治療方針
犬と猫のアレルギ-の病院
  ふじむら動物病院
病院紹介
皮内テスト
大阪・箕面・彩都近く TEL072-749-5225
検査に対する考え方(1)
減感作療法説明(新規舌下減感作療法)キャバリア 柴犬
減感作療法で改善したケ-ス(キャバリア・シェルティ-・秋田・
                   トイプ-ドル)
食物アレルギ-(ポメラリアン・シェルティ-・G レトリバ-)
連絡方法と地図
疥癬症1(カイセン・ダニ)
(フラット コ-デット・パピヨン・シ-ズ-)
アレルギ-体質の出やすい犬種
ウエスティ-1
疥癬症2(ボ-ダ-・Gレトリバ-・Mダックス)
ウエスティ-2+G・レトリバ-
シ-ズ-
柴犬
治療で良くなった家族・1
耳炎(アメリカン・コッカ,ラブラド-ル)
アレルギー初診の方は、必ず御予約が必要です。
治療成績
発表論文
家族.2
犬や猫の致死的な病気を予防し、長生きできるようになったのはワクチネーションのお陰です。このような病気を予防できるワクチン接種は、午前中に動物病院で受けましょう。人のワクチン製造過程において、ウイルスの培養に使用されているのは鶏卵です。犬の場合は牛血清です。このため、人はワクチン接種前に卵アレルギ-に注意しますが、犬の場合は牛肉アレルギ-です。犬のワクチン副反応の発生は、2つのタイプがあります。一つは接種後直ぐに起こるタイプでショックが起こります。もう一つは少し時間が経ってから起きるタイプで、皮膚症状(顔腫れ)や元気喪失が数時間後に起きることがあります。もしワクチンアレルギ-が発生した場合、午後診察に接種すれば夜中に対処しなければいけないからです。(午前接種は非常に明瞭な理由からです。) 犬のワクチンには低アレルゲンワクチンがありますが、それでも副反応が起きます。そのような犬種は非常に体重が軽い2kg前後の犬です。低アレルゲンではないワクチン自体の問題以外に低体重を作りだす犬自体の問題もあると推測します。
  犬のアレルギーを診断・治療する病院です。本医院での診療方針は、薬物療法(対症療法)以外にアレルゲン同定・検査、回避、制御が中心です。 新規治療 舌下急速減感作療法(免疫療法)を受けられます。  
ワクチンとアレルギ-
学会活動
学術雑誌
犬アトピー性皮膚炎(CAD)の最先端論文(Pub Med)   
犬の名医さん100人データブック 小学館
アレルギーは任せてね。一般の病気もしっかり診ます。重度の場合、各専門獣医に紹介します。
免疫抑制剤(シクロスポリン)
G・ レトリバー G・シェパード
家族.3
オリブリー先生が全薬セミナーで当医院の研究を紹介してくれました。(You Tube)最初から37分前後
International Committee on Allergic Diseases of Animals(ICADA)がcAD治療ガイドライン(2015)の引用
文献に当医院の研究を採用しました。 文献No33および No57
猫のアレルギー 
アポキル
スギ花粉症のトイプードルとヒノキ花粉症のMダックス
アカラス