curl.1 man ページ

名前

curl - transfer a URL

curl — URL 転送

書式

curl [options] [URL...]

説明

curl is a tool to transfer data from or to a server, using one of the supported protocols (DICT, FILE, FTP, FTPS, GOPHER, HTTP, HTTPS, IMAP, IMAPS, LDAP, LDAPS, POP3, POP3S, RTMP, RTSP, SCP, SFTP, SMTP, SMTPS, TELNET and TFTP). The command is designed to work without user interaction.

curl は、サーバから, あるいはサーバへ,データ伝送を行うツールです。 対応するプロトコルは: DICT, FILE, FTP, FTPS, GOPHER, HTTP, HTTPS, IMAP, IMAPS, LDAP, LDAPS, POP3, POP3S, RTMP, RTSP, SCP, SFTP, SMTP, SMTPS, TELNET, TFTP です。 コマンドはユーザとの対話的操作を経なくとも動作するように設計されています。

curl offers a busload of useful tricks like proxy support, user authentication, FTP upload, HTTP post, SSL connections, cookies, file transfer resume, Metalink, and more. As you will see below, the number of features will make your head spin!

curl には、プロキシのサポート, ユーザ認証, FTP アップロード, HTTP POST, SSL 接続, クッキー, ファイル転送の再開, Metalink などなど、便利な機能が満載されています。 以下に見られるように、あまりの機能の多さに圧倒されることでしょう。

curl is powered by libcurl for all transfer-related features. See libcurl (3) for details.

curl のすべての転送関連の機能には libcurl が利用されています。 詳細は libcurl (3) をご覧ください。

URL

The URL syntax is protocol-dependent. You'll find a detailed description in RFC 3986.

URL の書式はプロトコルに依存します。 詳細は RFC 3986 に記載されています。

You can specify multiple URLs or parts of URLs by writing part sets within braces as in:

複数の URL またはそれらの一部分を一括して指定するには、その部分を中括弧で括ります:

http://site.{one,two,three}.com

or you can get sequences of alphanumeric series by using [] as in:

あるいは [] で英数字の連番を得ることもできます:

ftp://ftp.numericals.com/file[1-100].txt
ftp://ftp.numericals.com/file[001-100].txt (桁を揃える 0 付き)
ftp://ftp.letters.com/file[a-z].txt

Nested sequences are not supported, but you can use several ones next to each other:

一括/連番指定の入れ子はサポートされていませんが、複数のものを同時に用いることはできます:

http://any.org/archive[1996-1999]/vol[1-4]/part{a,b,c}.html

You can specify any amount of URLs on the command line. They will be fetched in a sequential manner in the specified order.

URL はいくつでもコマンドラインに指定することができます。 それらへのアクセスは指定した順番に行われます。

You can specify a step counter for the ranges to get every Nth number or letter:

一定数おきに飛び飛びの連番が得られるように範囲にその間隔を指定することができます:

http://www.numericals.com/file[1-100:10].txt
http://www.letters.com/file[a-z:2].txt

When using [] or {} sequences when invoked from a command line prompt, you probably have to put the full URL within double quotes to avoid the shell from interfering with it. This also goes for other characters treated special, like for example '&', '?' and '*'.

コマンドラインから [] や {} による連番を利用する場合、シェルから干渉されないようにするため, URL 全体を二重引用符で括る必要があるでしょう。 これは、 &, ?, * などの特別に扱われる,他の文字についても該当します。

If you specify URL without protocol:// prefix, curl will attempt to guess what protocol you might want. It will then default to HTTP but try other protocols based on often-used host name prefixes. For example, for host names starting with "ftp." curl will assume you want to speak FTP.

URL の プロトコル:// 接頭子を省略すると、 curl はプロトコルを予測します。 デフォルトは HTTP になりますが、ホスト名の接頭子としてよく利用されるものがあるときは、それに基づいた他のプロトコルが用いられます。 例えば、ホスト名が ftp. で始まる場合、 FTP 転送が予期されているものとみなされます。

curl will do its best to use what you pass to it as a URL. It is not trying to validate it as a syntactically correct URL by any means but is instead very liberal with what it accepts.

curl は URL が構文に厳密に従う事を要求しません。 可能な限り有効な URL になるように解釈しようとします。

curl will attempt to re-use connections for multiple file transfers, so that getting many files from the same server will not do multiple connects / handshakes. This improves speed. Of course this is only done on files specified on a single command line and cannot be used between separate curl invokes.

複数のファイルを転送する際には接続の再利用が試みられます。 同じサーバから多数のファイルを取得する際に何度も接続/ハンドシェイクが繰り返されたりはしません。 これにより高速になります。 もちろん、このことは一つのコマンドラインで指定したファイルに対してのみ有効であり,別々の curl の起動に対しては無効です。

プログレスメータ

curl normally displays a progress meter during operations, indicating the amount of transferred data, transfer speeds and estimated time left, etc.

通常、処理中は データ転送量, 転送速度, 予想時間, 等の進捗状況を示すプログレスメータが表示されます。

curl displays this data to the terminal by default, so if you invoke curl to do an operation and it is about to write data to the terminal, it disables the progress meter as otherwise it would mess up the output mixing progress meter and response data.

既定ではデータもターミナルに表示されるので、そのような場合はデータとの混在を避けるためにプログレスメータは無効化されます。

If you want a progress meter for HTTP POST or PUT requests, you need to redirect the response output to a file, using shell redirect (>), -o [file] or similar.

HTTP POST や PUT リクエストでプログレスメータが必要な場合は、シェルのリダイレクト機能 (>) あるいは -o file 等を利用して,ファイルに出力させる必要があります。

It is not the same case for FTP upload as that operation does not spit out any response data to the terminal.

FTP アップロードの場合はデータをターミナルに吐き出すわけではないので異なります。

If you prefer a progress "bar" instead of the regular meter, -# is your friend.

プログレスメータではなくプログレスバーを表示させたい場合は -# オプションを用います。

オプション

【 マウスを右端に寄せるとオプション索引が表示されます。 】

Options start with one or two dashes. Many of the options require an additional value next to them.

オプションは 1 個または 2 個のダッシュ(-)から開始されます。 多くのオプションには,直後に追加のパラメタが要求されます。

The short "single-dash" form of the options, -d for example, may be used with or without a space between it and its value, although a space is a recommended separator. The long "double-dash" form, --data for example, requires a space between it and its value.

パラメタをとるオプションの場合、 “単ダッシュ” による短縮形のオプション(例えば -d )では,オプションとパラメタの間のスペースを省略できます。 スペースは省略しないことを勧めますが 【例えば,下記の “まとめて指定” と混同される可能性もある】。 長い “二重ダッシュ” 形(例えば --data )では、このスペースは要求されます。

Short version options that don't need any additional values can be used immediately next to each other, like for example you can specify all the options -O, -L and -v at once as -OLv.

パラメタをとらない短縮形のオプションを,複数個 指定するときは、例えば -O, -L, -v に対しては -OLv の様に,まとめて指定できます。

In general, all boolean options are enabled with --option and yet again disabled with --no-option. That is, you use the exact same option name but prefix it with "no-". However, in this list we mostly only list and show the --option version of them. (This concept with --no options was added in 7.19.0. Previously most options were toggled on/off on repeated use of the same command line option.)

一般に、任意の真偽値オプション(パラメタをとらないオプション)は,オプション名を仮に option とするなら --option を与えることで有効化され、その後で --no-option を与えて再び無効化させることもできます。 すなわち、無効化にはオプション名の先頭に no- を付加したものを用います【注1】。 この節に示される大半のオプションは --option の方が見出し項目として記載されます【注2】。 (この no- 接頭子による切替方式は curl 7.19.0 からの機能です。 より前のバージョンにおいては、ほとんどの真偽値オプションに対し,オンオフの反転をコマンドライン内で同じオプション名を繰り返すことにより,可能にしていました【注3】)。

パラメタをとるオプションの場合、同じオプションを複数個与えた場合の効果は,オプションごとに異なっていますが、概ね次の種類に分けられます:

  • 上書き:最後に与えたオプションのパラメタが採用され、その前に与えた同じオプションのパラメタを上書きする。
  • 合併:各パラメタは併合され、一つにまとめられる。
  • 並立:各パラメタは個別に処理の対象となる。

以下では、パラメタをとるオプションに対し、キーワード「多重付与」と上の見出し語を用いて、このような場合にそれぞれのオプションがどのように解釈されるかを表記します。

【オプションが実装されたバージョンを示す「 (X.X.X 以降) 」のうち、末尾に * 印が付いているものは原文未記載だったものを 変更ログ から補完したものです( 7.9.0 以降のものについてのみ — バージョン未記載のものはそれ以前のバージョンから実装済みの様子(過去マニュアルに存在))。】

-#, --progress-bar

Make curl display progress as a simple progress bar instead of the standard, more informational, meter.

進捗状況の表示に、より多くの情報を含む標準のメータの代わりに,単純なプログレスバーを用いることを指示します。

-:, --next

Tells curl to use a separate operation for the following URL and associated options. This allows you to send several URL requests, each with their own specific options, for example, such as different user names or custom requests for each. (Added in 7.36.0)

後続の URL と付随するオプションに対し,別々の処理を行わせる様にします。 これにより、それぞれが固有のオプションを伴うような複数の URL リクエストを送信可能になります。 例えば、別のユーザ名やカスタムリクエストを個別に指定する等。 (7.36.0 以降)

-0, --http1.0

(HTTP) Tells curl to use HTTP version 1.0 instead of using its internally preferred: HTTP 1.1.

HTTP curl 既定の HTTP 1.1 ではなく、 HTTP 1.0 を用いてリクエストを行わせます。 (7.9.1 以降*)

--http1.1

(HTTP) Tells curl to use HTTP version 1.1. This is the internal default version. (Added in 7.33.0)

HTTP HTTP 1.1 を用いてリクエストを発行するようにします。 これが、 curl 内部の既定のバージョンです。 (7.33.0 以降)

--http2

(HTTP) Tells curl to issue its requests using HTTP 2. This requires that the underlying libcurl was built to support it. (Added in 7.33.0)

HTTP HTTP 2 を用いてリクエストを発行するようにします。 これには、下層の libcurl が,それをサポートするようにビルドされている必要があります。 (7.33.0 以降)

--no-npn

Disable the NPN TLS extension. NPN is enabled by default if libcurl was built with an SSL library that supports NPN. NPN is used by a libcurl that supports HTTP 2 to negotiate HTTP 2 support with the server during https sessions.

NPN TLS 拡張を無効化します。 NPN は、libcurl が NPN をサポートする SSL ライブラリと伴にビルドされている場合に,既定で有効化されています。 NPN は、https セッションの間に HTTP 2 サポートをサーバとネゴシエートするために, HTTP 2 をサポートする libcurl により利用されます。

(Added in 7.36.0)

(7.36.0 以降)

--no-alpn

Disable the ALPN TLS extension. ALPN is enabled by default if libcurl was built with an SSL library that supports ALPN. ALPN is used by a libcurl that supports HTTP 2 to negotiate HTTP 2 support with the server during https sessions.

ALPN TLS 拡張を無効化します。 ALPN は、libcurl が ALPN をサポートする SSL ライブラリと伴にビルドされている場合に,既定で有効化されています。 ALPN は、https セッションの間に HTTP 2 サポートをサーバとネゴシエートするために, HTTP 2 をサポートする libcurl により利用されます。

(Added in 7.36.0)

(7.36.0 以降)

-1, --tlsv1

(SSL) Forces curl to use TLS version 1.x when negotiating with a remote TLS server. You can use options --tlsv1.0, --tlsv1.1, and --tlsv1.2 to control the TLS version more precisely (if the SSL backend in use supports such a level of control).

SSL リモート TLS サーバとネゴシエートする際に, TSL バージョン 1.x を用いるように強制します。 より精確な TLS バージョンを制御したいときは、 --tlsv1.0, --tlsv1.1, --tlsv1.2 を利用できます(利用中の SSL バックエンドがそれらの制御レベルをサポートしていれば)。 (7.9.2 以降*)

-2, --sslv2

(SSL) Forces curl to use SSL version 2 when negotiating with a remote SSL server. Sometimes curl is built without SSLv2 support. SSLv2 is widely considered insecure.

HTTPS リモート SSL サーバとネゴシエートする際に, SSL バージョン 2 を用いるように強制します。 curl は SSLv2 サポートを伴わずにビルドされていることもあります。 SSLv2 は、一般に安全でないものと見なされています。

-3, --sslv3

(SSL) Forces curl to use SSL version 3 when negotiating with a remote SSL server. Sometimes curl is built without SSLv3 support.

HTTPS リモート SSL サーバとネゴシエートする際に, SSL バージョン 3 を用いるように強制します。 curl は SSLv3 サポートを伴わずにビルドされていることもあります。

-4, --ipv4

Tis option tells curl to resolve names to IPv4 addresses only, and not for example try IPv6.

このオプションは, curl による名前解決の結果を IPv4 アドレスに強制します。 例えば IPv6 への解決は試行されません。 (7.10.8 以降*)

-6, --ipv6

This option tells curl to resolve names to IPv6 addresses only, and not for example try IPv4.

このオプションは, curl による名前解決の結果を IPv6 アドレスに強制します。 例えば IPv4 への解決は試行されません。 (7.10.8 以降*)

-a, --append

(FTP/SFTP) When used in an upload, this makes curl append to the target file instead of overwriting it. If the remote file doesn't exist, it will be created. Note that this flag is ignored by some SFTP servers (including OpenSSH).

FTP/SFTP アップロードに利用した場合、対象ファイルを上書きする代わりに,付加させます。 リモートにファイルが存在しないときは新たに作成されます。 このフラグは OpenSSH を含む一部の SFTP サーバに対しては無視されることがあります。

-A, --user-agent agent string

(HTTP) Specify the User-Agent string to send to the HTTP server. Some badly done CGIs fail if this field isn't set to "Mozilla/4.0". To encode blanks in the string, surround the string with single quote marks. This can also be set with the -H, --header option of course.

HTTP HTTP サーバへ送信するユーザエージェント文字列を指定します。 一部の手抜き CGI は Mozilla/4.0 しか受け付けないかもしれません。 文字列内に空白が含まれている場合は文字列を一重引用符で括ります。 もちろん、このオプションは -H, --header で設定することも可能です。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--anyauth

(HTTP) Tells curl to figure out authentication method by itself, and use the most secure one the remote site claims to support. This is done by first doing a request and checking the response-headers, thus possibly inducing an extra network round-trip. This is used instead of setting a specific authentication method, which you can do with --basic, --digest, --ntlm, and --negotiate.

HTTP リモートサイトがサポートする認証方法のうち、最も安全なものを curl に自動的に選択させます。 そのためには,最初にリクエストを行った上でその応答ヘッダをチェックすることになるので、追加のネットワーク応答が生じることがあります。 これは特定の認証方法を指定する代わりになるものです。 特定の認証方法は --basic, --digest, --ntlm, --negotiate のいずれかで指定します。 (7.10.6 以降*)

Note that using --anyauth is not recommended if you do uploads from stdin, since it may require data to be sent twice and then the client must be able to rewind. If the need should arise when uploading from stdin, the upload operation will fail.

このオプションの利用は標準入力からのアップロードには勧められません。 データを二度送信する必要が生じることがあり、クライアント側はデータの巻き戻しを行えなければならないからです。 標準入力からのアップロードでその必要が生じた場合、アップロード処理は失敗に終わることになります。

(HTTP) Pass the data to the HTTP server as a cookie. It is supposedly the data previously received from the server in a "Set-Cookie:" line. The data should be in the format "NAME1=VALUE1; NAME2=VALUE2".

HTTP データをクッキーとして HTTP サーバに送信します。 サーバから以前に受け取った「 Set-Cookie: 」行のデータが予期されています。 データは NAME1=VALUE1; NAME2=VALUE2 のような形式にする必要があります。

If no '=' symbol is used in the line, it is treated as a filename to use to read previously stored cookie lines from, which should be used in this session if they match. Using this method also activates the "cookie parser" which will make curl record incoming cookies too, which may be handy if you're using this in combination with the -L, --location option. The file format of the file to read cookies from should be plain HTTP headers or the Netscape/Mozilla cookie file format.

文字 = が行内に存在しない場合、以前に保存したクッキー行を読み取るためのファイル名と見なされ,ファイル内の該当するクッキーがこのセッションに利用されることになります。 この方法を用いると「クッキーパーサ」も起動され、 curl は送られてくるクッキーを記録するようにもなります。 これは -L, --location と併用すると便利でしょう。 クッキーを読み取るファイルの形式は、プレーンの HTTP ヘッダか Netscape/Mozilla クッキーファイル形式にする必要があります。

The file specified with -b, --cookie is only used as input. No cookies will be written to the file. To store cookies, use the -c, --cookie-jar option.

-b, --cookie で指定されるファイルは,入力にのみ利用されます。 ファイルにはクッキーは書き出されません。 クッキーを保存するには -c, --cookie-jar を利用できます。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-B, --use-ascii

(FTP/LDAP) Enable ASCII transfer. For FTP, this can also be enforced by using an URL that ends with ";type=A". This option causes data sent to stdout to be in text mode for win32 systems.

FTP/LDAP ASCII 転送を有効にします。 FTP の場合は URL の末尾に ;type=A を付加することでもこれが有効になります。 win32 システムにおいては、標準出力に送られるデータもテキストモードになります。

--basic

(HTTP) Tells curl to use HTTP Basic authentication with the remote host. This is the default and this option is usually pointless, unless you use it to override a previously set option that sets a different authentication method (such as --ntlm, --digest, or --negotiate).

HTTP リモートホストへの HTTP Basic 認証の利用を指示します。 これは既定なので通常は無意味ですが、異なる認証方法を指示するオプション( --ntlm, --digest, --negotiate 等々)が前に指定されていれば、それを上書きします。 (7.10.6 以降*)

Used together with -u, --user and -x, --proxy.

これは、 -u, --user-x, --proxy と併用されるものです。

See also --proxy-basic.

--proxy-basic もご覧ください。

(HTTP) Specify to which file you want curl to write all cookies after a completed operation. Curl writes all cookies previously read from a specified file as well as all cookies received from remote server(s). If no cookies are known, no data will be written. The file will be written using the Netscape cookie file format. If you set the file name to a single dash, "-", the cookies will be written to stdout.

HTTP 処理の完了後にすべてのクッキーを書き込むファイルを指定します。 -b, --cookie で指定したファイルから既に読み取られたすべてのクッキーと,リモートのサーバから受け取ったすべてのクッキーが書き込まれます。 クッキーが一つもなければ、書き込みは生じません。 書き込みは Netscape クッキーファイル形式になります。 ファイル名を文字 - にすると、クッキーは標準出力に表示されるようになります。

This command line option will activate the cookie engine that makes curl record and use cookies. Another way to activate it is to use the -b, --cookie option.

このコマンドラインオプションは curl がクッキーを記録および利用するようにクッキーエンジンをアクティブにします。 アクティブにする別のやり方は -b, --cookie オプションの利用です。

If the cookie jar can't be created or written to, the whole curl operation won't fail or even report an error clearly. Using -v will get a warning displayed, but that is the only visible feedback you get about this possibly lethal situation.

クッキーを書き込むファイルを作成できない, あるいは書き込めない場合でも、 curl による全体の処理は失敗とは見なされず,エラーすら明確に報告しません。 -v, --verbose を用いて警告は出せますが、この,場合によっては致命的にもなり得る状況においても、これが唯一のフィードバックです。

If this option is used several times, the last specified file name will be used.

多重付与:上書き

-C, --continue-at offset

Continue/Resume a previous file transfer at the given offset. The given offset is the exact number of bytes that will be skipped, counting from the beginning of the source file before it is transferred to the destination. If used with uploads, the FTP server command SIZE will not be used by curl.

以前のファイル転送を与えられたオフセットから継続/再開します。 オフセットは転送前に読み飛ばすソースファイルの先頭からの正確なバイト数です。 アップロードで用いられた場合、 curl は FTP サーバコマンド SIZE を用いません。

Use "-C -" to tell curl to automatically find out where/how to resume the transfer. It then uses the given output/input files to figure that out.

オフセットに文字 - を指定することにより、どこからどのようにして転送を再開するかを curl に自動的に決めさせられます。 与えられた出力/入力ファイルから推定されることになります。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--ciphers list of ciphers

(SSL) Specifies which ciphers to use in the connection. The list of ciphers must specify valid ciphers. Read up on SSL cipher list details on this URL: http://www.openssl.org/docs/apps/ciphers.html

SSL 接続にどの暗号を利用するかを指定します。 与える暗号のリストには有効な暗号を指定しなければなりません。 SSL 暗号リストの詳細については,次の URL: http://www.openssl.org/docs/apps/ciphers.html をご覧ください。

NSS ciphers are done differently than OpenSSL and GnuTLS. The full list of NSS ciphers is in the NSSCipherSuite entry at this URL: http://git.fedorahosted.org/cgit/mod_nss.git/plain/docs/mod_nss.html#Directives

OpenSSL と GnuTLS では NSS 暗号化のやり方が異なります。 NSS 暗号の完全な一覧はこの URL: http://git.fedorahosted.org/cgit/mod_nss.git/plain/docs/mod_nss.html#Directives の NSSCipherSuite の項目に載っています。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--compressed

(HTTP) Request a compressed response using one of the algorithms curl supports, and save the uncompressed document. If this option is used and the server sends an unsupported encoding, curl will report an error.

HTTP curl でサポートされるアルゴリズムを用いた圧縮による送信をリクエストします。 取得された文書は解凍されて保存されます。 このオプションを用いたときに,サーバから未サポートのエンコーディングで返信されてきた場合、 curl はエラーを報告します。

--connect-timeout seconds

Maximum time in seconds that you allow curl's connection to take. This only limits the connection phase, so if curl connects within the given period it will continue - if not it will exit. Since version 7.32.0, this option accepts decimal values.

curl によるサーバへの接続に許容できる制限時間(秒)を指示します。 これは接続段階を制御するものであり、接続確立後の段階に対しては意味を持ちません。 制限時間内に接続を確立できなかった場合、 curl は終了します。 7.32.0 からは、小数も受容されるようになりました。

See also the -m, --max-time option.

-m, --max-time もご覧ください。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--create-dirs

When used in conjunction with the -o option, curl will create the necessary local directory hierarchy as needed. This option creates the dirs mentioned with the -o option, nothing else. If the -o file name uses no dir or if the dirs it mentions already exist, no dir will be created.

-o, --output と併用された場合、必要に応じてローカルディレクトリ階層が作成されるようになります。 ディレクトリは -o, --output で指定したファイルパスに含まれるもののみが作成されます。 パスにディレクトリが含まれていない場合やディレクトリが既に存在している場合、ディレクトリは作成されません。 (7.10.3 以降*)

To create remote directories when using FTP or SFTP, try --ftp-create-dirs.

FTP または SFTP の場合にリモートのディレクトリを作成させるには、 --ftp-create-dirs を試してください。

--crlf

(FTP) Convert LF to CRLF in upload. Useful for MVS (OS/390).

FTP アップロード時に LF から CRLF に変換します。 MVS (OS/390) で有用です。

--crlfile file

(HTTPS/FTPS) Provide a file using PEM format with a Certificate Revocation List that may specify peer certificates that are to be considered revoked.

HTTPS/FTPS 失効したものと見なされるピア証明書を指定する PEM 形式の証明書失効リスト(CRL − Certificate Revocation List)ファイルを与えます。 (7.19.7 以降)

If this option is used several times, the last one will be used. (Added in 7.19.7)

多重付与:上書き

-d, --data data

(HTTP) Sends the specified data in a POST request to the HTTP server, in the same way that a browser does when a user has filled in an HTML form and presses the submit button. This will cause curl to pass the data to the server using the content-type application/x-www-form-urlencoded. Compare to -F, --form.

HTTP 指定したデータを POST リクエストとして HTTP サーバに送信します。 送信はユーザが HTML フォームで入力して送信ボタンを押したときのブラウザのふるまいを模倣します。 データは指定されたまま何の処理も加えられずに送信されます。 データは「 URL エンコード」されているものと見なされます。 データは内容型 application/x-www-form-urlencoded として curl からサーバへ送信されます。 -F, --form も見てください。

-d, --data is the same as --data-ascii. To post data purely binary, you should instead use the --data-binary option. To URL-encode the value of a form field you may use --data-urlencode.

-d, --data--data-ascii と同じです。 バイナリデータを送信するには、代わりに --data-binary を用いる必要があります。 フォームフィールドの値を URL エンコードしたい場合は --data-urlencode を使います。

If any of these options is used more than once on the same command line, the data pieces specified will be merged together with a separating &-symbol. Thus, using '-d name=daniel -d skill=lousy' would generate a post chunk that looks like 'name=daniel&skill=lousy'.

多重付与:合併。 このオプションが同じコマンドライン内で複数個用いられた場合、それぞれのデータは & で区切られて併合されます。 例えば -d name=daniel -d skill=lousy を指定した場合、送信される POST データは name=daniel&skill=lousy のような形になります。

If you start the data with the letter @, the rest should be a file name to read the data from, or - if you want curl to read the data from stdin. Multiple files can also be specified. Posting data from a file named 'foobar' would thus be done with --data @foobar. When --data is told to read from a file like that, carriage returns and newlines will be stripped out.

data の先頭を文字 @ にすると、残りの部分はファイル名を意味することになり,データはそこから読み取られます。 あるいはファイル名に文字 - を指定して、データを標準入力から読み取らせることもできます。 複数のファイルを指定することも可能です。 例えばファイル foobar のデータを送信する場合は --data @foobar とします。 ファイルから読み取らせる場合、 CR と LF はデータから取り除かれることになります。

-D, --dump-header file

Write the protocol headers to the specified file.

プロトコルヘッダを指定したファイルに書き込みます。

This option is handy to use when you want to store the headers that an HTTP site sends to you. Cookies from the headers could then be read in a second curl invocation by using the -b, --cookie option! The -c, --cookie-jar option is a better way to store cookies.

このオプションは HTTP サイトから送信されてきたヘッダを保存するときに有用なものです。 ヘッダ内のクッキーを後の curl 起動時に -b, --cookie を用いて読み取らせることも可能になります。 クッキーの保存には -c, --cookie-jar の方が適していますが。

When used in FTP, the FTP server response lines are considered being "headers" and thus are saved there.

FTP に用いられた場合、 FTP サーバの応答行が「ヘッダ」であるものと見なされ,保存されます。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--data-ascii data

See -d, --data.

これは -d, --data の別名です。

--data-binary data

(HTTP) This posts data exactly as specified with no extra processing whatsoever.

HTTP これはデータを指定されたとおりに、何の追加処理も行わずにそのまま送信します。

If you start the data with the letter @, the rest should be a filename. Data is posted in a similar manner as --data-ascii does, except that newlines and carriage returns are preserved and conversions are never done.

データをファイルから与えたい場合はデータの先頭を文字 @ にして,続けてファイル名を指定します。 データは --data-ascii のときと同様に送信されますが、 LF や CR はそのまま残され,いかなる追加処理も行われません。

If this option is used several times, the ones following the first will append data as described in -d, --data.

多重付与:合併。 このオプションが複数個用いられた場合、 -d, --data に述べたのと同様に、2番目以降のものはデータを追加します。

--data-urlencode data

(HTTP) This posts data, similar to the other --data options with the exception that this performs URL-encoding. (Added in 7.18.0)

HTTP URL エンコードを行うことを除いて、他の --data オプションと同様にデータをポストします。 (7.18.0 以降)

To be CGI-compliant, the <data> part should begin with a name followed by a separator and a content specification. The <data> part can be passed to curl using one of the following syntaxes:

CGI に適合させるには、 data 部は name から始め,区切りを置いた後に内容の指定を続けます。 data 部の書式は以下のようになります:

content

This will make curl URL-encode the content and pass that on. Just be careful so that the content doesn't contain any = or @ symbols, as that will then make the syntax match one of the other cases below!

content は URL エンコードされた後 POST されます。content に文字 =@ が含まれていないように注意して下さい。 下のいずれかの書式と一致してしまいます!

=content

This will make curl URL-encode the content and pass that on. The preceding = symbol is not included in the data.

content は URL エンコードされた後 POST されます。 先頭の文字 = はデータに含まれません。

name=content

This will make curl URL-encode the content part and pass that on. Note that the name part is expected to be URL-encoded already.

content 部が URL エンコードされた後 POST されます。name 部は既に URL エンコード済みと見なされることに注意。

@filename

This will make curl load data from the given file (including any newlines), URL-encode that data and pass it on in the POST.

データは与えられたファイルから(改行も込みで)curl に読み込まれ、 URL エンコードされた後 POST されます。

name@filename

This will make curl load data from the given file (including any newlines), URL-encode that data and pass it on in the POST. The name part gets an equal sign appended, resulting in name=urlencoded-file-content. Note that the name is expected to be URL-encoded already.

データは与えられたファイルから(改行も込みで)curl に読み込まれ、 URL エンコードされた後 POST されます。 name 部に等号が付加されて name=URL エンコードされたファイルの内容 の形になります。 name 部は既に URL エンコード済みと見なされることに注意。

多重付与:【 --data-ascii 同様におそらく合併】

--delegation LEVEL

Set LEVEL to tell the server what it is allowed to delegate when it comes to user credentials. Used with GSS/kerberos.

利用者の信任状があるときに何の委譲が許可されるかについてサーバに伝える LEVEL を設定します。 GSS/kerberos と伴に用いられます。 (7.22.0 以降*)

none

Don't allow any delegation.

委譲を許可しません。

policy

Delegates if and only if the OK-AS-DELEGATE flag is set in the Kerberos service ticket, which is a matter of realm policy.

Kerberos サービスチケットにおいて OK-AS-DELEGATE フラグが設定されている場合に限り,委譲します。 レルム ポリシーの問題になります。

always

Unconditionally allow the server to delegate.

委譲を無条件で許可します。

多重付与:【上書き?】

--digest

(HTTP) Enables HTTP Digest authentication. This is an authentication scheme that prevents the password from being sent over the wire in clear text. Use this in combination with the normal -u, --user option to set user name and password. See also --ntlm, --negotiate and --anyauth for related options.

HTTP HTTP Digest 認証を有効にします。 この認証スキームはパスワードが平文のまま通信経路を伝わらないようにするものです。 これはユーザ名とパスワードを与える通常の -u, --user と伴に利用します。 関連するオプション --ntlm, --negotiate, --anyauth もご覧ください。 (7.10.6 以降*)

If this option is used several times, only the first one is used.

このオプションが複数個用いられた場合、最初のもののみが利用されます。

--disable-eprt

(FTP) Tell curl to disable the use of the EPRT and LPRT commands when doing active FTP transfers. Curl will normally always first attempt to use EPRT, then LPRT before using PORT, but with this option, it will use PORT right away. EPRT and LPRT are extensions to the original FTP protocol, and may not work on all servers, but they enable more functionality in a better way than the traditional PORT command.

FTP アクティブ FTP 転送を行う際に EPRT と LPRT コマンドを利用しないようにします。 通常はまず EPRT が試みられ、その後 LPRT が PORT の前に用いられますが、このオプションを与えた場合は直ちに PORT から始められます。 EPRT と LPRT はオリジナルの FTP プロトコルに対する拡張であり、すべてのサーバが対応しているとは限りませんが,伝統的 PORT コマンドに比べより多くの機能が円滑に働くようにするものです。 (7.10.5 以降*)

--eprt can be used to explicitly enable EPRT again and --no-eprt is an alias for --disable-eprt.

EPRT の明示的な復活には --eprt を利用します。 また、 --disable-eprt のエイリアスとして --no-eprt も利用できます。

Disabling EPRT only changes the active behavior. If you want to switch to passive mode you need to not use -P, --ftp-port or force it with --ftp-pasv.

EPRT の無効化はアクティブ転送のふるまいを変えるものでしかありません。 モードをパッシブにするには -P, --ftp-port を用いないようにするか,または --ftp-pasv により強制します。

--disable-epsv

(FTP) Tell curl to disable the use of the EPSV command when doing passive FTP transfers. Curl will normally always first attempt to use EPSV before PASV, but with this option, it will not try using EPSV.

FTP パッシブ FTP 転送を行う際に EPSV コマンドを利用しないようにします。 通常は PASV の前に EPSV が試みられますが、このオプションが与えられたときは EPSV は用いられません。 (7.9.2 以降*)

--epsv can be used to explicitly enable EPSV again and --no-epsv is an alias for --disable-epsv.

EPSV の明示的な復活には --epsv を利用します。 また、 --disable-epsv のエイリアスとして --no-epsv も利用できます。

Disabling EPSV only changes the passive behavior. If you want to switch to active mode you need to use -P, --ftp-port.

EPSV の無効化はパッシブ転送のふるまいを変えるものでしかありません。 アクティブモードに変えるには -P, --ftp-port を用います。

--dns-interface interface

Tell curl to send outgoing DNS requests through <interface>. This option is a counterpart to --interface (which does not affect DNS). The supplied string must be an interface name (not an address).

外向けの DNS リクエストを interface を通して送信させます。 このオプションは,( DNS には影響しない) --interface の対にあたる補完です。 供される文字列は(アドレスではなく) インタフェース名でなければなりません。

This option requires that libcurl was built with a resolver backend that supports this operation. The c-ares backend is the only such one. (Added in 7.33.0)

このオプションの利用には、 libcurl が,この処理をサポートするリゾルバ バックエンドと伴にビルドされていることが必須です。 c-ares バックエンドがその種の唯一のものです。 (7.33.0 以降)

多重付与:【上書き?】

--dns-ipv4-addr ip-address

Tell curl to bind to <ip-address> when making IPv4 DNS requests, so that the DNS requests originate from this address. The argument should be a single IPv4 address.

IPv4 DNS リクエストを発行する際に、その出自が ip-address になるように,そのリクエストにこのアドレスをバインドさせます。 引数は 1 個の IPv4 アドレスにするべきです。

This option requires that libcurl was built with a resolver backend that supports this operation. The c-ares backend is the only such one. (Added in 7.33.0)

このオプションの利用には、 libcurl が,この処理をサポートするリゾルバ バックエンドと伴にビルドされていることが必須です。 c-ares バックエンドがその種の唯一のものです。 (7.33.0 以降)

多重付与:【上書き?】

--dns-ipv6-addr ip-address

Tell curl to bind to <ip-address> when making IPv6 DNS requests, so that the DNS requests originate from this address. The argument should be a single IPv6 address.

IPv6 DNS リクエストを発行する際に、その出自が ip-address になるように,そのリクエストにこのアドレスをバインドさせます。 引数は 1 個の IPv6 アドレスにするべきです。

This option requires that libcurl was built with a resolver backend that supports this operation. The c-ares backend is the only such one. (Added in 7.33.0)

このオプションの利用には、 libcurl が,この処理をサポートするリゾルバ バックエンドと伴にビルドされていることが必須です。 c-ares バックエンドがその種の唯一のものです。 (7.33.0 以降)

多重付与:【上書き?】

--dns-servers ip-address,ip-address,…

Set the list of DNS servers to be used instead of the system default. The list of IP addresses should be separated with commas. Port numbers may also optionally be given as :<port-number> after each IP address.

システムによる既定のものの代わりに利用する DNS サーバのリストを設定します。 IP アドレスのリストはコンマで区切られるべきです。 任意選択で,各アドレスの末尾に :port-number のような書式でポート番号も与えることができます。

This option requires that libcurl was built with a resolver backend that supports this operation. The c-ares backend is the only such one. (Added in 7.33.0)

このオプションの利用には、 libcurl が,この処理をサポートするリゾルバ バックエンドと伴にビルドされていることが必須です。 c-ares バックエンドがその種の唯一のものです。 (7.33.0 以降)

多重付与:【?】

-e, --referer URL

(HTTP) Sends the "Referrer Page" information to the HTTP server. This can also be set with the -H, --header flag of course. When used with -L, --location you can append ";auto" to the --referer URL to make curl automatically set the previous URL when it follows a Location: header. The ";auto" string can be used alone, even if you don't set an initial --referer.

HTTP 「参照元ページ (Referrer) 」の情報を HTTP サーバに送信します。 もちろん、 -H, --header でこれを設定することもできます。 -L, --location と併用する際に ;auto を参照元 URL に付加しておくと、 curl は Location: ヘッダに従う際に自動的に直前の URL を設定するようになります。 文字列 ;auto を初期参照元を設定せずに単独で用いることもできます。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-E, --cert certificate[:password]

(SSL) Tells curl to use the specified client certificate file when getting a file with HTTPS, FTPS or another SSL-based protocol. The certificate must be in PKCS#12 format if using Secure Transport, or PEM format if using any other engine. If the optional password isn't specified, it will be queried for on the terminal. Note that this option assumes a "certificate" file that is the private key and the private certificate concatenated! See --cert and --key to specify them independently.

SSL HTTPS や FTPS, あるいは他の SSL に基づくプロトコルによるファイル取得時に,指定したクライアント証明書ファイルを利用するようにします。 証明書は Secure Transport の利用下では PKCS#12,他のエンジンの下では PEM 形式でなければなりません。 オプションのパスワードを指定していない場合、端末においては問い合わせが行われます。注意:このオプションにおける「証明書」とは、プライベート鍵とプライベート証明書を合わせたものです。 これらを別々に指定したい場合は --cert--key を参照のこと。

If curl is built against the NSS SSL library then this option can tell curl the nickname of the certificate to use within the NSS database defined by the environment variable SSL_DIR (or by default /etc/pki/nssdb). If the NSS PEM PKCS#11 module (libnsspem.so) is available then PEM files may be loaded. If you want to use a file from the current directory, please precede it with "./" prefix, in order to avoid confusion with a nickname. If the nickname contains ":", it needs to be preceded by "\" so that it is not recognized as password delimiter. If the nickname contains "\", it needs to be escaped as "\\" so that it is not recognized as an escape character.

curl が NSS SSL ライブラリ対応ビルドである場合、環境変数 SSL_DIR (または既定の /etc/pki/nssdb)で指定される, NSS データベースで利用する証明書のニックネームをこのオプションで指定することができます。 NSS PEM PKCS#11 モジュール(libnsspem.so)が利用可能であれば PEM ファイルがロードされます。 カレントディレクトリのファイルを利用したい場合、ニックネームとの混同を避けるため,接頭子 ./ を先頭に付加して下さい。 ニックネームに文字 : が含まれている場合、パスワード区切子と混同されない様に \ を前置する必要があります。 ニックネームに文字 \ が含まれている場合、エスケープ文字と混同されない様に \\ とエスケープする必要があります。

(iOS and Mac OS X only) If curl is built against Secure Transport, then the certificate string can either be the name of a certificate/private key in the system or user keychain, or the path to a PKCS#12-encoded certificate and private key. If you want to use a file from the current directory, please precede it with "./" prefix, in order to avoid confusion with a nickname.

( iOS および Mac OS X のみ) curl が Secure Transport 対応ビルドである場合、証明書文字列は, (1) システム/ユーザ キーチェーンの中の証明書/プライベート鍵の名前, または (2) PKCS#12 符号化済みの証明書とプライベート鍵へのパス のいずれかが可能です。 カレントディレクトリのファイルを利用したい場合、ニックネームとの混同を避けるため,接頭子 ./ を先頭に付加して下さい。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--engine name

Select the OpenSSL crypto engine to use for cipher operations. Use --engine list to print a list of build-time supported engines. Note that not all (or none) of the engines may be available at run-time.

暗号化処理に利用する OpenSSL 暗号エンジンを指定します。 --engine list により、ビルド時にサポートされているエンジンの一覧が出力されます。 実行時に(どれ一つとして利用できない可能性も含め)すべてのエンジンが利用可能になるとは限らないことに留意してください。

多重付与:【上書き?】

--environment

(RISC OS ONLY) Sets a range of environment variables, using the names the -w option supports, to allow easier extraction of useful information after having run curl.

(RISC OS のみ) curl 実行後に有用な情報の抽出を容易にするために、環境変数の範囲を, -w, --write-out でサポートされる名前を用いて設定します。

--egd-file file

(SSL) Specify the path name to the Entropy Gathering Daemon socket. The socket is used to seed the random engine for SSL connections. See also the --random-file option.

SSL EGD ( Entropy Gathering Daemon ) ソケットのパス名を指定します。 このソケットは SSL 接続において乱数エンジンの種の送信に利用されるものです。 --random-file もご覧ください。

多重付与:【上書き?】

--cert-type type

(SSL) Tells curl what certificate type the provided certificate is in. PEM, DER and ENG are recognized types. If not specified, PEM is assumed.

SSL 証明書がどのタイプのものかを指示します。 認識されるのは PEM, DER, ENG のいずれかです。 指定されなかった場合の既定のタイプは PEM です。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--cacert CA certificate

(SSL) Tells curl to use the specified certificate file to verify the peer. The file may contain multiple CA certificates. The certificate(s) must be in PEM format. Normally curl is built to use a default file for this, so this option is typically used to alter that default file.

HTTPS 指定した証明書ファイルをピア検証に用いるようにします。 ファイルには複数の CA 証明書が含まれていてもかまいません。 証明書は PEM 形式でなければなりません。 通常, curl はこのファイルに既定のものを利用するようにビルドされているので、このオプションは既定のファイルを別のものへ変更させたい場合によく利用されます。

curl recognizes the environment variable named 'CURL_CA_BUNDLE' if it is set, and uses the given path as a path to a CA cert bundle. This option overrides that variable.

環境変数 CURL_CA_BUNDLE が設定されている場合、 curl はその変数に与えられたパスを CA 証明書バンドルへのパスとして利用しますが、このオプションはその変数より優先されます。

The windows version of curl will automatically look for a CA certs file named ´curl-ca-bundle.crt´, either in the same directory as curl.exe, or in the Current Working Directory, or in any folder along your PATH.

curl の windows 版は、自動的に, curl.exe と同じディレクトリ内, カレントディレクトリ内, あるいはユーザの PATH 以下のフォルダから、 curl-ca-bundle.crt というファイル名の CA 証明書を探し出します。

If curl is built against the NSS SSL library, the NSS PEM PKCS#11 module (libnsspem.so) needs to be available for this option to work properly.

curl が NSS SSL ライブラリ対応ビルドである場合、このオプションが正しく働くためには, NSS PEM PKCS#11 モジュール(libnsspem.so)が利用可能にされている必要があります。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--capath CA certificate directory

(SSL) Tells curl to use the specified certificate directory to verify the peer. Multiple paths can be provided by separating them with ":" (e.g. "path1:path2:path3"). The certificates must be in PEM format, and if curl is built against OpenSSL, the directory must have been processed using the c_rehash utility supplied with OpenSSL. Using --capath can allow OpenSSL-powered curl to make SSL-connections much more efficiently than using --cacert if the --cacert file contains many CA certificates.

SSL ピア検証に指定した証明書ディレクトリを用いるようにします。 文字 : で区切って複数のパスを与えることもできます(例えば path1:path2:path3 )。 証明書は PEM 形式でなければならず, curl が OpenSSL 対応ビルドであるならば、ディレクトリは openssl が提供する c_rehash ユーティリティにより処理されたものでなければなりません。 --cacert で与えるファイルが多数の CA 証明書を含む場合、 OpenSSL が組み込まれた curl では,このオプションを利用した方が --cacert よりもずっと効率的に SSL 接続が行われます。 (7.9.8 以降*)

If this option is set, the default capath value will be ignored, and if it is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き。 このオプションが与えられた場合、既定の capath 値は無視されることになります。

--pinnedpubkey pinned public key

(SSL) Tells curl to use the specified public key file to verify the peer. The file must contain a single public key in DER format.

SSL ピアを検証するために,指定された公開鍵ファイルを curl に利用させます。 ファイルは、 DER 形式による単独の公開鍵を含んでいなければなりません。 (7.39.0 以降)

When negotiating a TLS or SSL connection, the server sends a certificate indicating its identity. A public key is extracted from this certificate and if it does not exactly match the public key provided to this option, curl will abort the connection before sending or receiving any data.

TLS または SSL 接続をネゴシエートする際には、サーバは、そのアイデンティティを指示する証明書を送信してきます。 公開鍵は,この証明書から抽出され、このオプションに供された公開鍵と正確に一致しない場合には、接続はデータを送受信する前に curl により中止されます。

This is currently only implemented in the OpenSSL and GnuTLS backends.

これは、現時点では, OpenSSL と GnuTLS バックエンドにおいてのみ実装されています。

If this option is used several times, the last one will be used. (Added in 7.39.0)

多重付与:上書き

-f, --fail

(HTTP) Fail silently (no output at all) on server errors. This is mostly done to better enable scripts etc to better deal with failed attempts. In normal cases when an HTTP server fails to deliver a document, it returns an HTML document stating so (which often also describes why and more). This flag will prevent curl from outputting that and return error 22.

HTTP サーバエラーが生じたときに黙って(何も出力しないまま)終わらせます。 これはスクリプトなどが失敗した試行をより扱い易くするためによく利用されるものです。 一般的に, HTTP サーバは文書の配信ができない場合、その旨を記載した HTML 文書を返信してきます(多くの場合、その理由その他の情報も含まれます)。 このオプションは、その出力を止めてエラー番号 22 を返すようにします。

This method is not fail-safe and there are occasions where non-successful response codes will slip through, especially when authentication is involved (response codes 401 and 407).

この方式は確実性に欠きます。 特に認証が絡んでいる場合、失敗した試行に対する応答コード(401 と 407)が無視されてしまうことがあります。

-F, --form name=content

(HTTP) This lets curl emulate a filled-in form in which a user has pressed the submit button. This causes curl to POST data using the Content-Type multipart/form-data according to RFC 2388. This enables uploading of binary files etc. To force the 'content' part to be a file, prefix the file name with an @ sign. To just get the content part from a file, prefix the file name with the symbol <. The difference between @ and < is then that @ makes a file get attached in the post as a file upload, while the < makes a text field and just get the contents for that text field from a file.

HTTP ユーザがフォーム入力で送信ボタンを押したときのふるまいを模倣します。 RFC 2388 に従って,内容型 multipart/form-data により POST データが送信されます。 これによりバイナリファイルのアップロードなども可能になります。 'content' パートをファイルそのものにさせるには、ファイル名の前に @ 記号を付けます。 単に content パートをファイルから取得させるには、ファイル名の前に < 記号を付けます。 @< の違いは、 @ の方ではファイルがファイルアップロードとして添付されて送信されるのに対し、 < の方ではテキストフィールドが作成された上でその内容をファイルから取得します。

Example, to send your password file to the server, where 'password' is the name of the form-field to which /etc/passwd will be the input:

例えば,ユーザのパスワードファイル /etc/passwd をサーバに送信する場合、フォーム入力のフィールド名が password であるなら:

curl -F password=@/etc/passwd www.mypasswords.com

To read content from stdin instead of a file, use - as the filename. This goes for both @ and < constructs.

内容をファイルのかわりに標準入力から読み取らせるには、ファイル名として文字 - を与えます。 これは @< の両方に有効です。

You can also tell curl what Content-Type to use by using 'type=', in a manner similar to:

type= を用いれば内容型を指定できます。 次のように:

curl -F "web=@index.html;type=text/html" url.com

or

あるいは

curl -F "name=daniel;type=text/foo" url.com

You can also explicitly change the name field of a file upload part by setting filename=, like this:

filename= により、ファイルアップロードの名前フィールドを明示的に変更できます。 例えば:

curl -F "file=@localfile;filename=nameinpost" url.com

If filename/path contains ',' or ';', it must be quoted by double-quotes like:

パス(localfile)やファイル名(nameinpost)に ,; が含まれている場合、次の様に二重引用符で括られなければなりません:

curl -F "file=@\"localfile\";filename=\"nameinpost\"" url.com

or

あるいは

curl -F 'file=@"localfile";filename="nameinpost"' url.com

Note that if a filename/path is quoted by double-quotes, any double-quote or backslash within the filename must be escaped by backslash.

パスやファイル名が二重引用符で括られている場合、それらの中の二重引用符やバックスラッシュは,バックスラッシュでエスケープされなければならないことに注意してください。

See further examples and details in the MANUAL.

更なる詳細と例は -M, --manual で表示されるマニュアル内に見られます。

This option can be used multiple times.

多重付与:合併。 このオプションはいくつでも与えられます。

--ftp-account data

(FTP) When an FTP server asks for "account data" after user name and password has been provided, this data is sent off using the ACCT command. (Added in 7.13.0)

FTP ユーザ名とパスワードが提供された後に, FTP サーバから「アカウントデータ」を訊かれたときに、このオプションで与えたデータが ACCT コマンドで送信されます。 (7.13.0 以降)

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--ftp-alternative-to-user command

(FTP) If authenticating with the USER and PASS commands fails, send this command. When connecting to Tumbleweed's Secure Transport server over FTPS using a client certificate, using "SITE AUTH" will tell the server to retrieve the username from the certificate. (Added in 7.15.5)

FTP USER および PASS コマンドによる認証が失敗するときはこのコマンドを使います。 FTPS を通して Tumbleweed's Secure Transport サーバへクライアント証明書を用いて接続する際に "SITE AUTH" を用いると、証明書から username を取得するようにサーバに指示します。 (7.15.5 以降)

多重付与:【上書き?】

--ftp-create-dirs

(FTP/SFTP) When an FTP or SFTP URL/operation uses a path that doesn't currently exist on the server, the standard behavior of curl is to fail. Using this option, curl will instead attempt to create missing directories.

FTP/SFTP FTP や SFTP の URL や処理においてサーバに存在していないパスが用られた場合の, curl における既定のふるまいは失敗することです。 このオプションにより、存在しないディレクトリの作成が試みられます。 (7.10.7 以降*)

--ftp-method method

(FTP) Control what method curl should use to reach a file on an FTP(S) server. The method argument should be one of the following alternatives:

FTP FTP(S) サーバ上のファイルへたどる方法を制御します。 method 引数は次のいずれかになります:

multicwd

curl does a single CWD operation for each path part in the given URL. For deep hierarchies this means very many commands. This is how RFC 1738 says it should be done. This is the default but the slowest behavior.

URL パスの各ディレクトリ階層に対し一度ずつ CWD コマンドを発行します。 階層が深い場合、多数のコマンドを発行することになります。 これは RFC 1738 に従うやり方で既定の動作ですが、最も低速です。

nocwd

curl does no CWD at all. curl will do SIZE, RETR, STOR etc and give a full path to the server for all these commands. This is the fastest behavior.

CWD コマンドを一切発行しません。 SIZE, RETR, STOR 等のすべてのコマンドを発行する際にサーバにはフルパスを与えます。 これが最も高速です。

singlecwd

curl does one CWD with the full target directory and then operates on the file "normally" (like in the multicwd case). This is somewhat more standards compliant than 'nocwd' but without the full penalty of 'multicwd'.

CWD コマンドを一度だけ、対象ディレクトリのフルパスを付随させて発行し、後は「通常通り」( multicwd のときと同じ様に)ファイルに対する操作を行います。 これは multicwd の欠点をカバーしつつ、 nocwd よりもいくぶん標準に合わせたやり方です。

(Added in 7.15.1)

(7.15.1 以降)

多重付与:【上書き?】

--ftp-pasv

(FTP) Use passive mode for the data connection. Passive is the internal default behavior, but using this option can be used to override a previous -P/--ftp-port option. (Added in 7.11.0)

FTP データコネクションにパッシブモードを利用します。 パッシブは既定の動作ですが、このオプションは以前の -P, --ftp-port の上書きに利用できます。 (7.11.0 以降)

If this option is used several times, only the first one is used. Undoing an enforced passive really isn't doable but you must then instead enforce the correct -P, --ftp-port again.

このオプションが複数個用いられた場合、最初のもののみが利用されます。 一度有効にされたパッシブモードの【 --no-ftp-pasv による】解消は意味をなしません。 正しく -P, --ftp-port によりモードを設定し直す必要があります。

Passive mode means that curl will try the EPSV command first and then PASV, unless --disable-epsv is used.

パッシブモードでは、 --disable-epsv が用いられていない限り, PASV に先立って EPSV コマンドが最初に試行されます。

--ftp-skip-pasv-ip

(FTP) Tell curl to not use the IP address the server suggests in its response to curl's PASV command when curl connects the data connection. Instead curl will re-use the same IP address it already uses for the control connection. (Added in 7.14.2)

FTP データコネクションの際に、 curl からの PASV コマンドに対する応答としてサーバから指示された IP アドレスを,利用しないようにします。 代わりに、コントロールコネクションで利用したものと同じ IP アドレスが再利用されます。 (7.14.2 以降)

This option has no effect if PORT, EPRT or EPSV is used instead of PASV.

PORT, EPRT, EPSV いずれかが PASV の代わりに用いられている場合、このオプションは無視されます。

--ftp-pret

(FTP) Tell curl to send a PRET command before PASV (and EPSV). Certain FTP servers, mainly drftpd, require this non-standard command for directory listings as well as up and downloads in PASV mode. (Added in 7.20.x)

FTP PASV (と EPSV )の前に PRET コマンドを送信するようにします。 ある種の FTP サーバ,特に drftpd においては、 PASV モードにおいてアップロード/ダウンロードに加えてディレクトリ一覧を得る際にも,この非標準的なコマンドが要求されます。 (7.20.x 以降)

--ftp-ssl-ccc

(FTP) Use CCC (Clear Command Channel) Shuts down the SSL/TLS layer after authenticating. The rest of the control channel communication will be unencrypted. This allows NAT routers to follow the FTP transaction. The default mode is passive. See --ftp-ssl-ccc-mode for other modes. (Added in 7.16.1)

FTP CCC ( Clear Command Channel )を利用して,認証後に SSL/TLS レイヤをシャットダウンさせます。 以降、制御チャネル通信は暗号化されません。 これにより NAT ルータが FTP トランザクションを追跡できるようになります。 既定のモードはパッシブ(受動)です。 他のモードについては --ftp-ssl-ccc-mode を参照のこと。 (7.16.1 以降)

--ftp-ssl-ccc-mode [active/passive]

(FTP) Use CCC (Clear Command Channel) Sets the CCC mode. The passive mode will not initiate the shutdown, but instead wait for the server to do it, and will not reply to the shutdown from the server. The active mode initiates the shutdown and waits for a reply from the server. (Added in 7.16.2)

FTP CCC ( Clear Command Channel )の利用における CCC モードを設定します。 パッシブモードではシャットダウンを能動的に行わず、サーバによるシャットダウンを待ちます。 シャットダウンに対する応答をサーバに返すことはしません。 アクティブモードでは能動的にシャットダウンを行い、サーバからの応答を待ちます。 (7.16.2 以降)

多重付与:【上書き?】

--ftp-ssl-control

(FTP) Require SSL/TLS for the FTP login, clear for transfer. Allows secure authentication, but non-encrypted data transfers for efficiency. Fails the transfer if the server doesn't support SSL/TLS. (Added in 7.16.0)

FTP 転送開始前の FTP ログイン時に SSL/TLS が必要になります。 認証の安全性を確保しつつ、効率を重視してデータ転送には暗号化を用いないようにします。 サーバが SSL/TLS をサポートしない場合、転送は失敗します。 (7.16.0 以降)

--form-string name=string

(HTTP) Similar to --form except that the value string for the named parameter is used literally. Leading '@' and '<' characters, and the ';type=' string in the value have no special meaning. Use this in preference to --form if there's any possibility that the string value may accidentally trigger the '@' or '<' features of --form.

HTTP パラメタの文字列値がリテラルとして扱われることを除き、-F, --form と同じです。 値に現れる先頭の @< あるいは文字列 ;type= は特殊な意味を失います。 文字列値が意図せず -F, --form@< の機能を呼び出すことを避けたい場合は、こちらを使います。 (7.13.2 以降*)

多重付与:【 --form 同様におそらく合併】

-g, --globoff

This option switches off the "URL globbing parser". When you set this option, you can specify URLs that contain the letters {}[] without having them being interpreted by curl itself. Note that these letters are not normal legal URL contents but they should be encoded according to the URI standard.

このオプションは「 URL 一括/連番指定の解読」を無効にします。 URL 内の文字 {}[] は curl に解釈されなくなります。 これらの文字は通常の URL においては不正であり、 URI 標準に従ってエンコードされるべきものであることに留意してください。 -T, --upload-file の引数に対する {}[] の解釈も無効にする。】

-G, --get

When used, this option will make all data specified with -d, --data, --data-binary or --data-urlencode to be used in an HTTP GET request instead of the POST request that otherwise would be used. The data will be appended to the URL with a '?' separator.

既定では -d, --data, --data-binary, --data-urlencode で指定したすべてのデータは HTTP POST リクエストで送信されますが、このオプションを用いると HTTP GET リクエストで送信されるようになります。 データは文字 ? で区切られて URL に付加されます。

If used in combination with -I, the POST data will instead be appended to the URL with a HEAD request.

-I, --head と伴用すると、 POST データは URL に付加されつつ、 GET の代わりに HEAD リクエストで送信されます。

If this option is used several times, only the first one is used. This is because undoing a GET doesn't make sense, but you should then instead enforce the alternative method you prefer.

このオプションが複数個用いられた場合、最初のもののみが利用されます。 GET の無効化は意味を成さないので。 7.19.0 より前のバージョンにも対応する記述。現バージョンでは --no-get は無効という意味になる。】 他のメソッドを強制したい場合はそれに応じたオプションで上書きします。

-H, --header header

(HTTP) Extra header to include in the request when sending HTTP to a server. You may specify any number of extra headers. Note that if you should add a custom header that has the same name as one of the internal ones curl would use, your externally set header will be used instead of the internal one. This allows you to make even trickier stuff than curl would normally do. You should not replace internally set headers without knowing perfectly well what you're doing. Remove an internal header by giving a replacement without content on the right side of the colon, as in: -H "Host:". If you send the custom header with no-value then its header must be terminated with a semicolon, such as -H "X-Custom-Header;" to send "X-Custom-Header:".

HTTP サーバに送信する HTTP リクエストに含ませる追加のヘッダを指定します。 追加のヘッダはいくつでも指定できます。 外から追加した独自のヘッダと curl が内部で用いるヘッダの名前が同じ場合、外から与えたものが内部ヘッダに代わって用いられることに注意してください。 これにより curl が通常行うこと以上の小細工を加えられるようになります。 内部で設定されるヘッダの置き換えは、それが何を意味するか十分理解した上で行うべきです。 内部ヘッダを取り除きたい場合はコロンの右側を空にしたヘッダを与えます。 例えば -H "Host:" の様に。 値を持たないカスタムヘッダを送信する場合、そのヘッダはセミコロンで終端していなければなりません。 例えば "X-Custom-Header:" を送信するときは -H "X-Custom-Header;" の様にします。

curl will make sure that each header you add/replace is sent with the proper end-of-line marker, you should thus not add that as a part of the header content: do not add newlines or carriage returns, they will only mess things up for you.

追加あるいは置換された各ヘッダには, curl により適切に行末マーカが付加されるので、ヘッダの内容にそれらを含めるべきではありません:混乱を招くだけなので LF や CR などの改行を付加しないように。

See also the -A, --user-agent and -e, --referer options.

-A, --user-agent-e, --referer もご覧ください。

Starting in 7.37.0, you need --proxy-header to send custom headers intended for a proxy.

7.37.0 からは、プロキシ用のカスタムヘッダを送信するためには, --proxy-header が必要になります。

例:

# curl -H "X-First-Name: Joe" http://192.168.0.1/

This option can be used multiple times to add/replace/remove multiple headers.

多重付与:合併。 このオプションは、複数のヘッダに対する追加/置換/削除の必要に応じて、いくつでも与えることができます。

--hostpubmd5 md5

(SCP/SFTP) Pass a string containing 32 hexadecimal digits. The string should be the 128 bit MD5 checksum of the remote host's public key, curl will refuse the connection with the host unless the md5sums match. (Added in 7.17.1)

SCP/SFTP 16 進数による 32 桁の文字列を与えます。 文字列はリモートホストの公開鍵の 128 ビット MD5 チェックサムになります。 チェックサムの照合が上手くいかなければ curl はホストへの接続を拒否します。 (7.17.1 以降)

多重付与:【上書き?】

--ignore-content-length

(HTTP) Ignore the Content-Length header. This is particularly useful for servers running Apache 1.x, which will report incorrect Content-Length for files larger than 2 gigabytes.

HTTP Content-Length ヘッダを無視するようにします。 これは特に、 2 ギガバイトより大きいファイルに対し不正確な Content-Length を返してしまう Apache 1.x が稼働しているサーバに対し有効です。 (7.14.1 以降*)

-i, --include

(HTTP) Include the HTTP-header in the output. The HTTP-header includes things like server-name, date of the document, HTTP-version and more...

HTTP HTTP ヘッダを出力に含めます。 HTTP ヘッダは、サーバ名, 文書の日付, HTTP バージョン、その他種々の情報を含むものです。

-I, --head

(HTTP/FTP/FILE) Fetch the HTTP-header only! HTTP-servers feature the command HEAD which this uses to get nothing but the header of a document. When used on an FTP or FILE file, curl displays the file size and last modification time only.

HTTP/FTP/FILE HTTP ヘッダのみを取得します。 文書のヘッダのみを取得する HTTP プロトコルの HEAD コマンドの機能が利用されます。 FTP あるいは FILE プロトコルのファイルに対して用いられた場合、ファイルサイズと最終更新時刻のみが表示されます。

--interface name

Perform an operation using a specified interface. You can enter interface name, IP address or host name. An example could look like:

指定したインタフェースを通して処理を行います。 インタフェース名, IP アドレス, ホスト名のいずれかを指定できます。 例えば:

curl --interface eth0:1 http://www.netscape.com/

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-j, --junk-session-cookies

(HTTP) When curl is told to read cookies from a given file, this option will make it discard all "session cookies". This will basically have the same effect as if a new session is started. Typical browsers always discard session cookies when they're closed down.

HTTP クッキーをファイルから読み取るよう curl に指示している場合にこのオプションを併用すると、「セッションクッキー」はすべて破棄されます。 これは、基本的に新たにセッションを開始させるのと同じことになります。 たいていのブラウザは、常に終了時にセッションクッキーを破棄しています。

-J, --remote-header-name

(HTTP) This option tells the -O, --remote-name option to use the server-specified Content-Disposition filename instead of extracting a filename from the URL.

HTTP このオプションは -O, --remote-name オプションを用いた際に、ファイル名を URL から抽出する代わりに,サーバ指定による Content-Disposition 参照ファイル名を利用するようにします。 (7.20.0 以降)

There's no attempt to decode %-sequences (yet) in the provided file name, so this option may provide you with rather unexpected file names.

供されるファイル名の中の, % エスケープはデコードされません(まだ実装されていません)。 なので、期待に沿うファイル名にならないかもしれません。

-k, --insecure

(SSL) This option explicitly allows curl to perform "insecure" SSL connections and transfers. All SSL connections are attempted to be made secure by using the CA certificate bundle installed by default. This makes all connections considered "insecure" fail unless -k, --insecure is used.

SSL このオプションは curl が「安全でない」 SSL の接続と転送を行うことを明示的に許可するものです。 通常,すべての SSL 接続は、デフォルトでインストールされている CA 証明書バンドルを用いて安全に行われるようになっています。 すなわち,このオプションが用いられていない場合、「安全でない」とみなされた接続はすべて失敗することになります。

See this online resource for further details: http://curl.haxx.se/docs/sslcerts.html

更なる詳細は http://curl.haxx.se/docs/sslcerts.html を参照のこと。

-K, --config config file

Specify which config file to read curl arguments from. The config file is a text file in which command line arguments can be written which then will be used as if they were written on the actual command line.

curl に渡す引数を与える設定ファイルを指定します。 設定ファイルはコマンドライン引数を記述するテキストファイルであり,実際のコマンドラインとしてそのまま用いられます。

Options and their parameters must be specified on the same config file line, separated by whitespace, colon, or the equals sign. Long option names can optionally be given in the config file without the initial double dashes and if so, the colon or equals characters can be used as separators. If the option is specified with one or two dashes, there can be no colon or equals character between the option and its parameter.

設定ファイル内では、オプションとそのパラメタは同一行内に,空白, コロン, 等号のいずれかで区切って指定しなければなりません。 短縮形でないオプション名については、先頭の -- を省略できます — その場合、コロンまたは等号を区切子に利用できます。 オプションを 1 ないし 2 個のダッシュ付きで指定する場合、パラメタとの間の区切りには,コロンや等号を使えません。

If the parameter is to contain whitespace, the parameter must be enclosed within quotes. Within double quotes, the following escape sequences are available: \\, \", \t, \n, \r and \v. A backslash preceding any other letter is ignored. If the first column of a config line is a '#' character, the rest of the line will be treated as a comment. Only write one option per physical line in the config file.

パラメタに空白が含まれる場合、引用符で括られなければなりません。 二重引用符の中では次の文字エスケープが可能です: \\, \", \t, \n, \r, \v 。 他の文字の前に置かれたバックスラッシュは無視されます。 行の最初の文字が # の場合、その行はコメントと見なされます。 設定ファイルに記述するオプションは1行につき1つまでです。

Specify the filename to -K, --config as '-' to make curl read the file from stdin.

-K, --config に指定するファイル名を文字 - にすると、ファイルは標準入力から読み取られます。

Note that to be able to specify a URL in the config file, you need to specify it using the --url option, and not by simply writing the URL on its own line. So, it could look similar to this:

設定ファイル内で URL を指定する場合、単に URL をそのまま記すのでは不十分であり、 --url を用いる必要があることに注意。 次のような形に:

url = "http://curl.haxx.se/docs/"

When curl is invoked, it always (unless -q is used) checks for a default config file and uses it if found. The default config file is checked for in the following places in this order:

curl が起動されると、( -q を与えていない限り)常に既定の設定ファイルの有無が調べられ、存在すればそれが用いられます。 設定ファイルの所在は次の手順で調べられます:

1) curl tries to find the "home dir": It first checks for the CURL_HOME and then the HOME environment variables. Failing that, it uses getpwuid() on UNIX-like systems (which returns the home dir given the current user in your system). On Windows, it then checks for the APPDATA variable, or as a last resort the '%USERPROFILE%\Application Data'.

1) まず「ホームディレクトリ」が調べられます: 最初に環境変数 CURL_HOME , 次に環境変数 HOME がチェックされます。 見つからなければ、 UNIX系システムにおいては getpwuid() (システムの現在のユーザのホームディレクトリが返されます)が利用され, Windows においては APPDATA 変数が、最後には '%USERPROFILE%\Application Data' も調べられます。

2) On windows, if there is no _curlrc file in the home dir, it checks for one in the same dir the curl executable is placed. On UNIX-like systems, it will simply try to load .curlrc from the determined home dir.

2) Windows においては、設定ファイル名は _curlrc であり,ホームディレクトリ内にその有無が調べられます。 無ければ curl 実行ファイルが置かれた場所と同じディレクトリも調べられます。 UNIX系システムにおいては、 .curlrc という名前のファイルが上で得られたホームディレクトリから読み込まれます。

# --- 設定ファイルの例 ---
# 文字 '#' で開始される行はコメント
 url = "curl.haxx.se"
 output = "curlhere.html"
 user-agent = "superagent/1.0"

# 他の URL へもアクセス
 url = "curl.haxx.se/docs/manpage.html"
 -O
 referer = "http://nowhereatall.com/"
# --- ファイル終端 ---

This option can be used multiple times to load multiple config files.

多重付与:合併。 複数個与えて複数の設定ファイルを読み込ませることができます。

--keepalive-time seconds

This option sets the time a connection needs to remain idle before sending keepalive probes and the time between individual keepalive probes. It is currently effective on operating systems offering the TCP_KEEPIDLE and TCP_KEEPINTVL socket options (meaning Linux, recent AIX, HP-UX and more). This option has no effect if --no-keepalive is used. (Added in 7.18.0)

このオプションは '接続保持探針'( keepalive probe )を送信するまでの接続アイドル状態を維持させる時間, および 探針の送信間隔を設定します。 これは現在の所, TCP_KEEPIDLE と TCP_KEEPINTVL ソケットオプションが利用できる OS(Linux, 近年の AIX, HP-UX 他)において有効です。 このオプションは --no-keepalive が用いられている場合、無効になります。 (7.18.0 以降)

If this option is used several times, the last one will be used. If unspecified, the option defaults to 60 seconds.

多重付与:上書き。 指定されなかった場合の既定の長さは 60 秒です。

--key key

(SSL/SSH) Private key file name. Allows you to provide your private key in this separate file. For SSH, if not specified, curl tries the following candidates in order: '~/.ssh/id_rsa', '~/.ssh/id_dsa', './id_rsa', './id_dsa'.

SSL/SSH プライベート鍵ファイル名を与えます。 プライベート鍵を別ファイルから与えることを可能にします。 SSH に対しては、このオプションが指定されなかった場合、順に,次の候補を試行します: ~/.ssh/id_rsa, ~/.ssh/id_dsa, ./id_rsa, ./id_dsa

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--key-type type

(SSL) Private key file type. Specify which type your --key provided private key is. DER, PEM, and ENG are supported. If not specified, PEM is assumed.

SSL プライベート鍵ファイルのタイプ。 --key で与えたプライベート鍵のタイプを指示します。 DER, PEM, ENG がサポートされています。 指定されなかった場合の既定のタイプは PEM です。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--krb level

(FTP) Enable Kerberos authentication and use. The level must be entered and should be one of 'clear', 'safe', 'confidential', or 'private'. Should you use a level that is not one of these, 'private' will instead be used.

FTP Kerberos 認証を有効にします。 パラメタ level は必須であり、clear, safe, confidential, private のいずれかにする必要があります。 他のものであった場合は private が代わりに用いられます。

This option requires a library built with kerberos4 support. This is not very common. Use -V, --version to see if your curl supports it.

このオプションはライブラリが kerberos4 をサポートするようにビルドされていることを必要としますが、さほど一般的ではありません。 サポートの有無は -V, --version で確かめられます。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-l, --list-only

(FTP) When listing an FTP directory, this switch forces a name-only view. This is especially useful if the user wants to machine-parse the contents of an FTP directory since the normal directory view doesn't use a standard look or format. When used like this, the option causes a NLST command to be sent to the server instead of LIST.

FTP FTP ディレクトリの内容一覧を取得する際の表示を,名前のみに強制します。 通常のディレクトリ表示は標準の外観あるいは形式にならないので、 FTP ディレクトリの内容をプログラム等で走査する際には特に有用になります。 このオプションを用いた場合、 LIST の代わりに NLST コマンドがサーバに向けて送信されるようになります。

Note: Some FTP servers list only files in their response to NLST; they do not include sub-directories and symbolic links.

注記: 一部の FTP サーバは NLST に対し、下位ディレクトリやシンボリックリンクが含まれない,ファイルの一覧のみを返してきます。

(POP3) When retrieving a specific email from POP3, this switch forces a LIST command to be performed instead of RETR. This is particularly useful if the user wants to see if a specific message id exists on the server and what size it is.

POP3 POP3 から特定のメールを取得する際には、これは, RETR の代わりに LIST コマンドを行うように強制します。 これは、特定のメッセージ id がサーバ上に存在するかどうか, および そのサイズを知るときに,特に有用です。

Note: When combined with -X, --request <command>, this option can be used to send an UIDL command instead, so the user may use the email's unique identifier rather than it's message id to make the request. (Added in 7.21.5)

注記: -X, --request command と併用すれば、このオプションを,代わりに UIDL コマンドを送信させることに利用できます。 これにより,利用者は、リクエストの発行に,メールのメッセージ id ではなく,その一意的な識別子を利用できるようになります。 (7.21.5 以降)

-L, --location

(HTTP/HTTPS) If the server reports that the requested page has moved to a different location (indicated with a Location: header and a 3XX response code), this option will make curl redo the request on the new place. If used together with -i, --include or -I, --head, headers from all requested pages will be shown. When authentication is used, curl only sends its credentials to the initial host. If a redirect takes curl to a different host, it won't be able to intercept the user+password. See also --location-trusted on how to change this. You can limit the amount of redirects to follow by using the --max-redirs option.

HTTP/HTTPS 要求したページが別の場所に移動していた場合に(サーバからの Location: ヘッダ行と 3XX 応答コードで検知されます)、このオプションにより,新しい場所に対して要求を再試行するようになります。 -i, --include または -I, --head と伴用された場合、要求したページすべてのヘッダが示されます。 認証を用いている場合、 curl はその信任状( credentials )のみを最初のホストに向けて送信し、異なるホストにリダイレクトされても,ユーザ名+パスワードは傍受されません。 このふるまいの変更については --location-trusted をご覧ください。 リダイレクト追跡の回数は --max-redirs オプションで制限することができます。

When curl follows a redirect and the request is not a plain GET (for example POST or PUT), it will do the following request with a GET if the HTTP response was 301, 302, or 303. If the response code was any other 3xx code, curl will re-send the following request using the same unmodified method.

リダイレクトを追跡する際に,リクエストが単なる GET でない場合(例えば POST や PUT など)、 HTTP 応答コードが 301, 302, 303 のいずれかならば,リクエストは GET メソッドで再試行されます。 応答コードが他の 3xx コードであったならば、前と全く同じメソッドでリクエストが再試行されます。

You can tell curl to not change the non-GET request method to GET after a 30x response by using the dedicated options for that: --post301, --post302 and -post303.

30x 応答の後に非 GET リクエストメソッドを GET に変えないようにするには,専用のオプションを用います: --post301, --post302, --post303

--libcurl file

Append this option to any ordinary curl command line, and you will get a libcurl-using C source code written to the file that does the equivalent of what your command-line operation does!

これを curl のコマンドラインに付加すると、コマンドラインで指定した処理と等価な処理を行う libcurl 用の C ソースコードをファイルに書き出せます! (7.16.1 以降)

If this option is used several times, the last given file name will be used. (Added in 7.16.1)

多重付与:上書き

--limit-rate speed

Specify the maximum transfer rate you want curl to use - for both downloads and uploads. This feature is useful if you have a limited pipe and you'd like your transfer not to use your entire bandwidth. To make it slower than it otherwise would be.

最大転送レートを指示します — ダウンロード,アップロード両方について。 この機能は、通信帯域が狭い状況で転送処理に帯域全体を割きたくない場合に有用です。 指定しなかったときより遅くなります。 (7.10 以降*)

The given speed is measured in bytes/second, unless a suffix is appended. Appending 'k' or 'K' will count the number as kilobytes, 'm' or M' makes it megabytes, while 'g' or 'G' makes it gigabytes. Examples: 200K, 3m and 1G.

速度に単位が与えられていない場合は毎秒あたりのバイト数を表します。 k, K はキロバイト, m, M はメガバイト, g, G はギガバイトの単位になります。 例: 200K, 3m, 1G

The given rate is the average speed counted during the entire transfer. It means that curl might use higher transfer speeds in short bursts, but over time it uses no more than the given rate.

レートは転送全体にわたる平均です。 一時的にレートが高くなることもありますが、全体としては指示されたレートを超えることはありません。

If you also use the -Y, --speed-limit option, that option will take precedence and might cripple the rate-limiting slightly, to help keeping the speed-limit logic working.

転送レートの下限を与える -Y, --speed-limit も用いている場合はそちらが優先され、レート下限が矛盾無く働くように上限が緩められることがあります。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--local-port num[-num]

Set a preferred number or range of local port numbers to use for the connection(s). Note that port numbers by nature are a scarce resource that will be busy at times so setting this range to something too narrow might cause unnecessary connection setup failures. (Added in 7.15.2)

接続に利用したいローカルのポート番号, あるいはその範囲を設定します。 注意:ポート番号は本来的に不足しがちなリソースであり,しばしば使用中になり得るものです。 この範囲を狭くしすぎると、不必要に接続の確立に失敗することにもなりかねません。 (7.15.2 以降)

多重付与:【?】

--location-trusted

(HTTP/HTTPS) Like -L, --location, but will allow sending the name + password to all hosts that the site may redirect to. This may or may not introduce a security breach if the site redirects you to a site to which you'll send your authentication info (which is plaintext in the case of HTTP Basic authentication).

HTTP/HTTPS -L, --location と同様ですが、サイトがリダイレクトを行う可能性があるすべてのホストに対し、ユーザ名+パスワードの送信を許可します。 これは、サイトがリダイレクトするサイトへあなたの認証情報を送信することになる場合( HTTP Basic 認証の場合は平文になります)、安全性の侵害をもたらすかもしれません。 (7.10.4 以降*)

-m, --max-time seconds

Maximum time in seconds that you allow the whole operation to take. This is useful for preventing your batch jobs from hanging for hours due to slow networks or links going down. Since 7.32.0, this option accepts decimal values, but the actual timeout will decrease in accuracy as the specified timeout increases in decimal precision. See also the --connect-timeout option.

処理全体にかけられる時間の上限(秒)を指示します。 ネットワークやリンクのダウンによりバッチジョブが何時間も滞ってしまうことを防ぐのに役立ちます。 7.32.0 からは、 10 進小数も許容されるようになりました。 ただし、実際の時間の精度は,指定された 10 進数の精度にいくらでも追随するわけではありません。 --connect-timeout もご覧ください。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--login-options options

Specify the login options to use during server authentication.

サーバ認証の際に利用するログインオプションを指定します。

You can use the login options to specify protocol specific options that may be used during authentication. At present only IMAP, POP3 and SMTP support login options. For more information about the login options please see RFC 2384, RFC 5092 and IETF draft draft-earhart-url-smtp-00.txt (Added in 7.34.0).

ログインオプションを利用して、認証の際に利用され得る プロトコルに固有のオプションを指定できます。 ログインオプションは,現時点では IMAP, POP3, SMTP でのみサポートされています。 ログインオプションについての更なる情報は, RFC 2384, RFC 5092, IETF draft draft-earhart-url-smtp-00.txt を参照して下さい。 (7.34.0 以降)

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--mail-auth address

(SMTP) Specify a single address. This will be used to specify the authentication address (identity) of a submitted message that is being relayed to another server. (Added in 7.25.0)

SMTP 単独のアドレスを指定します。 これは、送信されるメッセージが他のサーバへ中継される際の認証アドレス( identity )の指定に利用されます。 (7.25.0 以降)

多重付与:【上書き?】

--mail-from address

(SMTP) Specify a single address that the given mail should get sent from. (Added in 7.20.0)

SMTP メールの送信元を単独のアドレスで指定します。 (7.20.0 以降)

多重付与:【上書き?】

--max-filesize bytes

Specify the maximum size (in bytes) of a file to download. If the file requested is larger than this value, the transfer will not start and curl will return with exit code 63.

ダウンロードするファイルの最大サイズ(バイト数)を指定します。 要求したファイルのサイズがこの値よりも大きい場合、転送は行われず, curl はコード 63 を返して終了します。 (7.10.8 以降*)

NOTE: The file size is not always known prior to download, and for such files this option has no effect even if the file transfer ends up being larger than this given limit. This concerns both FTP and HTTP transfers.

注意: ダウンロード前にファイルサイズが判明するとは限りません。 そのようなファイルに対しては、たとえ転送がこの制限を超過しても,このオプションは何の効力も持ちません。 これは FTP と HTTP のいずれの転送においても同じです。

多重付与:【上書き?】

--mail-rcpt address

(SMTP) Specify a single address, user name or mailing list name.

SMTP 単独のメールアドレス, ユーザ名, メーリングリスト名のいずれかを指定します。

When performing a mail transfer, the recipient should specify a valid email address to send the mail to. (Added in 7.20.0) This option can be used multiple times to specify many recipients. (Added in 7.20.0)

メール転送を行う際には、送信先として有効なメールアドレスが,宛先( recipient )に指定されるべきです。 多数の宛先を指定するにはこのオプションを複数個与えます。 (7.20.0 以降)

多重付与:【並立/合併?】

When performing an address verification (VRFY command), the recipient should be specified as the user name or user name and domain (as per Section 3.5 of RFC 5321). (Added in 7.34.0)

アドレス検証( VRFY コマンド)を行う際には、( RFC 5321 に従って)ユーザ名 または ユーザ名とドメインが,宛先に指定されるべきです。 (7.34.0 以降)

When performing a mailing list expand (EXPN command), the recipient should be specified using the mailing list name, such as "Friends" or "London-Office". (Added in 7.34.0)

メーリングリスト展開( EXPN コマンド)を行う際には、 FriendsLondon-Office の様なメーリングリスト名を用いて,宛先が指定されるべきです。 (7.34.0 以降)

--max-redirs num

Set maximum number of redirection-followings allowed. If -L, --location is used, this option can be used to prevent curl from following redirections "in absurdum". By default, the limit is set to 50 redirections. Set this option to -1 to make it limitless.

リダイレクト追跡回数の上限を指示します。 -L, --location の利用において、リダイレクトの「盲従的」追跡を防げます。 既定のリダイレクト回数の上限は 50 回です。 この回数制限を無くすには -1 を指定します。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

This option can tell curl to parse and process a given URI as Metalink file (both version 3 and 4 (RFC 5854) are supported) and make use of the mirrors listed within for failover if there are errors (such as the file or server not being available). It will also verify the hash of the file after the download completes. The Metalink file itself is downloaded and processed in memory and not stored in the local file system.

このオプションに与えられた URI は Metalink ファイルとして(バージョン 3 と 4 (RFC 5854) のいずれもサポートされる)、 curl により解読され,処理されます。 ダウンロード完了後には,ファイルのハッシュも検証されます。 Metalink ファイル自体はメモリ内にダウンロードされて処理が行われ,ローカルファイルシステムには保存されません。 【原文の見出しにはパラメタ( URI )が抜けていたので補完】

Example to use a remote Metalink file:

リモートの Metalink ファイルを利用する例:

curl --metalink http://www.example.com/example.metalink

To use a Metalink file in the local file system, use FILE protocol (file://):

ローカルファイルシステム内の Metalink ファイルを利用する場合は、 FILE プロトコル(file://)を用います:

curl --metalink file://example.metalink

Please note that if FILE protocol is disabled, there is no way to use a local Metalink file at the time of this writing. Also note that if --metalink and --include are used together, --include will be ignored. This is because including headers in the response will break Metalink parser and if the headers are included in the file described in Metalink file, hash check will fail. (Added in 7.27.0, if built against the libmetalink library.)

FILE プロトコルが無効化されている場合、ローカルの Metalink を利用する方法は今の所ありません。 また、 --metalink に併用されている i, --include は無視されます。 これは、ヘッダが応答に含まれていると, Metalink パーサを通らなくなるのと、 Metalink ファイルに記述されているファイルにヘッダが含まれていると,ハッシュの検証ができなくなるためです。 (7.27.0 以降, curl が libmetalink ライブラリ対応ビルドであれば)

多重付与:【?】

-n, --netrc

Makes curl scan the .netrc (_netrc on Windows) file in the user's home directory for login name and password. This is typically used for FTP on UNIX. If used with HTTP, curl will enable user authentication. See netrc(4) or ftp(1) for details on the file format. Curl will not complain if that file doesn't have the right permissions (it should not be either world- or group-readable). The environment variable "HOME" is used to find the home directory.

ユーザのホームディレクトリにある .netrc ( Windows の場合は _netrc )ファイルを走査して,ログイン名とパスワードを検索することを指示します。 これは UNIX の FTP で通常利用されるものです。 HTTP で利用した場合、 curl はユーザ認証を有効にします。 ファイル形式の詳細は netrc(4) または ftp(1) をご覧ください。 ファイルに正しいパーミッションを与えていなくとも、何ら警告は出されません(無制限に, あるいはグループが読めるようにすべきではありません)。 ホームディレクトリは環境変数 HOME から取得されます。

A quick and very simple example of how to setup a .netrc to allow curl to FTP to the machine host.domain.com with user name 'myself' and password 'secret' should look similar to:

curl からサーバ host.domain.com へ、ユーザ名 myself, パスワード secret で FTP 接続を行えるようにするための、ごく簡易な .netrc の設定例を示します:

machine host.domain.com login myself password secret
-N, --no-buffer

Disables the buffering of the output stream. In normal work situations, curl will use a standard buffered output stream that will have the effect that it will output the data in chunks, not necessarily exactly when the data arrives. Using this option will disable that buffering.

出力ストリームのバッファの利用を止めます。 通常の作業においては,バッファを持つ標準的な出力ストリームが用いられ、データは受信時に即出力されるのではなく,随時まとめて出力されることになります。 このオプションにより、出力はバッファされなくなります。

Note that this is the negated option name documented. You can thus use --buffer to enforce the buffering.

このオプション名は否定形なのに注意。 (7.19.0 以降では)バッファを再び有効化させるには --buffer を用います。

--netrc-file file

This option is similar to --netrc, except that you provide the path (absolute or relative) to the netrc file that Curl should use. You can only specify one netrc file per invocation. If several --netrc-file options are provided, only the last one will be used. (Added in 7.21.5)

このオプションは、 curl が利用すべき netrc ファイルへの(絶対または相対)パスを与えることを除き, -n, --netrc と同様です。 1回の呼び出しで指定可能な netrc ファイルは1個のみです。 (7.21.5 以降) 【原文の見出しにはパラメタ( <file> )が抜けていたので補完】

This option overrides any use of --netrc as they are mutually exclusive. It will also abide by --netrc-optional if specified.

多重付与:上書き。 このオプションは -n, --netrc と両立し得ないので、それらも上書きします。 --netrc-optional が指定されていれば、それに従います。

--netrc-optional

Very similar to --netrc, but this option makes the .netrc usage optional and not mandatory as the --netrc option does.

-n, --netrc とほぼ同様ですが、このオプションの場合は .netrc の利用はオプションになり, -n, --netrc オプションのときのような強制力は無くなります。

--negotiate

(HTTP) Enables Negotiate (SPNEGO) authentication.

HTTP Negotiate (SPNEGO) 認証を有効にします。 (7.10.6 以降*)

If you want to enable Negotiate (SPNEGO) for proxy authentication, then use --proxy-negotiate.

プロキシ認証の際に Negotiate (SPNEGO) を有効にしたい場合は --proxy-negotiate を用います。

This option requires a library built with GSS-API or SSPI support. Use -V, --version to see if your curl supports GSS-API/SSPI and SPNEGO.

このオプションはライブラリが GSS-API または SSPI をサポートするようにビルドされていることを必要とします。 Use サポートの有無は -V, --version で確かめられます。

When using this option, you must also provide a fake -u, --user option to activate the authentication code properly. Sending a '-u :' is enough as the user name and password from the -u option aren't actually used.

このオプションを利用する場合、認証コードが確実にアクティブになるように,ダミーの -u, --user オプションも与えなければなりません。 ユーザ名とパスワードは実際には利用されないので -u : を指定するだけで十分です。

If this option is used several times, only the first one is used.

このオプションが複数個用いられた場合、最初のもののみが利用されます。

--no-keepalive

Disables the use of keepalive messages on the TCP connection, as by default curl enables them.

既定では有効にされている TCP コネクションにおける接続維持( keepalive )メッセージを無効にします。 (7.18.0 以降*)

Note that this is the negated option name documented. You can thus use --keepalive to enforce keepalive.

このオプション名は否定形なのに注意。 (7.19.0 以降では)接続維持を再び有効化させるには --keepalive を用います。

--no-sessionid

(SSL) Disable curl's use of SSL session-ID caching. By default all transfers are done using the cache. Note that while nothing should ever get hurt by attempting to reuse SSL session-IDs, there seem to be broken SSL implementations in the wild that may require you to disable this in order for you to succeed. (Added in 7.16.0)

HTTP curl による SSL セッション ID のキャッシュ利用を無効にします。 既定ではすべての転送においてキャッシュが利用されます。 SSL セッション ID の再利用は原則的には悪影響を生じさせるものではありませんが、 SSL の不完全な実装も外部に散見されるので,その場合はキャッシュの無効化が必要になるかもしれません。 (7.16.0 以降)

Note that this is the negated option name documented. You can thus use --sessionid to enforce session-ID caching.

このオプション名は否定形なのに注意。 (7.19.0 以降では)セッション ID キャッシュを再び有効化するには --sessionid を用います。

--noproxy no-proxy-list

Comma-separated list of hosts which do not use a proxy, if one is specified. The only wildcard is a single * character, which matches all hosts, and effectively disables the proxy. Each name in this list is matched as either a domain which contains the hostname, or the hostname itself. For example, local.com would match local.com, local.com:80, and www.local.com, but not www.notlocal.com. (Added in 7.19.4).

プロキシを利用しないホストをコンマ区切りのリストで指定します。 ワイルドカードは単独の文字 * のみで、これはすべてのホストに一致するので事実上プロキシを無効化します。 リスト内の各名前は、ホスト名を含むドメイン,またはホスト名そのものにします。 例えば local.comlocal.com, local.com:80, www.local.com のいずれにもマッチしますが www.notlocal.com にはマッチしません。 (7.19.4 以降)

多重付与:【?】

--ntlm

(HTTP) Enables NTLM authentication. The NTLM authentication method was designed by Microsoft and is used by IIS web servers. It is a proprietary protocol, reverse-engineered by clever people and implemented in curl based on their efforts. This kind of behavior should not be endorsed, you should encourage everyone who uses NTLM to switch to a public and documented authentication method instead, such as Digest.

HTTP NTLM 認証を有効にします。 NTLM 認証の手法は Microsoft により設計され、 IIS ウェブサーバで利用されているものです。 専有的プロトコルですが,頭の良い人たちにより リバースエンジニアリングされ、彼らの成果を基に curl に実装されています。 この種の行いは推奨されるものではありませんので NTLM 利用者には代わりの認証方法として、 Digest 認証などの公に文書化された認証方法の利用を薦めましょう。 (7.10.6 以降*)

If you want to enable NTLM for your proxy authentication, then use --proxy-ntlm.

プロキシ認証において NTLM を有効にしたい場合は --proxy-ntlm を利用します。

This option requires a library built with SSL support. Use -V, --version to see if your curl supports NTLM.

このオプションはライブラリが SSL をサポートするようにビルドされていることを必要とします。 NTLM のサポートの有無は -V, --version で確かめられます。

If this option is used several times, only the first one is used.

このオプションが複数個用いられた場合、最初のもののみが利用されます。

-o, --output file

Write output to <file> instead of stdout. If you are using {} or [] to fetch multiple documents, you can use '#' followed by a number in the <file> specifier. That variable will be replaced with the current string for the URL being fetched. Like in:

標準出力に代わって、出力をファイル file へ書き込むことを指示します。 {} または [] を用いて複数の文書を取得している場合、 file の中に文字 # の後に数字を続けた文字列を挿入できます。 この文字列変数は接続中の URL に対応する文字列に置き換えられます。 次のように:

curl http://{one,two}.site.com -o "file_#1.txt"

or use several variables like:

あるいは、複数の変数を使って:

curl http://{site,host}.host[1-5].com -o "#1_#2"

You may use this option as many times as the number of URLs you have.

多重付与:並立。 このオプションは URL の数に応じていくつでも与えることができます。

See also the --create-dirs option to create the local directories dynamically. Specifying the output as '-' (a single dash) will force the output to be done to stdout.

ローカルディレクトリを動的に作成する --create-dirs もご覧ください。 出力先として - (ダッシュ) を与えると標準出力になります。

-O, --remote-name

Write output to a local file named like the remote file we get. (Only the file part of the remote file is used, the path is cut off.)

出力をローカルファイルへ書き込みます。 このときの出力ファイル名を,取得したリモートのファイルから得ることを指示します(リモートファイルの名前の部分のみが利用され、他の部分はパスから取り除かれます)。

The remote file name to use for saving is extracted from the given URL, nothing else.

保存の際に利用するリモートファイル名は、単に与えられた URL から取り出されるだけです。 他には何もしません。

Consequentially, the file will be saved in the current working directory. If you want the file saved in a different directory, make sure you change current working directory before you invoke curl with the -O, --remote-name flag!

したがって,ファイルは現在の作業ディレクトリに保存されることになります。 他のディレクトリ下に保存したい場合は -O, --remote-name を与えて curl を呼び出す前に,作業ディレクトリを変更しておくように。

ファイル名に対する URL のデコードは行われません。 名前の中に %20 のような URL エンコードされた部分は、そのままファイル名の一部になります。

There is no URL decoding done on the file name. If it has %20 or other URL encoded parts of the name, they will end up as-is as file name.

You may use this option as many times as the number of URLs you have.

多重付与:並立。 このオプションは URL の数に応じていくつでも与えられます。 【このオプションは形式上パラメタをとらないが例外的に多重付与のふるまいが規定されている( URL をパラメタとみなせる)。】

--oauth2-bearer

(IMAP, POP3, SMTP) Specify the Bearer Token for OAUTH 2.0 server authentication. The Bearer Token is used in conjunction with the user name which can be specified as part of the --url or -u, --user options.

IMAP, POP3, SMTP OAUTH 2.0 サーバ認証のための Bearer Token を指定します。 Bearer Token は --url-u, --user オプションの一部として与えられるユーザ名と併用するものです。 (7.33.0 以降?)

The Bearer Token and user name are formatted according to RFC 6750.

Bearer Token とユーザ名は RFC 6750 に従う形式で与えます。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--proxy-header header

(HTTP) Extra header to include in the request when sending HTTP to a proxy. You may specify any number of extra headers. This is the equivalent option to -H, --header but is for proxy communication only like in CONNECT requests when you want a separate header sent to the proxy to what is sent to the actual remote host.

HTTP プロキシに向けて HTTP リクエストを送信する際に,追加で含ませるヘッダを指定します。 ヘッダはいくつでも指定できます。 これは -H, --header オプションと等価ですが、 CONNECT リクエストにおけるときと同様に【?】 実際のリモートホストに送信されるものとは別のヘッダをプロキシへ送信させたいときのための,プロキシとの通信のためのみの機能です。

curl will make sure that each header you add/replace is sent with the proper end-of-line marker, you should thus not add that as a part of the header content: do not add newlines or carriage returns, they will only mess things up for you.

追加あるいは置換された各ヘッダには, curl により適切に行末マーカが付加されるので、ヘッダの内容にそれらを含めるべきではありません:混乱を招くだけなので LF や CR などの改行を付加しないように。

Headers specified with this option will not be included in requests that curl knows will not be sent to a proxy.

このオプションに指定されたヘッダは、プロキシでない(と curl が知り得た)送信先へのリクエストには含められません。

This option can be used multiple times to add/replace/remove multiple headers.

多重付与:合併 — このオプションは、複数のヘッダを追加/置換/除去するために,何度でも利用できます。

(Added in 7.37.0)

(7.37.0 以降)

-p, --proxytunnel

When an HTTP proxy is used (-x, --proxy), this option will cause non-HTTP protocols to attempt to tunnel through the proxy instead of merely using it to do HTTP-like operations. The tunnel approach is made with the HTTP proxy CONNECT request and requires that the proxy allows direct connect to the remote port number curl wants to tunnel through to.

HTTP プロキシ( -x, --proxy )を利用する際に、非 HTTP プロトコルを単に HTTP に沿ったやり方で処理させるのではなく,プロキシの透過(トンネル)を試みます。 このトンネル方式は HTTP プロキシの CONNECT リクエストにより実現されますが、 curl からトンネル開通先のリモートポート番号への直接接続をプロキシが許容している必要があります。

-P, --ftp-port address

(FTP) Reverses the default initiator/listener roles when connecting with FTP. This switch makes curl use active mode. In practice, curl then tells the server to connect back to the client's specified address and port, while passive mode asks the server to setup an IP address and port for it to connect to. <address> should be one of:

FTP FTP 接続の際の送り手/受け手の既定の役割を入れ替えます。 これによりアクティブモードが利用されることになります。 実行においては、クライアント側が用意したアドレスとポートへの接続をサーバに要求することになります。 対してパッシブモードでは、接続するための IP アドレスとポートをサーバに要求します。 address は次のいずれかです:

インタフェース

i.e "eth0" to specify which interface's IP address you want to use (Unix only)

例えば eth0 のように、どのインタフェースの IP アドレスを利用するかを指定します( Unix のみ)。

IP アドレス

i.e "192.168.10.1" to specify the exact IP address

例えば 192.168.10.1 のように、正確な IP アドレスで指定します。

ホスト名

i.e "my.host.domain" to specify the machine

例えば my.host.domain のように、ホストマシンを指定します。

-

make curl pick the same IP address that is already used for the control connection

コントロールコネクションに利用しているアドレスと同じ IP アドレスを用いるようにします。

If this option is used several times, the last one will be used. Disable the use of PORT with --ftp-pasv. Disable the attempt to use the EPRT command instead of PORT by using --disable-eprt. EPRT is really PORT++.

多重付与:上書き。 PORT の無効化には --ftp-pasv を用います。 PORT に先立つ EPRT コマンドの試行を抑制するには --disable-eprt を用います。 EPRT は PORT の上位拡張機能です。

Starting in 7.19.5, you can append ":[start]-[end]" to the right of the address, to tell curl what TCP port range to use. That means you specify a port range, from a lower to a higher number. A single number works as well, but do note that it increases the risk of failure since the port may not be available.

7.19.5 以降では、アドレスの後に続けて :start-end を付加して,利用する TCP ポートの範囲を指定できます( start が最小値, end が最大値)。 番号は1個でも同様に機能しますが、ポートが利用できずに失敗する可能性も増えることに注意して下さい。

--pass phrase

(SSL/SSH) Passphrase for the private key

SSL/SSH プライベート鍵のパスフレーズを指定します。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--post301

(HTTP) Tells curl to respect RFC 2616/10.3.2 and not convert POST requests into GET requests when following a 301 redirection. The non-RFC behaviour is ubiquitous in web browsers, so curl does the conversion by default to maintain consistency. However, a server may require a POST to remain a POST after such a redirection. This option is meaningful only when using -L, --location (Added in 7.17.1)

HTTP 301 リダイレクト追跡の際に RFC 2616/10.3.2 に倣って, POST リクエストを GET リクエストに変換しないようにします。 ウェブブラウザではこの RFC に反して GET へ変換するのが普通であり、 curl も既定ではブラウザのふるまいに合わせて変換するようにしています。 しかしながら、サーバがそうしたリダイレクト後においても POST の維持を要求することがあります。 このオプションは -L, --location との併用においてのみ意味を持ちます。 (7.17.1 以降)

--post302

(HTTP) Tells curl to respect RFC 2616/10.3.2 and not convert POST requests into GET requests when following a 302 redirection. The non-RFC behaviour is ubiquitous in web browsers, so curl does the conversion by default to maintain consistency. However, a server may require a POST to remain a POST after such a redirection. This option is meaningful only when using -L, --location (Added in 7.19.1)

HTTP 302 リダイレクト追跡の際に RFC 2616/10.3.2 に倣って, POST リクエストを GET リクエストに変換しないようにします。 ウェブブラウザではこの RFC に反して GET へ変換するのが普通であり、 curl も既定ではブラウザのふるまいに合わせて変換するようにしています。 しかしながら、サーバがそうしたリダイレクト後においても POST の維持を要求することがあります。 このオプションは -L, --location との併用においてのみ意味を持ちます。 (7.19.1 以降)

--post303

(HTTP) Tells curl to respect RFC 2616/10.3.2 and not convert POST requests into GET requests when following a 303 redirection. The non-RFC behaviour is ubiquitous in web browsers, so curl does the conversion by default to maintain consistency. However, a server may require a POST to remain a POST after such a redirection. This option is meaningful only when using -L, --location (Added in 7.26.0)

HTTP 303 リダイレクト追跡の際に RFC 2616/10.3.2 に倣って, POST リクエストを GET リクエストに変換しないようにします。 ウェブブラウザではこの RFC に反して GET へ変換するのが普通であり、 curl も既定ではブラウザのふるまいに合わせて変換するようにしています。 しかしながら、サーバがそうしたリダイレクト後においても POST の維持を要求することがあります。 このオプションは -L, --location との併用においてのみ意味を持ちます。 (7.26.0 以降)

--proto protocols

Tells curl to use the listed protocols for its initial retrieval. Protocols are evaluated left to right, are comma separated, and are each a protocol name or 'all', optionally prefixed by zero or more modifiers. Available modifiers are:

コンマ区切りのプロトコルのリストを与えて,初期状態におけるプロトコル利用の可否を制御します。 リストの各項目はプロトコル名または 'all' で与えられ、オプションで先頭に修飾子を付加できます。 リストの項目は左から右の順に評価されます。 利用できる修飾子は:

+

Permit this protocol in addition to protocols already permitted (this is the default if no modifier is used).

プロトコルは許可済みプロトコルのリストに追加されます(修飾子が省略された場合の既定もこの扱いになります)。

-

Deny this protocol, removing it from the list of protocols already permitted.

プロトコルは許可済みプロトコルのリストから除外され、利用できなくなります。

=

Permit only this protocol (ignoring the list already permitted), though subject to later modification by subsequent entries in the comma separated list.

このプロトコルのみを許可するようにします(以前の許可済みプロトコルのリストは無視されます)。ただし、リストの後続の項目により修正され得ます。

For example:

例えば:

  • --proto -ftps uses the default protocols, but disables ftps
  • --proto -ftps は、既定のプロトコルを利用しつつ, ftps は利用できなくします。
  • --proto -all,https,+http only enables http and https
  • --proto -all,https,+http は https と http のみを利用可能にします。
  • --proto =http,https also only enables http and https
  • --proto =http,https も https と http のみを利用可能にします。

Unknown protocols produce a warning. This allows scripts to safely rely on being able to disable potentially dangerous protocols, without relying upon support for that protocol being built into curl to avoid an error.

未知のプロトコルが与えられた場合は警告が発せられます。 これにより、当該プロトコルの curl による組み込みサポートの有無に関わらずエラーは生じず、スクリプトは危険性を孕むプロトコルを支障無く無効化できるようになります。

This option can be used multiple times, in which case the effect is the same as concatenating the protocols into one instance of the option.

多重付与:合併。 このオプションが複数個与えられた場合、プロトコルを連結して1個のオプションの中で与えた場合と同じ効果になります。

(Added in 7.20.2)

(7.20.2 以降)

--proto-redir protocols

Tells curl to use the listed protocols after a redirect. See --proto for how protocols are represented. (Added in 7.20.2)

リダイレクト後におけるプロトコルの利用可否の制御に用いるプロトコルのリストを与えます。 引数は --proto と同様に与えます。 (7.20.2 以降)

多重付与:【おそらく --proto 同様に合併】

--proxy-anyauth

Tells curl to pick a suitable authentication method when communicating with the given proxy. This might cause an extra request/response round-trip. (Added in 7.13.2)

プロキシと通信する際の適切な認証方法を curl に選ばせます。 追加のリクエストと応答が生じることがあります。 (7.13.2 以降)

--proxy-basic

Tells curl to use HTTP Basic authentication when communicating with the given proxy. Use --basic for enabling HTTP Basic with a remote host. Basic is the default authentication method curl uses with proxies.

プロキシと通信する際に HTTP Basic 認証を用いることを指示します。 リモートホストに対し HTTP Basic 認証を行う場合は --basic を用います。 Basic は curl がプロキシに対して利用する既定の認証方法です。

--proxy-digest

Tells curl to use HTTP Digest authentication when communicating with the given proxy. Use --digest for enabling HTTP Digest with a remote host.

プロキシと通信する際に HTTP Digest 認証を用いることを指示します。 リモートホストに対し HTTP Digest 認証を行う場合は --digest を用います。 (7.12.0 以降*)

--proxy-negotiate

Tells curl to use HTTP Negotiate (SPNEGO) authentication when communicating with the given proxy. Use --negotiate for enabling HTTP Negotiate (SPNEGO) with a remote host. (Added in 7.17.1)

プロキシと通信する際に HTTP Negotiate (SPNEGO) 認証を行うことを指示します。 リモートホストに対し HTTP Negotiate (SPNEGO) を有効化させる場合は --negotiate を用います。 (7.17.1 以降)

--proxy-ntlm

Tells curl to use HTTP NTLM authentication when communicating with the given proxy. Use --ntlm for enabling NTLM with a remote host.

プロキシと通信する際に HTTP NTLM 認証を用いることを指示します。 リモートホストに対し HTTP NTLM 認証を行う場合は --ntlm を用います。 (7.10.7 以降*)

--proxy1.0 proxyhost[:port]

Use the specified HTTP 1.0 proxy. If the port number is not specified, it is assumed at port 1080.

指定した HTTP プロキシの利用を指示します。 ポート番号を指定しなかった場合の既定ポートは 1080 番になります。 (7.19.4 以降*)

The only difference between this and the HTTP proxy option (-x, --proxy), is that attempts to use CONNECT through the proxy will specify an HTTP 1.0 protocol instead of the default HTTP 1.1.

HTTP プロキシオプション( -x, --proxy )との唯一の違いは、プロキシを通した CONNECT に既定の HTTP 1.1 ではなく, HTTP 1.0 プロトコルを指定する所です。

多重付与:【おそらく --proxy 同様に上書き】

--pubkey key

(SSH) Public key file name. Allows you to provide your public key in this separate file.

SSH 公開鍵ファイル名。 公開鍵を別ファイルから与えられるようにします。 (7.16.2 以降*)

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

(As of 7.39.0, curl attempts to automatically extract the public key from the private key file, so passing this option is generally not required. Note that this public key extraction requires libcurl to be linked against a copy of libssh2 1.2.8 or higher that is itself linked against OpenSSL.)

7.39.0 以降からは、自動的に,プライベート鍵ファイルから公開鍵を抽出することが試みられます。 したがって,一般的には、このオプションを渡すことは要求されません。 注意:この公開鍵を抽出するためには、 libcurl が, OpenSSL にリンクされた libssh2 ( 1.2.8 以降)にリンクされていることを要します。)

-q

If used as the first parameter on the command line, the curlrc config file will not be read and used. See the -K, --config for details on the default config file search path.

このオプションをコマンドラインの最初のパラメタとして用いると、 curlrc 設定ファイルは読み取られず,使用されなくなります。 既定の設定ファイル検索パスの詳細は -K, --config をご覧ください。

-Q, --quote command

(FTP/SFTP) Send an arbitrary command to the remote FTP or SFTP server. Quote commands are sent BEFORE the transfer takes place (just after the initial PWD command in an FTP transfer, to be exact). To make commands take place after a successful transfer, prefix them with a dash '-'. To make commands be sent after curl has changed the working directory, just before the transfer command(s), prefix the command with a '+' (this is only supported for FTP). You may specify any number of commands. If the server returns failure for one of the commands, the entire operation will be aborted. You must send syntactically correct FTP commands as RFC 959 defines to FTP servers, or one of the commands listed below to SFTP servers.

FTP/SFTP リモートの FTP または SFTP サーバへ任意のコマンドを送信します。 Quote コマンドは転送が主役となるに(正確には FTP 転送における最初の PWD コマンドの直後に)送信されます。 転送成功後にコマンドを送信させたい場合は先頭に - 記号を付けます。 curl のワーキングディレクトリが変更された後, かつ 転送コマンドの直前にコマンドを送信させたい場合は先頭に + 記号を付けます(これは FTP の方でのみサポートされます)。 コマンドはいくつでも与えられます。 サーバに対するコマンドのどれか一つでも失敗した場合、処理全体が中止されます。 FTP サーバへは RFC 959 に定義されている構文的に正しい FTP コマンドを送信しなければなりません。 SFTP サーバへは下に挙げるいずれかのコマンドを送信しなければなりません。 (7.13.0 以降*)

This option can be used multiple times. When speaking to an FTP server, prefix the command with an asterisk (*) to make curl continue even if the command fails as by default curl will stop at first failure.

多重付与:このオプションはいくつでも与えられます。 FTP サーバに送信する場合、コマンドにアスタリスク(*)を前置すると、コマンドに失敗しても curl の動作を継続させられるようになります( curl の既定では最初のコマンド失敗で停止します)。

SFTP is a binary protocol. Unlike for FTP, curl interprets SFTP quote commands itself before sending them to the server. File names may be quoted shell-style to embed spaces or special characters. Following is the list of all supported SFTP quote commands:

SFTP はバイナリプロトコルです。 FTP とは異なり, SFTP quote コマンド自体はサーバへ送信される前に curl による翻訳が行われます。 スペースや特殊文字を含むファイル名はシェルスタイルでクォートできます。 以下の SFTP quote コマンドがサポートされます:

chgrp group file

The chgrp command sets the group ID of the file named by the file operand to the group ID specified by the group operand. The group operand is a decimal integer group ID.

chgrp コマンドはファイルのグループ ID を設定します。 引数 group に設定するグループ ID を十進表記で与え、引数 file にファイル名を与えます。

chmod mode file

The chmod command modifies the file mode bits of the specified file. The mode operand is an octal integer mode number.

chmod コマンドはファイルのモードビットを変更します。 引数 mode にモードビットを8進表記で与え、引数 file にファイル名を与えます。

chown user file

The chown command sets the owner of the file named by the file operand to the user ID specified by the user operand. The user operand is a decimal integer user ID.

chown コマンドはファイルの所有者を設定します。 引数 user に設定するユーザ ID を十進表記で与え、引数 file にファイル名を与えます。

ln source_file target_file

The ln and symlink commands create a symbolic link at the target_file location pointing to the source_file location.

lnsymlink コマンドはシンボリックリンクを作成します。 引数 source_file にリンク先を与え、引数 target_file にシンボリックリンクファイルを作成する場所を与えます。

mkdir directory_name

The mkdir command creates the directory named by the directory_name operand.

mkdir コマンドはディレクトリを作成します。 作成するディレクトリ名を引数 directory_name に与えます。

pwd

The pwd command returns the absolute pathname of the current working directory.

pwd コマンドはカレントディレクトリの絶対パス名を返します。

rename source target

The rename command renames the file or directory named by the source operand to the destination path named by the target operand.

rename コマンドはファイルまたはディレクトリのパスを変更します。 引数 source にファイル名またはディレクトリ名を与え, 引数 target にパス名を与えます。

rm file

The rm command removes the file specified by the file operand.

rm コマンドはファイルを削除します。 削除するファイル名を引数 file に与えます。

rmdir directory

The rmdir command removes the directory entry specified by the directory operand, provided it is empty.

rmdir コマンドはディレクトリの内容が空である限りにおいて、ディレクトリを削除します。 削除するディレクトリ名を引数 directory に与えます。

See ln.

ln コマンド参照。

-r, --range range

(HTTP/FTP/SFTP/FILE) Retrieve a byte range (i.e a partial document) from a HTTP/1.1, FTP or SFTP server or a local FILE. Ranges can be specified in a number of ways.

HTTP/FTP/SFTP/FILE 文書の一部分をバイト数による範囲で指定して HTTP/1.1 サーバ, FTP または SFTP サーバ, あるいはローカルファイルから取得します。 範囲の指定にはいくつかの方法があります:

  • 0-499 specifies the first 500 bytes
  • 0-499 — 先頭から 500 バイト
  • 500-999 specifies the second 500 bytes
  • 500-999 — 次の 500 バイト
  • -500 specifies the last 500 bytes
  • -500 — 最後の 500 バイト
  • 9500- specifies the bytes from offset 9500 and forward
  • 9500- — 先頭から 9500 バイト飛ばした後から最後まで
  • 0-0,-1 specifies the first and last byte only(*)(H)
  • 0-0,-1 — 先頭1バイトと末尾1バイトのみ(†)HTTP
  • 500-700,600-799 specifies 300 bytes from offset 500(H)
  • 500-700,600-799 — 先頭から 500 バイト飛ばした後から 300 バイト HTTP
  • 100-199,500-599 specifies two separate 100-byte ranges(*)(H)
  • 100-199,500-599 — 2つの別々の 100 バイトの範囲(†)HTTP

(*) = NOTE that this will cause the server to reply with a multipart response!

(†)サーバの応答はマルチパート( multipart )になることに注意!

Only digit characters (0-9) are valid in the 'start' and 'stop' fields of the 'start-stop' range syntax. If a non-digit character is given in the range, the server's response will be unspecified, depending on the server's configuration.

'始点-終点' の形式で範囲を指定する構文において有効な文字は数字 (0-9) のみです。 数字以外の文字が用いられた場合のサーバの応答は未定義であり,サーバの設定に依存します。

You should also be aware that many HTTP/1.1 servers do not have this feature enabled, so that when you attempt to get a range, you'll instead get the whole document.

多くの HTTP/1.1 サーバはこの機能を許可していないことに留意してください。 この場合、範囲による取得を試みると代わりに文書全体が返されます。

FTP and SFTP range downloads only support the simple 'start-stop' syntax (optionally with one of the numbers omitted). FTP use depends on the extended FTP command SIZE.

FTP と SFTP では、範囲指定によるダウンロードは単純な「始点-終点」の書式(どちらか一方は省略可能)のみがサポートされます。 また、FTP での利用は拡張 FTP コマンド, SIZE に依存します。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-R, --remote-time

When used, this will make curl attempt to figure out the timestamp of the remote file, and if that is available make the local file get that same timestamp.

リモートファイルの日付を調べ、もし取得できたなら,ローカルファイルにも同じ日付を与えるようにします。

--random-file file

(SSL) Specify the path name to file containing what will be considered as random data. The data is used to seed the random engine for SSL connections. See also the --egd-file option.

SSL 乱数データを与えるファイルを指定します。 データは SSL 接続における乱数生成器の種として利用されます。 --egd-file もご覧ください。

多重付与:【上書き?】

--raw

(HTTP) When used, it disables all internal HTTP decoding of content or transfer encodings and instead makes them passed on unaltered, raw. (Added in 7.16.2)

HTTP このオプションが指定された場合、内容に対する内部的 HTTP デコード処理, あるいは転送エンコード処理は すべて無効化され,生データのまま通信されるようになります。 (7.16.2 以降)

--remote-name-all

This option changes the default action for all given URLs to be dealt with as if -O, --remote-name were used for each one. So if you want to disable that for a specific URL after --remote-name-all has been used, you must use "-o -" or --no-remote-name. (Added in 7.19.0)

与えられた全ての URL のそれぞれに対し暗黙に -O, --remote-name が用いられたかのように、既定のふるまいを変更します。 したがって, --remote-name-all が用いられた後の特定の URL に対してこのふるまいを無効化するには、 -o, --output--no-remote-name を用いる必要があります。 (7.19.0 以降)

--resolve host:port:address

Provide a custom address for a specific host and port pair. Using this, you can make the curl requests(s) use a specified address and prevent the otherwise normally resolved address to be used. Consider it a sort of /etc/hosts alternative provided on the command line. The port number should be the number used for the specific protocol the host will be used for. It means you need several entries if you want to provide address for the same host but different ports.

特定のホストとポートの組に対するカスタムアドレスを与えます。 これにより, curl のリクエストにおいては通常の解決によるアドレスではなく、指定されたアドレスが用いられるようになります。 これはコマンドラインが提供する /etc/hosts の一種の代替とみなすことができます。 ポート番号はそのホストにおける特定のプロトコルに利用される番号にすべきです。 すなわち,同じホストの複数の異なるポートに対しアドレスを与えたい場合、複数のエントリを与えることになります。 (7.21.3 以降)

This option can be used many times to add many host names to resolve. (Added in 7.21.3)

多重付与:合併。このオプションは解決するホスト名の追加に何度でも利用できます。

--retry num

If a transient error is returned when curl tries to perform a transfer, it will retry this number of times before giving up. Setting the number to 0 makes curl do no retries (which is the default). Transient error means either: a timeout, an FTP 4xx response code or an HTTP 5xx response code.

転送の際に一過性のエラーが返された場合に、指定した回数まで転送を再試行させます。 回数 0 を指定すると再試行は行われません(既定の動作です)。 一過性のエラーとは、時間切れ, FTP 4xx 応答コード, HTTP 5xx 応答コードのいずれかです。

When curl is about to retry a transfer, it will first wait one second and then for all forthcoming retries it will double the waiting time until it reaches 10 minutes which then will be the delay between the rest of the retries. By using --retry-delay you disable this exponential backoff algorithm. See also --retry-max-time to limit the total time allowed for retries. (Added in 7.12.3)

curl による転送の再試行では、最初は次の試行まで1秒間待ちます。 後続の試行の待ち時間は前回の試行の2倍か 10 分の短い方になります。 --retry-delay を用いるとこの指数的休止アルゴリズムは無効にされます。 再試行全体の制限時間を与える --retry-max-time もご覧ください。 (7.12.3 以降)

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--retry-delay seconds

Make curl sleep this amount of time before each retry when a transfer has failed with a transient error (it changes the default backoff time algorithm between retries). This option is only interesting if --retry is also used. Setting this delay to zero will make curl use the default backoff time. (Added in 7.12.3)

一過性のエラーにより転送が失敗した場合の再試行の間隔を指定します(既定の休止アルゴリズムが変更されます)。 このオプションは --retry との伴用においてのみ意味を持ちます。 間隔を 0 にした場合、既定の休止アルゴリズムが用いられます。 (7.12.3 以降)

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--retry-max-time seconds

The retry timer is reset before the first transfer attempt. Retries will be done as usual (see --retry) as long as the timer hasn't reached this given limit. Notice that if the timer hasn't reached the limit, the request will be made and while performing, it may take longer than this given time period. To limit a single request´s maximum time, use -m, --max-time. Set this option to zero to not timeout retries. (Added in 7.12.3)

転送の再試行に対する制限時間(秒)を指定します。 再試行は制限時間内の範囲まで、通常通り行われます( --retry 参照)。 再試行タイマーは最初の転送の試行前にリセットされます。 制限時間を超えない限りリクエストは行われるので、転送完了時には制限時間を超過していることがあることに留意してください。 一つのリクエストの最大時間を設定するには -m, --max-time を用います。 このオプションに 0 を指定すると再試行の時間制限は無くなります。 (7.12.3 以降)

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-s, --silent

Silent or quiet mode. Don't show progress meter or error messages. Makes Curl mute. It will still output the data you ask for, potentially even to the terminal/stdout unless you redirect it.

沈黙モードにします。 プログレスメータやエラーメッセージは表示されません。 curl の出力を止めます。 要求されたデータは出力されます(リダイレクトしない限り,ターミナル/stdout にも)。

--sasl-ir

Enable initial response in SASL authentication. (Added in 7.31.0)

SASL 認証における初期応答 【おそらく, “初期クライアントレスポンス” 】 を有効化します。 (7.31.0 以降)

-S, --show-error

When used with -s it makes curl show an error message if it fails.

-s, --silent と伴用すると、失敗時にはエラーメッセージが表示されるようになります。

--ssl

(FTP, POP3, IMAP, SMTP) Try to use SSL/TLS for the connection. Reverts to a non-secure connection if the server doesn't support SSL/TLS. See also --ftp-ssl-control and --ssl-reqd for different levels of encryption required. (Added in 7.20.0)

FTP, POP3, IMAP, SMTP 接続の際に SSL/TLS の利用を試みます。 サーバが SSL/TLS をサポートしていない場合は安全でない接続に戻されます。 異なるレベルの暗号化が必要な場合は --ftp-ssl-control--ssl-reqd を参照のこと。 (7.20.0 以降)

This option was formerly known as --ftp-ssl (Added in 7.11.0). That option name can still be used but will be removed in a future version.

このオプションは以前は --ftp-ssl (7.11.0 以降) の名前で用いられていたものです。 その名前もまだ利用はできますが、将来版からは削除されることになります。

--ssl-reqd

(FTP, POP3, IMAP, SMTP) Require SSL/TLS for the connection. Terminates the connection if the server doesn't support SSL/TLS. (Added in 7.20.0)

FTP, POP3, IMAP, SMTP 接続の際に SSL/TLS を必須にします。 サーバが SSL/TLS をサポートしない場合は接続を終了させます。 (7.20.0 以降)

This option was formerly known as --ftp-ssl-reqd (added in 7.15.5). That option name can still be used but will be removed in a future version.

このオプションは以前は --ftp-ssl-reqd (7.15.5 以降) の名前で用いられていたものです。 その名前もまだ利用はできますが、将来版からは削除されることになります。

--ssl-allow-beast

(SSL) This option tells curl to not work around a security flaw in the SSL3 and TLS1.0 protocols known as BEAST. If this option isn't used, the SSL layer may use workarounds known to cause interoperability problems with some older SSL implementations. WARNING: this option loosens the SSL security, and by using this flag you ask for exactly that. (Added in 7.25.0)

SSL BEAST として知られている, SSL3 と TLS1.0 プロトコルの安全性の欠陥に対する攻撃の回避策を curl に行わせないようにします。 このオプションが用られない場合、 SSL レイヤは,一部の古い SSL 実装との互換性の問題を引き起こすことが知られている,回避策を用い得ることになります。 警告:このオプションは SSL の安全性を緩めます。それを踏まえた上で用いるべきです。 (7.25.0 以降)

--socks4 host[:port]

Use the specified SOCKS4 proxy. If the port number is not specified, it is assumed at port 1080. (Added in 7.15.2)

指定した SOCKS4 プロキシの利用を指示します。 ポート番号を指定しなかった場合の既定ポートは 1080 番になります。 (7.15.2 以降)

This option overrides any previous use of -x, --proxy, as they are mutually exclusive.

このオプションはその前に現れる -x, --proxy と相反するのでそれを上書きします。

Since 7.21.7, this option is superfluous since you can specify a socks4 proxy with -x, --proxy using a socks4:// protocol prefix.

7.21.7 以降からは, -x, --proxysocks4:// プロトコル接頭子を用いて socks4 プロキシを指定できるようになったので、このオプションは余分なものになりました。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--socks4a host[:port]

Use the specified SOCKS4a proxy. If the port number is not specified, it is assumed at port 1080. (Added in 7.18.0)

指定した SOCKS4a プロキシの利用を指示します。 ポート番号を指定しなかった場合の既定ポートは 1080 番になります。 (7.18.0 以降)

This option overrides any previous use of -x, --proxy, as they are mutually exclusive.

このオプションはその前に現れる -x, --proxy と相反するのでそれを上書きします。

Since 7.21.7, this option is superfluous since you can specify a socks4a proxy with -x, --proxy using a socks4a:// protocol prefix.

7.21.7 以降からは, -x, --proxysocks4a:// プロトコル接頭子を用いて socks4a プロキシを指定できるようになったので、このオプションは余分なものになりました。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--socks5-hostname host[:port]

Use the specified SOCKS5 proxy (and let the proxy resolve the host name). If the port number is not specified, it is assumed at port 1080. (Added in 7.18.0)

指定した SOCKS5 プロキシの利用を指示します(ホスト名の解決はプロキシで行われます)。 ポート番号を指定しなかった場合の既定ポートは 1080 番になります。 (7.18.0 以降)

This option overrides any previous use of -x, --proxy, as they are mutually exclusive.

このオプションはその前に現れる -x, --proxy と相反するのでそれを上書きします。

Since 7.21.7, this option is superfluous since you can specify a socks5 hostname proxy with -x, --proxy using a socks5h:// protocol prefix.

7.21.7 以降からは, -x, --proxysocks5h:// プロトコル接頭子を用いて socks5 hostname プロキシを指定できるようになったので、このオプションは余分なものになりました。

If this option is used several times, the last one will be used. (This option was previously wrongly documented and used as --socks without the number appended.)

多重付与:上書き(このオプションは以前は番号抜きの --socks として誤った記述がなされていました)。

--socks5 host[:port]

Use the specified SOCKS5 proxy - but resolve the host name locally. If the port number is not specified, it is assumed at port 1080.

指定した SOCKS5 プロキシの利用を指示します。 ただし、ホスト名の解決はローカルで行われます。 ポート番号が指定されていない場合の既定ポートは 1080 番になります。 (7.11.1 以降*)

This option overrides any previous use of -x, --proxy, as they are mutually exclusive.

このオプションはその前に現れる -x, --proxy と相反するのでそれを上書きします。

Since 7.21.7, this option is superfluous since you can specify a socks5 proxy with -x, --proxy using a socks5:// protocol prefix.

7.21.7 以降からは, -x, --proxysocks5:// プロトコル接頭子を用いて socks5 プロキシを指定できるようになったので、このオプションは余分なものになりました。

If this option is used several times, the last one will be used. (This option was previously wrongly documented and used as --socks without the number appended.)

(このオプションは以前は番号抜きの --socks として誤った記述がなされていました。)

This option (as well as --socks4) does not work with IPV6, FTPS or LDAP.

このオプションは( --socks4 も同様に) IPV6, FTPS, LDAP では働きません。

多重付与:上書き

--socks5-gssapi-service servicename

The default service name for a socks server is rcmd/server-fqdn. This option allows you to change it.

SOCKS サーバの既定のサービス名は rcmd/サーバの完全修飾ドメイン名 です。 このオプションでそれを変更できます。

Examples: --socks5 proxy-name --socks5-gssapi-service sockd would use sockd/proxy-name --socks5 proxy-name --socks5-gssapi-service sockd/real-name would use sockd/real-name for cases where the proxy-name does not match the principal name. (Added in 7.19.4).

例: --socks5 proxy-name --socks5-gssapi-service sockd であれば sockd/proxy-name を利用することになります。 --socks5 proxy-name --socks5-gssapi-service sockd/real-name であれば proxy-name が principal name にマッチしない場合には sockd/real-name を利用することになります。 (7.19.4 以降)

多重付与:【上書き?】

--socks5-gssapi-nec

As part of the GSS-API negotiation a protection mode is negotiated. RFC 1961 says in section 4.3/4.4 it should be protected, but the NEC reference implementation does not. The option --socks5-gssapi-nec allows the unprotected exchange of the protection mode negotiation. (Added in 7.19.4).

RFC 1961 の 4.3/4.4 節によれば、 GSSAPI ネゴシエーションの一環として行われる保護モードのネゴシエーションも保護されることになりますが、 NEC の基準実装ではそうなっていません。 このオプションにより、保護されていないやりとりによる保護モードのネゴシエーションを許容させられます。 (7.19.4 以降)

--stderr file

Redirect all writes to stderr to the specified file instead. If the file name is a plain '-', it is instead written to stdout.

標準エラー出力を指定したファイルへリダイレクトさせます。 ファイル名として文字 - を与えた場合の出力先は標準出力になります。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-t, --telnet-option OPT=val

Pass options to the telnet protocol. Supported options are:

TELNET プロトコルにオプションを渡します。 サポートされるオプションは:

TTYPE=term

Sets the terminal type.

端末のタイプを設定します。

XDISPLOC=X display

Sets the X display location.

X ディスプレイのロケーションを設定します。

NEW_ENV=var,val

Sets an environment variable.

環境変数を設定します。

多重付与:【合併?】

-T, --upload-file file

This transfers the specified local file to the remote URL. If there is no file part in the specified URL, Curl will append the local file name. NOTE that you must use a trailing / on the last directory to really prove to Curl that there is no file name or curl will think that your last directory name is the remote file name to use. That will most likely cause the upload operation to fail. If this is used on an HTTP(S) server, the PUT command will be used.

ローカルファイルをリモート URL へ転送します。 転送先として与えた URL にファイル名の部分が無い場合、ローカルファイル名が付加されます。 この場合, URL 末尾のディレクトリは、ファイル名と区別できるように文字 / で終わらなければならないことに注意してください。 さもなくば,リモートのファイル名として URL 末尾のディレクトリ名を用いるものとみなされてしまい、アップロード処理は失敗するでしょう。 このオプションを http(s) サーバに対して用いた場合は PUT コマンドが利用されます。

Use the file name "-" (a single dash) to use stdin instead of a given file. Alternately, the file name "." (a single period) may be specified instead of "-" to use stdin in non-blocking mode to allow reading server output while stdin is being uploaded.

標準入力から内容をあてがうにはファイル名に文字 - を与えます。 文字 - の代わりに文字 . を与えると、標準入力からのアップロードを中断する事無くサーバからの出力を読み取れるようになります。

You can specify one -T for each URL on the command line. Each -T + URL pair specifies what to upload and to where. curl also supports "globbing" of the -T argument, meaning that you can upload multiple files to a single URL by using the same URL globbing style supported in the URL, like this:

多重付与:並立 (7.10.8 以降*)。 コマンドラインにおいては、各 URL ごとに一つの -T をあてがうことにより,複数の URL を一括して与えることができます。 各 -T と URL のペアは、アップロードの対象とその行き先を指定します。 -T 引数の「一括/連番指定」もサポートされます。 すなわち、複数のファイルを、 URL に使えるのと同じ URL 一括/連番書式を用いて,一つの URL へアップロードすることができます。 次のように:

curl -T "{file1,file2}" http://www.uploadtothissite.com

or even

更には:

curl -T "img[1-1000].png" ftp://ftp.picturemania.com/upload/
--tcp-nodelay

Turn on the TCP_NODELAY option. See the curl_easy_setopt(3) man page for details about this option. (Added in 7.11.2)

TCP_NODELAY オプションを有効にします。 このオプションについての詳細は curl_easy_setopt(3) man ページをご覧ください。 (7.11.2 以降)

--tftp-blksize value

(TFTP) Set TFTP BLKSIZE option (must be >512). This is the block size that curl will try to use when transferring data to or from a TFTP server. By default 512 bytes will be used. (Added in 7.20.0)

FTP TFTP BLKSIZE オプションを設定します( > 512 でなければなりません)。 これは curl が TFTP サーバとデータ転送の送受信を行う際に使用を試みるブロックサイズになります。 既定では 512 バイトが利用されます。 (7.20.0 以降)

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--tlsauthtype authtype

Set TLS authentication type. Currently, the only supported option is "SRP", for TLS-SRP (RFC 5054). If --tlsuser and --tlspassword are specified but --tlsauthtype is not, then this option defaults to "SRP". (Added in 7.21.4)

TLS 認証のタイプを設定します。 現在の所、 TLS-SRP (RFC 5054) をサポートするオプションは "SRP" のみです。 --tlsuser--tlspassword が指定されていて, --tlsauthtype が指定されていない場合、このオプションはデフォルトで "SRP" になります。 (7.21.4 以降)

多重付与:【上書き?】

--tlspassword password

Set password for use with the TLS authentication method specified with --tlsauthtype. Requires that --tlsuser also be set. (Added in 7.21.4)

--tlsauthtype により指定される TLS 認証メソッドに用いるパスワードを設定します。 --tlsuser も同時に設定されなければなりません。 (7.21.4 以降)

多重付与:【上書き?】

--tlsuser user

Set username for use with the TLS authentication method specified with --tlsauthtype. Requires that --tlspassword also be set. (Added in 7.21.4)

--tlsauthtype により指定される TLS 認証メソッドに用いるユーザ名を設定します。 --tlspassword も同時に設定されなければなりません。 (7.21.4 以降)

多重付与:【上書き?】

--tlsv1.0

(SSL) Forces curl to use TLS version 1.0 when negotiating with a remote TLS server. (Added in 7.34.0)

SSL リモート TLS サーバとネゴシエートする際に, TLS バージョン 1.0 を用いるように強制します。 (7.34.0 以降)

--tlsv1.1

(SSL) Forces curl to use TLS version 1.1 when negotiating with a remote TLS server. (Added in 7.34.0)

SSL リモート TLS サーバとネゴシエートする際に, TLS バージョン 1.1 を用いるように強制します。 (7.34.0 以降)

--tlsv1.2

(SSL) Forces curl to use TLS version 1.2 when negotiating with a remote TLS server. (Added in 7.34.0)

SSL リモート TLS サーバとネゴシエートする際に, TLS バージョン 1.2 を用いるように強制します。 (7.34.0 以降)

--tr-encoding

(HTTP) Request a compressed Transfer-Encoding response using one of the algorithms curl supports, and uncompress the data while receiving it. (Added in 7.21.6)

HTTP curl でサポートされるアルゴリズムを用いた圧縮された転送符号化応答(compressed Transfer-Encoding response)をリクエストします。 データは取得中に解凍されます。 (7.21.6 以降)

--trace file

Enables a full trace dump of all incoming and outgoing data, including descriptive information, to the given output file. Use "-" as filename to have the output sent to stdout.

すべての送受信データの完全なトレースダンプを指定したファイルへ出力します。 出力には説明的情報も含まれます。 ファイル名として文字 - を与えると標準出力に出力されます。 (7.9.7 以降*)

This option overrides previous uses of -v, --verbose or --trace-ascii.

このオプションはその前に指定された -v, --verbose--trace-ascii を上書きします。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--trace-ascii file

Enables a full trace dump of all incoming and outgoing data, including descriptive information, to the given output file. Use "-" as filename to have the output sent to stdout.

すべての送受信データの完全なトレースダンプを指定したファイルへ出力します。 出力には説明的情報も含まれます。 ファイル名として文字 - を与えると標準出力に出力されます。 (7.9.7 以降*)

This is very similar to --trace, but leaves out the hex part and only shows the ASCII part of the dump. It makes smaller output that might be easier to read for untrained humans.

これは --trace とごく似たものですが、16進部分は除外して ASCII 部分のみをダンプします。 出力は短くなり、人間が読み取り易いものになるでしょう。

This option overrides previous uses of -v, --verbose or --trace.

このオプションはその前に指定された -v, --verbose--trace を上書きします。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--trace-time

Prepends a time stamp to each trace or verbose line that curl displays. (Added in 7.14.0)

curl が出力する各トレースや詳細情報行の先頭に時刻を付加します。 (7.14.0 以降)

-u, --user user:password

Specify the user name and password to use for server authentication. Overrides -n, --netrc and --netrc-optional.

サーバへの認証に用いるユーザ名とパスワードを指定します。 -n, --netrc--netrc-optional より優先されます。

7.37.0 から、このオプションにて指定できていたログインオプションの機能( 7.31.0 以降, user:password パラメタの後に,セミコロン ; で区切って指定する)は,指定できなくなった模様(マニュアルから記述が削除された) — その機能は,すでに 7.34.0 から導入されていた(しかし,マニュアルには記載が無かった) --login-options オプションに分離されている(記載内容は変わっていない)。 】

If you simply specify the user name, curl will prompt for a password.

単にユーザ名のみを与えた場合、 curl からパスワード入力を促されます。

The user name and passwords are split up on the first colon, which makes it impossible to use a colon in the user name with this option. The password can, still.

ユーザ名とパスワードは最初のコロンで分割されるので,このオプションのユーザ名にはコロンは使えません。 パスワードには使えます。

When using Kerberos V5 with a Windows based server you should include the Windows domain name in the user name, in order for the server to succesfully obtain a Kerberos Ticket. If you don't then the initial authentication handshake may fail.

Windows ベースのサーバで Kerberos V5 を利用するときは、サーバが Kerberos Ticket を成功裡に得られるようにするため,ユーザ名の中に Windows ドメイン名を含ませるべきです。 さもなければ、初期 認証ハンドシェイクは失敗するでしょう。

When using NTLM, the user name can be specified simply as the user name, without the domain, if there is a single domain and forest in your setup for example.

NTLM を用いるときは、例えば,設定の中に単独のドメインとフォレストがある場合、ドメインなしに ユーザ名をそのままユーザ名として指定できます。

To specify the domain name use either Down-Level Logon Name or UPN (User Principal Name) formats. For example, EXAMPLE\user and user@example.com respectively.

ドメイン名を指定するときは、 Down-Level Logon Name または UPN (User Principal Name) 形式を用います。 例えば順に: EXAMPLE\user, user@example.com

If you use a Windows SSPI-enabled curl binary and perform Kerberos V5, Negotiate, NTLM or DIGEST-MD5 authentication then you can tell curl to select the user name and password from your environment by specifying a single colon with this option: "-u :".

curl バイナリが Windows SSPI 対応にしてあるならば、 Kerberos V5 / Negotiate / NTLM / DIGEST-MD5 認証を行う際に,このオプションにコロンのみを与えることにより( -u : )、ユーザ名とパスワードを環境から取得させられます。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-U, --proxy-user user:password

Specify the user name and password to use for proxy authentication.

プロキシ認証に用いるユーザ名とパスワードを指定します。

If you use an SSPI-enabled curl binary and do NTLM authentication, you can force curl to pick up the user name and password from your environment by simply specifying a single colon with this option: "-U :".

SSPI 対応の curl バイナリを利用していて, NTLM 認証を行う場合、このオプションに単にコロンを与えることにより,ユーザ名とパスワードを環境から取得させることもできます:-U :

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--url URL

Specify a URL to fetch. This option is mostly handy when you want to specify URL(s) in a config file.

アクセスする URL を指定します。 このオプションは主として URL を設定ファイル内で与えるときに役立つものです。

This option may be used any number of times. To control where this URL is written, use the -o, --output or the -O, --remote-name options.

多重付与:並立。 このオプションはいくつでも与えることができます。 URL の出力先は -o, --output もしくは -O, --remote-name で指定します。

-v, --verbose

Be more verbose/talkative during the operation. Useful for debugging and seeing what's going on "under the hood". A line starting with '>' means "header data" sent by curl, '<' means "header data" received by curl that is hidden in normal cases, and a line starting with '*' means additional info provided by curl.

処理状況の更なる詳細や説明を出力させます。 主にデバッグ時に, あるいは何が進行しているか見るために役立ちます。 文字 > で開始される行は curl から送信された「ヘッダデータ」, 文字 < で開始される行は curl が受信した「ヘッダデータ」を表します。 これらは通常は表示されないものです。 文字 * で開始される行は curl が提供する追加情報を表します。

Note that if you only want HTTP headers in the output, -i, --include might be the option you're looking for.

HTTP ヘッダのみを出力させたい場合は -i, --include の方がよいでしょう。

If you think this option still doesn't give you enough details, consider using --trace or --trace-ascii instead.

このオプションでも不足な場合は --trace あるいは --trace-ascii も検討してみてください。

This option overrides previous uses of --trace-ascii or --trace.

このオプションはその前に指定された --trace-ascii--trace を上書きします。

Use -s, --silent to make curl quiet.

curl の出力を止めたい場合は -s, --silent を利用します。

-w, --write-out format

Make curl display information on stdout after a completed transfer. The format is a string that may contain plain text mixed with any number of variables. The format can be specified as a literal "string", or you can have curl read the format from a file with "@filename" and to tell curl to read the format from stdin you write "@-".

転送が完了したときに標準出力に情報を表示させます。 形式は任意個数の変数を埋め込んだテキストです。 テキストはリテラルとして文字列そのものを指定するか, 文字 @ に続けてファイルパスを与えて特定のファイルから読み取らせるか, 文字列 @- を与えて標準入力から読み取らせます。

The variables present in the output format will be substituted by the value or text that curl thinks fit, as described below. All variables are specified as %{variable_name} and to output a normal % you just write them as %%. You can output a newline by using \n, a carriage return with \r and a tab space with \t.

出力に含まれる変数は、以下で述べるように,変数名に応じた適切な値やテキストに置換されます。 すべての変数は %{変数名} の書式で指定します。 % 記号そのものは %% で記述します。 改行(LF, CR)や水平タブは \n, \r, \t で出力させられます。 【% も \% でエスケープ可能なようだが、プラットフォーム依存?】

NOTE: The %-symbol is a special symbol in the win32-environment, where all occurrences of % must be doubled when using this option.

注意: win32 環境においては,記号 % は特殊な意味を持つので、このオプションに与えるすべての %%% に置き換える必要があります。

The variables available are:

利用可能な変数名は:

content_type

The Content-Type of the requested document, if there was any.

(もしあれば)リクエストした文書の Content-Type 。

filename_effective

The ultimate filename that curl writes out to. This is only meaningful if curl is told to write to a file with the --remote-name or --output option. It's most useful in combination with the --remote-header-name option. (Added in 7.25.1)

curl が書き出す最終的なファイル名。これは -O, --remote-name-o, --output オプションによるファイルへの書き出しを指示している場合にのみ意味があります。 -J, --remote-header-name オプションとの併用において最も有用になります。 (7.25.1 以降)

ftp_entry_path

The initial path curl ended up in when logging on to the remote FTP server. (Added in 7.15.4)

リモート FTP サーバにログオンした結果における初期パス。(7.15.4 以降)

http_code

The numerical response code that was found in the last retrieved HTTP(S) or FTP(s) transfer. In 7.18.2 the alias response_code was added to show the same info.

直前の HTTP(S) あるいは FTP(s) 転送から取得された応答コード。 7.18.2 以降では同じ情報を示す response_code がエイリアスとして利用可能になりました。

http_connect

The numerical code that was found in the last response (from a proxy) to a curl CONNECT request. (Added in 7.12.4)

curl による CONNECT リクエストに対する(プロキシからの)最後の応答コード。(7.12.4 以降)

local_ip

The IP address of the local end of the most recently done connection - can be either IPv4 or IPv6 (Added in 7.29.0)

最も直近に行われた接続の,ローカル側の IP アドレス — IPv4, IPv6 いずれも可。(7.29.0 以降)

local_port

The local port number of the most recently done connection (Added in 7.29.0)

最も直近に行われた接続の,ローカル側のポート番号。(7.29.0 以降)

num_connects

Number of new connects made in the recent transfer. (Added in 7.12.3)

直前の転送による新規接続数。(7.12.3 以降)

num_redirects

Number of redirects that were followed in the request. (Added in 7.12.3)

リクエストに応じて行われたリダイレクトの回数。(7.12.3 以降)

redirect_url

When an HTTP request was made without -L to follow redirects, this variable will show the actual URL a redirect would take you to. (Added in 7.18.2)

リダイレクト追跡の -L を用いずにHTTP リクエストを生成した場合、実際のリダイレクト先になるものとされる URL がこの変数に示される。 (7.18.2 以降)

remote_ip

The remote IP address of the most recently done connection - can be either IPv4 or IPv6 (Added in 7.29.0)

最も直近に行われた接続の,リモート側の IP アドレス — IPv4, IPv6 いずれも可。(7.29.0 以降)

remote_port

The remote port number of the most recently done connection (Added in 7.29.0)

最も直近に行われた接続の,リモート側のポート番号。(7.29.0 以降)

size_download

The total amount of bytes that were downloaded.

ダウンロードされた総バイト数。

size_header

The total amount of bytes of the downloaded headers.

ダウンロードされたヘッダの総バイト数。

size_request

The total amount of bytes that were sent in the HTTP request.

送信された HTTP リクエストの総バイト数。

size_upload

The total amount of bytes that were uploaded.

アップロードされた総バイト数。

speed_download

The average download speed that curl measured for the complete download. Bytes per second.

curl により測定されたダウンロード完了までの平均ダウンロード速度(バイト数 / 秒)。

speed_upload

The average upload speed that curl measured for the complete upload. Bytes per second.

curl により測定されたアップロード完了までの平均アップロード速度(バイト数 / 秒)。

ssl_verify_result

The result of the SSL peer certificate verification that was requested. 0 means the verification was successful. (Added in 7.19.0)

リクエストされた SSL ピア証明書の検証結果。 0 は検証の成功を意味する。(7.19.0 以降)

time_appconnect

The time, in seconds, it took from the start until the SSL/SSH/etc connect/handshake to the remote host was completed. (Added in 7.19.0)

開始からリモートホストへの SSL, SSH 等の接続/ハンドシェイク完了までの時間(秒)。(7.19.0 以降)

time_connect

The time, in seconds, it took from the start until the TCP connect to the remote host (or proxy) was completed.

開始からリモートのホスト(またはプロキシ)への TCP 接続完了までの時間(秒)。

time_namelookup

The time, in seconds, it took from the start until the name resolving was completed.

開始から名前解決が完了したときまでの時間(秒)。

time_pretransfer

The time, in seconds, it took from the start until the file transfer was just about to begin. This includes all pre-transfer commands and negotiations that are specific to the particular protocol(s) involved.

開始からファイル転送が始まった直前までの時間(秒)。転送前になされるべきコマンドやプロトコル特有のネゴシエーションも含まれる。

time_redirect

The time, in seconds, it took for all redirection steps include name lookup, connect, pretransfer and transfer before the final transaction was started. time_redirect shows the complete execution time for multiple redirections. (Added in 7.12.3)

正引き(名前解決), 接続, 前段転送処理, 最終的なトランザクションが開始される前の転送を含む、すべてのリダイレクトの段階に要した時間(秒)を表す。この変数は一連のリダイレクト全体に要した時間を表す。(7.12.3 以降)

time_starttransfer

The time, in seconds, it took from the start until the first byte was just about to be transferred. This includes time_pretransfer and also the time the server needed to calculate the result.

開始から最初のバイトが転送される直前までの時間(秒)。 time_pretransfer に加えてサーバが結果を算出するのに要した時間も含まれる。

time_total

The total time, in seconds, that the full operation lasted. The time will be displayed with millisecond resolution.

全体の処理にかかった時間(秒)。表示精度はミリ秒単位。

url_effective

The URL that was fetched last. This is most meaningful if you've told curl to follow location: headers.

最後にアクセスした URL 。特に curl に対し location: ヘッダに従うように指示した場合に有意になるものです。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-x, --proxy [protocol://][user:password@]proxyhost[:port]

Use the specified proxy.

指定したプロキシの利用を指示します。

The proxy string can be specified with a protocol:// prefix to specify alternative proxy protocols. Use socks4://, socks4a://, socks5:// or socks5h:// to request the specific SOCKS version to be used. No protocol specified, http:// and all others will be treated as HTTP proxies. (The protocol support was added in curl 7.21.7)

7.21.7 以降 からは、他の proxy プロトコルも, protocol:// 接頭子をプロキシ文字列に用いて指定できます。 特定の SOCKS バージョンの利用のリクエストには socks4://, socks4a://, socks5://, socks5h:// を用います。 プロトコルが指定されなかった場合、 http:// と他のすべては HTTP プロキシとみなされます。

If the port number is not specified in the proxy string, it is assumed to be 1080.

プロキシ文字列の中でポート番号を指定しなかった場合の既定ポートは 1080 番になります。

This option overrides existing environment variables that set the proxy to use. If there's an environment variable setting a proxy, you can set proxy to "" to override it.

このオプションはプロキシの利用を指示している環境変数を上書きします。 空文字列 "" を与えれば、その環境変数を無効にすることができます。

All operations that are performed over an HTTP proxy will transparently be converted to HTTP. It means that certain protocol specific operations might not be available. This is not the case if you can tunnel through the proxy, as one with the -p, --proxytunnel option.

HTTP プロキシを通して行われるすべての処理は透過的に HTTP に変換されます。 すなわち、ある種のプロトコル特有の処理は利用できないことがあります。 このことは、 -p, --proxytunnel を与えた場合など,プロキシを通り抜けられる場合には該当しません。

User and password that might be provided in the proxy string are URL decoded by curl. This allows you to pass in special characters such as @ by using %40 or pass in a colon with %3a.

プロキシ文字列に userpassword が与えられた場合、 curl により URL デコードされます。 これにより、 @ やコロンなどの特殊文字でも %40%3a のようにエンコードして渡せるようになります。

The proxy host can be specified the exact same way as the proxy environment variables, including the protocol prefix (http://) and the embedded user + password.

プロキシホストの指定は、プロトコル接頭子(http://)と埋め込みのユーザ名+パスワードも含め,プロキシ環境変数と全く同じやり方で可能です。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-X, --request command

(HTTP) Specifies a custom request method to use when communicating with the HTTP server. The specified request will be used instead of the method otherwise used (which defaults to GET). Read the HTTP 1.1 specification for details and explanations. Common additional HTTP requests include PUT and DELETE, but related technologies like WebDAV offers PROPFIND, COPY, MOVE and more.

HTTP HTTP サーバとの通信の際に用いる独自のリクエストメソッドを指定します。 指定したリクエストが通常の GET に代わって用いられます。 詳細と解説は HTTP 1.1 の仕様を参照してください。 PUT や DELETE などが HTTP リクエストとして一般的ですが、 WebDAV のような関連技術では PROPFIND, COPY, MOVE その他も利用できます。

Normally you don't need this option. All sorts of GET, HEAD, POST and PUT requests are rather invoked by using dedicated command line options.

通常、このオプションが必要になることはありません。 GET, HEAD, POST, PUT の類いのどのリクエストも,専用のコマンドラインオプションを通して呼び出されるのが常なので。

This option only changes the actual word used in the HTTP request, it does not alter the way curl behaves. So for example if you want to make a proper HEAD request, using -X HEAD will not suffice. You need to use the -I, --head option.

このオプションは、 HTTP リクエストに用いられる実際のワードを変更するのみであり, curl のふるまいを変えるものではありません。 したがって例えば、正しい HEAD リクエストを発行するためには, -X HEAD だけでは不十分であり、 -I, --head オプションも必要になります。

(FTP) Specifies a custom FTP command to use instead of LIST when doing file lists with FTP.

FTP FTP においては、ファイル一覧を取得する際に LIST の代わりに用いる独自の FTP コマンドを指定します。

(POP3) Specifies a custom POP3 command to use instead of LIST or RETR. (Added in 7.26.0) FTP.

POP3 POP3 においては、 LIST や RETR の代わりに用いる独自の POP3 コマンドを指定します。

(IMAP) Specifies a custom IMAP command to use instead of LIST. (Added in 7.30.0)

IMAP IMAP においては、 LIST の代わりに用いる独自の IMAP コマンドを指定します。

(SMTP) Specifies a custom SMTP command to use instead of HELP or VRFY. (Added in 7.34.0)

SMTP SMTP においては、 HELP や VRFY の代わりに用いる独自の SMTP コマンドを指定します。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

--xattr

When saving output to a file, this option tells curl to store certain file metadata in extended file attributes. Currently, the URL is stored in the xdg.origin.url attribute and, for HTTP, the content type is stored in the mime_type attribute. If the file system does not support extended attributes, a warning is issued.

このオプションが与えられた場合、出力をファイルに保存する際に一定のファイルメタデータも拡張ファイル属性に保存されます。 現在の所、 URL は xdg.origin.url 属性に, HTTP においては内容型が mime_type 属性に保存されます。 ファイルシステムが拡張属性をサポートしていない場合、警告が発せられます。 (7.21.3 以降*)

-y, --speed-time time

If a download is slower than speed-limit bytes per second during a speed-time period, the download gets aborted. If speed-time is used, the default speed-limit will be 1 unless set with -Y.

指定した秒数の間、ダウンロードが毎秒あたり -Y, --speed-limit で指定したバイト数(指定しなかったときは 1 バイト)より遅い場合、ダウンロードは中止されます。

This option controls transfers and thus will not affect slow connects etc. If this is a concern for you, try the --connect-timeout option.

このオプションは転送を制御するものであり、遅い接続等には影響しません。 それについては --connect-timeout で設定します。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-Y, --speed-limit speed

If a download is slower than this given speed (in bytes per second) for speed-time seconds it gets aborted. speed-time is set with -y and is 30 if not set.

-y, --speed-time で指定した秒数(指定しなかったときは 30 秒)の間,指定した速度(バイト数 / 秒)よりダウンロードが遅い場合、ダウンロードは中止されます。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-z, --time-cond date expression|file

(HTTP/FTP) Request a file that has been modified later than the given time and date, or one that has been modified before that time. The <date expression> can be all sorts of date strings or if it doesn't match any internal ones, it is taken as a filename and tries to get the modification date (mtime) from <file> instead. See the curl_getdate(3) man pages for date expression details.

HTTP/FTP 指定した日付と時刻より後または前に更新されたファイルをリクエストします。 あらゆる種類の日付文字列を日付の書式として利用でき,内部のいずれの形式にも一致しない場合は、ファイル名と見なされ,代わりに file から変更日( mtime )の取得が試みられます。 日付の書式の詳細は curl_getdate(3) man ページを見てください。

Start the date expression with a dash (-) to make it request for a document that is older than the given date/time, default is a document that is newer than the specified date/time.

既定では指定した日付/時刻より新しい文書がリクエストされます。 より古い文書をリクエストさせるには、日付の表記の先頭に文字 - を付加します。

If this option is used several times, the last one will be used.

多重付与:上書き

-h, --help

Usage help. This lists all current command line options with a short description.

使い方を表示します。 現時点のすべてのコマンドライン オプションが,短い説明を伴って示されます。 日本語訳

-M, --manual

Manual. Display the huge help text.

マニュアル。 長大なヘルプを表示します。 【このマニュアル自身に加えて、使い方の概要日本語訳)も示される。】

-V, --version

Displays information about curl and the libcurl version it uses.

curl と curl が利用している libcurl のバージョン情報を表示します。

The first line includes the full version of curl, libcurl and other 3rd party libraries linked with the executable.

最初の行は curl と libcurl および実行ファイルにリンクされている他の第三者によるライブラリの詳細バージョンを含みます。

The second line (starts with "Protocols:") shows all protocols that libcurl reports to support.

Protocols: で始まる2行目は libcurl がサポートするプロトコルを示します。

The third line (starts with "Features:") shows specific features libcurl reports to offer. Available features include:

Features: で始まる3行目は libcurl で提供される特定の機能を示します。 以下に挙げる機能が含まれます:

IPv6

You can use IPv6 with this.

IPv6 を利用できます。

krb4

Krb4 for FTP is supported.

FTP における Krb4 がサポートされています。

SSL

SSL versions of various protocols are supported, such as HTTPS, FTPS, POP3S and so on.

HTTPS, FTPS, POP3S 等々,種々のプロトコルにおける SSL の各種バージョンがサポートされています。

libz

Automatic decompression of compressed files over HTTP is supported.

HTTP を通した圧縮ファイルの自動解凍がサポートされています。

NTLM

NTLM authentication is supported.

NTLM 認証がサポートされています。

Debug

This curl uses a libcurl built with Debug. This enables more error-tracking and memory debugging etc. For curl-developers only!

この curl が利用する libcurl は Debug が組み込まれてビルドされています。 より詳細なエラー追跡やメモリーデバッグ機能等が組み込まれています。 curl 開発者専用です。

AsynchDNS

This curl uses asynchronous name resolves. Asynchronous name resolves can be done using either the c-ares or the threaded resolver backends.

この curl は非同期 名前解決を利用しています。 非同期 名前解決は、 c-ares またはスレッド化された名前解決バックエンドを用いて行われます。

SPNEGO

SPNEGO authentication is supported.

SPNEGO 認証がサポートされています。

Largefile

This curl supports transfers of large files, files larger than 2GB.

2GB より大きい巨大なファイルの転送がサポートされています。

IDN

This curl supports IDN - international domain names.

IDN — 国際化ドメイン名がサポートされています。

GSS-API

GSS-API is supported.

GSS-API がサポートされています。

SSPI

SSPI is supported.

SSPI がサポートされています。

TLS-SRP

SRP (Secure Remote Password) authentication is supported for TLS.

TLS における SRP (Secure Remote Password) 認証がサポートされています。

HTTP2

HTTP/2 support has been built-in.

HTTP/2 サポートが組み込まれています。

This curl supports Metalink (both version 3 and 4 (RFC 5854)), which describes mirrors and hashes. curl will use mirrors for failover if there are errors (such as the file or server not being available).

ミラーとハッシュを記述する Metalink (バージョン 3 と 4 の両方 (RFC 5854) )をサポートしています。 (ファイルやサーバが利用できないときなど)エラーが生じて失敗する場合はそれ用に挙げられているミラーが利用されます。

ファイル

~/.curlrc

Default config file, see -K, --config for details.

既定の設定ファイル。 詳細は -K, --config 参照。 【 Windows の場合は _curlrc

環境変数

The environment variables can be specified in lower case or upper case. The lower case version has precedence. http_proxy is an exception as it is only available in lower case.

環境変数は小文字と大文字のどちらで指定してもかまいません。 両方与えた場合は小文字の方が優先されます。 ただし、 http_proxy だけは例外で小文字でなければなりません。

Using an environment variable to set the proxy has the same effect as using the --proxy option.

プロキシの設定に環境変数を用いることは -x, --proxy オプションの利用と同じ効果をもたらします。

http_proxy [protocol://]host[:port]

Sets the proxy server to use for HTTP.

HTTP に利用するプロキシサーバを設定します。

HTTPS_PROXY [protocol://]host[:port]

Sets the proxy server to use for HTTPS.

HTTPS に利用するプロキシサーバを設定します。

url-protocol_PROXY [protocol://]host[:port]

Sets the proxy server to use for [url-protocol], where the protocol is a protocol that curl supports and as specified in a URL. FTP, FTPS, POP3, IMAP, SMTP, LDAP etc.

url-protocol のプロトコルの URL に対し利用するプロキシサーバを設定します。 ここで url-protocol は curl がサポートするプロトコルです。 FTP, FTPS, POP3, IMAP, SMTP, LDAP 等々。

ALL_PROXY [protocol://]host[:port]

Sets the proxy server to use if no protocol-specific proxy is set.

プロトコル固有のプロキシを設定していない場合に利用するプロキシサーバを設定します。

NO_PROXY comma-separated list of hosts

list of host names that shouldn't go through any proxy. If set to a asterisk '*' only, it matches all hosts.

プロキシを通すべきでないホスト名をコンマ区切りのリストで与えます。 アスタリスク * のみを与えた場合、すべてのホストが対象になります。

プロキシプロトコル接頭子

Since curl version 7.21.7, the proxy string may be specified with a protocol:// prefix to specify alternative proxy protocols.

curl バージョン 7.21.7 以降からは protocol:// 接頭子にプロキシ文字列を与えることにより,他のプロキシプロトコルを指定できるようになりました。

If no protocol is specified in the proxy string or if the string doesn't match a supported one, the proxy will be treated as an HTTP proxy.

プロキシ文字列にプロトコルが指定されなかった場合, または 文字列がサポートされるものと一致しなかった場合、プロキシは HTTP プロキシとして扱われます。

The supported proxy protocol prefixes are as follows:

サポートされるプロキシプロトコルは次になります:

socks4://

Makes it the equivalent of --socks4

--socks4 と等価になります。

socks4a://

Makes it the equivalent of --socks4a

--socks4a と等価になります。

socks5://

Makes it the equivalent of --socks5

--socks5 と等価になります。

socks5h://

Makes it the equivalent of --socks5-hostname

--socks5-hostname と等価になります。

終了コード

There are a bunch of different error codes and their corresponding error messages that may appear during bad conditions. At the time of this writing, the exit codes are:

何種類ものエラーコードと対応するエラーメッセージがあり、不具合が生じた場合に示されます。 この文書の更新時点では以下の終了コードがあります: 【 番号クリックで原文が表示されます。 尚、次のコードは( 2006-09-06 時点の)過去マニュアルには記載されていたが、現在は欠番(少なくとも crul 7.14 以降からは廃止された模様): 10, 12, 16, 20, 24, 29, 32, 40, 44, 46, 50, 57 。 コード 81 も欠番(過去マニュアルにも未記載)。 】

1

Unsupported protocol. This build of curl has no support for this protocol.

未サポートのプロトコル。 このビルドの curl はプロトコルをサポートしていない。

2

Failed to initialize.

初期化に失敗。

3

URL malformed. The syntax was not correct.

不正な URL 。構文に誤りがある。

4

A feature or option that was needed to perform the desired request was not enabled or was explicitly disabled at build-time. To make curl able to do this, you probably need another build of libcurl!

要求されたリクエストの実行に必要な機能またはオプションがビルド時に有効化されていない, あるいは明示的に無効化されている。実行可能にするためには libcurl の別のビルドが必要になるでしょう。

5

Couldn't resolve proxy. The given proxy host could not be resolved.

プロキシの解決不能。指定されたプロキシホストの名前解決ができなかった。

6

Couldn't resolve host. The given remote host was not resolved.

ホストの解決不能。指定されたホストの名前解決ができなかった。

7

Failed to connect to host.

ホストへの接続に失敗。

8

FTP weird server reply. The server sent data curl couldn't parse.

FTP サーバの意味不明な応答。解読不能なデータがサーバから送信されてきた。

9

FTP access denied. The server denied login or denied access to the particular resource or directory you wanted to reach. Most often you tried to change to a directory that doesn't exist on the server.

FTP アクセスが拒否された。サーバが特定のリソースまたはディレクトリへのアクセス要求あるいはログイン要求を拒否した。サーバ内に存在しないディレクトリへの移動の際など。

11

FTP weird PASS reply. Curl couldn't parse the reply sent to the PASS request.

不明な FTP PASS 応答。 PASS リクエストに対する応答が解読不能。

13

FTP weird PASV reply, Curl couldn't parse the reply sent to the PASV request.

不明な FTP PASV 応答。 PASV リクエストに対する応答が解読不能。

14

FTP weird 227 format. Curl couldn't parse the 227-line the server sent.

不明な FTP 応答コード 227 。サーバから送信されてきた応答コード 227 の行が解読不能。

15

FTP can't get host. Couldn't resolve the host IP we got in the 227-line.

FTP ホスト取得不能。応答コード 227 の行から取得したホスト IP の解決ができなかった。

17

FTP couldn't set binary. Couldn't change transfer method to binary.

FTP バイナリ不可。転送方式をバイナリに変更できなかった。

18

Partial file. Only a part of the file was transferred.

不完全ファイル。ファイルの一部分しか転送できなかった。

19

FTP couldn't download/access the given file, the RETR (or similar) command failed.

ファイルのダウンロード/アクセス不能。 FTP RETR (もしくは同様の)コマンドが失敗。

21

FTP quote error. A quote command returned error from the server.

FTP quote エラー。サーバが quote コマンドにエラーを返してきた。

22

HTTP page not retrieved. The requested url was not found or returned another error with the HTTP error code being 400 or above. This return code only appears if -f, --fail is used.

HTTP ページ取得不能。要求した URL が見当たらないか, 他の 400 番以上の HTTP エラーコードを返してきた。この応答コードは -f, --fail が用いられたときにのみ示される。

23

Write error. Curl couldn't write data to a local filesystem or similar.

書き込みエラー。ローカルファイルシステム等にデータを書き込めなかった。

25

FTP couldn't STOR file. The server denied the STOR operation, used for FTP uploading.

FTP STOR 不可。サーバが FTP アップロードに用いた STOR 処理を拒否した。

26

Read error. Various reading problems.

読み取りエラー。読み取りに問題が生じた。

27

Out of memory. A memory allocation request failed.

メモリ不足。メモリ割当要求が失敗した。

28

Operation timeout. The specified time-out period was reached according to the conditions.

処理時間切れ。指示された時間制限に達した。

30

FTP PORT failed. The PORT command failed. Not all FTP servers support the PORT command, try doing a transfer using PASV instead!

FTP PORT 失敗。 PORT コマンドに失敗。すべての FTP サーバが PORT コマンドをサポートしているとは限らない。代わりに PASV による転送を試すように。

31

FTP couldn't use REST. The REST command failed. This command is used for resumed FTP transfers.

FTP REST 利用不可。 REST コマンドに失敗。このコマンドは FTP 転送の再開に用いられるものである。

33

HTTP range error. The range "command" didn't work.

HTTP 範囲エラー。範囲指定「コマンド」が機能しなかった。【おそらく -r, --range を指す】

34

HTTP post error. Internal post-request generation error.

HTTP POST エラー。内部的 POST リクエスト生成のエラー。

35

SSL connect error. The SSL handshaking failed.

SSL 接続エラー。 SSL ハンドシェイクに失敗。

36

FTP bad download resume. Couldn't continue an earlier aborted download.

FTP の不正なダウンロード再開。以前に中断したダウンロードの継続ができなかった。

37

FILE couldn't read file. Failed to open the file. Permissions?

FILE プロトコルにおいてファイルを読み取れない。ファイルを開けなかった。(パーミッションの設定に誤り?)

38

LDAP cannot bind. LDAP bind operation failed.

LDAP バインド不能。 LDAP バインド処理に失敗。

39

LDAP search failed.

LDAP 検索に失敗。

41

Function not found. A required LDAP function was not found.

機能不備。必要な LDAP 機能が見当たらない。

42

Aborted by callback. An application told curl to abort the operation.

コールバックによる中止。アプリケーションが curl に処理の中止を要求した。

43

Internal error. A function was called with a bad parameter.

内部エラー。不正なパラメタにより関数が呼び出された。

45

Interface error. A specified outgoing interface could not be used.

内部エラー。指定された出力インタフェースが利用できない。

47

Too many redirects. When following redirects, curl hit the maximum amount.

リダイレクト過多。リダイレクト追跡において、最大限界数に達した。

48

Unknown option specified to libcurl. This indicates that you passed a weird option to curl that was passed on to libcurl and rejected. Read up in the manual!

libcurl に対し未知のオプションが指定されている。これは何か変なオプションを curl に与えたために libcurl から拒絶されたことを意味する。マニュアルをよく読むように。

49

Malformed telnet option.

不正な -t, --telnet-option オプション。

51

The peer's SSL certificate or SSH MD5 fingerprint was not OK.

ピアの SSL 証明書または SSH MD5 フィンガープリントが不正。

52

The server didn't reply anything, which here is considered an error.

それがエラーと見なされる状況において、サーバが応答してこなかった。

53

SSL crypto engine not found.

SSL 暗号化エンジンが見当たらない。

54

Cannot set SSL crypto engine as default.

SSL 暗号化エンジンを既定のものとして設定できなかった。

55

Failed sending network data.

ネットワークデータ送信失敗。

56

Failure in receiving network data.

ネットワークデータ受信失敗。

58

Problem with the local certificate.

ローカル証明書に問題がある。

59

Couldn't use specified SSL cipher.

指定された SSL 暗号が利用不能。

60

Peer certificate cannot be authenticated with known CA certificates.

ピア証明書が認知されている CA の証明書では認証できない。

61

Unrecognized transfer encoding.

不明な転送エンコーディング。

62

Invalid LDAP URL.

無効な LDAP URL 。

63

Maximum file size exceeded.

最大ファイルサイズ超過。

64

Requested FTP SSL level failed.

要求される FTP SSL レベルに失敗。

65

Sending the data requires a rewind that failed.

送信データの巻き戻しの必要があり、失敗。

66

Failed to initialise SSL Engine.

SSL エンジンの初期化に失敗。

67

The user name, password, or similar was not accepted and curl failed to log in.

ユーザ名、パスワード等が承認されずログイン不能。

68

File not found on TFTP server.

TFTP サーバにファイルが見つからない。

69

Permission problem on TFTP server.

TFTP サーバにおけるパーミッションに問題。

70

Out of disk space on TFTP server.

TFTP サーバのディスク容量が超過。

71

Illegal TFTP operation.

不正な TFTP 処理。

72

Unknown TFTP transfer ID.

未知の TFTP 転送 ID 。

73

File already exists (TFTP).

ファイルがすでに存在。(TFTP)

74

No such user (TFTP).

未知のユーザ。(TFTP)

75

Character conversion failed.

文字変換に失敗。

76

Character conversion functions required.

文字変換機能が必要。

77

Problem with reading the SSL CA cert (path? access rights?).

SSL CA cert の読み取りに問題がある(パス? アクセス権?)。

78

The resource referenced in the URL does not exist.

URL の参照先にリソースが存在しない。

79

An unspecified error occurred during the SSH session.

SSH セッション中に不特定のエラー発生。

80

Failed to shut down the SSL connection.

SSL 接続のシャットダウンに失敗。

82

Could not load CRL file, missing or wrong format (added in 7.19.0).

CRL ファイルを読み込めなかった。存在しないかフォーマットが不正。(7.19.0 以降)

83

Issuer check failed (added in 7.19.0).

発行元のチェックに失敗。(7.19.0 以降) CURLE_SSL_ISSUER_ERROR

84

The FTP PRET command failed

FTP PRET コマンド失敗。

85

RTSP: mismatch of CSeq numbers

RTSP: CSeq 数が合わない。

86

RTSP: mismatch of Session Identifiers

RTSP: セッション識別子が合わない。

87

unable to parse FTP file list

FTP ファイルリストがパースできない。

88

FTP chunk callback reported error

FTP チャンク コールバックからエラーが報告された。

89

No connection available, the session will be queued

利用可能な接続が無い — セッションは queue されることになる。

90

SSL public key does not matched pinned public key

SSL 公開鍵が pinned 公開鍵( --pinnedpubkey 参照)に一致しなかった。

XX

More error codes will appear here in future releases. The existing ones are meant to never change.

将来のリリース版にはさらにエラーコードが追加されることになりますが、これまでのものについては決して変更されません。

著者/協力者

Daniel Stenberg is the main author, but the whole list of contributors is found in the separate THANKS file.

主著者は Daniel Stenberg ですが、すべての協力者の一覧が別の THANKS ファイルに掲載されています。

ウェブ

http://curl.haxx.se

FTP サイト

ftp://ftp.sunet.se/pub/www/utilities/curl/

関連項目

ftp (1) wget (1)