義
interface SVGTitleElement :
                SVGElement,
                SVGLangSpace,
                SVGStylable {};


インターフェース SVGSymbolElement

SVGSymbolElement インターフェースは 'symbol' 要素に対応する。


IDL 定義
interface SVGSymbolElement :
                SVGElement,
                SVGLangSpace,
                SVGExternalResourcesRequired,
                SVGStylable,
                SVGFitToViewBox,
                events::EventTarget {};


インターフェース SVGUseElement

SVGUseElement インターフェースは 'use' 要素に対応する。


IDL 定義
interface SVGUseElement :
                SVGElement,
                SVGURIReference,
                SVGTests,
                SVGLangSpace,
                SVGExternalResourcesRequired,
                SVGStylable,
                SVGTransformable,
                events::EventTarget {
  readonly attribute SVGAnimatedLength   x;
  readonly attribute SVGAnimatedLength   y;
  readonly attribute SVGAnimatedLength   width;
  readonly attribute SVGAnimatedLength   height;
  readonly attribute SVGElementInstance instanceRoot;
  readonly attribute SVGElementInstance animatedInstanceRoot;
};

属性
readonly SVGAnimatedLength x
'use' 要素の x 属性に対応する。
readonly SVGAnimatedLength y
'use' 要素の y 属性に対応する。
readonly SVGAnimatedLength width
'use' 要素の width 属性に対応する。
readonly SVGAnimatedLength height
'use' 要素の height 属性に対応する。
readonly SVGElementInstance instanceRoot
「インスタンス木」のルート。インスタンス木についての説明は SVGElementInstance の記述を見よ。
readonly SVGElementInstance animatedInstanceRoot
'href' 属性がアニメーションされている場合、現在アニメーション中の「インスタンス木」のルート。アニメーションされていない場合は 'instanceRoot' と同じ値をとる。「インスタンス木」のルート。インスタンス木についての説明は SVGElementInstance の記述を見よ。

インターフェース SVGElementInstance

'use' 要素に対し、 SVG DOM は SVGElementInstance 型のオブジェクトからなる非公開木(「インスタンス木」)を維持管理する。 SVGElementInstance は、インスタンス木における一つのノードを表現する。 'use' 要素に対応する SVGUseElement オブジェクトの instanceRoot 属性がインスタンス木のルートオブジェクトを指す。

'use' 要素が 'rect' などの単純なグラフィックス要素を参照する場合、ただ一つの SVGElementInstance オブジェクトが存在し、この SVGElementInstance オブジェクトの correspondingElement 属性は参照先の 'rect' 要素に対応する SVGRectElement である。

'use' 要素が2つの 'rect' 要素を含む 'g' 要素を参照している場合、インスタンス木には3つの SVGElementInstance オブジェクト: correspondingElement'g' に対する SVGGElement オブジェクトになっているルートの SVGElementInstance オブジェクト、および correspondingElementSVGRectElement オブジェクトになっている2つの SVGElementInstance 子オブジェクトが存在する。

参照先のオブジェクト自身が 'use' 要素であるか、あるいは参照先のオブジェクト内に 'use' 子要素がある場合、インスタンス木は完全な木を形成するために間接参照により再帰的に拡張される。例えば、 'use' 要素が 'g' を参照し、 'g' 要素自身が 'use' を含み、その 'use''rect' 要素を参照している場合、最初の(最も外側の) 'use' のインスタンス木は次のような SVGElementInstance オブジェクトの階層から構成される:

SVGElementInstance #1 (parentNode=null, firstChild=#2, correspondingElement is the 'g')
  SVGElementInstance #2 (parentNode=#1, firstChild=#3, correspondingElement is the other 'use')
    SVGElementInstance #3 (parentNode=#2, firstChild=null, corresponding Element is the 'rect')

IDL 定義
interface SVGElementInstance : events::EventTarget {
  readonly attribute SVGElement correspondingElement;
  readonly attribute SVGUseElement correspondingUseElement;
  readonly attribute SVGElementInstance parentNode;
  readonly attribute SVGElementInstanceList childNodes;
  readonly attribute SVGElementInstance firstChild;
  readonly attribute SVGElementInstance lastChild;
  readonly attribute SVGElementInstance previousSibling;
  readonly attribute SVGElementInstance nextSibling;
};

属性
readonly SVGElement correspondingElement
このオブジェクトがそのインスタンスとなっている、対応している要素。例えば 'use' 要素が 'rect' 要素を参照しているならば、 SVGElementInstance が作られ、その correspondingElement'rect' 要素に対する SVGElementInstance オブジェクトになる。
readonly SVGUseElement correspondingUseElement
この SVGElementInstance オブジェクトが属しているインスタンス木に対応する 'use' 要素。 'use' 要素が入れ子になっている(例えば 'use''rect' 要素などのグラフィックス要素を参照している別の 'use' を参照している)場合、 correspondingUseElement は最も外側の(即ち 'rect', を間接的に参照している方の) 'use' になる。
readonly SVGElementInstance parentNode
インスタンス木におけるこの SVGElementInstance の親。 SVGElementInstance オブジェクトは 'use' 要素に直接参照されている要素に対応するものである場合に限り、親を持たず、 parentNode は null である。
readonly SVGElementInstanceList childNodes
インスタンス木におけるこの SVGElementInstance の全ての子を含む SVGElementInstanceList 。 子が存在しない場合、 SVGElementInstanceList は空のリストである。
readonly SVGElementInstance firstChild
インスタンス木におけるこの SVGElementInstance の最初の子。存在しない場合は null 。
readonly SVGElementInstance lastChild
インスタンス木におけるこの SVGElementInstance の最後の子。存在しない場合は null 。
readonly SVGElementInstance previousSibling
この SVGElementInstance の直前にある SVGElementInstance 。存在しない場合は null 。
readonly SVGElementInstance nextSibling
この SVGElementInstance の直後にある SVGElementInstance 。存在しない場合は null 。

インターフェース SVGElementInstanceList

SVGElementInstanceList インターフェースは、中身の定義と制約が隠ぺいされた、 SVGElementInstance オブジェクトの抽象化されたリストを表現する。


IDL 定義
interface SVGElementInstanceList {
  readonly attribute unsigned long length;
  SVGElementInstance item ( in unsigned long index );
};

属性
readonly unsigned long length
リストに含まれる SVGElementInstance オブジェクトの個数。ノードの添字の範囲は0から length-1 まで。
メソッド
item

リストの index 番目のノードを返す。 index がリスト内のノード数以上の場合は null を返す。

パラメタ
in unsigned long index リストの項目の添字。
戻り値
SVGElementInstance SVGElementInstanceListindex 番目の SVGElementInstance オブジェクト。添字が範囲外の場合は null を返す。
例外無し

インターフェース SVGImageElement

SVGImageElement インターフェースは 'image' 要素に対応する。


IDL 定義
interface SVGImageElement :
                SVGElement,
                SVGURIReference,
                SVGTests,
                SVGLangSpace,
                SVGExternalResourcesRequired,
                SVGStylable,
                SVGTransformable,
                events::EventTarget {
  readonly attribute SVGAnimatedLength x;
  readonly attribute SVGAnimatedLength y;
  readonly attribute SVGAnimatedLength width;
  readonly attribute SVGAnimatedLength height;
  readonly attribute SVGAnimatedPreserveAspectRatio preserveAspectRatio;
};

属性
readonly SVGAnimatedLength x
'image' 要素の x 属性に対応する。
readonly SVGAnimatedLength y
'image' 要素の y 属性に対応する。
readonly SVGAnimatedLength width
'image' 要素の width 属性に対応する。
readonly SVGAnimatedLength height
'image' 要素の height 属性に対応する。
readonly SVGAnimatedPreserveAspectRatio preserveAspectRatio
与えられた要素の preserveAspectRatio 属性に対応する。

インターフェース SVGSwitchElement

SVGSwitchElement インターフェースは 'switch' 要素に対応する。


IDL 定義
interface SVGSwitchElement :
                SVGElement,
                SVGTests,
                SVGLangSpace,
                SVGExternalResourcesRequired,
                SVGStylable,
                SVGTransformable,
                events::EventTarget {};


インターフェース GetSVGDocument

エラータ :次を修正。下のメソッド定義も修正)

XHTML 文書が 'object' 要素を持ち、その href 属性(またはそれと等価な属性)が SVG 文書を参照している(即ち MIME タイプが "image/svg+xml" の文書であり、したがってルート要素が 'svg' 要素)ときのように、 SVG 文書が参照により埋め込まれている場合、参照元の要素(例えば HTML の 'object' あるいは類似の参照要素)に対し GetSVGDocument インターフェースを実装することが SVG-UAに要求される。

このインターフェースは他の DOM-ベースの言語において参照により埋め込まれた SVG 文書へのアクセスを提供する。 例外は、 HTML 'object' 要素に対応する DOM Element オブジェクトなどの様に、 DOM オブジェクトにそのような SVG 文書への参照を可能にするインターフェースが実装されている場合である。大抵の場合、そのような DOM オブジェクトには Window 仕様 [WINDOW] で定められている EmbeddingElement の実装も要求されている。

このインターフェースは廃止予定であり、将来版の SVG 仕様からは削除され得る。文書作成者には、参照先の SVG 文書の取得する際には(もしあれば) EmbeddingElement インターフェースの contentDocument 属性の利用が奨励される。


IDL 定義
interface GetSVGDocument {
  SVGDocument getSVGDocument (  )
                  raises( DOMException );
};

メソッド
getSVGDocument
エラータ :次を修正/加筆)

参照先の SVG 文書に対する SVGDocument オブジェクトを返す。

このメソッドは埋め込んだ要素において埋め込まれた内容の Document オブジェクト、あるいは文書が無ければ null を返さなければならない。

これは埋め込んだ要素に EmbeddingElement インターフェースも実装されているならば、その要素の EmbeddingElement::contentDocument 属性にアクセスするに等しくなることに注意。文書作成者には、返された Document の文書が実際に 'svg' 要素なのかどうか確かめることを薦める。

パラメタ無し
戻り値
SVGDocument 参照先の SVG 文書に対する SVGDocument オブジェクト。存在しなければ null を返す。
例外
DOMException
NOT_SUPPORTED_ERR : SVGDocument オブジェクトが利用できない/存在しない。