Manual -- curl usage explained

最新版

curl ウェブページ https://curl.haxx.se から最新版と最新情報を取得できます。 You always find news about what's going on as well as the latest versions from the curl web pages, located at: https://curl.haxx.se

簡単な用例

Netscape のウェブサーバからメインページを取得: Get the main page from Netscape's web-server:

curl http://www.netscape.com/

funet の FTP サーバのユーザホームディレクトリから README ファイルを取得: Get the README file the user's home directory at funet's ftp-server:

curl ftp://ftp.funet.fi/README

サーバのポート 8000 番からウェブページを取得: Get a web page from a server using port 8000:

curl http://www.weirdserver.com:8000/

FTP サイトからディレクトリ リストを取得: Get a directory listing of an FTP site:

curl ftp://cool.haxx.se/

ディクショナリから "curl" の定義を取得: Get the definition of curl from a dictionary:

curl dict://dict.org/m:curl

一度に2つの文書を取得: Fetch two documents at once:

curl ftp://cool.haxx.se/ http://www.weirdserver.com:8000/

FTPS サーバからファイルを取得: Get a file off an FTPS server:

curl ftps://files.are.secure.com/secrets.txt

あるいは、より FTPS として正しい作法で同じファイルを取得: or use the more appropriate FTPS way to get the same file:

curl --ssl ftp://files.are.secure.com/secrets.txt

【原文では "--ssl" でなく "--ftp-ssl" となっているが、このオプション名は curl バージョン 7.20.0 以降からは "--ssl" に改められている。】

SSH サーバから SFTP を利用してファイルを取得: Get a file from an SSH server using SFTP:

curl -u username sftp://example.com/etc/issue

プライベート鍵(パスワード保護なし)による認証を用いた SCP を利用して SSH サーバからファイルを取得: Get a file from an SSH server using SCP using a private key (not password-protected) to authenticate:

curl -u username: --key ~/.ssh/id_rsa \
     scp://example.com/~/file.txt

プライベート鍵(パスワード保護あり)による認証を用いた SCP を利用して SSH サーバからファイルを取得: Get a file from an SSH server using SCP using a private key (password-protected) to authenticate:

curl -u username: --key ~/.ssh/id_rsa --pass private_key_password \
     scp://example.com/~/file.txt

IPv6 ウェブサーバからメインページを取得: Get the main page from an IPv6 web server:

curl "http://[2001:1890:1112:1::20]/"

SMB サーバからファイルを取得: Get a file from an SMB server:

curl -u "domain\username:passwd" smb://server.example.com/share/file.txt

ダウンロード

ウェブページを取得して、ローカルファイルに名前を付けて保存: Get a web page and store in a local file with a specific name:

curl -o thatpage.html http://www.netscape.com/

ウェブページをローカルに保存する際に、ファイル名をリモートのものと同じにさせる( URL にファイル名を与えていないと,これは失敗する): Get a web page and store in a local file, make the local file get the name of the remote document (if no file name part is specified in the URL, this will fail):

curl -O http://www.netscape.com/index.html

一度に2ファイル取得しつつ,両者ともリモート名で保存: Fetch two files and store them with their remote names:

curl -O www.haxx.se/index.html -O curl.haxx.se/download.html

パスワードの利用

FTP

名前とパスワード(ここでは namepasswd とする — 以下の例でも同様)を用いて FTP にアクセスするには、次の様に URL に埋め込む: To ftp files using name+passwd, include them in the URL like:

curl ftp://name:passwd@machine.domain:port/full/path/to/file

あるいは -u オプションを用いて指定してもよい: or specify them with the -u flag like

curl -u name:passwd ftp://machine.domain:port/full/path/to/file

FTPS

FTP と似ているが, FTPS の場合、証明書等の SSL 固有のオプションを指定することになるだろう。 It is just like for FTP, but you may also want to specify and use SSL-specific options for certificates etc.

注意:接頭子に ftps:// を用いるのが,標準に倣う暗黙的な方法であるが、 ftp://--ssl オプション を用いる明示的方法が推奨される。 Note that using FTPS:// as prefix is the "implicit" way as described in the standards while the recommended "explicit" way is done by using FTP:// and the --ftp-ssl option.

SFTP / SCP

FTP と似ているが、 --key オプションを用いて,パスワードの代わりにプライベート鍵を指定できる。 プライベート鍵それ自体はリモートシステムへのログインパスワードとは無関係なパスワードにより保護されることに注意 — このパスワードは --pass オプションで指定する。 公開鍵は概して,プライベート鍵ファイルから自動的に curl により抽出されるが、 curl が適正なライブラリによるサポートを備えていない場合、照合するための公開鍵ファイルが --pubkey オプションで指定される必要がある。 This is similar to FTP, but you can use the --key option to specify a private key to use instead of a password. Note that the private key may itself be protected by a password that is unrelated to the login password of the remote system; this password is specified using the --pass option. Typically, curl will automatically extract the public key from the private key file, but in cases where curl does not have the proper library support, a matching public key file must be specified using the --pubkey option.

HTTP

curl は HTTP URL におけるユーザ名とパスワードの埋込みもサポートする。 ファイル取得は次のようにする: Curl also supports user and password in HTTP URLs, thus you can pick a file like:

curl http://name:passwd@machine.domain/full/path/to/file

ユーザ名とパスワードは別途指定することもできる: or specify user and password separately like in

curl -u name:passwd http://machine.domain/full/path/to/file

HTTP にはいくつもの異なる認証手段があり、 curl においては Basic, Digest, NTLM, Negotiate (SPNEGO) がサポートされる。 どの手段を用いるか指定しなかった場合のデフォルトは Basic になる。 --anyauth オプションを用いると、サーバが受容可能な認証手段のうち,最も安全なものを curl に自動的に選ばせることができる。 HTTP offers many different methods of authentication and curl supports several: Basic, Digest, NTLM and Negotiate (SPNEGO). Without telling which method to use, curl defaults to Basic. You can also ask curl to pick the most secure ones out of the ones that the server accepts for the given URL, by using --anyauth.

注意! URL 仕様から, HTTP URL はユーザ名とパスワードを含むことができないので、(他のときでは可能でも)プロキシを通して curl を利用する場合は,このやり方は機能しない。 プロキシを利用するときは, -u で指定しなければならない NOTE! According to the URL specification, HTTP URLs can not contain a user and password, so that style will not work when using curl via a proxy, even though curl allows it at other times. When using a proxy, you _must_ use the -u style for user and password.

HTTPS

最も一般的な利用は、後で説明されるように,プライベート証明書との併用になるだろう。 Probably most commonly used with private certificates, as explained below.

プロキシ

curl はオプションの認証も含め, HTTP と SOCKS のいずれのプロキシもサポートする。 FTP プロキシサーバについては,標準が存在しないので特別なサポートはないが、それでも,それらの多くに対し機能し得る。 FTP サーバから, あるいはサーバへのファイル転送には、 HTTP と SOCKS のいずれのプロキシも利用できる。 curl supports both HTTP and SOCKS proxy servers, with optional authentication. It does not have special support for FTP proxy servers since there are no standards for those, but it can still be made to work with many of them. You can also use both HTTP and SOCKS proxies to transfer files to and from FTP servers

ポート 888 を利用する my-proxy という名前の HTTP プロキシを通して、 FTP からファイルを取得: Get an ftp file using an HTTP proxy named my-proxy that uses port 888:

curl -x my-proxy:888 ftp://ftp.leachsite.com/README

上と同じプロキシを通して、ユーザ名とパスワードを要求する HTTP サーバから,ファイルを取得: Get a file from an HTTP server that requires user and password, using the same proxy as above:

curl -u user:passwd -x my-proxy:888 http://www.get.this/

一部のプロキシは、特別な認証を要する。 -U を用いて,上と同様に指定する: Some proxies require special authentication. Specify by using -U as above:

curl -U user:passwd -x my-proxy:888 http://www.get.this/

プロキシを利用させたくないホストやドメインを,コンマ区切りのリストで指定することもできる: A comma-separated list of hosts and domains which do not use the proxy can be specified as:

curl --noproxy localhost,get.this -x my-proxy:888 http://www.get.this/

HTTP/1.1 の代わりに HTTP/1.0 を利用して CONNECT を試行させたい場合は、 --proxy (または -x )の代わりに --proxy1.0 でプロキシを指定する。 If the proxy is specified with --proxy1.0 instead of --proxy or -x, then curl will use HTTP/1.0 instead of HTTP/1.1 for any CONNECT attempts.

--socks4 による SOCKS4 プロキシ,および --socks5 による SOCKS5 プロキシもサポートされる。 curl also supports SOCKS4 and SOCKS5 proxies with --socks4 and --socks5.

更なるプロキシ制御については、 curl がサポートする環境変数を参照のこと。 See also the environment variables Curl supports that offer further proxy control.

ほとんどの FTP プロキシサーバは,クライアント側からは通常の FTP サーバに見えるように設定されており、リモート FTP サーバを選択するための特別なコマンドを伴う。 curl では、多くの FTP プロキシを通した転送の設定に利用できる, -u, -Q, --ftp-account オプションもサポートされる。 次の例は、オプションと伴に Blue Coat FTP プロキシを利用して,リモートの FTP サーバにファイルをアップロードする: Most FTP proxy servers are set up to appear as a normal FTP server from the client's perspective, with special commands to select the remote FTP server. curl supports the -u, -Q and --ftp-account options that can be used to set up transfers through many FTP proxies. For example, a file can be uploaded to a remote FTP server using a Blue Coat FTP proxy with the options:

curl -u "Remote-FTP-Username@remote.ftp.server Proxy-Username:Remote-Pass" \
    --ftp-account Proxy-Password --upload-file local-file \
    ftp://my-ftp.proxy.server:21/remote/upload/path/

FTP プロキシの転送に予期されている設定については、そのプロキシのマニュアルを確認されたし。 curl が正確に何を送信しているかを見るには -v オプションを用いる。 See the manual for your FTP proxy to determine the form it expects to set up transfers, and curl's -v option to see exactly what curl is sending.

範囲指定

HTTP 1.1 からはバイト単位の範囲指定が導入されている。 これにより、クライアントは文書の(いくつかの)部分のみをリクエストすることが可能になる。 HTTP の場合は複数の部分もリクエスト可能である。 この機能は -r オプションでサポートされる。 HTTP 1.1 introduced byte-ranges. Using this, a client can request to get only one or more subparts of a specified document. Curl supports this with the -r flag.

文書の最初の 100 バイトを取得: Get the first 100 bytes of a document:

curl -r 0-99 http://www.get.this/

文書の最後の 500 バイトを取得: Get the last 500 bytes of a document:

curl -r -500 http://www.get.this/

FTP ファイルについても、単独の区間に限り,サポートされる。 始点と終点を指定する。 Curl also supports simple ranges for FTP files as well. Then you can only specify start and stop position.

FTP により文書の最初の 100 バイトを取得: Get the first 100 bytes of a document using FTP:

curl -r 0-99 ftp://www.get.this/README

アップロード

FTP / FTPS / SFTP / SCP

標準入力(stdin)からの全データをサーバにアップロード: Upload all data on stdin to a specified server:

curl -T - ftp://ftp.upload.com/myfile

ユーザ名とパスワードでログイン後に,ファイルのデータをアップロード: Upload data from a specified file, login with user and password:

curl -T uploadfile -u user:passwd ftp://ftp.upload.com/myfile

転送先のファイル名がローカルファイルと同じ名前になるように,リモートサイトにアップロード: Upload a local file to the remote site, and use the local file name at the remote site too:

curl -T uploadfile -u user:passwd ftp://ftp.upload.com/

ローカルファイルを,リモートファイルに追記するようにアップロード: Upload a local file to get appended to the remote file:

curl -T localfile -a ftp://ftp.upload.com/remotefile

プロキシを通した FTP アップロードもサポートされる。 ただし、プロキシがトンネルを許容している必要がある。 次のような形になる: Curl also supports ftp upload through a proxy, but only if the proxy is configured to allow that kind of tunneling. If it does, you can run curl in a fashion similar to:

curl --proxytunnel -x proxy:port -T localfile ftp.upload.com

SMB/SMBS

curl -T file.txt -u "domain\username:passwd" smb://server.example.com/share/

HTTP

標準入力(stdin)からの全データを HTTP サイトにアップロード: Upload all data on stdin to a specified HTTP site:

curl -T - http://www.upload.com/myfile

ただし、 HTTP サーバが PUT を許容するように設定されている必要があることに注意。 Note that the HTTP server must have been configured to accept PUT before this can be done successfully.

HTTP データをアップロードする別法については、後の POST 節を参照のこと。 For other ways to do HTTP data upload, see the POST section below.

冗長/デバッグモード

curl が意図されたように動作しない,サーバがアクセスさせてくれない,あるいは応答の意味が汲み取れないような場合、 -v オプションによる,冗長モードが使える。 クライアントとサーバ間の全てのやり取りが利用者から見えるように、(実際のデータは伏せつつ)たくさんの情報と送受信の内容が出力される。 If curl fails where it isn't supposed to, if the servers don't let you in, if you can't understand the responses: use the -v flag to get verbose fetching. Curl will output lots of info and what it sends and receives in order to let the user see all client-server interaction (but it won't show you the actual data).

curl -v ftp://ftp.upload.com/

curl の動作について更なる詳細や情報を得たければ、 --trace あるいは --trace-ascii オプションを用いてログをとるファイル名を与える。 次の様に: To get even more details and information on what curl does, try using the --trace or --trace-ascii options with a given file name to log to, like this:

curl --trace trace.txt www.haxx.se

詳細情報

特定のファイル/文書について,詳しい情報を得るための手段は、プロトコルごとに異なる。 単独のファイルについての詳細を得るには、 -I/--head オプションを用いる。 HTTP と FTP においては、ファイルについて取得可能な全情報が得られる。 HTTP からは、より多岐にわたる情報が得られる。 Different protocols provide different ways of getting detailed information about specific files/documents. To get curl to show detailed information about a single file, you should use -I/--head option. It displays all available info on a single file for HTTP and FTP. The HTTP information is a lot more extensive.

HTTP の場合、 -i/--include を用いてデータに先立って示される( -I により得られるものと同じ)ヘッダ情報を取得できる。 FTP や HTTP からファイルを取得する際に,ヘッダを別途指定したファイルに保存させたいときは、 -D/--dump-header オプションが利用できる。 For HTTP, you can get the header information (the same as -I would show) shown before the data by using -i/--include. Curl understands the -D/--dump-header option when getting files from both FTP and HTTP, and it will then store the headers in the specified file.

HTTP ヘッダを別ファイル(この例では headers.txt )に保存: Store the HTTP headers in a separate file (headers.txt in the example):

curl --dump-header headers.txt curl.haxx.se

別ファイルに保存しておいたヘッダは、サーバから受け取ったクッキーを後で利用したいときに非常に役立つ。 詳細はクッキー節を参照。 Note that headers stored in a separate file can be very useful at a later time if you want curl to use cookies sent by the server. More about that in the cookies section.

HTTP POST

curl によるデータのポストは簡単である。 -d データ オプションを用いる。 ポストデータは URL エンコードしておかなければならない。 It's easy to post data using curl. This is done using the -d <data> option. The post data must be urlencoded.

簡単な namephone のポスト: Post a simple "name" and "phone" guestbook.

curl -d "name=Rafael%20Sagula&phone=3320780" \
    http://www.where.com/guest.cgi

curl によるフォームポストの手始め: How to post a form with curl, lesson #1:

フォーム内の必要な <input> タグを全て抜き出す。 (これを自動化してくれる formfind.pl という perl プログラムも curl のサイトに用意されている。) Dig out all the <input> tags in the form that you want to fill in. (There's a perl program called formfind.pl on the curl site that helps with this).

フォームに “通常の” post があるならば、 -d をポストに用いる。 -d は、次のような形式の完全な “ポスト文字列” を引数にとる: If there's a "normal" post, you use -d to post. -d takes a full "post string", which is in the format

変数名1=データ1&変数名2=データ2&...

変数名1, 変数名2 ... の実際の名前は、 <input> タグで name=... に設定されている名前になる。 データ1, データ2 ... の実際の内容は、 <input> フィールドに入力されるべき内容になる。 データは正しく URL エンコードされてなければならない。 すなわち、スペースは + に,特殊な文字は %XXXX は文字の ASCII コードの 16 進表現)に置き換える。 The 'variable' names are the names set with "name=" in the <input> tags, and the data is the contents you want to fill in for the inputs. The data *must* be properly URL encoded. That means you replace space with + and that replace weird letters with %XX where XX is the hexadecimal representation of the letter's ASCII code.

例:

<form action="post.cgi" method="post">
<input name=user size=10>
<input name=pass type=password size=10>
<input name=id type=hidden value="blablabla">
<input name=ding value="submit">
</form>

ユーザ名 foobar とパスワード 12345 を入力させたいとする。 ページの URL が http://www.formpost.com/getthis/ だったとするなら、これらをポストするコマンドラインは次のようになる: We want to enter user 'foobar' with password '12345'. To post to this, you enter a curl command line like:

curl -d "user=foobar&pass=12345&id=blablabla&ding=submit" \
    http://www.formpost.com/getthis/post.cgi

-d オプションにおいては、一般的に CGI 等により受容される MIME タイプ application/x-www-form-urlencoded が利用される。 一方で、 curl では,次に示すより高機能な multipart/form-data タイプもサポートされる。 後者のタイプでは、ファイルアップロードなども可能になる。 While -d uses the application/x-www-form-urlencoded mime-type, generally understood by CGI's and similar, curl also supports the more capable multipart/form-data type. This latter type supports things like file upload.

-F オプションは -F "name=contents" の様な形で引数をとる。 内容データ( contents )をファイルから読み込ませたい場合は name=@ファイル名 の書式で指定する。 ファイルを指定した場合、ファイル名の後に ;type=MIME タイプ を付加して,ファイルの内容型( content-type )を指定することもできる。 複数のファイルを1つのフィールドにまとめてポストすることもできる。 例えば、それぞれ内容型が異なる3ファイルを,フィールド名 coolfiles にひとまとめにする場合、次のような書式になる: -F accepts parameters like -F "name=contents". If you want the contents to be read from a file, use <@filename> as contents. When specifying a file, you can also specify the file content type by appending ';type=<mime type>' to the file name. You can also post the contents of several files in one field. For example, the field name 'coolfiles' is used to send three files, with different content types using the following syntax:

curl -F "coolfiles=@fil1.gif;type=image/gif,fil2.txt,fil3.html" \
    http://www.post.com/postit.cgi

内容型を省略した場合、ファイルの拡張子から推定される(ただし,ごく一部の内容型しかサポートされていない)。 あるいは、以前に指定した内容型が再利用される(一度に複数のファイルを指定した場合、先頭のファイルからとられる)。 あるいは、既定の 'application/octet-stream' が利用される。 If the content-type is not specified, curl will try to guess from the file extension (it only knows a few), or use the previously specified type (from an earlier file if several files are specified in a list) or else it will use the default type 'application/octet-stream'.

以下に -F によるフォーム入力の模倣を示す。 フォームには3つの入力フィールド: (1) ポストするファイル名, (2) ユーザ名, (3) ファイルについての説明文, があり、ポストしたいファイル名は cooltext.txt であるとする。 これらのデータを普段利用しているブラウザを利用せずに, curl からポストさせるためには、予めページの HTML ソースを読んで入力フィールドの名前を見つけておく必要がある。 この例では、入力フィールド名が file, yourname, filedescription であったとする。 Emulate a fill-in form with -F. Let's say you fill in three fields in a form. One field is a file name which to post, one field is your name and one field is a file description. We want to post the file we have written named "cooltext.txt". To let curl do the posting of this data instead of your favourite browser, you have to read the HTML source of the form page and find the names of the input fields. In our example, the input field names are 'file', 'yourname' and 'filedescription'.

curl -F "file=@cooltext.txt" -F "yourname=Daniel" \
    -F "filedescription=Cool text file with cool text inside" \
    http://www.post.com/postit.cgi

一度に2つのフィールドをポストするには、2通りの方法がある: To send two files in one post you can do it in two ways:

1. 1つのフィールドに2つのファイルを託す: 1. Send multiple files in a single "field" with a single field name:

curl -F "pictures=@dog.gif,cat.gif"

2. ファイルのそれぞれに対し1つずつの,2つのフィールドを使う: 2. Send two fields with two field names:

curl -F "docpicture=@dog.gif" -F "catpicture=@cat.gif"

先頭の @< , あるいは後続の ;type= を解釈させずに,フィールド値をリテラルとして送信するためには、 -F の代わりに --form-string を用いる。 このやり方は利用者や他の予測不能なソースから値を取得している場合に推奨される。 これらの状況において -F を用いると、利用者が誤って curl にファイルのアップロードをさせてしまう可能性が生じる。 To send a field value literally without interpreting a leading '@' or '<', or an embedded ';type=', use --form-string instead of -F. This is recommended when the value is obtained from a user or some other unpredictable source. Under these circumstances, using -F instead of --form-string would allow a user to trick curl into uploading a file.

リファラ

HTTP リクエストには、オプションでページアクセスの参照元アドレス情報(リファラ)を含ませられる。 このリファラをコマンドラインから指定できる。 この機能は、リファラ情報の有無やその内容に動作が依存してしまう困ったサーバや, CGI スクリプトを上手く騙す際に特に有用である。 An HTTP request has the option to include information about which address referred it to the actual page. Curl allows you to specify the referrer to be used on the command line. It is especially useful to fool or trick stupid servers or CGI scripts that rely on that information being available or contain certain data.

curl -e www.coolsite.com http://www.showme.com/

注意: Referer フィールド(綴り的には “Referrer” だが “Referer” )は、 HTTP 仕様によれば,完全な URL (絶対 URL )にするものとされている。 NOTE: The Referer: [sic] field is defined in the HTTP spec to be a full URL.

ユーザエージェント

HTTP リクエストには、オプションでリクエストを生成したブラウザの情報( User-Agent )を含ませられる。 この情報をコマンドラインから指定できる。 この機能は、特定のブラウザしか受け付けてくれない困ったサーバや CGI スクリプトを騙す際に特に有用である。 An HTTP request has the option to include information about the browser that generated the request. Curl allows it to be specified on the command line. It is especially useful to fool or trick stupid servers or CGI scripts that only accept certain browsers.

例:

curl -A 'Mozilla/3.0 (Win95; I)' http://www.nationsbank.com/

他のよく利用される文字列: Other common strings:

'Mozilla/3.0 (Win95; I)'     Netscape Version 3 for Windows 95
'Mozilla/3.04 (Win95; U)'    Netscape Version 3 for Windows 95
'Mozilla/2.02 (OS/2; U)'     Netscape Version 2 for OS/2
'Mozilla/4.04 [en] (X11; U; AIX 4.2; Nav)'           NS for AIX
'Mozilla/4.05 [en] (X11; U; Linux 2.0.32 i586)'      NS for Linux

ただし Internet Explorer はどうやっても互換性をとることが難しい: Note that Internet Explorer tries hard to be compatible in every way:

'Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows 95)'    W95 の MSIE

ユーザエージェント名は Mozilla ばかりではない: Mozilla is not the only possible User-Agent name:

'Konqueror/1.0'             KDE ファイル マネージャ デスクトップ クライアント
'Lynx/2.7.1 libwww-FM/2.14' Lynx コマンドライン ブラウザ

クッキー

一般に,クッキーは、クライアント側の状態情報を維持するために,ウェブサーバから利用されるものである。 サーバは Set-Cookie: data のような形式の応答行を含ませたヘッダを返すことにより、クッキーを設定する。 通常、 data 部は( "NAME1=VALUE1; NAME2=VALUE2;" のようにセミコロン ; で区切られた) 名前= のペアの集合である。 サーバは、 クッキーが利用されるべきパス( path=パス名 等と指定), クッキーの有効期限( expire=日付 ), ドメイン( domain=ドメイン名 ), クッキーの利用にセキュア接続が必須なのかどうか ( secure ) についても指定してくる。 Cookies are generally used by web servers to keep state information at the client's side. The server sets cookies by sending a response line in the headers that looks like 'Set-Cookie: <data>' where the data part then typically contains a set of NAME=VALUE pairs (separated by semicolons ';' like "NAME1=VALUE1; NAME2=VALUE2;"). The server can also specify for what path the "cookie" should be used for (by specifying "path=value"), when the cookie should expire ("expire=DATE"), for what domain to use it ("domain=NAME") and if it should be used on secure connections only ("secure").

サーバから、次のようなヘッダを含むページが受信されたとする: If you've received a page from a server that contains a header like:

Set-Cookie: sessionid=boo123; path="/foo";

この場合サーバは、パスが /foo で開始されるページを取得する際に,この中の最初のペアを渡してもらうことを期待している。 it means the server wants that first pair passed on when we get anything in a path beginning with "/foo".

例えば、クッキーにより渡された name を要求するページを取得する場合: Example, get a page that wants my name passed in a cookie:

curl -b "name=Daniel" www.sillypage.com

以前に受け取ったクッキーは、後続のセッションに利用できる。 サーバから取得したクッキーを次のようにファイルに保存したとする: Curl also has the ability to use previously received cookies in following sessions. If you get cookies from a server and store them in a file in a manner similar to:

curl --dump-header headers www.example.com

そのサイト(あるいは別サイト)へ再び接続する際に、ファイル headers に保存しておいたクッキーを利用できる: ... you can then in a second connect to that (or another) site, use the cookies from the 'headers' file like:

curl -b headers www.example.com

ヘッダをファイルに保存する方法は,クッキーの保管に有効ではあるが、エラーも生じ易いので推奨される方法ではない。 代わりに、受け取ったクッキーを一般的な netscape クッキー形式で保存させるとよい: While saving headers to a file is a working way to store cookies, it is however error-prone and not the preferred way to do this. Instead, make curl save the incoming cookies using the well-known netscape cookie format like this:

curl -c cookies.txt www.example.com

-b オプションを用いると,「クッキーの意識的処理」が有効になる。 更に, -L オプションを用いれば、 location: ヘッダに追従させることもできる(これは,よくクッキーと併用される)。 サイトからクッキーと location が送信されてくる場合、次のように存在しないファイルを与えて,「クッキーの意識的処理」を起動させられる: Note that by specifying -b you enable the "cookie awareness" and with -L you can make curl follow a location: (which often is used in combination with cookies). So that if a site sends cookies and a location, you can use a non-existing file to trigger the cookie awareness like:

curl -L -b empty.txt www.example.com

クッキーを読み込むファイルは、プレーンな HTTP ヘッダ,または netscape クッキーファイル形式でなければならない。 いずれの形式かは、ファイルの内容から判別される。 上述のコマンドでは、 www.example.com から取得されたヘッダが構文解析された上で,クッキーが保存される。 保存されたクッキーのうち,リクエストに合致するものが、 location に追従する際にサーバへ送信される。 empty.txt は、存在しないファイルでもよい。 The file to read cookies from must be formatted using plain HTTP headers OR as netscape's cookie file. Curl will determine what kind it is based on the file contents. In the above command, curl will parse the header and store the cookies received from www.example.com. curl will send to the server the stored cookies which match the request as it follows the location. The file "empty.txt" may be a nonexistent file.

クッキーの読み書きを netscape クッキーファイルにて行う場合、同じファイルを -b-c の両者に同時に与えることもできる: To read and write cookies from a netscape cookie file, you can set both -b and -c to use the same file:

curl -b cookies.txt -c cookies.txt www.example.com

プログレスメータ

プログレスメータは、動作状況を利用者に示すためのものである。 出力の各フィールドの意味は次のとおり: The progress meter exists to show a user that something actually is happening. The different fields in the output have the following meaning:


% Total    % Received % Xferd  Average Speed          Time             Curr.
                               Dload  Upload Total    Current  Left    Speed
0  151M    0 38608    0     0   9406      0  4:41:43  0:00:04  4:41:39  9287

左から順に:
 %             - 転送全体の進捗状況(パーセント)
 Total         - 予期されている全体の転送量
 %             - ダウンロードの進捗状況(パーセント)
 Received      - ダウンロード量(バイト)
 %             - アップロードの進捗状況(パーセント)
 Xferd         - アップロード量(バイト)
 Average Speed
   Dload       - 平均ダウンロード速度
   Upload      - 平均アップロード速度
 Time
   Total       - 起動から完了までに要する予測時間
   Current     - 起動時からの経過時間
   Left        - 現時点から完了までに要する予測時間
 Curr.Speed    - 直近5秒間における平均転送速度
                (起動時から最初の5秒までは、それまでの平均)
From left-to-right:
 %             - percentage completed of the whole transfer
 Total         - total size of the whole expected transfer
 %             - percentage completed of the download
 Received      - currently downloaded amount of bytes
 %             - percentage completed of the upload
 Xferd         - currently uploaded amount of bytes
 Average Speed
 Dload         - the average transfer speed of the download
 Average Speed
 Upload        - the average transfer speed of the upload
 Time Total    - expected time to complete the operation
 Time Current  - time passed since the invoke
 Time Left     - expected time left to completion
 Curr.Speed    - the average transfer speed the last 5 seconds (the first
                 5 seconds of a transfer is based on less time of course.)

-# オプションを与えると,全く異なるプログレスバーが表示される。 詳しい情報が無用ならこちらを使うとよい。 The -# option will display a totally different progress bar that doesn't need much explanation!

速度制御

転送維持に必要な速度条件を課すことができる。 -y および -Y スイッチは、一定時間の下で転送レートが定められた下限を下回ったとき、転送を中止させる。 Curl allows the user to set the transfer speed conditions that must be met to let the transfer keep going. By using the switch -y and -Y you can make curl abort transfers if the transfer speed is below the specified lowest limit for a specified time.

1分平均で毎秒 3000 バイトよりも遅い場合にダウンロードを中止させる例: To have curl abort the download if the speed is slower than 3000 bytes per second for 1 minute, run:

curl -Y 3000 -y 60 www.far-away-site.com

これを処理全体の時間制限(次の例では 30 分)と組み合わせて用いることもできる: This can very well be used in combination with the overall time limit, so that the above operation must be completed in whole within 30 minutes:

curl -m 1800 -Y 3000 -y 60 www.far-away-site.com

転送レートが定められた上限を超えないようにすることもできる。 この機能は通信帯域が狭い状況において、転送ばかりに帯域を割きたくないときに有用になる。 Forcing curl not to transfer data faster than a given rate is also possible, which might be useful if you're using a limited bandwidth connection and you don't want your transfer to use all of it (sometimes referred to as "bandwidth throttle").

データ転送レートが毎秒 10 キロバイトを超えないようにする例: Make curl transfer data no faster than 10 kilobytes per second:

curl --limit-rate 10K www.far-away-site.com

あるいは or

curl --limit-rate 10240 www.far-away-site.com

データをアップロードする際に転送レートが毎秒 1 メガバイトを超えないようにする例: Or prevent curl from uploading data faster than 1 megabyte per second:

curl -T uploadfile --limit-rate 1M ftp://uploadshereplease.com

--limit-rate オプションが利用される場合、転送レートは秒単位で統制されるので,全体での転送レートが指定値を下回ることも有り得る。 転送が一定時間滞った場合など、この差が無視できない程の量になる可能性もある。 When using the --limit-rate option, the transfer rate is regulated on a per-second basis, which will cause the total transfer speed to become lower than the given number. Sometimes of course substantially lower, if your transfer stalls during periods.

設定ファイル

curl は起動時の際に,利用者のホームディレクトリから自動的に .curlrc 設定ファイルを読み込む(win32 システムにおいては _curlrc )。 Curl automatically tries to read the .curlrc file (or _curlrc file on win32 systems) from the user's home dir on startup.

設定ファイルの内容は,通常のコマンドラインオプションにより構成されるが、短縮形でないオプションについてはダッシュ( - )を省いて可読性を向上させられる。 オプションとパラメータはスペース, =, : のいずれかで区切る。 コメントも記述できる。 行頭の文字が # であれば、その行はコメントと見なされる。 The config file could be made up with normal command line switches, but you can also specify the long options without the dashes to make it more readable. You can separate the options and the parameter with spaces, or with = or :. Comments can be used within the file. If the first letter on a line is a '#'-symbol the rest of the line is treated as a comment.

パラメータにスペースが含まれている場合はパラメータ全体を二重引用符(")で括らなければならない。 括られた内部で二重引用符を使いたい場合は \" と記す。 If you want the parameter to contain spaces, you must enclose the entire parameter within double quotes ("). Within those quotes, you specify a quote as \".

注意:オプションとその引数は、同一行内に記述すること。 NOTE: You must specify options and their arguments on the same line.

例:設定ファイル内でデフォルトの制限時間, およびプロキシを設定: Example, set default time out and proxy in a config file:

# 制限時間 30分
        -m 1800
# すべてのアクセスにプロキシを利用:
        proxy = proxy.our.domain.com:8080

行末の空白は無視されないが、各行の先頭から連続する空白は無視される。 White spaces ARE significant at the end of lines, but all white spaces leading up to the first characters of each line are ignored.

コマンドラインの最初に -q を用いることで、既定の設定ファイルの読み込みを抑止できる: Prevent curl from reading the default file by using -q as the first command line parameter, like:

curl -q www.thatsite.com

URL を与えずに curl を起動した際に,ヘルプページを取得して表示させるように、設定ファイルに指定する例: Force curl to get and display a local help page in case it is invoked without URL by making a config file similar to:

# 既定の取得 URL 
        url = "http://help.with.curl.com/curlhelp.html"

-K/--config オプションを用いて、別の設定ファイルを読み込ませることもできる。 ファイル名を - にすると,読み込みは標準入力からになる。 これは、オプションがプロセステーブル等に現れないようにしたい場合などに有用になる: You can specify another config file to be read by using the -K/--config flag. If you set config file name to "-" it'll read the config from stdin, which can be handy if you want to hide options from being visible in process tables etc:

echo "user = user:passwd" | curl -K - http://that.secret.site.com

エキストラ HTTP ヘッダ

独自の特殊なプログラムから curl を利用する場合、ウェブページ取得の際に独自ヘッダを渡す必要に迫られるかもしれない。 -H オプションをこれに利用できる。 When using curl in your own very special programs, you may end up needing to pass on your own custom headers when getting a web page. You can do this by using the -H flag.

ページ取得時にヘッダ X-you-and-me: yes をサーバに送信する: Example, send the header "X-you-and-me: yes" to the server when getting a page:

curl -H "X-you-and-me: yes" www.love.com

これはヘッダ内に通常と異なるテキストを含めて送信させたい場合にも有用である。 curl が通常送信するヘッダは、 -H で指定したヘッダに置き換えられる。 特に,内部ヘッダを空に置き換えた場合、当該ヘッダは送信されなくなる。 例えば Host: ヘッダの利用を抑制させるには: This can also be useful in case you want curl to send a different text in a header than it normally does. The -H header you specify then replaces the header curl would normally send. If you replace an internal header with an empty one, you prevent that header from being sent. To prevent the Host: header from being used:

curl -H "Host:" www.server.com

FTP とパス名

ftp:// URL からファイルを取得する際に URL に与えるパスは、ログインディレクトリからの相対パスになることに注意。 ユーザの FTP サイトのホームディレクトリからファイル README を取得する場合: Do note that when getting files with the ftp:// URL, the given path is relative the directory you enter. To get the file 'README' from your home directory at your ftp site, do:

curl ftp://user:passwd@my.site.com/README

同じサイトのルートディレクトリから README ファイルを取得する場合は、絶対パスを指定しなければならない: But if you want the README file from the root directory of that very same site, you need to specify the absolute file name:

curl ftp://user:passwd@my.site.com//README

(すなわち,ファイルパスの前に余分なスラッシュが必要) (I.e with an extra slash in front of the file name.)

SFTP と SCP とパス名

sftp:// および scp:// URL の場合、パス名はサーバ上の絶対パスになる。 リモートのユーザホームディレクトリから相対的な場所に位置するファイルへアクセスさせるには、次の様に /~/ 接頭子を付加する: With sftp: and scp: URLs, the path name given is the absolute name on the server. To access a file relative to the remote user's home directory, prefix the file with /~/ , such as:

curl -u $USER sftp://home.example.com/~/.bashrc

FTP とファイアウォール

FTP プロトコルでは、データ転送の準備ができ次第、通信を行ういずれかの側が第二の接続を開くことになる。 これには2種類の方式がある。 The FTP protocol requires one of the involved parties to open a second connection as soon as data is about to get transferred. There are two ways to do this.

curl における既定の方式では、PASV コマンドを用いられ,サーバが別ポートを開いてクライアント側からの接続を待つようにする。 これは,クライアント側が、内部への接続を許容しないファイアウォールの内側にある場合に適している。 The default way for curl is to issue the PASV command which causes the server to open another port and await another connection performed by the client. This is good if the client is behind a firewall that doesn't allow incoming connections.

curl ftp.download.com

逆にサーバ側が、例えばファイアウォールの背後にあって 21 番ポート以外への接続を許可していない場合(あるいは単に PASV コマンドがサポートされていない場合も)、 PORT コマンドを用いて,サーバからクライアント側の(PORT コマンドのパラメータとして)指定する IP 番号とポート番号へ接続させるように仕向けることになる。 If the server, for example, is behind a firewall that doesn't allow connections on ports other than 21 (or if it just doesn't support the PASV command), the other way to do it is to use the PORT command and instruct the server to connect to the client on the given IP number and port (as parameters to the PORT command).

-P オプションには、少しばかりの異なる選択が用意されている。 すなわち,利用者のマシンは複数の IP アドレス, あるいはネットワークインタフェースを持ち得るが、どれを用いるかを指示できる。
次のように、アドレスとして,既定のものを利用することもできる: The -P flag to curl supports a few different options. Your machine may have several IP-addresses and/or network interfaces and curl allows you to select which of them to use. Default address can also be used:

curl -P - ftp.download.com

インタフェース le0 の IP アドレスを通した PORT によるダウンロード(これは Windows では動作しない): Download with PORT but use the IP address of our 'le0' interface (this does not work on windows):

curl -P le0 ftp.download.com

利用者側の IP アドレスを 192.168.0.10 とする PORT によるダウンロード: Download with PORT but use 192.168.0.10 as our IP address to use:

curl -P 192.168.0.10 ftp.download.com

ネットワーク インタフェース

ポートとインタフェースを指定してサーバからウェブページを取得: Get a web page from a server using a specified port for the interface:

curl --interface eth0:1 http://www.netscape.com/

あるいは or

curl --interface 192.168.1.10 http://www.netscape.com/

HTTPS

セキュア HTTP には curl がビルドされる際に SSL ライブラリのインストールを必要とする。 そのようにビルドされていれば、HTTPS プロトコルを通して文書の送受信が可能になる。 Secure HTTP requires SSL libraries to be installed and used when curl is built. If that is done, curl is capable of retrieving and posting documents using the HTTPS protocol.

例:

curl https://www.secure-site.com

curl には、サイトからのファイルの送受信の際に有効な証明書を要する場合に,利用者の個人証明書を用いる機能がある。 ただし、証明書は PEM 形式でなければならない。 PEM は証明書を格納するための,標準的かつオープンな形式ではあるが、もっとも普及しているブラウザでは採用されていない(Netscape と MSIE は両者とも PKCS#12 形式と呼ばれるものを採用している)。 普段利用しているブラウザの証明書を curl と共用するためには、ブラウザの形式による証明書を PEM 形式へ変換するプログラムを入手する必要がある。 この種の変換プログラムは OpenSSL の最近のバージョンには含まれている。 より古いバージョンについては、 Dr Stephen N. Henson の手によるこの機能を追加する SSLeay 用のパッチがある。 パッチ(要 SSLeay のインストール)は 彼のサイト から入手できる。 Curl is also capable of using your personal certificates to get/post files from sites that require valid certificates. The only drawback is that the certificate needs to be in PEM-format. PEM is a standard and open format to store certificates with, but it is not used by the most commonly used browsers (Netscape and MSIE both use the so called PKCS#12 format). If you want curl to use the certificates you use with your (favourite) browser, you may need to download/compile a converter that can convert your browser's formatted certificates to PEM formatted ones. This kind of converter is included in recent versions of OpenSSL, and for older versions Dr Stephen N. Henson has written a patch for SSLeay that adds this functionality. You can get his patch (that requires an SSLeay installation) from his site at: http://www.drh-consultancy.demon.co.uk/

証明書と個人パスワードを用いて自動的に文書を取得する例: Example on how to automatically retrieve a document using a certificate with a personal password:

curl -E /path/to/cert.pem:password https://secure.site.com/

コマンドラインによるパスワードの指定を無視した場合、データ転送前に正しいパスワードの入力が要求される。 If you neglect to specify the password on the command line, you will be prompted for the correct password before any data can be received.

多くの古い SSL サーバにおける SSLv3 あるいは TLS は、より新しいバージョンの OpenSSL 等からの利用の際に問題を抱えているので、 curl が利用すべき SSL のバージョンの指定が望まれる場合がある。 -3, -2, -1 で利用したい正確な SSL バージョンを指定できる(順に SSLv3, SSLv2, TLSv1 に対応する): Many older SSL-servers have problems with SSLv3 or TLS, which newer versions of OpenSSL etc use, therefore it is sometimes useful to specify what SSL-version curl should use. Use -3, -2 or -1 to specify that exact SSL version to use (for SSLv3, SSLv2 or TLSv1 respectively):

curl -2 https://secure.site.com/

指定しなかった場合、最初に v3, 次に v2 の利用が試みられる。 Otherwise, curl will first attempt to use v3 and then v2.

OpenSSL を用いて普段利用するブラウザの証明書を curl が対応する PEM 形式に変換するには、次のようにする: To use OpenSSL to convert your favourite browser's certificate into a PEM formatted one that curl can use, do something like this:

ファイル転送の再開

HTTP(S) のダウンロード, および FTP のダウンロード/アップロードにおいては、以前に中止したファイル転送の中断点から再開させることができる。 To continue a file transfer where it was previously aborted, curl supports resume on HTTP(S) downloads as well as FTP uploads and downloads.

文書のダウンロード再開: Continue downloading a document:

curl -C - -o file ftp://ftp.server.com/path/file

文書のアップロード再開 (*1): Continue uploading a document(*1):

curl -C - -T file ftp://ftp.server.com/path/file

ウェブサーバからの文書ダウンロードを再開 (*2): Continue downloading a document from a web server(*2):

curl -C - -o file http://www.server.com/

(*1) FTP サーバが非標準コマンド SIZE をサポートしている必要がある。 そうでない場合、その旨が curl から告知される。 (*1) = This requires that the FTP server supports the non-standard command SIZE. If it doesn't, curl will say so.

(*2) ウェブサーバが少なくとも HTTP/1.1 をサポートしている必要がある。 そうでない場合、その旨が curl から告知される。 (*2) = This requires that the web server supports at least HTTP/1.1. If it doesn't, curl will say so.

日時条件

HTTP では、文書をリクエストする際にクライアント側から日時条件を指定することができる: If-Modified-Since (指定日時以降に更新されていれば取得)または If-Unmodified-Since (更新されていなければ取得)。 これには -z/--time-cond オプションを用いる。 HTTP allows a client to specify a time condition for the document it requests. It is If-Modified-Since or If-Unmodified-Since. Curl allows you to specify them with the -z/--time-cond flag.

例えばリモートファイルがローカルの複製より新しい場合にのみダウンロードさせるには、次のようにする: For example, you can easily make a download that only gets performed if the remote file is newer than a local copy. It would be made like:

curl -z local.html http://remote.server.com/remote.html

逆にリモートのファイルがローカルのファイルより古い場合にのみダウンロードさせることもできる。 そのためには日付文字列の先頭にダッシュ - を付加する: Or you can download a file only if the local file is newer than the remote one. Do this by prepending the date string with a '-', as in:

curl -z -local.html http://remote.server.com/remote.html

日付を “自由形式” テキストで指定することも可能である。 2012 年 1 月 12 日 以降に更新されたファイルのみをダウンロードさせるには: You can specify a "free text" date as condition. Tell curl to only download the file if it was updated since January 12, 2012:

curl -z "Jan 12 2012" http://remote.server.com/remote.html

curl においては多岐にわたる日付書式がサポートされている。 いずれの書式であれ、ダッシュ - の前置は有効である。 Curl will then accept a wide range of date formats. You always make the date check the other way around by prepending it with a dash '-'.

辞書 - DICT

次を試してみよう: For fun try

curl dict://dict.org/m:curl
curl dict://dict.org/d:heisenbug:jargon
curl dict://dict.org/d:daniel:web1913

m の別名として matchfind も使える。 d の別名として definelookup も使える。 例えば: Aliases for 'm' are 'match' and 'find', and aliases for 'd' are 'define' and 'lookup'. For example,

curl dict://dict.org/find:curl

RFC の URL 記法には即していないが DICT プロトコルには即するコマンド: Commands that break the URL description of the RFC (but not the DICT protocol) are

curl dict://dict.org/show:db
curl dict://dict.org/show:strat

認証については( RFC からは要求されていないが)未サポート。 Authentication is still missing (but this is not required by the RFC)

LDAP

OpenLDAP ライブラリがインストールされていれば、 ldap:// も使える。 If you have installed the OpenLDAP library, curl can take advantage of it and offer ldap:// support.

LDAP は複雑で LDAP クエリを書くことは易しい仕事ではない。 構文についての記述をどこかから入手することを強く薦める。 次の2つを薦める: LDAP is a complex thing and writing an LDAP query is not an easy task. I do advise you to dig up the syntax description for that elsewhere. Two places that might suit you are:

ローカル LDAP サーバから、メールアドレスに特定のサブドメインを含む人達を抽出する例: To show you an example, this is how I can get all people from my local LDAP server that has a certain sub-domain in their email address:

curl -B "ldap://ldap.frontec.se/o=frontec??sub?mail=*sth.frontec.se"

同じ情報を HTML 形式で取得するには -B オプション(強制 ASCII 化)を用いずに行う。 If I want the same info in HTML format, I can get it by not using the -B (enforce ASCII) flag.

環境変数

以下の環境変数が有効になる: Curl reads and understands the following environment variables:

http_proxy, HTTPS_PROXY, FTP_PROXY

これらはそれぞれのプロトコルに応じたプロキシに設定されるべきものになる。 汎用プロキシは次の環境変数に設定する: They should be set for protocol-specific proxies. General proxy should be set with

ALL_PROXY

プロキシを通すべきではないホスト名は、コンマ区切りのリストとして,次の環境変数に設定する(アスタリスク * はすべてのホストにマッチする)。 A comma-separated list of host names that shouldn't go through any proxy is set in (only an asterisk, '*' matches all hosts)

NO_PROXY

ホスト名がこれらの文字列のいずれかにマッチした場合,あるいはこれらの文字列のいずれかのドメインに含まれる場合、それらのノードとの通信には,プロキシは利用されなくなる。 If the host name matches one of these strings, or the host is within the domain of one of these strings, transactions with that node will not be proxied.

-x/--proxy オプションは環境変数よりも優先される。 The usage of the -x/--proxy flag overrides the environment variables.

NETRC

Unix では古くから .netrc の概念が導入されている。 すなわち、よく利用する FTP サイトのログイン名とパスワードを予めファイルに保存しておき,サイトを訪れる度にいちいち入力せずに済むようにするものである。 誰かがパスワードを覗き見れるようになっては,大きなセキュリティリスクになるので、ほとんどの UNIX プログラムは,利用者自身以外がこのファイルを読み込める場合には、このファイルを読み込もうとはしない(しかしながら、curl はこの点をケアしていない)。 Unix introduced the .netrc concept a long time ago. It is a way for a user to specify name and password for commonly visited FTP sites in a file so that you don't have to type them in each time you visit those sites. You realize this is a big security risk if someone else gets hold of your passwords, so therefore most unix programs won't read this file unless it is only readable by yourself (curl doesn't care though).

curl では -n/--netrc あるいは --netrc-optional オプションを用いて .netrc ファイルを利用できる。 FTP に限らず,どのプロトコルでも、認証が使える場面で利用できる。 Curl supports .netrc files if told to (using the -n/--netrc and --netrc-optional options). This is not restricted to just FTP, so curl can use it for all protocols where authentication is used.

ごく簡単な .netrc ファイルの中身: A very simple .netrc file could look something like:

machine curl.haxx.se login iamdaniel password mysecret

出力のカスタマイズ

スクリプトプログラマが curl による処理の進捗状況についての情報を得られるようにするために、 -w/--write-out オプションが導入されている。 これを用いれば、直前の転送について,どのような情報を出力させるかを指定できる。 To better allow script programmers to get to know about the progress of curl, the -w/--write-out option was introduced. Using this, you can specify what information from the previous transfer you want to extract.

ダウンロード量(バイト)をテキストと改行を加えて表示させる: To display the amount of bytes downloaded together with some text and an ending newline:

curl -w 'We downloaded %{size_download} bytes\n' www.download.com

KERBEROS FTP 転送

kerberos4 および kerberos5/GSSAPI による FTP 転送もサポートされている。 利用可能にするためには、 kerberos パッケージがインストールされていて, curl のビルド時にそれを利用させる必要がある。 Curl supports kerberos4 and kerberos5/GSSAPI for FTP transfers. You need the kerberos package installed and used at curl build time for it to be available.

まず kinit/kauth ツール等による通常の手順で krb-ticket を取得しておく。 その後、次のようにする: First, get the krb-ticket the normal way, like with the kinit/kauth tool. Then use curl in way similar to:

curl --krb private ftp://krb4site.com -u username:fakepwd

-u オプションで指定したパスワードは利用されないが、無いと curl から入力を促されてしまう。 真のパスワードは既に kinit/kauth で入力済みである。 There's no use for a password on the -u switch, but a blank one will make curl ask for one and you already entered the real password to kinit/kauth.

TELNET

curl による TELNET のサポートは基本的なものであり、使い方はごく簡単である。 標準入力 (stdin) からの全データはリモートサーバへ渡される。 TELNET サーバへの接続は次のような形になる: The curl telnet support is basic and very easy to use. Curl passes all data passed to it on stdin to the remote server. Connect to a remote telnet server using a command line similar to:

curl telnet://remote.server.com

標準入力からサーバへ送信するデータを入力する。 結果は標準出力 (stdout) または,-o オプションで指定したファイルに出力される。 And enter the data to pass to the server on stdin. The result will be sent to stdout or to the file you specify with -o.

接続が遅いなどの場合には、 -N/--no-buffer を用いて出力時のバッファ利用を止められる。 You might want the -N/--no-buffer option to switch off the buffered output for slow connections or similar.

TELNET プロトコルのネゴシエーションの中でオプションを渡すには -t を用いる。 vt100 ターミナルの使用をサーバに通知する例: Pass options to the telnet protocol negotiation, by using the -t option. To tell the server we use a vt100 terminal, try something like:

curl -t TTYPE=vt100 telnet://remote.server.com

-t で設定できる他の有用なオプション: Other interesting options for it -t include:

注意:TELNET プロトコルには、ログインに際し,ユーザ名とパスワードを指定する方法が定められていないので、 curl は自動ログインを行えない。 そのため、ログインプロンプトが受信されるのを待ち,適宜ユーザ名とパスワードを送信する必要がある。 NOTE: The telnet protocol does not specify any way to login with a specified user and password so curl can't do that automatically. To do that, you need to track when the login prompt is received and send the username and password accordingly.

接続の維持

1つのコマンドライン内に複数のファイルを指定すると、それらすべての転送は指定した順番どおりに行われる。 Specifying multiple files on a single command line will make curl transfer all of them, one after the other in the specified order.

libcurl による転送においては、同一ホストに対する次の転送の際に,前の転送で確立された接続を開いたまま再利用できるよう、接続はなるべく維持される。 これにより、最初の接続を除く残り全部の接続時間が大幅に短縮され,ネットワークの利用効率も格段に良くなる。 libcurl will attempt to use persistent connections for the transfers so that the second transfer to the same host can use the same connection that was already initiated and was left open in the previous transfer. This greatly decreases connection time for all but the first transfer and it makes a far better use of the network.

curl の別々の起動に対しては接続の維持は図られないことに注意。 ホストが同じであるなら、1つのコマンドライン内にできるだけ多くの URL を詰め込んだ方が高速になる。 ファイル転送に HTTP プロキシを利用している場合、実質的にすべての転送が維持されることになる。 Note that curl cannot use persistent connections for transfers that are used in subsequence curl invokes. Try to stuff as many URLs as possible on the same command line if they are using the same host, as that'll make the transfers faster. If you use an HTTP proxy for file transfers, practically all transfers will be persistent.

単独のコマンドラインによる複数転送

上で述べたように、単に URL を追加していくだけで1つのコマンドラインで複数のファイルを一括してダウンロードできる。 それらを標準出力に吐き出させずにローカルファイルに保存するには、各 URL ごとに保存オプションを与えてやる。 このことは、 -O オプションにもあてはまる(しかし --remote-name-all にはあてはまらない)。 As is mentioned above, you can download multiple files with one command line by simply adding more URLs. If you want those to get saved to a local file instead of just printed to stdout, you need to add one save option for each URL you specify. Note that this also goes for the -O option (but not --remote-name-all).

例:2つのファイルを取得する際に、最初のものには -O をあてがい,二番目のものには独自のファイル名を与えてローカルに保存する: For example: get two files and use -O for the first and a custom file name for the second:

curl -O http://url.com/file.txt ftp://ftp.com/moo.exe -o moo.jpg

同様なやり方で複数のファイルのアップロードも行える: You can also upload multiple files in a similar fashion:

curl -T local1 ftp://ftp.com/moo.exe -T local2 ftp://ftp.com/moo2.txt

IPv6

ホスト検索の結果が IPv6 アドレスであった場合、まずサーバへの IPv6 接続が最初に試みられ,接続に失敗した場合は IPv4 接続が行われる。 --ipv4--ipv6 オプションは両者とも利用可能な場合にどちらのアドレスを利用するかを定める。 IPv6 アドレスは、次のような書式で URL に直接指定することもできる: curl will connect to a server with IPv6 when a host lookup returns an IPv6 address and fall back to IPv4 if the connection fails. The --ipv4 and --ipv6 options can specify which address to use when both are available. IPv6 addresses can also be specified directly in URLs using the syntax:

http://[2001:1890:1112:1::20]/overview.html

この方式が用いられる場合、角括弧([, ])が curl から連番指定として解釈されないように, -g オプションを与えなければならない。 fe80::1234%1 の様な,リンクに局所的な, あるいはサイトに局所的なスコープ識別子を含むアドレスも利用可能であるが、スコープ部は数字であるか, または Linux 上では(数字または)既存のネットワークインタフェースに合致しなければならず,パーセント文字 は URL エスケープされなければならない。 先の例は SFTP URL では次のような形になる: When this style is used, the -g option must be given to stop curl from interpreting the square brackets as special globbing characters. Link local and site local addresses including a scope identifier, such as fe80::1234%1, may also be used, but the scope portion must be numeric or match an existing network interface on Linux and the percent character must be URL escaped. The previous example in an SFTP URL might look like:

sftp://[fe80::1234%251]/

URL 以外で与えられる IPv6 アドレス(例えば --proxy, --interface, --ftp-port オプション等で与えたもの)は URL エンコードされるべきではない。 IPv6 addresses provided other than in URLs (e.g. to the --proxy, --interface or --ftp-port options) should not be URL encoded.

メタリンク( Metalink )

curl は Metalink をサポートする(バージョン 3 および 4 (RFC 5854) がサポートされている)。 Metalink は1個のファイルに対し、複数の URI とハッシュをリストする。 curl は(ファイルが入手できない, あるいはサーバが利用できないときなど)エラーが生じてファイルの取得に失敗した際には,リストにある他のミラーを代わりに利用する。 また、ダウンロード完了後には,ファイルのハッシュを検証する。 Metalink ファイル自体は,メモリ内にダウンロードされて処理されるので、ローカルファイルシステムには保存されない。 Curl supports Metalink (both version 3 and 4 (RFC 5854) are supported), a way to list multiple URIs and hashes for a file. Curl will make use of the mirrors listed within for failover if there are errors (such as the file or server not being available). It will also verify the hash of the file after the download completes. The Metalink file itself is downloaded and processed in memory and not stored in the local file system.

リモートの Metalink ファイルを利用する例: Example to use a remote Metalink file:

curl --metalink http://www.example.com/example.metalink

ローカルファイルシステムにある Metalink ファイルを利用する場合は FILE プロトコル( file:// )を用いる: To use a Metalink file in the local file system, use FILE protocol (file://):

curl --metalink file://example.metalink

FILE プロトコルが無効化されている場合、現時点ではローカルの Metalink ファイルは利用できないことに注意。 また、 --metalink--include が併用されている場合、 --include は無視されることに注意。 ヘッダが応答に含まれていると Metalink パーサを通らなくなるのと, Metalink ファイルに記述されているファイルにヘッダが含まれているとハッシュの検証ができなくなるので。 Please note that if FILE protocol is disabled, there is no way to use a local Metalink file at the time of this writing. Also note that if --metalink and --include are used together, --include will be ignored. This is because including headers in the response will break Metalink parser and if the headers are included in the file described in Metalink file, hash check will fail.

メーリングリスト

curl に関する議論や開発などのために利用できる公開メーリングリストがいくつか用意されている。 詳細は https://curl.haxx.se/mail/ から得られる。 それらのうち一部を以下に挙げる: For your convenience, we have several open mailing lists to discuss curl, its development and things relevant to this. Get all info at https://curl.haxx.se/mail/. Some of the lists available are:

curl-users
コマンドラインツールの利用について。 使い方, 不具合, 新機能, 関連ツール, 質問, ニュース, インストール, コンパイル, 実行, 移植など。 Users of the command line tool. How to use it, what doesn't work, new features, related tools, questions, news, installations, compilations, running, porting etc.
curl-library
libcurl あるいは libcurl を利用するプログラムの開発。 バグ, 拡張, 改良。 Developers using or developing libcurl. Bugs, extensions, improvements.
curl-announce
新バージョンの告知専用。 多くても月に1〜2メール程度、通常は2ヶ月に1メール。 Low-traffic. Only receives announcements of new public versions. At worst, that makes something like one or two mails per month, but usually only one mail every second month.
curl-and-php
PHP による curl 機能の利用について。 PHP 視点からの curl あるいは curl 視点からの PHP についてのすべて。 Using the curl functions in PHP. Everything curl with a PHP angle. Or PHP with a curl angle.
curl-and-python
curl を利用する Python ハッカーのために。 python バインディング pycurl を利用するかどうかは問わない。 Python hackers using curl with or without the python binding pycurl.

curl に関する質問, 機能リクエスト, 障害報告は、特定の個人に送らず,これらのメーリングリスト宛に送るように。 Please direct curl questions, feature requests and trouble reports to one of these mailing lists instead of mailing any individual.